雨の日は猫を抱いて

雨猫 第5話 不機嫌

 ←(雑記)春樹のイラストを戴きました^^ →雨猫 第6話 事件
「誰がHMI借りろって言ったよ。今日はタングステンでいい。小さいイメージカットだし、予算押さえたいって言ったろ?」
倉田はアシスタントの沢村にイラッとした声を投げた。

この日の仕事はクライアントは違ったが、嫌な思いをした2日前と同じホリゾントスタジオでの撮影だった。
光明出版のファッション誌中面のイメージカットは、わりとカメラマンの自由に撮らせてもらえる。
けれどギャラは安かった。
定常光が得られるHMIを使いたいところだが、タングステンライトならば10分の1のレンタル料で済むのだ。

「じゃあ、すぐに用意します」
アシスタントの沢村は、いつものようにのっぺりとした顔の筋肉を動かすことなく、淡々と返してきた。
倉田が褒めても、叱っても、イヤミを言っても、その23歳の青年はあまり喜怒哀楽を表に出さない。
けれども不思議なことに、どこへ行っても沢村は気に入られ、編集社やスタジオの女性スタッフから「沢ちゃん」と愛称で呼ばれ、可愛がられた。

倉田としても、大きなミスもなく勘のいい沢村を重宝していたが、ほんの時たま、雇ったことを後悔する。
この後もそうだった。
「僕、タングステンでいいと思います。“温かい色”が出るし」
抑揚も付けずサラリと行ったあと、沢村はスタッフルームへ消えてしまった。
2日前の失敗を引き合いに出された気がして一瞬頭に血が登ったが、入れ違いに入ってきたモデルの女の子の手前、その苛立ちを呑み込んだ。

“予算の問題だって言ってるだろうが!”
そう言って沢村に怒鳴ったら、すっきりするだろうか。
それとも、更に情けない気持ちになるのだろうか。

倉田は悶々としながら、少し緊張気味に笑いかけてきた20歳そこそこのモデルに視線を流した。
茶色いフェイクファーを首に巻き、黒いウールのコートを着込んだ女の子は、熱いのか少し頬を赤らめている。
11月だと言っても、スタジオの中は空調が壊れていてムンとしていた。
「ライトの準備が出来たらすぐ、白ホリの前に立ってね。それから自分で調節して汗、止めて。テカるから」
カメラをセットしながら倉田がいつもの調子で言うと、女の子は緊張気味に「ハイ」と答えた。
倉田が再び顔を上げて女の子を見ると、更にその目に緊張が上塗りされた。

「俺の顔って、怖い?」
倉田が真顔でそう聞くと、モデルの女の子はブンブンと首を横に振って、「そんなことありません!」と、泣きそうな笑顔で否定した。
スタッフルームから戻り、背後でその様子をずっと見ていたらしい沢村が、クスリと笑った。
「笑うな」
「すみません」
いつかクビにしてやる。
再び淡々とライティングの準備に入った沢村を見ながら、倉田は心の中で毒づいた。

             ◇

「可愛かったですね、今日のモデル」
事務所に帰り、写真のあがりをPCでチェックしていると、沢村がポツリと言った。
「そうか? 普通だろ。新人だし笑顔もぎこちなかったよ」
「倉田さんが怖がらせるからです」
「俺がいつ、怖がらせた!」
「笑顔が、・・・可愛かったです」
沢村は倉田のトゲトゲした声など耳に入らないらしく、ふと思い出したように、にんまり笑った。

「彼女の首のファー、うちのウサギの色にそっくりだったんで、そう言ったら、すごく可愛い顔して笑うんですよ。見ませんでした?」
「知らねえよ。笑顔はカメラの前で作れって言っといてくれ」
「もう・・・会うことはないっすから」
「気に入ったんなら声掛けて、茶にでも誘って口説いたら良かったんだ。クリスマスまでにはモノに出来るかもしんねえじゃん。事務所に連絡場所訊いてやろうか? 新人モデルのうちに、落としちまえよ」
「そんなんじゃないですから」
「食らいつかないとな、女なんて手に入らないぞ? 青年」
「もう、いいです」
沢村はPC画面に目をやったまま、幾分表情を硬くし、口を閉じた。

あとは妙にしらけた空気が漂い、倉田は何となく居心地が悪かった。
何か悪いことを言っただろうか。
草食系という部類に入るらしい沢村の扱い方が、倉田にはどうもよく分からなかった。

「うさぎ、飼ってるのか? 沢村」
その場の空気が鬱陶しくて、倉田はどうでもいいことを呟いてみた。
「はい。アパートで」
「かわいいか?」
「かわいいですよ」
「あれって、懐くのか?」
「まあまあです」
「名前呼んだら来るのか?」
「来ませんね。あまり賢くないみたいです。うちのは」
「それって、懐いてないからじゃないのか?」
「ですかね」
「うさぎって、寂しいと死ぬってホントか?」
「何ですか、それ」
「違うのか?」
「さあ。うさぎに訊いたことないから分かりません」
「そうか。まあ、そうだよな。寂しいかどうかなんて、うさぎに分かるわけない」
「そんな感情、ない方が楽ですよ」
「まあな」

うわのそらでそんな会話をしながら、倉田は目でデータ確認を続けた。
やはり、タングステンは赤みが強すぎる、などと思いながらPCを睨んでいると、ネット検索していたらしい沢村が、再び口を開いた。
今度は沢村らしくもない、少し驚嘆したような声だ。

「すぐそこの光陵高校の生徒が殺されてますね。大川の河川敷で。僕の従兄弟も、去年ここ卒業したんです」
「光陵高校?」
倉田の脳裏に2日前の出来事が蘇った。
紺のブレザーの制服。臙脂色の生徒手帳。彼らの高校だ。

「僕の従兄弟が知ってる子かなぁ。あとで訊いてみよう。これ、まだ犯人分かってないみたいですよ」
沢村は状況に似合わない、いつもののんびりした口調に戻って言った。
「へえー・・・。おっかないなあ。なんて子?」
自分が知っている高校生の名なんて今のところ2つしかない、などと思いながらも倉田は訊いてみた。

「被害者は、えーと、坂崎建人(さかざき けんと)。2年生ですって」

思わずキーボードに落ちた倉田の指が、整理した画像データを未保存のまま、PCを強制終了させた。




関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)春樹のイラストを戴きました^^】へ
  • 【雨猫 第6話 事件】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ミステリーやなぁ~~(#^.^#)
この終わり方(続け方)大好き☆

kaziさんへ 

ありがとうございます^^
そう言っていただけるとうれしいです。

今回、前半はゆるかったですが、この回でやっと物語が動き始めました。

NoTitle 

空白の1日
兎の会話が倉田らしくないような……もしや由希から(笑)
これが猫なら確信なんですけど、そうはいかんですね(´`)
これはどうやら、倉田イメージの修正が必要ですね(笑)
次が待ち遠しい!

NoTitle 

倉田と沢村の噛み合わない表現が上手いですねー。
ガチャガチャとずれた音までしそうです。

アルファポリスの投票も始まったのですね。
メールが上手く流れないうちのパソコンの頭を、頑張れ!と叩きながら投票してみました(笑)


晩冬さんへ 

> 空白の1日

そう、空白の1日があるのです。

>兎の会話が倉田らしくないような……もしや由希から(笑)

お!、それは嬉しい反応ですね。
ここの倉田の会話は、倉田の隠れた性格を滲ませるために入れました。
はい。倉田は、少しずつ本来の性格を見せ始めると思います。
(ただの、年を食ったガキだとは、口が裂けてもいえない・・・)
次回もまた、遊びに来てくださいね^^

ごろちゃんさんへ 

> 倉田と沢村の噛み合わない表現が上手いですねー。
> ガチャガチャとずれた音までしそうです。

ははは。噛みあってないでしょうww
そこ、突っ込んでもらえてうれしいです。
倉田って、こんな奴です。
この沢村も、脇役なんですが、けっこう大切な位置にいます。(たぶん)

> アルファポリスの投票も始まったのですね。
> メールが上手く流れないうちのパソコンの頭を、頑張れ!と叩きながら投票してみました(笑)

おおおお(≧∇≦) ありがとうございます。
もしやわざわざ、登録を?? 本当にうれしいです。
『雨猫』は、開催期間中(7月いっぱい)には完結しませんが、無謀にも挑戦してみました。
本当にありがとうございました!!

NoTitle 

\(o ̄∇ ̄o)/ハーイ、一つめの殺人事件 発生~♪
しかも 被害者は、坂崎健人だってぇー!

今 倉田の脳内では、
坂崎健人が死亡→高瀬由希が盗んだ携帯の持ち主→高瀬は、坂崎健人と名を偽った→高瀬の手帳は、今は 自分の手元に・・・と、グルグル~と考えを巡らせているのでは?

その結果、どんな行動を起こすのでしょうね?

倉田のアシスタント沢村
その冷めた口調と表情が、激高型倉田と真逆で いい味出してるよ~♪
それぐらいじゃなきゃ 倉田の下で働けないっちゅう~の!
ガミガミ!(#`Д´)σ" (―_―)シラ~...byebye☆

けいったんさんへ 

お、ちょうどチェック中に、けいったんさん、いらっしゃい^^

はい! 一つ目の事件・・・と、思うでしょう?ふふふ。(おっと)

倉田の脳内!!さすが、けいったんさん。
そう、倉田の脳内は、単純明快にフル回転です。
彼のいいところは、「単純思考」だということ。キレやすい人って、案外そうだったり・・・。
次回、倉田は「やっぱりか」ってな行動に出ます。

>倉田のアシスタント沢村
>その冷めた口調と表情が、激高型倉田と真逆で いい味出してるよ~♪

ありがとうございます♪
私も、書くうちにこの二人の対比が楽しくなってきました^^
沢村君、この後もけっこう出てきます。よろしくね。

その顔文字、バッチリ二人だ!ww


NoTitle 

空白の一日……!?

タングステンという言葉がやたら頭に残りました。
たしか一番融点が高い金属だったと記憶しております。

るるさんへ 

>空白の一日……!?

そう。由希と電車で出会ったのが二日前。
この前日に、何かがあったんですよね、きっと。

>タングステンという言葉がやたら頭に残りました。
>たしか一番融点が高い金属だったと記憶しております。

あ、そうですよね。
タングステンは、元素名ですもんね。周期表に載ってるはず。
融点が高いと言う事は、熱に強いんですね?
それを使ったライトなんでしょうね。
わりとポピュラーな撮影用のライトです^^

NoTitle 

ここまでダメ人間だとかえって肩入れしてしまう。

倉田くんがんばれ!(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

やっぱり分かりますか! ダメ人間だって。

そうか・・・やっぱりか・・・。

応援してもらえて、うれしいです><

おはようございます~!!! 

すみません~m(_ _)m
なかなかコメント出来なくて・・・・・・
これから、色々繋がってくるんですね~~!!
ワクワクです!!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、こんにちは~。
いえいえ、いいんですよ、コメントとか気にしないでください。
読んでぽちっとしていただけるだけで、うれしいです^^

また、お暇な時に遊びに来てください~。

鍵コメyさんへ 

> ミステリーというジャンルが、実は、多面的に人を描くということに
> 気付いたのは、最近です。

そうですよね。ミステリーというと、「犯人は誰だ」を追求するものだと思われがちですが、
あれは本格推理物だけで。
多くのミステリーは、その犯罪にまつわる人間の本質や心の弱さを、じわじわと描くものなんだと思います。

たまに、登場人物の関係が気になって、「犯人なんかどうでもいいから、この二人の会話を聞いていたい」とか思ったりww

あ!いやいや、私の書くものなんて本当にまだまだで。
ブログにUPしてもいいものかどうか迷うレベルの拙作です。
それを、読みに来てくださる皆さんに励まされて、なんとか続けさせてもらっています。
Yさんも、本当にありがとうございます^^

NoTitle 

えー! 被害者がぁー・・・って、遅れをとってしまった。

うさぎって、寂しいと死んじゃうんですか?
てか、沢ちゃん、女よりうさぎ?

倉田のおっさんは、表情硬そうなのに、その内面は揺れまくっていそうでおもしろいです。汗調節してって、なんちゅうこと要求するかな。。。

空気がどう繋がっていくのか楽しみです。

けいさんへ 

いえいえ、ゆっくり更新なので、ゆっくり来てくださいよ~^^

うさぎって、寂しいと死ぬって、よく言いません??
(西日本だけ?我が家だけ? これは、統計とってみないと)

沢ちゃん、やっぱり女でしょうww でも、ウブなんですね、きっと。

倉田のおっちゃんは、意外とグジグジ考えるタイプみたいですね。
ただの乱暴な男じゃないのかも。
でも、まちがいなくKYでしょう^^;
女にモテナイね。

このあとも、倉田君全開でまいります。(え?もう倉田は飽きたって? だめだめ)

NoTitle 

limeさん。
こんばんは♪

えぇ~
由希がこらしめたいと思ってた男の子ですねぇ。
間違いなく由希が関係してますよね。

そして、それが気になる倉田が由希に会おうとするんでしょうね。
沢村。
あぁ、でも淡々とした人ってさやいち好きなんですよね。
感情の起伏が希薄な人のこころを乱すのが好きと言えばいいかな?
そもそも天邪鬼なので、そういう事したくなるんでしょうね☆

なんとなく倉田が由希に惹かれる(好意ではなく)のもわかりますね。

さやいちさんへ 

> 由希がこらしめたいと思ってた男の子ですねぇ。
> 間違いなく由希が関係してますよね。

そうなんですよ。濃厚な関係を感じていただければ、うれしいです^^。

> そして、それが気になる倉田が由希に会おうとするんでしょうね。

倉田、このあと由希に執着していきます。しつこいですよ~~。
でも、その執着の理由が、本作のテーマでもあります。

> 沢村。
> あぁ、でも淡々とした人ってさやいち好きなんですよね。
> 感情の起伏が希薄な人のこころを乱すのが好きと言えばいいかな?
> そもそも天邪鬼なので、そういう事したくなるんでしょうね☆

おおおお~~~。
意外なさやいちさんの、Sが発覚(笑)
でも、わかるなあ~、その感覚。
沢村みたいな人間、ちょっと怒らせて、からかってみたいかも^^
そうか、そうか・・・。さやいちさん。(にやり)

> なんとなく倉田が由希に惹かれる(好意ではなく)のもわかりますね。

うれしいです。
最初はきっと、読者様に伝わりにくいと思っていたので。
なぜ、倉田は由希に、あんなにこだわるの?・・って。

由希の引力、感じてもらえたら嬉しいです。

こんばんは^^ 

マ、マイペースで読んでいくつもりだったのに・・・
引き込まれてきた。

このストーリーの切り方、絶妙です^^v

sarahさんへ 

引き込まれてくださって、うれしいですーー^^

まだまだ、このあとすっきりしない状態が続きますが、
sarahさんを、飽きさせなければいいな、と、願います。
いつも、ありがとうございます。

ここから動き出すのですね 

カメラマンと性別不明みたいな由希くんと、正体不明の女? そして、殺された男子高校生。
彼のポケットから由希くんがケータイを掏った。
という事実もあり、それらがどうからまりあい、limeさんがどうほぐしていかれるのか。

沢村さんが探偵役になるのでしょうか。それとも、もっとひねったふうな役割なのでしょうか。
いろんな要素を含めて、序章であろうこのあたりでわくわく、楽しみになってきました。
ちょびちょびとかじらせていただきますね~。

あかねさんへ 

わあい、ここまで読んでくださったのですね。

そうなんです。やっとコマが出揃った感じで。ここから動き出します。
動かなくてもいいはずの、倉田が、動いちゃいますので、じわじわと進みますよ~^^

>沢村さんが探偵役になるのでしょうか。それとも、もっとひねったふうな役割なのでしょうか。

ふふふ。お教えしましょう。沢村は・・・・・何もしません!!!
そう、なにもしないのに、なぜか沢村は、人気者だったのです。
コメントにも、ちょっとしか出てこない沢村の名前が、いっぱい・・・。
最後の感想にも、「沢村がいたからこその、この結末ですね」とか、言われるし。
あいつは、なにもしていないのに・・・。
不思議な脇役です。
あかねさんも、彼の謎を探ってください。
(おまけ4P漫画も、なぜか、彼が主役です・笑)

これから、更に謎が深まり、ひとつずつ、解けていきます。
そのあとに待っているものを、あかねさんも、見届けてくださったら嬉しいです^^
いつもありがとうございます。

NoTitle 

真剣に撮影しているだけでも、怖いと言われるときはあると思いますけどね。
こういう職業というのは。真剣にやっているだけなんでしょうけど。
写真も芸術ですからね。

LandMさんへ 

ははは。倉田は顔自体が、かなり怖いみたいですから、その時点でモデルカメラマン失格かも(笑)

人物を撮るカメラマンって、詐欺師のように、モデルをいい気持ちにさせないとダメですから、倉田は本当に落第なんですが^^; ごまかすのがうまいんでしょうね。
素人を有頂天にさせて、脱がすほどのテクニックが必要らしいです。
大丈夫でしょうかね、このひと・・・・^^;
読んでくださって、うれしいです♪

NoTitle 

なるほどぉ。倉田さんの人となりがかなり分かってくる回でしたね!
沢村君に「予算の関係だっ」言ってほしかったなぁ(笑)←意地悪
沢村君は将来いいカメラマンになれそうですよね。
なんだかんだと言っても人は人と仕事をするのだから、人に好かれるというのはとても大切な才能です!
それに比べて倉田のおっさんは!!(あら失礼(笑))

それにしても、そりゃあまあ、驚きますね!!
たった二つしか知らない名前の一つがビンゴ・・・。
さあ事件が起こってしまった!!続きが楽しみです♪
  • #11158 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2014.01/07 23:14 
  •  ▲EntryTop 

ぐりーんすぷらうとさんへ 

おはようございます^^

倉田の周辺と人付き合い、なんとなくわかってもらえたでしょうか。
このおっさん(笑)中学生並みにガキなんでしょうね^^;
極悪なわけでもなく。
うまくいかなくて、ひねくれてるおっさん・・・。
沢村君は、今時の草食系ですが、彼のほうが随分大人みたいです。
この沢村君、チョイ役で出したつもりなんですが、なぜか読者様からはけっこう人気で(爆)
倉田の地位が、いよいよ危うい感じです。
このデコボココンビも、どうぞよろしく!

で、そうなんです。まさかのビンゴです。
このあとはちょっとミステリーっぽくなるかもしれません。
なかなか楽しい展開にはなりませんが、どうぞ、不器用な登場人物たちを応援してやってください。
(倉田のおっさんは、放っといていいです・笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)春樹のイラストを戴きました^^】へ
  • 【雨猫 第6話 事件】へ