☆雑記・四方山話

(雑記)物語のしゃぼん

 ←KEEP OUT6 第12話 苦悩  →KEEP OUT6 第13話 屈辱
こんにちは^^

まだまだ寒い日が続きますね。
だけど、この頃夜になると、「芽吹く匂い」が空気に混ざりはじめました。
ムンとした、発酵臭です。たくあんのような。
きっとこれは、桜等の木々の芽が、芽吹く時の匂いなんだと、勝手に思い込んでるんですが・・・違うのかな?


さて、KEEP OUT6、そして他の過去作品を読んでくださっている皆様、コメントや拍手、応援、本当にいつもありがとうございます。
お陰さまで、エネルギーをもらえ、細々ですが創作を続ける事が出来ています。

『KEEP OUT6』、じれったい展開が続きますが、もう少しお付き合いお願いします^^
のんびり更新なので、たぶん、終わるのはすっかり葉桜になった頃だとおもいます。(長!)


さてさて、KEEP OUTは私の中で推敲を残すのみとなったわけですが(それはそれで、めっちゃ寂しい(T_T))、次なる新作に取りかからねばならないわけで。
シリーズでは無い新作を生みだす時が、一番苦しいですね。

平日は仕事、家事を終えると、机に向かえるのは2時間も無いのですが、その時間は頭の中、形にならない物語の断片の嵐です。
常にメモを取りながらの作業なので、もう、・・・酷い事になっています(*・ェ・*)


下書き

これ、めくっても、めくっても、机が現れないほどの紙の量。

そして、悲しいことに、この膨大な走り書き、すべてがボツです。
これ、3週間分くらいでしょうか。
1ヶ月も続くと、部屋に、足の踏み場もなくなります。一面の紙の海・笑

生まれては消え、また生まれては消される物語の断片達です。
しゃぼんみたい^^

どんだけまとまらないんだ~~。

一喜一憂するこの期間。一番大変だけど、でも避けられない作業ですね。
第一プロットが出来上がるまで、ひたすら七転八倒です。
さあ、次なる新しい命を、私は抱けるのでしょうか!(´A`。)


さて・・・ちょっと息抜きに、春樹のサイドストーリーでも書こうかな。

↑そうやって、逃げてばかりいるから新作が進まないのだよ!!(ー"ー )



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT6 第12話 苦悩 】へ
  • 【KEEP OUT6 第13話 屈辱】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ありゃりゃ。
limeさんの机ってこんなことになっているのね。
書いて書いてボツになって。
何度も繰り返すからこそ、こんなにスケールの大きな物語が産まれるんだ。
最初っからパソコンではなく紙に書くんですね。

それにしても…
サイドストーリーが息抜きになるって面白いv-22
懐かしい面々を書くことが癒しに、息抜きになるんですね。

NoTitle 

あはは。すごい書いてますねぇ~^^

私はコンピュータに入っています。
タイプタイプタイプ・・・
ワードだらけです(^^;)

仕事する振りしてたまーに、たまーにですよ、たまーに、描いてます。。。
ほら、周り日本語わかる人いないんで、真剣な顔して仕事してるように、
見せる。。。

それで同僚が「早く帰りな」なんて声かけてくると、
「まだ帰れない」とか言っちゃって・・・

えっと、たまーに、ですから(^^;)
仕事、ちゃんとしてますから(キリリ)

ごろちゃんさんへ 

そうなんです^^;
私、めちゃくちゃアナログ人間なので、最初からPCに向かっても、何も浮かんで来なくて。
やはり、紙と鉛筆です^^
(ついでに言うと、電子書籍よりも、本です!)

なんどもなんども生まれては消え、また生まれては消え・・・。
物語の受精には時間と努力と、奇跡が必要ですね^^
(いや、才能は??)

ああ、それよりも、ごろちゃんさんも、私の本編を読んでくださってると言うのが、めちゃくちゃ驚きで感動です。
拙い物語なのに、貴重な時間を、本当にありがとうございます。e-267e-267

そうそう、サイドストーリーは、楽しいです^^
一度生まれてしまったキャラたちは、自分で物語を生んでくれますから。
(本当言うと、キャラ達と、もう少し遊んでいたいのです。なんか、子離れできない親の気分です)

まだ形も無いところからの創生って、なかなか難しいです。
でも、わくわくも、します^^

けいさんへ 

へへへ。書いてるでしょう~~。
私しか解読不可能な文字ですw

けいさんは、初っ端から、PC打ちこみなんですね?
その方が早いし、羨ましい。

おやおや??
けいさんは、おしごとの合間に、(たま~~に)書いちゃうんですね?
たま~~~に、ですね?笑
でも、絶対バレなさそうですねwww

いいなあ。私は職場では、ネットの閲覧もままなりません。
だって、すぐ横に、鬼のチーフが居るんですもん~~><
むりだ~~。

NoTitle 

すごい量だわ。
私はノート。
もしくはメモ帳。
やっぱ字を書くと頭の整理ができる気がする。
書いても忘れないものだけをパソに入れている。

けど、新しいキャラを考えだすのは大変だよねぇ。
わたしは放り投げているのがある。
いつかはやろうかなって感じ。

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさんも、いっぱい下書きを書くタイプなんですね。
リサーチでは、半々ですね。
けっこう、まずPCに書く人って、多いみたいです。
私はアナログ人間なので、だめですね^^;

お!ぴゆうさん、もしや、猫国以外の物語を??

猫国の傍ら、いつかは、そんな物語も読んでみたいです。
ぴゆうさんは、まだまだ、私にとって未知数の方ですから。
どんな物語がでてくるのか、すごく楽しみです^^
(でも、猫国は、終わらないでくださいね)

NoTitle 

やっぱりイメージはアナログだよね!!
自分の頭の中に浮かぶ言葉を自分の体通して、その手が伝えていく。。
でも、頭の回転のスピードに手が文字を書くスピードが追い付かなくて、自分でも読めないような字になってしまう(^_^;)
解読不可能な時が梶にはあります(笑)

PCに向かう時は、頭の中を整理する為って感じかなぁ。。
浮かんだものを整理整頓して、物語らいになって行く。

なんかステキです!!

kaziさんへ 

梶さんも、そうなんですね。

そうそう、イメージに、手がおいつかなくて、凄い字になっちゃうんです^^
でも、そうやってイメージが膨らむ時は、幸せな時でもありますね。

何も浮かばなくて、ペンを持って虚空をにらむ時間は、とても辛いです^^;

PCは、清書の時のみですね。
推敲はPC上でもできるのですが、物語の流れは、やはり白い紙の上が一番ですよね。

梶さんも、こうやって物語を作って行かれることがあるんですね。
梶さんの書かれた脚本とか、みてみたいなあ。
小説と脚本とは、また根本の世界が違うのでしょうが、
一つの世界を、頭の中で創り上げると言う作業は似ていますよね。

思えば、殺陣にもきっと、起承転結がある、一つの物語なんでしょうね。
カッコイイ短編。
毎回それを生みだしている梶さんも、カッコイイです^^

すごいですねぇ 

ミステリタイプの小説は、やはりこうやってしっかりプロットを立てないと書けませんよね。
だから私には、ミステリは書けません。

私は思いつきメモみたいなものを書き、ストーリィの流れみたいなものを書き、というのはやはり手書きです。
そうしてプロットのようなものが浮かぶ場合もありますが、パソコンに向かってとにかく書く、ひたすら書く、しているときのほうがいいような気もします。
書くもののタイプだとか、書くひとのタイプだとかによってもいろいろなのでしょうね。

私も一度連載をやってみようかと、パソコンでキャラとおおまかな物語を作ってみたのですが、進みません。
ほんと、新しいキャラと物語を考えるのは大変ですよね。

limeさんの新作も楽しみですし、私はまだまだこのサイトにアップされている作品もすこししか読ませていただいてませんので、どちらも期待しております。

こんにちは~~(^0^*)ノ 

わーー!!すごい!!!
やっぱり、これくらい書けないと小説は出来ないんですね・・・・・・
文章書くのは嫌いじゃないので
子どもの頃はちょっと憧れたんですけど、
書いても話が凡庸だし湧きいずらないんですよね~!!
物語の泉が頭の中に無いみたい(笑)
だから小説書ける方って憧れですよ(^^*)

マンガも描いて投稿してたことがあるんですよ(笑)
でも、やっぱりお話がつまらないの~~(;m;)
絵もへたくそだったけど、やっぱりお話なんですよね~~
マンガも・・・・・

私は、ブログはLIVEです(爆)
写真撮ってきて、写真選んで、写真小さくしておいてから
1個ずつUPしつつ
写真を見て思い浮かんできたことや
思いだしたことを
そのまんま打ってます(笑)
で、後から何回か見なおしたり、しなかったり
推敲したり、しなかったり・・・・・・・(^0^;;)\
それも、下書き状態の時もあるけど
UPしちゃった後に、思いついて書き足しちゃうことも・・

なので、一度浮かんだ文句が操作ミスとかで消えちゃうと
もう二度と浮かんでこなかったり(笑)
ほぼ、話し言葉ですね!!

気分が乗ってると、文章も
もーーいいから!!ってくらい出てくるけど
ノッテないと、写真並べただけーー
な記事になっちゃったり(^0^;)\
めっちゃ、いいかげん!!!

あと、
コマ送りか?!ってほど写真撮ってますが、
これがないと思いだせないので
膨大な写真が自分の記憶を呼び覚ますためにも必要なんですよね~
たまに、撮影不可のとこに行くと
後から、何にも思い出せなくて困る(笑)
でも、めんどくさがりだからいちいちメモも取らない(^0^;)\アハハ

limeさん、生まれいずる悩み・・・ですね・・・
春樹君のサイドストーリーも新作も
そしてもちろん、のっぴきならない状況の
KEEP OUT6・・・・・・・・・
楽しみにしてます!!!

春樹君のサイドストーリー、読みたいな~~!!
私、物語が終わっちゃって、それで終わり。
とか寂しくてダメなんですよ~~(;m;)
是非是非!!!
出来たら、明るくて楽しいお話が良いな!!

お忙しい中、大変だと思いますが、
我ら、読者のためにあまり根を詰めない様にしつつ、
これからも素敵なお話紡ぎをお願いいたしますm(^0^*)m

応援してま~~す(≧∀≦)ov-238

あかねさんへ 

なんだか、ミステリーやサスペンスを書いてると、どうしても入り組んだ話を考えたくなってしまって^^;

ほんとうは、文学的な、情緒的なものがたりも書きたいんですが・・・。
オチがないと、エネルギーがわかなくて^^;
困ったもんです。

あかねさんは、パソコンでじかに書く方法なんですね。
そちらの方が、多いみたいです。今までいろいろ話をきいてみたところでは。

そのほうがきっと作品は早く完成しますよね。
でもきっと、ショートショートでも、きっちり下書きしちゃうかも・汗

新作、出来るのかどうか不安ですが、どうぞまた、遊びにきてやってください^^

かじぺたさんへ 

わたしは、かじぺたさんのライブブログ、だいすきです~~。

私はいつも、周りの風景なんかをボーッと見過ごしちゃうけど、かじぺたさんは、
どんな景色もたのしいイベントにしちゃいますから!
すごいです!
たのしいです!

私も、小説で人を楽しませたいと思うのですが、どうも辛辣で悲しいストーリーになっちゃいます・笑
それでも、かじぺたさんはじめ、みなさんに読んでもらえて、幸せです^^

え!かじぺたさん、マンガの投稿されたことがあるんですねえ。
私も昔はマンガをいっぱい投稿していました。
小さい賞をちょこちょこ取ったんですが、編集の人のコメントは、いつも、
「物語はうまいけど、絵に華がない。少女マンガ向きではないですね」なんて言われ続けました・涙。
だから、物語を書くことにしますた(爆

わ~~い、春樹のサイドストーリー書いてもいいですか!
うれしいなあ。
じゃあ、お言葉に甘えて・・・・。

ああ、でも、きっとまた、ちょっぴり悲しい短編になりそう。
でも、かじぺたさん用に、きっとたのしいおはなしも、書きますね。

応援、ありがとおおお~。

NoTitle 

ノートはおろか登場人物さえ書き出した時は何人になるのかはっきりしない男、スパイダ(←やめろ(^^;))

根が行き当たりばったりなんでしょうねえ、本格ミステリを書きかけてはドツボっています。

本来は紅恵美ちゃんなんて、「長編」の探偵役として設定したのに(^^;)

吹雪の山荘ものを書こうとしたこともありますが難破。転覆。

精緻な構築物はわたしには荷が重いらしいであります。

ポール・ブリッツさんへ 

いや、まあ、私がこうやって書きだすのは、頭の中に記憶がとどまってくれないからで^^;

すぐに忘れちゃうからなんですよね。

ポールさんは、そういう構成なしで、冒険のように長編を書いてしまう。
そこがすごいです。
私は、最後のシーンまで決まってないと、怖くて第1話がかけない臆病者なので^^

でも、ポールさんの吹雪の山荘もの、読んでみたいな。
なんか、ハッピーエンドでは終わらなさそうですが・・・・

NoTitle 

すごいや!
さすがねーさんだ。
やはりテロップは書くべきですよねっ!

るるさんへ 

そう、さすがねーさんですw
るるさん、今時分は、踊りたくなる時間でしょうか。2時だし。
ちなみに、プロットです!!w

早く寝なさいね^^

NoTitle 

うわ~、lime様、すごい量ですね、これ!
私は‥‥この半分ぐらいですorz
見習わねば( ´-ω-`)ムムム

私も、やっぱりルーズリーフなどに手書きで設定とかキャラおこしします。
後でまとめてPCのメモ帳に入れたりする時もあるんですが、結局は本文を書いてる途中で参照するのは手書きのほうなので、あまり意味がなかったり(苦笑)
でもボツった分は、後で読み直したりした時に迷ったりしないように、その場で廃棄処分してしまうので、案外机周りはスッキリしています♪

私は、何となく、手で書く方が、ゆっくりきちんと頭の中でイメージできる気がしています。
PCは簡単すぎて、細部が疎かになる気が(||´・ω・)
あと、大事なところとか、すっごい間違いとかにアンダーラインを引くための赤ペンが好きです(笑)
ほとんど気分の問題のような気もしてきました(苦笑)

この記事の画像を見たら、何だか闘志が湧いてきましたよっ。
私ももっとやってみよう! って思いました。

またお邪魔しますね(*´∀`*)ノ

土屋マルさんへ 

えへへ。紙、消費しすぎですね^^

普段はこんなに悩まないんですが、新作を生みだす時は、まったくゼロスタートなので、とにかく苦しみます。
そして、まだ、卵が生まれません。
やばいなあ。

私は一応、生まれかけの物語の断片は取っておいて、時間が経った後、また読み返してみます。
そんな断片が、なにかのきっかけになることも今まであったので^^

単に、捨てられない性格なんでしょうね。
だから、部屋は酷い状態です><

プロット、今夜もまたがんばります~。
さて、生まれるのかなあ~。新しい子供たち・・・。

マルさんも、いっしょにがんばりましょうね。^^

NoTitle 

相変わらず凄い量の下書きですね!
僕なんて『書き始めたら何とかなるやろ』ですからね。
見習わなければなりません。

ジャンルは異なりますが、バンドの新曲を制作する際は
limeさんと似た作業をしております。
聴いては録り聴いては録り、コッチが立てばアッチが立たず
の繰り返し。
文章を書いていてもそうです。『あぁ~ッもう!!』てなります。 
そんな時はたいがい夜も遅いですし、余計にイライラします。
才能が無いだけのただの八つ当たりです。
ですので巧みに表現された絵や音楽や文章と遭遇すると
『…なんでこんな事が出来るんやろ…』と力の差を思い知らされます。
て、比べるなんておそれ多いですね。
いや、ホント一流て凄いです。


蛇井さんへ 

見切り発車すると、絶対終着駅に辿りつかないので、毎回こんな感じです^^;
紙、もったいないですよね。

へびいさんは、曲作りと言う、私の未知の分野の苦悩もされてるんですよね。
そっちの方も、きっと筋書きのない、戦いですよね。
私など、音楽的才能が皆無なので、そういう作業に憧れます。

ほんと、一流とか、これを職業にしてる人って、どんだけ凄いんだ!と思いますね。
一日、その才能を体験してみたい・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT6 第12話 苦悩 】へ
  • 【KEEP OUT6 第13話 屈辱】へ