KEEP OUT 6  愛する君の為に

KEEP OUT6 第7話 微熱

 ←KEEP OUT6 第6話 遠雷 →(雑記)『13階段』。
 美沙はその貼り紙をドアから勢いよく剥がし、手の中で乱暴に丸めながらエレベーターまで走った。
 たかが知れた距離ではあったが、1秒でもその空間に居たくなかった。
 たぶんほんの少し前までそこに居たのだろう忌まわしい男の、息や匂いがまだそこに残っているような気配が耐えられなかった。

 ボタンに飛びつき、やっと3階に登ってきたエレベーターに飛び乗ろうとした瞬間、思いがけずそこから出てきた人物に激しくぶつかり、美沙は自分でも聞いたことのない甲高い悲鳴を上げてしまった。

「美沙ちゃん! どうした!」
 その人物は抱き留めるように美沙の肩をつかんだ。必死に見上げた美沙の視線の先にいたのは、立花聡だった。

「立花さん……ごめんなさい」
 まだ僅かに声を震わせながら美沙は慌てて体を退き、そして呼吸を整えた。他人にうろたえた姿を晒したくないという感覚は、無意識に身に沁みついたものだった。

「ごめんなさい、何でもないんです」
「何でもない訳ないだろ、そんなに怯えて。何かあった? 誰かそこに変な奴でもいるのか?」
 聡は美沙の肩越しにひょいと廊下を見渡した。

「大丈夫、なんでもないんです。ちょっと急いでただけで……」
「美沙ちゃん!」
 今まで聞いたことも無い鋭い聡の声に美沙はビクリとし、思わず真っ直ぐ目の前の背の高い男を見上げた。
 真面目そうな知的な顔が、少しばかり悲しげに歪んでいる。

「美沙ちゃん。君はもう少し他人に甘えた方がいい。困ったときには困った、辛いときには辛いって。ちゃんとそう伝えなきゃパンクしてしまうよ。
この前入院したときだって、俺は元より春樹君にさえ何も頼らず、実家にも連絡してなかったみたいじゃないか。退院してすぐに仕事再開しちゃうし。
俺はね、探偵社の長として、君に責任がある。君がギリギリの所で張りつめて、苦しむのを見ていたくないんだよ」

 反らそうとしても、なぜか美沙はその澄んだ切れ長の目から視線を反らすことが出来なかった。
 まるで大きな布でパサリと体を包み込まれたように、身動きが取れなかった。

「頑張りすぎなんだよ、君は。春樹君の事も、この事務所の経営のことも、全部一人で背負い込んでいるだろ? 俺は君の能力を高く買っているけど、同時に、とても心配なんだ」

 美沙はたった今自分が震えていたことも忘れ、その奇妙な感覚に包まれたまま、呆けたようにポカンと聡を見つめた。
 こんな真剣な聡を見るのも初めてなら、こんな感覚に陥ったのも初めての事だった。

「ねえ美沙ちゃん。もう一回訊くよ。何があった? 何か怖いことがあったんだろ?」
 普段は穏やかで涼しげな目が、今は熱を帯びたように美沙をじっと捉えて離さない。美沙の体の力は逆に魂を抜かれたようにスルリと足元に落ちて行った。

―――すがってしまっても良いのだろうか。それとも、それは恥ずかしいことなんだろうか。

 頭では迷っているというのに、美沙の視線は何かに従うように降下し、無意識に手の中でくしゃくしゃに潰れた一枚の紙に注がれた。
 忌々しいその一枚の紙に。

「何それ。見てもいい?」
 美沙は素直に頷き、ゆっくりと右手を聡の方に差し出した。聡の大きな手が美沙の手を包むように優しく触れ、そして美沙から元凶を引き受けるように、その紙を自分の手の中に移した。
 ほんの少し触れた聡の手が、とても温かく力強かった。
 美沙はやはり、体中をすっぽりと包まれた感覚を保ったまま、その紙の文字に目を走らせる男の顔を見つめていた。
 さっきまで自分は何をあんなにも怯えていたのか思い出せない。不思議な気分だった。

「美沙ちゃん、これを書いた男に心当たりは?」
 再び目を上げた聡は、声こそ荒げなかったが、明らかに憤慨した感情を眉間の皺に刻んでいた。
「見当はついていますが、確証はありません」
 落ち着いた声で美沙がそう言うと、聡は小さく頷き、そっと美沙の左肩に手を置いた。

「どこかでゆっくり話そう。心配しなくていい。君に絶対指一本触れさせやしないから」
 ああ、やはりこの人は薫の兄だな。きっと血なのだろう。
 臆面もなくそんなセリフをサラリと言ってのけてしまう。そのくせ、キザに聞こえない。社の女の子たちが、心酔してしまうわけだ。
 やっと少し冷静になった頭で美沙はそう思い、心の中でクスリと笑った。

 けれど体を包み込まれるイメージは更に大きく、そして熱くなり、心を委ねてしまいたいとほんの一瞬思ってしまった自分に、どうしようもなく困惑した。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT6 第6話 遠雷】へ
  • 【(雑記)『13階段』。】へ

~ Comment ~

 

私には心当たりがないんですが……。

美紗がこんなにうろたえるのは初めてですね。よほどのことか。

立花聡、いいタイミングで来ましたね。良すぎるか。

春樹は早く来て。

ヒロハルさんへ 

そう、美沙自身にも、初めての事のようです。

一見強そうで、なんでも跳ね返してしまいそうな美沙。実はすごくハプニングに弱い。
それでなくても、春樹のことで心が疲れ切ってる時に、このストーカー。

聡・・・絶妙のタイミングでした。
私ならこのタイミングでこんな言葉をかけれたら、絶対ぐらっとしてしまう。
(美沙、騙されるなww)

でもさて、春樹。どうする?

NoTitle 

やっぱり、聡さんですよね。

人に心配をかけることは良くないときもあるかもしれませんが、
心配をかけまいとすることがかえって大迷惑をかけることって、よくあると思います。

強く見せようとするほど内面は弱いもの。崩れる前に、委ねなさいな。

NoTitle 

ここで狙い澄ましたようなバッドタイミングで春樹くん登場ですか?(^^;)

で、「火サス」のような音楽が流れると。

続きを読むのがちと怖かったりもします。昔の「土ワイ」や「火サス」は遠慮も会釈もなかったからなあ……。

けいさんへ 

そうですよね。けいさんの言うとおり。

美沙も、少しは素直にならないと、かえって周りを気遣わせてしまいます。
甘え上手になりなさいw

でないと、本当にどっか崩れちゃいます。
聡に頼ることは、裏切りじゃないですもんね。

ポール・ブリッツさんへ 

ちが~~~うう。

もうそんな手は使わないってば・汗
確かに、昼ドラや火サスでは、よくあるパターンw

安心して続きを読んでください。今日は、どこからアクセス?

NoTitle 

心不安定な時に現れた男性
年上で 毅然としてる姿は凛々しく その上 温かく包み込んでくれる優しさを持ってる
橘のお兄様、その名は聡さん♪

今の美沙には もうバッチリ「つり橋効果」の状況じゃないですか!
若輩の春樹の出番が無くなるよ~ヤバイヽ(゚Д゚;)ノ!!

(*´-ω・)ン?。。。そう言えば、美沙は心当たりがあるって!
過去の彼か 探偵の仕事絡みか それとも圭一関係か・・・?
|電柱| ̄ー ̄)ニヤリ...byebye☆

けいったんさんへ 

まさにそうですね!
これは「吊り橋効果」!

ヤバイねぇ。 春樹・・・若さとピュアさで、太刀打ちできるのか!
ええ? 出番が無くなっては、主役不在に?
(春樹が降板だと、作者のやる気が落ちるかも・・・)

さあ、このストーカー。美沙には心当たりがあります。
けいったんさんが挙げた中に、ばっちり入っておりますぞ! さすが。

でも、その話になるのは11話くらいで・・・。待っててください!

NoTitle 

にゃーーー
憎いノォ、この演出ぅーーー
ぬわぜぇにぃ!立花なのだ!
ここにlimeさんのイケずぅと深謀ぼー遠慮を感じる。
ムムムム
普通はこうしてアーしてウッフン♡イヤンばかぁ♡
みたいな展開を予想してニヤニヤしたいところだが、
きっと間違いなく真面目モードなんだろう。

今回は楽しかったなぁ~
ずっと重すぎたもんね。

ぴゆうさんへ 

にゃ~^^
ぴゆうさんのコメに、こっちが爆笑ww

>こうしてアーしてウッフン♡イヤンばかぁ♡

な展開まで書けずに、申し訳ない!
実は、この後の二人の会話は、割愛していまして。(11話に回想シーンで出てきます)
次回はまた、ちょっと無粋な話になって行きます。

>こうしてアーしてウッフン♡イヤンばかぁ♡

な展開を、私も書きたいさ!!(欲求不満か??)

ああ、なぜに最終章は、毎回重い・・・。

もうちょっと頑張ってくださいね!

・・・ああ、やはりこの人は薫の兄だな。きっと血なのだろう 

↑す、すみませんっ
こんなにあちこちにコメ残すつもりじゃなくって、一気に最後までいくつもりだったのに、なんか、いろいろ琴線に触れまくって~
さすが、limeさん、こんなにもfateくんを悩ませてくれて~~~
でも、大丈夫、ストーカーにはなりませんから(ーー;

それは置いといて。
(置くなよ! しっしっ!)

‘血’
フフフフフ・・・
最近、fateはアブナイ意味でそれを使いましたとも!
そうなんです、血です。
その絆は深く怪しく美しいのダ~~~

(あ、壊れてますが、お気遣いなく(ーー;)

fateさんへ その3 

ふふふ。
細かくコメ残してもらえて、うれしいですよ。
fateさんの琴線に、触れたい~。

血。これって、やっぱりありますね。
え?危ない意味で使ったと? きんしんそ・・(バシッ)・・いえ、なんでもありません。

血の絆。確かに深く怪しく、美しい・・・。

私も、このテーマで書きたいものがあるんですが、どうしても俗物的な流れになっていってしまうんですよね。
もっと、自分らしい物語になるまで、封印です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT6 第6話 遠雷】へ
  • 【(雑記)『13階段』。】へ