KEEP OUT 5  死の馬

KEEP OUT5 第23話 受容体

 ←KEEP OUT5 第22話 求めた光 →KEEP OUT5 最終話 その先にあるもの
「美沙……どうして? まだ病院じゃなかったの?」
 目を見開いたままそう言った春樹の表情は蒼白だった。
「ええ。2日ほど退院を早めてもらったのよ。経過が良かったから」

 あれほど求めていた少年を目の前にしているというのに、春樹の中に、美沙の回復を喜ぶ余裕がないことを悟ると、美沙はどうしようもなく心が冷えて固まっていくのを止められなかった。

「そう……。良かったね。退院おめでとう。……ごめんね、毎日顔出せなくて。ちょっと……友達と遊んでたもんだから」
 そう言って春樹はぎこちなく微笑んだ。
「いいのよ。毎日来ることないって、私が言ったんだもの」
「うん……。あの、携帯も、ちょっと調子悪くて、メールちゃんと読めてなくて」
「いいって言ってるでしょ」

 美沙は静かに言ったつもりが、春樹はそれにビクリと震えた。息を飲むのが美沙にも伝わってくる。
 この少年はどうして嘘ばかり吐くのだ。どうして少しも本心を見せようとしないのだ。
 美沙は沸き立ってくる悲しみと怒りで、足元から崩れ落ちそうだった。

「あと2日は休みにしてあったんだし、あなたがどこで誰と遊ぼうと自由よ。だけどね」
 美沙はデスクの横に立ったまま、やはり同じように2メートル先に立ちつくしている春樹を真っ直ぐ見つめた。
「仕事と称して勝手な行動を取るのはどうかと思うな。もしも春樹一人の時に依頼が入ったのなら、私か局長に相談するべきでしょ? 違う?」
 美沙を見つめる春樹の瞳が頼りなさげに揺れた。琥珀色の瞳は更に薄く色を無くし、美沙を見つめているのか、その向こうを透かして見ているのか分からなかった。

「この依頼の説明をしてもらえる?」
 美沙が、藤川咲子の依頼書をデスクの上にヒラリと置くと、春樹はただボンヤリそれを眺め、やっと口を開いた。小さく、こぼれ落ちるような力のない声だ。
「それはもう、捨ててください。もう……必要ありません」
「調査報告書は?」
「いいんです。その仕事はキャンセルになりました」
「そんなこと無いはずよ。藤川咲子さんは、ちゃんとあなたにやり遂げてもらったって言ってたから」
 春樹は弾かれたように視線を上げ、美沙を見た。その驚愕の目がさらに美沙の中の何かを刺激する。

「あなたへの支払が済んでいないからって、さっきここに来たのよ。これは個人的な依頼だからあなたに全額渡してくれって。このメモといっしょに。あなたはどんな契約をしたの? 一体どんな調査だったの?」

 次第に棘を含んだ強い追求になったが、春樹はそれを聞いているのかいないのか分からない目をして、ひとり虚空に佇んでいた。
 美沙が現金の入った分厚い封筒と、その上に先程の四つ折りのメモを乗せてデスクの上を滑らせると、春樹はぎこちない手つきで一旦それらを掴みあげたが、封筒の方だけポトリとデスクに落とした。すっかり血の気を無くし、蒼白になった指先で春樹はゆっくりとメモを開き、じっと見つめた。そしてそのまま固まったように動かない。小刻みに薄い色の瞳だけが揺れていた。

「春樹?」
「嘘ばっかりだ」
「え?」
 春樹はくしゃりとメモを手の中で握りつぶし、足元に落とすと、そのまま力のない視線を部屋の隅にぼんやりと置いた。泣いてもいず、表情を歪めるでもなく、ただ他人には伺い知れない何かに打ちひしがれている。

 春樹に触れるほど近づき、その足元にしゃがみ込んで、美沙はくしゃくしゃに丸められたメモを拾い上げた。

 その刹那、春樹からフワリと微かに、今までと違う香りがした。
―――ムスクだ。
眩暈に似た絶望を堪えながら美沙が開いたメモ用紙には、ほんの短いメッセージが綴られていた。

《あなたは神様がくれた、初めての至福だった。私は生きていくから。 あなたも、生きなさい》

「……嘘ばっかりだ」
 春樹がもう一度、声を震わせて呟く。美沙はただじっとその少年の横顔を見ていた。
 そしてもっと早く気が付かなければならない事に、今やっと気付いた。それが悔しくて情けなくて、叫び出しそうだった。気が狂うほどに。

 間宮光浩の事件の時に気付くべきだったのだ。この少年は人の心を盗み見る力を持って生まれたのではない。
 触れた人間の心に犯されてしまうだけの受容体なのだ。

 自分から仕掛けることなど何一つ無い。触れて、触れられて、その悲しみも苦悩も狂気もすべて取り込み、傷つき、処理できずに戸惑い、尚も自分の特異性に悩み、贖罪で縛られる。


『あの子は脆いから。しっかり手を握っててやらないと』

 そんなことあの女に言われるまでもない。全部分かっている。けれどどんなにそう願っても、この少年をしっかりつなぎ止めて守ってやることなどできない。

 この子が受信する器である限り、自分は守ってはやれない。それどころか、『壊す』側なのかもしれない。あの女は何も知らず、ただ戯れに春樹を犯したのだ。そして訳知り顔でそれを自分に伝えに来たのだ。

 煮えたぎるような嫉妬と屈辱と無力感が美沙の胸を押しつぶした。少年に対する激しい感情がマグマのように熱を帯び膨らみ、口をついて吹き出しそうだった。

――――― 春樹。 愛してる! 愛してるのに!

 けれどその言葉は美沙の口から出ることを許されず、代わりにこぼれてくるのは歪んでしまった最悪の言葉だった。

「もう……やめて。……苦しいよ、春樹」

 少年は一瞬、刑の宣告を受けたように体を強ばらせたが、やがて何もかも受け入れ、そして諦めたような弱々しい微笑みを浮かべて俯くのを、美沙はただ後悔と共に見つめることしかできなかった。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT5 第22話 求めた光】へ
  • 【KEEP OUT5 最終話 その先にあるもの】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おーっと、美沙選手、なんとかカウントツーで返しました。

しかしそこへ咲子選手の連続攻撃だ!

手紙! 凶器攻撃! 反則、反則です! しかしレフリー、気づかない!

美沙選手、場外に逃げるか!

始まるのか場外乱闘! 二人の女の神経戦はもはや最終段階に入ったーっ!



……話が重すぎに重すぎてギャグに逃げるしかできません。

もうここまで来たら美沙さん、思い切って春樹の手をぎゅっと握って、自分の知っていることを全部教えたらどうなんですか。このままではみんな不幸ですよとほほほ。

ポール・ブリッツさんへ 

>始まるのか場外乱闘!

・・・て、次回でこの章はおわりですから~~。
「6」にはこの話はそんなに引きずりませんし(たしか)
次回で、なんらかの答えが出るのかな?(出ないのかな?)

そうなんですがねえ~~。
もうすでに、春樹の悩みは、“美沙に触れる、触れない”の問題を通り越しているような・・・。
兄(圭一)の犯罪も、今のボロボロの春樹には、乗り越えられないかもしれませんよ~。

とにかく・・・なんか、ここまで傷を大きくしたのは、臆病な美沙のせいじゃないかと、最近思うのです^^;

NoTitle 

Σ(゚o゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~!名実況アナも過熱する この状況!
場外乱闘って!
とにかく 騒いじゃう?...♪わーい♪o(TxToiill lliioTxT)o♪わーい♪

チクチク刺さる美沙の言葉は、春樹を貫通して 私にも刺さってるし~
(*`Д´)ノ∝━ ゚o゚)━━━ TロT)ィタィシ━>
魂が、どっかに飛んで言った春樹は、何所を見て 何を考えてんだか分かんないし~
シッカリシロョ( ,,TдT)ノ"(ii〇ω〇)。o 0

「6」には、この話しが引き摺ってないのでしょ?
「5」は、後一話か・・・Σ(・ω・;)ナヌッ!後一話で 片が付くってかぁ~~?
マヂデ───(゚∀゚;)───・・ ...byebye☆

NoTitle 

苦しいよって・・・
どうして二人バラバラに苦しい思いをしなきゃいけないのだろう。
美沙の方が脆くて繊細、それなのに秘密を抱えている。
強がっていても一杯一杯なんだろうな。
ここで男、春樹になってほしいやね。
ガツンと受け止めなさいよ。
二人なら乗り越えられるもの。

NoTitle 

春樹は受け入れるばかりで出せないんだ。

出さなきゃ~。体に悪いなぁ~~。お肌にも悪いよぉ~。

美沙もだね。二人してもじもじしちゃって、じれったい・・・

吐け吐け^^ 

けいったんさんへ 

ほんとうに~!

後1話で、収拾つくのか!(・_・;)

・・・・つきません。でも・・・たしかに次回で終わるのです! びしっと!ww

チクチク美沙の言葉、けいったんさんも刺しちゃいましたか・汗(痛いの痛いの飛んで行け)

美沙、とにかくヤバイですね。
見失ってますね。こんなんで、6に行っちゃっていいのかなあ・・・(不安)

でも、がんばってついてきてくださいね!けいったんさん。
(首に鎖)

ぴゆうさんへ 

美沙、優し過ぎるんでしょうね、結局。
その優しさが、春樹を大人にできないのかも。

でも、春樹は男です。
庇護のもと、小さく小さくまとまる、お子様のまま、終わらせたくありませんよね。(よね、って、誰に訊いてるのかしら^^;)

もしかしたら、春樹を男にするよりも、美沙を大人にする方が、難しかったり・・・・。

このあと「5」は、奇妙な感じで終わるかもしれませんが、「6」への前奏曲だと思ってください。

二人は苦境を乗り越えられるのか・・・・。

もしかしたら、賛否両論になるかもしれませんが、イライラジリジリしながら、見守ってやってください。

けいさんへ 

じれったいですよね。
そして、重い~。
みんな本心を喋らないし。吐いたらスッキリ・・・するかな。それとも、嵐が起こるかな。

申し訳ないことです。
きっとみんな。「う~~ん、イライラする~」と、ストレスを感じながら読んでらっしゃるのかと・・。

次回最終話は、何かが解決するわけでは無く、ある、大きな流れの途中…と言う感じのラストです(わからんって)

何かが少しずつ変わろうとしてるんです。

それが何かは・・・たぶん「6」の最終話まで分からないと思いますが(え~~~)

そうですね・・・。
春樹は、変わって行きますよ、うん。きっと!

こんにちは~~(^0^*)ノ 

なんかもうお話がどうなるのかと思ったら
怖くて、ここのとこコメント出来なかったので
今日は先日の続き(KEEP OUT3)を
ガッツリ読もうと思ってたんですよ~~

そしたら朝からずーーーっと
PCが使えず・・・・・・・
インストール待ちだったんですけど
結局いつまで経っても完了しなくて、諦めました・・・・・
(;m;)
後で、旦那に見てもらいます。

あ~~
なんか怖い・・・・・・
どうなっちゃうのかな~~・・・・・・
そもそも題名が怖いし(すみません~~)

またこのシリーズが完結したら
コメントします~~~(^0^;)\
後で、KEEP OUT3がガッツリ読めたらいいなあ~・・・・・

かじぺたさんへ 

かじぺたさん、いらっしゃい~~^^

この、重い空間にようこそ~~。
天真爛漫なかじぺたさんのところと、えらい違いなのに、足を運んでもらえて幸せです~~(>_<)

え、KEEP OUT3を読んでくださる!!
嬉しいです。
「3」を読んだら、美沙がここまで春樹に触れようとしないわけが、ばっちり分かります^^
お気の毒な美沙なのです。(作者がいじわるなのです)

PC,調子がわるいんですね。
辛いですよね。旦那さん、たのんますよ~~^^ばっちり直してあげてください!(ええ~)

「5」の最終話は、「6」への前奏曲みたいなものなので、すっきりは終わらないかもしれませんが、
どうぞ読んでやってください^^

感想、書きにくいものがたりですよねえ。
「読んだ~~!」と書いてくださるだけで、泣いて喜びます!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

ええええええ?

なにか、そんな記事でもあったんですか?
最近は、更生して真面目にやってると言う話なんですが。Σ( ̄ロ ̄lll)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

おおおお!
(ヤフーでは、載ってなかった)
そんな事件があったなんて・・・・。

その娘さんのお母さんとは、最近会ってないけど・・・・うわ~。苦労が絶えない><
訊くに訊けないなあ。

やっぱり、更生してなかったか・・・・。i-201

NoTitle 

そしてポールさんのやつで笑ってしまうw
重いはずなのにw

くそうw

るるさんへ 

ポールさんのコメに、癒されてくださいっw

本編は重いですから、勉強に差し支えますよ。

お勉強、もう一踏ん張り、がんばってください^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT5 第22話 求めた光】へ
  • 【KEEP OUT5 最終話 その先にあるもの】へ