「白昼夢 」
あらすじ

白昼夢  あらすじ&概要

 ←ラビット第2話 深夜0時の猫(4) →白昼夢 第一話 背徳の夢(1)
はね3

◆あらすじ
【第一話より】
毎朝、美術館前に佇んでいる一人の青年。
何となく気になりつつも通り過ぎるのだが、無断欠勤したある日「私」はその青年と接触する。
その翌日、「私」の周りである事件が起こった。彼の仕業なのか。
再び接触した「私」が見たものは悪夢?それとも・・・。

◆概要
このお話の中核となるのは一人の青年と、彼に寄り添い悲しい運命を共にするもう一人の男です。
3話まで名前も出てきませんが、少しずつ明らかになってきます。
彼らを取り巻く人々と組織。二人の歩く道の先に待っているのは光? 闇?
詩のように、静かに物語を綴って行けたらと思います。

もしよろしけば、二人と共に、終着駅のない旅にお付き合い下さい。

※後半、一部少し残酷な描写があるかもしれません。ご了承ください。

(制作:2008年 作者、処女作)


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラビット第2話 深夜0時の猫(4)】へ
  • 【白昼夢 第一話 背徳の夢(1)】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ラビット第2話 深夜0時の猫(4)】へ
  • 【白昼夢 第一話 背徳の夢(1)】へ