☆雑記・四方山話

(雑記)『KEEP OUT 5 死の馬』後書きのようなもの

 ←KEEP OUT5 最終話 その先にあるもの →KEEP OUT6 愛する君の為に (あらすじ)
こんにちは^^
久々の雑記です。

ああ、もっといっぱい雑記書きたいのに~。
テンプレがシンプルなので、せめて雑記を書いて賑やかにしよう・・・と思ってるのですが、
なかなかPCの前に座る時間がなく (>_<)。 座ったらすぐに睡魔に襲われちゃうし。
ゆっくり皆さんのところを訪問したり、読書したり、次回作の案を練りたいなあ・・・・。

あ、・・・今日の記事は、ぼやきじゃなく(笑

『KEEP OUT5 死の馬』 を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
紆余曲折し、そしてスッキリしないイメージのラストで終わってしまったのですが。

でも、この咲子の物語は、ここで完結したと思っています。
問題ありの結末ですが、咲子も思いを遂げ、そして春樹の中でも、咲子のことは整理がついたんだと思います。

ですが、美沙の中には、大きなわだかまりが残ります。表には出しませんが、大きいはずです。(・_・;)
春樹は、美沙が咲子との事に気づいてるなんて、思いもしていません。
隆也は、更にお節介熱がヒートアップして行きます。

皆さんからのコメで気付きましたが、ここ「5」に出てくるのは、なんともお馬鹿な人間ばかりですね。
いつまでも踏み出せない、臆病な美沙。
いつまでも自分を卑下し、美沙への気持ちをごまかしてる春樹。
春樹への親切をごり押ししてしまい、事態を悪化させてしまう隆也。
咲子に至っては、言わずもがな。

でも、バカな子ほど可愛い。不器用な彼らを、もう少し見守っていたい、と。
奇妙な愛情が作者の中で沸いてきました。

彼らは何らかの答えを出すのでしょうか。
このKEEP OUTシリーズに、終わりがあるとすれば、どんな結末なのか。
ずいぶん悩んで出した結論が最終章「6」です。

後日、あらすじをUPします。
また、長い苦悩の日々が始まりますが、どうぞ皆様、お付き合いくださいね (*´∀`*)


なかなか、毎日皆様のところにコメを残すのは難しい状況ですが、訪問&応援ポチは必ず毎日いたしますね。
どうか、またこれからも宜しくお願いいたします^^


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT5 最終話 その先にあるもの】へ
  • 【KEEP OUT6 愛する君の為に (あらすじ)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

連載お疲れさまでした。何かとお忙しいようですね。
お身体にはお気を付け下さい。

馬鹿な人たち・・・・・・・というかそういう不器用な人たちほど、人としての魅力がありますよね。
何でもできて、すんなりと行っちゃう人のお話を読んでいてもつまらないですから。だからこそ物語として成り立つというか。

ああ~、また最後を知るlimeさん一人がほくそ笑むというもどかしい日々が続くのですね。笑。
隔靴掻痒な最終章、楽しみにしています。

NoTitle 

こんにちは。ちとショックなことがあって精神的にどん底です。

死の馬がほしくなります。

そんな日にもバカバカしいショートショートを書かなければならないのが(^^;)

ヒロハルさんへ 

ヒロハルさん、こんにちはー。
ありがとうございます!
ヒロハルさんも、お忙しいご様子。
なかなか、時間的には厳しいですが、お互いがんばっていきましょう^^

そうですよね。
完璧な人間を描いても、楽しくないんですよね。
たまーに、完璧なヒーローもいいかな・・・とも思うんですが、ワクワクしないというか。
(じゃあ、不完全な自分の方が、面白いのかな?)

そうです^^
私1人が、ほくそえむ・・・・。

なんちゃって、そんな衝撃的なラストじゃないかも^^
(あ、そんなこと言ったら、誰も読んでくれない!!)

すごいです! (爆

ポール・ブリッツさんへ 

えええ!

いったいなにが??

だ、だめですよ、死の馬はーーーー。

とにかく、頑張ってショートショート書いてください!(悲劇的なのでもいいですからーー)

書いてなきゃ、だめなんですから、ポールさんは。

NoTitle 

「5」は「5」で、決着が付いたのだと思います。

まだピースに隙間がありますが、「6」の、最終話、で、ぴっちりはまる、ですかねぇ~・・・?

そこに至るまでまたじりじりさせてもらいましょう(汗)

衝撃のラストまで付いていきやすとも^^

お忙しいところ、お体にお気をつけて。。。

けいさんへ 

> 「5」は「5」で、決着が付いたのだと思います。

そう思っていただけますか!うれしいです^^

> まだピースに隙間がありますが、「6」の、最終話、で、ぴっちりはまる、ですかねぇ~・・・?

はい!全ての穴を埋めるべく、頑張りました。
(まだ、抜けてる穴があったかな・・・)
余計な部分まで埋めて、ボコボコなったかな?^^

> 衝撃のラストまで付いていきやすとも^^

きゃー、衝撃とか、書いちゃいましたもんね。
きっと予想のつくラストの範疇なんでしょうが・・・。
問題は、プロセスですよね^^

ありがとうございます!どうか、ついてきてくいださいいい!

NoTitle 

よく作りこまれている物語は
バッドエンドだとしても、感動を呼ぶと思う。
陽がそうであったように、読後に優しさが残った。
私的には絶対にハッピーエンドにしてもらいたいけどなぁ。

何よりもお疲れ様です。
頭も疲れたろうな。
甘いものでもどうぞ
v-369v-365

NoTitle 

こんにちは。
「5」連載終了お疲れ様です!
途中途中緊張感バリバリでした。
50本のトルコキキョウの余韻にひたりつつ
最終章楽しみにしています。

衝撃のラスト 

 春樹は目を覚ました。

「……ああ、なんだ、夢だったのか、触るだけで他人の心が全部わかるなんて、嫌な夢だったなあ」

― 完 ―

NoTitle 

ポールさんやめろwwもうwww

コメントまじめに書こうとおもってもどうしてもそれで
笑ってしまうじゃないかwww

……ごほん。

ごめんなさい、limeねーさん。
ポールさんが悪いのっ!

ぴゆうさんへ 

ありがとうございますーーー。
まずは甘い茶菓子で一服^^

ぴゆうさんにそういって頂けると、なんか勇気が湧きます。
なるべく、良い読後感を目指します^^
ハッピーエンドでも、バッドエンドでもない終わり方で。(ええ?なんだ??)

これからも、どうぞよろしくお願いします^^





Happy Flower Pop さんへ 

おおー、ありがとうございます!!
最後までお付き合いいただいて。
緊張していただけましたか。
感無量です・涙
Happy Flower Popさんへも、50本のトルコキキョウを送ります!
(エアー、トルコキキョウ♪ですか、どうぞ)

最終章も、もし宜しかったら覗いてやってください!

ポール・ブリッツさんへ 

> ― 完 ―

・・・って。

ないないないーーー。そんな夢落ち!

もう、死の馬派遣しますよ!!ヾ(`ε´)


るるさんへ 

そうです! 全部ポールさんが悪いのです。

存じていますよーーー。

ってことで、ポールさんには死の馬派遣しておきました^^

NoTitle 

久々の登場~~~~~~!!d=(^o^)=b

なははは。「死の馬」の途中でこの登場したら殴られただろうな(^^;

長らくコメントしなくてすみませんでしたm(_ _)m
実は、ちゃんと読んでました(^^;
もう毎回、胃が痛くなるような思いに悶絶しながら。

あぁもうlimeさん、どうしてそんな事が書けちゃうの!?って軽いショックも受けながら読んでおりました。
咲子の愚かなまでの純粋さと弱さ、それと対照的な美沙の頑なさと真っ直ぐさ、これも愚かなほどで・・・。
咲子が最後に手に入れた春樹との甘美だけれど苦しすぎる触れ合いがもうねぇ・・・言葉を失いましたわ。

最終話に向かってどんな方向に進むのか想像もつきませんが、覚悟を決めて待ってます~。

秋沙さんへ 

秋沙さんだ~~~(≧∇≦)ノ彡
いやっしゃい。うおお、うれしいです。

何か心配でちょくちょく覗いてたんだけど、ウザかったかなあ~~~とか、おもいつつ、また覗きに行ってたやつ^^

また来てくださって、うれしいです。
続きを読んでてくださったんですね~~。
うれしい!

咲子と言う女性、そして、春樹とのことを、どんなふうに感じてくださるのかなあと、私も毎回ドキドキしながら更新していました。
咲子と美沙。
対照的なんだけど、どちらも愚かで、どちらも愛情深い、そんな人間性をえがけたらなあと・・・。

女性を描くのが苦手な私ですが、(男が得意な訳でもない・汗)愚かな女は、なぜか書いていて楽しい・・(やっぱ変)

ゆっくり、「6」が始まります^^
また、覗いてやってください。

最後は、びっくりの甘甘で終わるかもしれませんよ~~。(それも、ある意味衝撃)←よし、そうしよう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT5 最終話 その先にあるもの】へ
  • 【KEEP OUT6 愛する君の為に (あらすじ)】へ