かげろう 〈春樹サイドストーリー〉 

かげろう 第3話 チョコレート

 ←かげろう 第2話 失われた日   →かげろう 最終話 光、満つ
その男の子は、ただじっと売店に並んだチョコレートバーを見つめている。
その視線が、山村にはどうしても正輝に重なって見えて仕方なかった。

山村の妻はとにかく、躾に厳しかった。
チョコレートは特に子供の天敵だと思っているらしく、一切買い与えることはしなかった。

いつもはそれに大人しく従う正輝だったが、妻が用事で正輝を残して出かけるようなことがあれば、とたんにその瞳はイタズラっぽく輝きだした。
山村も休日返上の共犯者となり、妻が出かけるやいなや、二人揃って近くのスーパーに乗り込むのだ。

お目当てのチョコレートバーを菓子棚から一本だけ掴み取り、正輝がニコリと山村に笑いかける。
言葉はいらない。暗黙の了解と言う奴だ。

「おまえ、でっかくなったらワルになるな」
そう言いながら、チョコレートを握ったままのその小さな体を抱え上げると、正輝はキャッキャと笑い、そして必ず最後に付け加えるのだ。

「ナイショね」、と。

案外、気の小さいワルだった。


「春樹君はチョコ、好き? ちょっと待ってて。おじさん、買ってあげるよ」
それはほとんど衝動だった。心の中から吹き出す衝動だった。
そんな山村を見上げ、男の子は嬉しそうに目を輝かせた。

この子も、もしかしたら母親から甘いモノを禁じられ、厳しく育てられているのかもしれない。
けれど今この瞬間、この少年の共犯者になりたかった。

この子の親を捜さねばならない時に、何をしているのだという想いは隅に追いやられ、山村はそのチョコレートバーと、緑茶のペットボトルをレジに持っていき、精算を済ませた。

「ありがとう、食べてもいい?」
男の子はひんやりと冷たいチョコレートを受け取ると、遠慮がちに訊いてきた。
山村が頷いてやると、その子はうれしそうにチョコレートバーを頬張った。

時折山村に目を向け、目が合うたびにニコッと笑う。
仕草のひとつひとつが愛らしい。

「でも、春樹君のママに怒られないかな、チョコのこと」
立ったまま、懸命にチョコを頬張るその姿に癒されながら、今さらながら山村は言ってみた。

男の子はしばらくモグモグしながら山村を見つめていたが、やがて再びニコリと笑い、つぶやいた。

「ナイショね」


山村は一瞬わけのわからない波に呑み込まれ、息が出来なくなった。
その男の子の声色も口調も、まるで正輝のものだった。

目頭が痛いほど熱を持ち、視界が歪んだのと同時に、頬に涙が伝った。
慌てて手の甲でぬぐう。

男の子はすでにチョコレートを食べ終わり、ただ驚いたようにこちらを見ている。
目の前で40を越えた男がいきなり涙をこぼしたのだ。小さなその子には訳が分からなかったのだろう。

山村はフラフラとすぐそばにあったベンチに座り、頭を垂れ、「目にゴミが入ったんだ」と言い訳をして、改めてハンカチで顔を拭った。
鼻の奥がジンと痛み、涙が溢れてくる。

ああ、この子の親を捜してやらなければならないというのに。自分はいったい何をやっているんだろう。
息を吸い込み、気を逸らそうとするのだが、涙が止まらない。

ふと、頭に触れるモノがあった。
男の子が、うなだれている山村の頭をそっと撫でているのだ。
驚いて一瞬動きを止めたが、その感触がとてつもなく心地よく、山村はその手が自分の頭を撫でるのに任せた。

その手の主はやがて、「ごめんね」、と小さく言った。
「なぜ、ごめん?」
「春樹が泣かせちゃったんでしょう?」
「そんなことないよ。君はちっとも悪くない」
「おじさんだって、ちっとも悪くないよ」

その声に、体中の血が一瞬ざわめいた。
現実の雑音も暑さも遮断し、ほわりと包み込んでくれるような声。
山村はゆっくり頭を上げ、呆けたように、目の前に立つ男の子を見つめた。

目が合うと琥珀色の瞳を細め、その子は再び柔らかく笑った。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【かげろう 第2話 失われた日  】へ
  • 【かげろう 最終話 光、満つ  】へ

~ Comment ~

NoTitle 

春樹の能力うんぬんの前に、山村の気持ちが痛いほど分かる・・・
前回のを読んだ時、正直きつい~~想像したくない~~と思いながらも想像してしまう梶(^_^;)
でも、小説として本当に気持ちの伝わるものですね☆
ちょっとだけ、梶は吹っ切れました☆

 

だめだ。春樹くん、天使だ。

結婚にいたらなかったのも当然だ。

limeさんイノセントな男が好きですなあ。
  • #6452 ポール・ブリッツ 
  • URL 
  • 2012.06/08 07:09 
  •  ▲EntryTop 

kaziさんへ 

同じくらいの男の子を持つkaziさんには、ほんとうに辛い描写だったですよね。
申し訳なかったです。
でも、ここまで読んでもらえて、うれしいです。
(あ、でも、「これは読みたくない」と思われたら、本当にスル―してくださいね)

人の心を救うなんて、たやすくできることではないのですが、ほんの一瞬の触れ合いが、何かの化学反応を起こしてくれればいいな・・・と。そんな思いで描きました。
後一話、見守ってやってください。

梶さん、すこしだけ吹っ切れましたか?
それは、この話の事じゃなく、梶さんの抱えていた問題ですよね?
だったらうれしいな。

ポール・ブリッツさんへ 

春樹は、・・・本当にチョコが食べたかっただけなのじゃないかなあと、作者は睨んでおります(笑

イノセントな男、好きですねぇ。
そんな人間を書けば書くほど、現実離れして行くのは、なぜだろう・・・。

でも、小説の中くらい、純潔を見たいじゃないですか(*^_^*)

しかし、春樹はたぶん・・・結婚できませんよね。一生。(´Д`。)

頭なでなで 

ちっちゃい子が ちっちゃい手で、「だいじょうぶだよ」と頭をなでなでしてくれると、
何とも言えずホンワカした気分になりますよね。

私の場合は、ドジで頭をぶつけただけだったんですけどね。
あの感触は忘れられません。

NoTitle 

うるうるだよぉ~~

お母さんの知らないお父さんと二人だけの秘密って、
子どもの心をワクワクさせるのですよね。ちょいワルだと余計に。

春樹がその思い出の一ページを再現したら・・・
きます・・・

春樹は素直で良い子だぁ~~
素直フェチ^^

NoTitle 

小さい頃から春樹は、当たり前のようにこんな生活をしてきたんだ。
可哀想にと思ってしまうけれど、これしか知らないのだから、当然の世界なんだろうな。

知ろうとしなくても入ってしまった情報には、ある程度の距離を置けても。
好きになった人の胸の内は、どうやっても距離を置けない。

結局人を好きになることが一番の試練なんですねー(涙)

NoTitle 

いいシーンですね。
画面が浮かんでくる。
ふっくらとして暖かい、いや熱いような小さな手。
ズンと来たでしょうね。

春樹の能力が一番発揮できて喜ばれるとしたら、
こんな風に慰めることなのかも・・・
言葉に出せない事の方がずっと多いいもの。

NoTitle 

チョコバー、「ナイショね」の言葉
これらは、春樹が山村から 読み取った上での言動でしょうか。。。?
もし 読み取っていたとしても 
幼い春樹には、深く考えずに 自分の内に浮かんだ事に 純粋に従ったのかもしれないですね。

プニュプニュの小さな手が、「泣かないで」と慰めてくれる
これには、キタ ━━━ヽ(TωT)ノ ━━━!!

「おじさんだって、ちっとも悪くないよ」...そう 誰の責任でもない。
だけど やっぱり 子供の死は、受け入れ難く、
”あの時 あぁすれば良かった”と、ずっと 後悔するものなんです、親だから・・・
(。-_-。)...byebye☆

しのぶもじずりさんへ 

あれは、いいですよね。

ちっちゃい子にも、人を慰めてあげたい、笑ってほしいという気持ちが、いっぱい詰まってるんですよね。
そんな純真ななでなでは、本当にぐっときます。

しのぶさんも、なでなでされたんですね。
素敵なことです^^

けいさんへ 

けいさん、ありがとう~。

お母さんと子供って、結構物語にされるけど、お父さんと息子の、親密な関係って言うのも、いいですよね。

ここで描く母親は、子育てに猛進しすぎて、ちょっと子供を縛っちゃってるママ。
そんなママの目を盗んで、結託する父子。悪ガキふたり。
こういうのも、いいな・・・と。

ここでは、春樹の感情は書かれていませんが、4、最終話を読んでもらえば、春樹がこの山村に抱いた想いが、少しだけ伝わるかな?と・・・。(いや、きっと作者にしか分からないレベルでしょう><)

とにかく、春樹はここで、なんの計算も無く、純真に、心に浮かんだことを喋っているのですが。

春樹、素直でいい子でしょ? えへ。(親馬鹿)

ごろちゃんさんへ 

> 小さい頃から春樹は、当たり前のようにこんな生活をしてきたんだ。
> 可哀想にと思ってしまうけれど、これしか知らないのだから、当然の世界なんだろうな。

そうなんですよね><
第2章でも、美沙に攻められて春樹が言った言葉の中に、
「でも、僕には人の心を読むのは、呼吸と同じくらい、普通のことだったんだ」
って、言ってるんです。
幼児の頃は好奇心も手伝って、わざと人の心に飛び込んでしまったり・・・したんだと思います。
そして、不快になったり傷ついたりしながら、ようやくその「行為」を、自分で禁じたんだと思うんです。

でも、4歳の、この春樹はまだ、死という意味も分からない子供。
そんな子供にしかできない魔法が、あればいいなと。

>結局人を好きになることが一番の試練なんですねー(涙)

本当に・・・純真で、真面目な子なだけに、恋をすることが、一番の試練かも。
やっぱり、結婚できないでしょうか、春樹・・・。><

ぴゆうさんへ 

> いいシーンですね。
> 画面が浮かんでくる。

ありがとうございます。ここは、本当に自分の中に鮮明な絵がありました。

春樹は、この山村を救おうなんて、生意気なことはたぶん、少しも思ってないんだと思います。
ただ、シンクロした山村の気持ちを、慰めようと、言葉にしてるだけで。
4歳の今が、一番春樹は自然に生きられてたのかもしれませんね。

そんな4歳児だからこそ、起こせる奇跡があったらいいな・・・と思いました。

>春樹の能力が一番発揮できて喜ばれるとしたら、
こんな風に慰めることなのかも・・・

私も、そう思います。
呪われた能力だと思ってる春樹が、なんとも不憫で。

けいったんさんへ 

> チョコバー、「ナイショね」の言葉
> これらは、春樹が山村から 読み取った上での言動でしょうか。。。?
> もし 読み取っていたとしても 
> 幼い春樹には、深く考えずに 自分の内に浮かんだ事に 純粋に従ったのかもしれないですね。

そうなんですよ。
春樹には、「癒してやろう」「喜ばしてあげよう」なんて計算は、まるで無いんです。
純粋お気楽ポヨヨン幼児ですから(*^-^*)

まだ、相手から流れ込んだ言葉や感覚と、自分の感覚をはっきりと分けられなくて、無性にチョコが食べたくなっちゃったんですね、きっと。
これが、後に「浸食される」ということになるんですが。

まだ「死」と言うものが的確に理解できてないので、山村の、訳の分からないほどの悲しみを、ただ労わってあげたい気持ちだけで、動いてるんですね。

>プニュプニュの小さな手が、「泣かないで」と慰めてくれる
これには、キタ ━━━ヽ(TωT)ノ ━━━!!

されたいですよね、よしよし・・・って><
されたい~~~!(おちつけ)

>「おじさんだって、ちっとも悪くないよ」...そう 誰の責任でもない。
だけど やっぱり 子供の死は、受け入れ難く、

ここなんですよね。
そうは言っても、そんなことでは、慰められないんじゃない?・・・なんて思ったりもします。
でも、きっと山村は、何かに救われたいと、どこかで思ってるんじゃないでしょうか。
自分を責める傍ら、救われたい・・・って。

そんな時に、春樹と、出会わせてみました。

次回、ラストです。

これ、じつは春樹の物語でもあるんですよね^^ふふ。

NoTitle 

う~む。
この心の心情がチョコレートによくでていますね。
流石の描写力ですね。
私では真似できないところです。
こういう文学的な表現が良いですね。
  • #6466 LandM(才条 蓮) 
  • URL 
  • 2012.06/10 12:44 
  •  ▲EntryTop 

LandM(才条 蓮)さんへ 

ありがとうございますーー。
あまり正統派文学を読んだことがないので、自信がなかったのですが、そう言って貰えるとうれしいです。

いつも、ダークなものを書いていますので、たまにこんな純粋なものも書きたくなってきます。
でも、そうするとまた、ダークなのが書きたくなって・・・。

心情をチョコレートというアイテムで引き出してみました。
そこを感じ取ってもらえて、とてもうれしいです♪

さりげなく 

小さな奇跡、山村さんにとってのこの出来事は、本当にその通りですね。

生涯忘れない愛しい息子とのやりとりが、春樹くんとの触れ合いでよみがえってくる。痛くもありやるせなくもあり、甘美でもあるひととき、と解釈していいでしょうか。

十五年前の京阪電車……これは京都のほうの駅ですか?
三条とか四条とかではなさそうな。
私はもっと昔には京阪沿線に住んでいたこともありますので、どこの駅かなぁ、なんてのも気になっています。

あかねさんへ 

こんな、何気ない偶然の、ちいさなドラマを書いてみたかったんです。
次回の最終話も、こんな感じで続きます^^

じつは、最後にKEEP OUT読者へのおまけがあるのですが、まだ本編を読んでいない方には、
「なぜここが必要かな?」と、思われるかもしれませんね。
その部分がどう映ったか、印象を教えていただけると嬉しいです。

さあ、何駅でしょう。
なんて、もったいつけるほどの事じゃないんですがww

大阪から出町柳方面へ行く途中の、N駅です。^^(大阪府内ですね)
15年前は、どうだったのかな・・・などと、想像しながら描写してみました。
(水飲み器は、置いてないと思うんですが)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

えええ~~!
そうなんですか? うわ~~ん、大変だ。
あとでおじゃまします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【かげろう 第2話 失われた日  】へ
  • 【かげろう 最終話 光、満つ  】へ