KEEP OUT 6  愛する君の為に

KEEP OUT6 第21話 涙

 ←KEEP OUT6 第20話 溢れだす   →(雑記)ワンコ&にゃんこ
《今朝、春樹といっしょに竹沢に会ってきました。分かったことを佐々木さんに報告します。》

夕刻、穂積隆也からそんなメールをもらい、佐々木は待ち合わせに指定された駅裏の公園へ向かった。

竹沢に会ったところで、きっと何も出ては来ないと佐々木は端から思っていた。
奴に会うことは最初から時間の無駄なのだと。
『竹沢も天野圭一も、犯罪とは無関係でした』と、涼しい顔で報告されるために、のこのこ出向く自分が腹立たしかった。
やはり早い段階で自分が美沙という女に接触した方が、何らかの結果を得られたかもしれない。

花壇とベンチと小さな滑り台しかないその公園に着くと、隆也と春樹が既に来て、植え込みの横のベンチ座っていた。
本当に春樹がこの場に来るとは思っていなかった佐々木は、かなり驚いた。
あの日自分が吐いた嘘が今思うと空々しく、決まりが悪かったが、それならそれで開き直り、あの弟に言いたいことをぶちまけてやろうと、そんな想いに駆られた。

佐々木の姿を認めると、二人の少年はベンチからスッと立ち上がった。
その表情はどちらも硬く、佐々木は少しばかり異様な気配を感じた。
とくに春樹の方は、その頬にも唇にも血の気が無く、視線を向けるとあの独特の憂いた目が不安そうに揺れた。
隆也が一瞬、辛そうに春樹の方に視線を移したのと同時に、春樹は無言のまま一歩佐々木の方へ歩み出た。
そしてゆっくりと腰を折り、深々と佐々木に頭を下げたのだ。
佐々木は一瞬何が起こったのか分からず、隆也の方を見たが、隆也はただ苦しそうに視線を反らせただけだった。

「・・・春樹君?」
「ごめんなさい」
春樹は頭を下げたままの姿勢で、絞り出すように言った。

「本当に、ごめんなさい」
そう言ったはしからポタポタと春樹の足元の土の上にシミが出来た。
泣いているのだろうか。なぜ。
それを見たからなのか。横で苦渋に満ちた表情をしていた隆也が春樹の肩をつかみ、力ずくでその体を起こそうとした。
「春樹、やめろよ。なあ・・・もう、いいよ。やめようよ!」
それでも体を起こさない春樹の肩を、怒ったように揺すった後、隆也は佐々木の方をぐっと睨んだ。

「ねえ、佐々木さん。もういいだろ? 春樹にいいって言ってやってよ。春樹は何もしてないのに。ねえ、そうだろ? あんただって春樹を責めてるんじゃ無いよね?」
「じゃ・・・分かったのか? 竹沢が全部喋ったのか? 圭一のことも、ビアンカのことも!」
佐々木は余りにも思いがけない展開に、目の前の少年達の悲しみに気を回す余裕も無かった。
「竹沢は何も喋らなかったよ。でも別の方法で探ったんだ。春樹は死ぬ想いでそれを調べたんだ。だからもう・・・」
「どうやって調べたんだ? なあ、何か証拠を掴んだのか? 竹沢をとっ捕まえられる証拠を」
佐々木は隆也の話を遮り、興奮気味に春樹の肩をつかんで、無理やり体を起こした。
春樹のその頼りなく細い肩は小刻みに震え、無理やり上げさせた顔には、涙に濡れた淡いガラス玉の瞳があった。
何かがトン、と佐々木の胸を突き刺した。

“・・・ああ、この涙は、この目は、どこかで見た。”

佐々木の背筋に更にゾクリとしたものが走り、そこではじめて少しばかりの冷静さが戻ってきた。
この悲しい目は、あの頃の妹の目だ。
絶望しか見えず、自分を蔑むことしかしなかった、妹の目だ。
苦痛と悲しみに耐えられず、自ら命を絶ってしまった、妹の。

「証拠は・・・」
春樹は佐々木に肩を掴まれたまま、必死で言葉を振り絞った。それが自分に課せられた使命だとでも言うように。
「ビアンカに入れていた画像データ。・・・それがまだ半分くらい竹沢の手元にあります。竹沢がこっそりUSBに保存して、自宅に隠しています。自室のデスクの、鍵付きの引き出し」
春樹はそこまで言うと再び顔を歪ませた。
「兄がやったこと、謝っても許される事じゃないです。でも、やっぱり兄の代わりに謝らなきゃって思って・・・。ごめんなさい。僕に出来ることなら何でもします。もっと証拠がいるなら、また竹沢と会って、もっと深く調べてもいいです。だから・・・」
「春樹君! もういい!」
余りにも大声で佐々木が叫んだので、掴んでいた春樹の肩がビクリと震えた。
怒鳴られると思ったのかその瞳は見開かれ、弾みで溜まっていた涙が頬を伝い落ちた。

「もういい! 分かった。ごめん、俺が悪かった。ごめん、だからもう泣かないでくれ。たのむ!」
そう言いながら、考えるより先に佐々木は春樹を力一杯抱きしめていた。
この少年の涙が妹、菜々美の涙と重なった瞬間、もうダメだった。
自分が汚され、醜い物体に成り果てたと嘆く妹と、家族全てを亡くし、更にその家族が罪を犯していたと知らされ、絶望の淵に立たされているこの少年と。何が違うというのか。

そして何より、自分の兄の非を認め、被害者に謝罪しようなどと言うことが、この状態で普通出来ようか。
『やはり兄は無関係だった』と言ってしまえば、もうそれで終われるものを。
およそ、その誠実さは佐々木の理解の範疇を越えていた。
この少年の中の潔癖は、この数年復讐の名のもとに憎悪を飼い慣らしてばかりいた佐々木には驚異ですらあった。
自分はこの少年に一体、何をしようとしていたのか。どんな制裁を加えようとしていたのか。

「もういい。充分だ。騙して近づいたりして悪かった。本当にごめん。悪いのは君じゃないんだ。君は謝らなきゃいけないことなんか、何もしちゃいない」
抱きしめた腕の中でその体が再び小刻みに震え出すのが分かった。
頼りない吐息が震えと共に、不規則に聞こえてくる。


もういい。圭一は死んだ。もうそれで充分だ。
あとは黒と確定できた竹沢を地獄の果てまで追いつめてやるだけなのだ。
春樹が教えてくれたデータの押収。もしそれがダメでも、方向を誤った思念では動かない。
きっと正攻法でしっぽを掴んでやる。

佐々木は一つ憑き物が落ちたような気分でゆっくり春樹の体から腕をほどくと、赤くなったその目を見ながら不器用に笑って見せた。

「ありがとう、春樹君。君のお陰で足元が見えてきたよ。俺はもう君たち兄弟のことは忘れる。君も、俺や妹や竹沢の事、全部忘れてくれ。この公園を出たら赤の他人になる。会ったこともない他人になる。勝手な言い分だとは思うが、そうしてくれないか。頼む!」

佐々木が今度は春樹に頭を下げた。
春樹は佐々木の言動に放心したように目を見開いていたが、やがてその全てを了解してくれたのか、まだ潤んだままの瞳でホワリと微笑んだ。
救われるような、優しい笑みだった。

妹も今、一緒に笑ってくれたんだろうか。

佐々木はほんの一瞬、そんなことを思った。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT6 第20話 溢れだす  】へ
  • 【(雑記)ワンコ&にゃんこ】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

読んでくださってたんですね~~♪
うれしいなあ。

こ、・・・今回も無駄に力が入ってしまいました(校正しながら苦笑い)
次回はさらっと行きたいんですが^^;

佐々木の問題だけ、ひとまず結論が出たようです。
春樹の中では、圭一の親殺しはもう、整理しようがない悲しみなんですが、
少しずつでも、前へ進ませなきゃ、ね。(あと9話ですし><)

竹沢のその後については、この佐々木のアナザストーリー、というところですね。
きっと、佐々木は、やってくれるでしょう!(他人任せな作者)

美沙との問題・・・このあとジワジワ行きます。
じれったいです!(´∩`。)

NoTitle 

佐々木が春樹と妹を重ね合わせた事で 正直に告げた春樹を これ以上 責めなかった事に ホッとしてます。
一生 兄圭一の犯した罪で苛まれるであろう 春樹に 「忘れてくれ」と、言った言葉にも・・・( iдi ) ハウー

知らなかった事実を知らされた春樹、気づかなかった事にも 気づく時なのでは ないでしょうか。
例えば 美沙の本当に気持ちとかね♪
タッチ((( -ω-)∧( ̄□ ̄;)えっ...byebye☆

けいったんさんへ 

佐々木も、きっと本当は気持ちのやさしい人だったんだろう・・・と、作者は願いました><
けいったんさんのおっしゃるように、忘れてくれと言われても、きっと春樹は圭一の犯罪と、親殺しを、一生忘れることができないんだと思うんですが・・・。
せめて、佐々木に許してもらえて、楽になってもらいたくて・・・。

そう!
春樹は美沙の「嘘」を知ってしまったんですよねぇ。

これからが本番です。(これからかい!)
春樹は、そして美沙は、どういう方向に歩いて行くのか。
ですよね。

次回から、ジワジワ行きますよ~~。

ああ、終わりが近づくと、作者、寂しいなあ・・・。(こういうとこが、素人だなあ・・・)

あらまー 

目が、目が重なってしまったんですね。
そこが何ともlimeさんらしくて、すごく好きでした。

一歩進んだのに、目の前には次の山があって。
物語も山場ですねー。
今日はいい意味で、胸が苦しゅうございました^^

NoTitle 

読み応えたっぷり。すべてに納得。です。

佐々木との関係に一段落がついて良かったです。

被害者の家族、加害者の家族、どちらにも家族には重いものを残すんですよね。複雑。

佐々木はきっと妹さんのために突き詰めるんでしょうね。期待。

さて、春樹は次回美沙に会うとき、どんな顔して、どんな会話をするのかな。

NoTitle 

「人間が受け取れる幸福の総量はその有する外界に対しての正確な知識の総量と反比例する」バーナード・ショー

……ウソです。

ああ・・・・・ 

涙が止まりません・・・・・・・
とりあえず、
分かり合えた(?)ことが
本当に良かったなあ・・・・・って
嬉しい涙です。
これから、どうなって行くのか
私にはまだ想像もつきませんが、
本当に嬉しい。

みんなが辛くて苦しい中でも
この救いが、一筋の光明の様な救いが
みんなの心の中に温かい道しるべとなって
残れば良いな・・・・・・・

ごろちゃんさんへ 

ごろちゃんさんも、ありがとうございます~。

佐々木が、感傷的になってくれて、春樹もこれ以上傷を深めないで済みました。
妹さんの、お陰かも・・・。
素直に謝れない作者が、春樹には謝らせてしまいました。
逃げないで謝れば、きっといいことあるんですよね。(何をしたんだ、私は・・・)

はい、そうなんです。
こっからが山場です。
たぶん・・・、またちょっとじれったく重苦しい空気になると思うのですが、
よろしければ、お付き合いください^^

ゴロちゃんさんの胸もキュッとできて、幸せ。

けいさんへ 

けいさんに納得してもらえた。うれしい!
よかった~。ちょっとまた、力みすぎたかと反省してたんですが。

佐々木の心の動きに納得してもらえて、一安心です。
彼も、そんな悪い人じゃない・・・というのを、今まで差し込めなかったので心配だったのです。

この事件は、両者に根深い傷を残すでしょうが、不必要な恨みを、新たに作ってほしくないですもんね。

ええ、きっと、佐々木は竹沢を法廷に立たせますよ。うん。きっと。(佐々木頼みか!?)

さて次回・・・・。ふふ。春樹の動きに注目してくださいね^^

ポール・ブリッツさんへ 

それでもやっぱり知らなければ幸せだったよね・・・・・と、とってもいいですよね?
だったら、大納得です!
(なんか違ってるような気がするけどまあいいや^^)

かじぺたさんへ 

かじぺたさんも、ありがとう~~。(´A`。)゜。

そうですよね。悲しみはどちらも深いけど、この二人がいがみ合う事は、更なる不幸ですもんね。
春樹の勇気と誠実が生んだ、和解ですよね。
かじぺたさんが喜んでくれたよ~、春樹!

春樹の苦しみは、これで消えるわけではないけど、
きっとこの事で良い風が吹きますよね。(そうだといいなあ)

苦しいけど、前を向いて歩く春樹を応援してやってください。(*^-^*)

このあと物語はまた二転三転します。
最後の最後まで、気の抜けない展開になってる・・・はずです。^^

NoTitle 

いやぁ~佐々木がまともでいい奴でよかったよ。
こうなると益々竹沢の卑劣さが目立つわぁ。
許しがたい犯罪を犯しながら償いもせず、ヘラヘラとお天道様に恥じることもなく生きられる。
度し難いやつだよ。
昔、犯罪者って美味しくご飯が食べられるのかなと思っていたが、食べられるんだよね。
あの木島なんて女は凄いグルメだったもんなぁ~
恐ろしいよね。

ぴゆうさんへ 

> いやぁ~佐々木がまともでいい奴でよかったよ。

わたしも、ほっとしました。(おいおい)
この人も、ただ、被害者なんですよね。
復讐心に溺れてしまって、方向性を間違いそうになっていましたが。
春樹が、相手ですもん。^^; 浄化されちゃいましたね。
(なんだ、春樹って)

竹沢はきっと、自分がやったことを、たいして悪いことなんて思ってないんだと思います。
隠し通せれば、万々歳。へまをやった圭一は、消えて当然、だと。
ご飯だって美味しく食べてますよ><

このあと、佐々木はきっと奴のしっぽを掴んで、法廷に引きずり出すと思います。
そこまで描けなかったのが悔しいですが。
佐々木、がんばれ~~。

罪の意識って、ある人と無い人の差って、激しすぎますよね。
「良心の呵責による苦渋」という塊を開発して、犯罪者に飲ませてやりたいなああ・・・。

妹も今、一緒に笑ってくれたんだろうか 

↑これは、fateが『月の軌跡』に込めた願い、想い、祈りでした。
まぁ、手法はまったく違いますが、ここへたどり着いたことが、ものすごく嬉しかった。

復讐の氷解ですね。
いや、泣かされましたよ~

‘復讐’は必要ないんです、本当は。
望んでいたのは心からの懺悔、後悔と良心の呵責に寄る苦悩・苦痛。
そして、贖罪。
それに寄ってのみ、すべての魂が救われる。
はい、描きたかったのは、それだけでした。

fateさんへ その5 

> ↑これは、fateが『月の軌跡』に込めた願い、想い、祈りでした。

お。そのお話は読んでいませんでした。
これは、読まねば。
(すみません、このところ、なかなかゆっくりおじゃまできなくて)

復讐は、必要ない。・・・本当に、そうですね。

自分の怒りの矛先を復讐に向けても、結局相手の血を見て、自分の心も汚れてしまうだけで。
でも、相手の贖罪を引き出すのって、本当に難しくて。

まあ、今回の佐々木の、怒りの矛先は、完璧に間違ってましたけどね。
結局復讐って、自分が満足したい。そういうことなのでしょうね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT6 第20話 溢れだす  】へ
  • 【(雑記)ワンコ&にゃんこ】へ