KEEP OUT 6  愛する君の為に

KEEP OUT6 第23話 大切な人

 ←KEEP OUT6 第22話 その唇から →KEEP OUT6 第24話 聡

なぜこの少年はこんな穏やかな顔をしていられるのだろう。
この子は今、本当に正気なんだろうか。

美沙は現実とも思えない恐ろしいほどの静寂と柔らかな光の中で、ただ春樹を見つめ、呆けたように立っていた。
必死に守ってきたものが失われる。崩れる。
けれど、こんなに穏やかな春樹のまなざしの前で、それが何だったのか、一瞬分からなくなってしまった。
正気ではないのは、自分の方なのだろうか。

「美沙」
柔らかな声だった。
「美沙、ごめんね。美沙はきっとあの火事が起こる前、兄貴から全てを聞いたんだね。聞きたくもないような、ひどい話を」
「・・・春樹」
「そして、それを僕に悟られないように、必死で隠し続けてくれたんだね。だから僕をあんなに避けて、指一本触れようとしなかった。・・・ねえ、そうなんだよね」
美沙の視界が歪んだ。

誰にも言えなかったこの3年間の苦しみと葛藤が一気に胸の奥底から込み上げ、同時に突きあげる激しい嗚咽を堪えた途端、焼けるように眼球が痛み、抗う間もなく涙が溢れだした。
目を伏せたのに、春樹が静かにその涙を見つめているのがはっきりと感じられる。
春樹に見せた、初めての涙だった。

「ごめんね美沙。美沙ひとり苦しかったよね。僕は何も知らず、そんな美沙に甘えて、くっついて生きてきた。一人前の顔して、美沙をずっと苦しめてきた」
「春樹! 春樹、もうやめてよ! どうして?」
「・・・」
「どうしていつもそんな良い子でいるの? どうして自分ばかり責めるの? あなたはもっと周りを恨んで良いのに。圭一を! あなたに余計な事を吹き込んだその男を!」
「ちがう、美沙、違う!」
「何が!」
「僕は嬉しかったんだ」
「嬉しいですって? 何を馬鹿な!」
「きのう一晩、寝ずにずっと考えた。本当にいろいろ考えた。苦しかったし、悲しかったし、気が変になりそうに寂しかった。・・・でもね、考え疲れてベッドに倒れ込んだ時、最後の最後に美沙のことが、頭をいっぱいにした。美沙との、この3年を振り返ってみたんだ。僕がこんな力を持ってるから避けてたんじゃないかも知れないって思ったら、そのことに凄く救われた。兄貴のことや、僕のこの力や、面倒くさいこといっぱいなのに僕から離れて行かなかった美沙の優しさが、改めて嬉しかったんだ。
兄貴のことは死ぬほど辛い事実だけど、今僕は、美沙の気持ちに感謝できる。そんな気持ちが自分の中に生まれてくるのが嬉しいんだ。美沙のお陰なんだ。だから・・・。
だから僕、美沙にありがとうって、そして今までごめんって、それだけちゃんと言いたかったんだ」

さっきまで人形のようだった春樹の表情は、人間らしい赤みを帯び、そして大きな仕事をやり終えた後のような吐息を一つ漏らした。
たった一晩で圭一や家族の惨劇を割り切れるはずもない。
けれども気持ちを切り替えることでなんとか自分の精神を保とうとしている少年の健気さと健全さを、美沙は痛いほど感じた。

けれど美沙は、この目の前の狂おしいほど愛おしい少年が、同時に今までよりももっと遠い距離にいるような感覚に陥り、愕然とした。
なぜなのだろう。
自分はこんな瞬間を待ち望んでいたはずでは無かったのか。

春樹に知られてはならない秘密を持ち、そのせいで触れられないことが悔しくて悲しくて狂いそうだった。
春樹を死ぬほど苦しめるだろうその秘密をばらして、その肌に触れたい、抱きしめたいと何度も思った。
今、その夢が叶う瞬間ではないのか。
美沙自身の手を汚すことなく春樹はその残酷な事実を知り、受け止め、耐えようとしている。
もう美沙を苦しめる鎖は切られた。良心の呵責なしに、その肌に触れられる。

それなのに、どうしてこの少年はこれほど遠い存在なのだろう。

「ありがとうなんて・・・そんなこと言わないで。私は結局春樹を避けて、ずっと苦しめて来ただけなのに」
「でも、傍にいてくれた。兄貴とは本当は恋人なんかじゃ無かったんだよね。本当は前から何となく分かってたんだ。それに否定もせずに、何の義理も責任も無いのに僕に優しくしてくれた」
「義理とか責任とか、そんなの関係ないわ」
美沙が低くそう言うと、いつの間にか少し見上げる程に背が伸びた涼やかな表情の少年は、憂いをすべてその奥深くに閉じこめて、美沙を見つめてくる。
美沙は真っ直ぐ、その淡い琥珀のガラスの瞳にささやいた。

「あなたが好きだったから」

春樹は美沙のその言葉をスッとその身に引き取ってくれるかのように、穏やかな眼差しで再び見つめ返してきた。
笑うでもなく、驚くでもなく。

「私が離れたく無かったから! 傍にいて、春樹をずっと見ていたかった。秘密なんてバレてもいいから、抱きしめてやりたいと思った。その肌に触れてみたいと思ったのよ。ひどい奴でしょ? 優しくなんてない。全部私の我が儘なのよ」
自分がどんな馬鹿げた告白をしているのか美沙にも分かっていたが、もう止めることが出来なかった。
情けなさと同時に嗤いが突き上げてきた。自分はこんなに薄っぺらで、抑制の利かない人間だったのかと。

春樹はその言葉を聞きながら、ただ静かに美沙を見つめていてくれた。
いくぶん弱まった西日が春樹を照らし、琥珀の瞳は今や、溶けそうに淡い金色の宝石になった。
互いにただその目を見つめ合うだけの、言葉も何もない、沈黙の時間が続いた。
それはしかし、穏やかでありながら、歓喜や安堵をかけらも含んでいない、ゾワリとする沈黙だった。

一体なんだろう。この時間は。自分は今、何を言ってしまったのだろう。

美沙はやっと落ち着きを取り戻した頭で思いめぐらし、金色の瞳を見つめながらジワジワと胸に染みこんで来る不安を感じた。
自分は今、取り返しの付かない事を言ってしまったのではないのだろうか。
そんな想いがシミのように胸に広がってゆく。

更に長い、息もつけない沈黙の後、目の前の少年はフッと糸が切れるように目を伏せ、そして再びゆっくり美沙の目を見つめてきた。

今、この少年の中で何かの答えが出されたのだ。
ついさっきまで、自分が見守らねばならないと思っていた頼りない少年が、実はそうではないのだと気付かされる瞬間が来るのだ。

“お願いだから何も言わないで! 違う、何かの間違いなの! 時間を戻そう、春樹。お願い!”
喉元が込み上げてくるもので震える。子供のように叫び出したくなる気持ちを美沙は必死で堪えた。

けれど春樹はゆっくりと口を開いた。
全てを包み込むような、それでいて自分自身は消えて無くなりそうな、柔らかな声で。

「美沙、今までありがとう。僕、・・・この事務所を辞めようと思うんだ」

それは美沙の耳に、はっきり『サヨナラ』と響いた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT6 第22話 その唇から】へ
  • 【KEEP OUT6 第24話 聡】へ

~ Comment ~

NoTitle 

(ノ`・Д・)ノオォオォ~ そう来たか、limeさま!

春樹、美沙、互いに 大きな決心の先に放った言葉が...
美沙には 今までの強がりを捨てさせ 想いを吐かせ
春樹には 今 一番の強がりを持たせ 決別を告げさせる

雁字搦めの鎖が切れた瞬間
春樹は、美沙は、何を悟り 何所へ行くのか
( iωi ) ハウー...byebye☆

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

おぉぅぉ~~(←??) 
そりゃあ春樹、夕べ寝られないよ、そんなこと考えていたら。
で、美沙の告りをスルーするー?(すいません)

春樹も美沙もお互いに相手の事を考えすぎて、方向が違う方に行っちゃっているのでは。
春樹は今や、しっかりしすぎちゃって、美沙の手に負えない状態?

春樹ここに来て急に成長した、ような、振り? 
みたいだけど、ホントのところはどうなんですか。とlimeさんに振る。

けいったんさんへ 

いや、こ、これは春樹が勝手に・・・。汗
作者じゃなくて、春樹がねぇ・・・・大汗(゚ω゚:)

>美沙には 今までの強がりを捨てさせ 想いを吐かせ
>春樹には 今 一番の強がりを持たせ 決別を告げさせる

本当に、まさにそうですね。
やっと美沙は、自分に素直になったというのに。
そしてここで、春樹は何を思ったのか・・・。(まさか、正気じゃない?)

このあとの2話分は、この後30分ぐらいの出来事をゆっくり描きます。
(長い。キャプテン翼並みの、ゆっくりペースだ><)

春樹視点にはなりませんが、彼の言動から、その心情を探ってみてください(´゚∀゚`;)
最後の方に、やっと春樹の視点が出てきますが・・・・そのあとまた、物語は大きく展開しますです。

後8話。亀更新ですが、また寄ってやってください~~!



鍵コメSさんへ 

Sさん、ありがとうございます~><
また泣いてくださいましたか。

なんか・・・・恋愛ものみたいな展開になってますね、これ・汗
決して恋愛ものではないつもりなのに・・・。美沙のせいだ~・爆

美沙、ちゃんと伝えたのにね><。

いったいどうなっていくのか、またよかったら覗いてみてください^^

けいさんへ 

春樹、一晩いったい、何を思いつめてしまったんでしょうね。

美沙は、ついに(弾みとは言え)告ったというのに!
きっと春樹の中では、美沙の告白はめちゃくちゃ大きな波紋だったはず。
でも、すっと呑み込みましたね。

春樹、ここへきて、ちょっと変化しました。
いや、変化というか、本来のしなやかな強さ、強情さ。
・・・見方を変えればこれも一種のわがままなのかも^^;

春樹、それは、本当の優しさなのか???・・・と、作者が問うても、春樹は答えてくれません(;_;)

ここなのですよ! 以前、「キャラが、作者の意のままに動いてくれない」と雑記で嘆いたのは。

この後はね、彼らの思うように動いてもらいました。
春樹は黙して語らないし、美沙はどんどんわがままな子供になってしまいます。

彼らのドキュメント。どうぞ、残り8話、お付き合いください~~(>_<)

拍手鍵コメNさんへ 

こちらにも拍手コメ、ありがとうございます!
緊張してくださいましたか!うれしい~。
なんか、恋愛ドラマになってきちゃいましたね。
お、おかしいなあ。KEEP OUTって、ミステリーのはずだったのにw

でも、楽しんで戴けてうれしいです。
Nさんが日本にいる間、もう2回くらい更新できるかな?

あ、でも、帰国後ゆっくり読んでくださいね^^
(ん?帰国って言うのかな?)

NoTitle 

いつも元気なコメントありがとうございます!!

ミステリーと思って読んでても、結局勘ぐらずにそのまま読めてしまうものなんだぁって思って覗いてみてました☆
素直に読めていく文字の羅列って、作る方は大変な作業だと思いますが、キャラ達が想い思い動いてくれるのは楽しいですよね☆

kaziさんへ 

小説の方にも来てくださって、ありがとうございます^^

あ、でも、きっと最初から読むとか大変なので、どうかお気づかいなく。
ランダムに眺めてもらい、文字の羅列を楽しんでいただくだけでうれしいです。

キャラ達の心情を描く作業はとても楽しいです。
でも、彼らをゼロから生みだす作業はもう、めちゃくちゃ苦しいですね><
生まれるまでが大変で。出産といっしょかな??w

kaziさん、手術なさるとか。大変ですが、がんばってくださいね。また遊びにいきます!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

いらっしゃい^^

そう。私が、かの有名なドS・・・って、・・・なんでやねん。ヾ(`ε´)

ああ、そうか。
ここで美沙がギュッと抱きしめれば良かったのか。

否。
だって、後8話あるんですもの!(←言い訳になってない)
ええ、そんなにすんなりハッピーエンドにするわけがないのです、私が!(何を威張ってる)

さてさて、あと2話分、このシーンが続きます。(次回はちょっと違うシーンになりますが)
じれったいよ~~~~ww

このあと、亀更新で行きますが、また覗きにきてくださいね~~~!!!(念を押す!w)

NoTitle 

今日は小康状態だったので実家でのんびりROMしておりました。

それにしても春樹!

きいたような口を叩くな!(平手打ち)

ちょっと春樹に苛立ってしまうのは、やはりビタミンCが足りないのでしょうか。こういう口を女性に叩くやつはなあぶつぶつ……(ーεー”)

ポール・ブリッツさんへ 

具合が悪そうですね~~。
コメせずに帰ってきましたが、こんな日はゆっくりROMるに限ります^^
お大事にね。

お! 春樹がポールさんをいらだたせたw ふふ。

気持ち、分かります。ちょっとさすがに美沙が可哀想と言うか・・・。
春樹は春樹の考えがあるんでしょうし、優しさなんでしょうがね。
美沙には、その優しさは、上手く伝わらないのです。
男性の目から見たら、春樹の態度は逆に高慢ちきに見えるかもしれませんね。
うん、なんか、わかります。

この調子じゃぁ、この後更にポールさんをいらだたせるかも。(それもちょっと面白い)
ああ、でも、ぶたないでやって~~。

ここはひとつ、親になったつもりで、幼い恋の行方を見守ってやってください^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメYさんへ 

読んでくださって、嬉しいです。

この1年で、ずいぶん書き方が変わってきました。
内容が内容なので、ずいぶん女性的な文章になってしまって^^;
もうすこしクールな文体にしたかったのですが、これも性分ですね。

でも、Yさんに爽やかで楽しいと言ってもらえてうれしいです。
シリアスな壮絶な物語も、優しく詩のように綴ってみたいな、と思います。
ありがとうございました^^

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT6 第22話 その唇から】へ
  • 【KEEP OUT6 第24話 聡】へ