KEEP OUT 5  死の馬

KEEP OUT5 第16話 涙

 ←KEEP OUT5 第15話 降下 →(雑記)今年も、こんな感じで
 逃げるように病院を飛び出したあと春樹は、日の暮れかかった駅近くの公園のベンチで、ボンヤリと行き交う人々を眺めた。
 自分の人生に何のかかわりも持たない人々の波は、不思議と頭の中を空っぽにしてくれる。
 そうやって気持ちを落ち着かせた後、携帯電話を取り出し、登録した番号を押した。

「調査、終了しました。……今から会えますか?」
 春樹が電話でそう伝えると、咲子は『へえ。もう終わっちゃったんだ。早かったね』、とサバサバした調子で言った。
 そして、もう自宅アパートは出てしまって、安いビジネスホテルを寝ぐらにしてるから、そこに来て欲しいと場所を指定してきた。

 本当に客など居るのだろうかと思うような、薄汚れて老朽化したそのホテルに着いたときにはもう、すっかり日が暮れていた。教えられた部屋番号のドアをノックすると、すぐにドアが開き、ラフな紺のナイトドレスを纏った咲子が「おいでよ」と手招きした。

 室内はごく普通の簡素なシングルルームだ。薄いカーテンの引かれた小さな窓がひとつ。TVや装飾品もなく、ただ、白いシーツのベッドがひとつ。

 ここは咲子が、春樹の答えを待つ事だけを目的に、用意した空間なのだ。
 春樹はそんなことを思いながら、咲子がベッドの横に置いてくれた椅子に静かに座ると、咲子を見上げた。
 その様子を見ながらひとつ小さく笑うと、咲子も春樹の正面のベッドの淵にドスンと腰掛けた。
 
「警戒心ないね、あんたは。クスリやってるかもしれない、半分まともじゃないこんな女の部屋にのこのこ入って来るなんてさ。危機管理がなってない」

「調査、終了しました」
 春樹は咲子の言葉には応えず、ただ淡々とそう言った。

「へえ。言い切ったね。それで、町田は見つかった? ちゃんと見つけて連れて来るって言ったけど」
「報告してもいいですか? ちゃんと全部聞いてくれますか?」
「……もちろん」
 咲子の勢いが揺らいだ。それはほんの一瞬であり、春樹にしか分からない咲子の“覚悟”だった。
「そのつもりで春樹に依頼したんだから」
「じゃあ、報告します。町田健一郎さんは見つかりました。20日前から行方不明だったんですが、今日の朝、由布川渓谷を流れる川の下流で、遺体となって発見されました」
 春樹は真っ直ぐ咲子を見ながらそう言った。

 咲子は人形のように生気を無くした表情をして、部屋の隅に視線を預けていたが、やがて見開いた眼球を小刻みに震わせ始めた。
「……そう」
 絞り出したような咲子の声を聞いた後、春樹は尚も続けた。

「町田さんが仕事を辞め、生まれ故郷の大分に帰ったのは、病気療養に専念するためでした。その何年も前に計画していた実家の売却を実行し、退職後しばらくの生活資金を作ったんです。
 東山のりんご農園の借家のことは咲子さんに教えてもらったんですよね。町田さんは、住み込みで農園の手伝いをしながら、近くの大学病院に通っていたんです」

「病気? ……へえ……そうなんだ」
咲子は、空気が漏れるような声で、ぼんやりつぶやいた。

「咲子さんはその農園の借家へ、行ったことがありますね?」
「……行ったことないよ」
「行って、そして、仲良くしている女性がいることを知ったんですね」
「行ってないって言ってるでしょ。……もういいよ。町田がもうこの世に居ないことだけ分かれば、それでいいんだから。あんたは凄いよ。たいしたもんだ」
「まだです。まだ咲子さんの知らないことがいっぱいある。僕は調べたことを全部あなたに伝えたい。伝えなきゃならない」
「私の、知らないこと?」
 春樹はちいさく頷いた。

「町田さんは咲子さんが好きだった。でも病気のことがあったから、咲子さんと離れたんです」
「ばかな。病気がなんだっていうのよ」
「町田さんが通っていたのはHIVの拠点病院でした。彼と親しくしていたのは、その病院の担当看護師です」
「HIV」
咲子は思いがけなく飛び出してきたその病名が思考に浸透してこず、ポカンと口を開けて固まった。

「あの看護師は町田さんの事が好きだったけど、町田さんには東京に残してきた想い人が居るんだって言ってたそうです。水商売の人で。でも、身を退くんだって」
「嘘よ」
「嘘じゃない。これが全てです。町田さんは、あなたが好きだったから、……それ以上好きになるのが辛くて、この街から離れた。あの人は優しくて、そして臆病だったから、知り合いのいるこの東京で、今まで通りの生活をしながら病気治療をすることが苦しかったんだと思う。あなたから逃げ出して、別の地で他の女の人と暮らしてる訳じゃ無かったんです。咲子さん、勘違いだったんです」

「何のつもり? 春樹! あんたは何のつもりでそんな話を私にするの?」
「僕が探偵だから。そして、あなたが“僕”にそれを依頼したから」
 顔を歪めながら苦しそうにそう言った春樹を、咲子は呆然と見つめた。

「私が……春樹に……依頼したから?」
 春樹はゆっくり深く息を吸い、咲子を見つめ返した。

「あなたは、どうして僕にこんな依頼をしたんですか? どうして僕だったんですか? 僕なら、辿り着かないと思ったから? ただのからかい半分? ただのゲームだったんですか?」

 春樹の目から涙がひと筋、頬を伝い流れ落ちた。
 拭いもせず、ただそのままじっと咲子を見つめた。

「春樹……。もしかしてあんたは、最後まで辿りついちゃったの?」
 咲子の掠れたように細い声に、春樹は答えずにただ、咲子を見つめた。

「ねぇ春樹。すべて分かったんなら、あんたはなぜこんな怖い女の所へ来たの? たかが嫉妬で人ひとり殺した、狂った女の所へ、どうしてたった一人でやってきたの?」
「僕は……」
「仕事だから? だったらばかよ。アル中でヤク中の女なんて、何するか分からないのよ? こんな所に来る前に、警察に通報すればいいものを」
「僕は……」
春樹は再び顔を辛そうに歪め、ささやくように言った。
「あなたの中の、死の馬を見たかった」
「……え」

「あなたの中にほんの一瞬見た死の馬は、なぜだか少しも怖くなかった。甘くて優しくて、温かな光に包まれて。その正体をちゃんと見たいと思ったんです。もしかしたら、僕の痛みとか苦しみも解き放ってくれるかも知れない。その馬が、これからどこへ行けばいいのか教えてくれるのかも知れない。その答えを聞きたいんです。
 僕にはもう、他に求めるものが、何も無くなっちゃったから……。
 僕はあなたが求めるものを、ちゃんと調べて、あなたに伝えた。ちゃんとやり遂げた。だからお願い。……見せてください」

 咲子は、笑い飛ばすでも不思議がるでもなく、ただじっと春樹の言葉を聞き、ゆっくり顔を近づけて、心を覗き込むように春樹の目を見つめてきた。

「何の苦労も知らず、ぬくぬくと育ってきた坊やだと思ってたけど……そうじゃないね。今になって、分かってきた。 
 ああ……きれい。何て綺麗な目なんだろう。やっぱり私、この目が欲しい」
そう言って咲子は柔らかく笑った。
「教えてよ春樹。私はどうすればいい? 私に、どうしてほしい?」

「僕に触れてください」
春樹は掠れるような声で小さく呟いた。

「僕にあげられるものがあるなら、さしあげます。何だって。だから……僕の肌に触れてください。あなたの中の、死の馬が見たい」
「そんな事言うと、勘違いしちゃうわよ」
 その言葉に春樹は何も返さず、ただ真っ直ぐ咲子を見つめる。

 咲子はふわりと笑うと立ち上がった。
「馬鹿だよね、あんたも」

 悲しみと、愛おしさと、苦しさと。
 全てを込めた吐息のようにそう言うと、咲子は柔らかな裸の腕で春樹の頭を包み込み、涙の浮かぶその目に、頬に、唇に、優しく口づけをした。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT5 第15話 降下】へ
  • 【(雑記)今年も、こんな感じで】へ

~ Comment ~

NoTitle 

うわ~、これは凄まじい展開に。

まさか「秘められた掟」の影響ですか。なんか春樹くんがジョシュ・マンデルに見えてきた(違)

「見よ、蒼ざめたる馬あり、それに乗る者の名を死という……」

咲子さん自首してくれればいいけれど、この展開だと……うーむ。



それはそれとして、例の本読み終えたらレビューしてください(^^)

一緒に盛り上がれる人がいないので……(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

はあ・・・なんか、とんでもない方向に行っちゃいました。

一瞬、咲子に触れたのがいけなかったんでしょうかねぇ。
タナトスに魅了されてしまわなきゃいいけど・・・。

え!春樹がジョシュに? うれしいような、複雑なような。
最近、また翻訳されていない「5」が読みたくて読みたくて堪らなくなりました。
ああ。もう~~。

赤江先生、さいごのお話は読んでないんですが、私も沢山語りたいです!
え? ポールさんが趣堂で取り上げるから、待っているんですょ~!
私も、あれはネタばれや抜粋無しで語る自信がなくって。

はやく、ポールさん、話題にしてください!
ちなみに、やはり私は獣林寺が一番好きです^^

NoTitle 

・・・ ・・・
・・・ ・・・
圧巻です。

春樹と咲子の間に浮く空間と、空気が揺れ動く様と留まる様が目に見えるようです。

言葉による報告とその聴収ではなく、気と間の掛け合い。惚れ惚れです。(ほれぼれ・ぽっ)

春樹に触れたっ・・・ ・・・ 

はまってしまったのは・・・
ちょこん、と、ドスン、のくだりです。
すすす・・・すいません! いっつもこれで・・・

limさん、惚れてるんで、許してください・・・
もー、これ以上は黙っときます。

NoTitle 

うわぁ、純だなあ、春樹。なんて、純なんだろう。
そんな想いを抱いて、咲子に会いにきたなんて。
これを「死の馬」になぞらえるってとこが、素晴らしい。

うーん。でも、見てるほうは、胸苦しいぞ…。
これじゃあ咲子は触れてあげるっきゃないですよねぇ。

ああ、それにしても…。
そうかあ、咲子さんはマッチーの病気のこと、知らなかったのかあ。
なんて悲しいんでしょう。でも…
たぶんマッチーは咲子さんの手で死ねて、幸せだったんじゃないかなあ…。

わ、私も…ちょこん、とドスンにはまっちゃいました。
わーん。

次回、めっちゃ楽しみです。
咲子からどんなものが春樹に流れこんでくるのか…。
そして、咲子が春樹に依頼したその真意は…。

NoTitle 

私の知る限りでは、春樹から触れて欲しいと願ったのは 咲子が初めてではないでしょうか。
(ヘTдT)ノ"ヘ(;・o・)シ タッチ!

春樹自身が そうせざる得ない感情が噴出しているのでしょうね。

咲子の内に濁流する想い、切望とは、「死の馬」へ繋がる?
それを 感じ受け止めた春樹が、これ以上 精神が壊れないか心配です。
バカぁ....心配だょ(*μ_μ)r(ii-ω-)ゞ...byebye☆

けいさんへ 

惚れてもらえて、天にも昇るよう~~♪
私だって、惚れてるよ~、けいさん♡
いやいや、どんどん喋ってくださいよ~。
(ちょこんとドスン。そ、そんなところがピックアップされるとはww)

二人の間の、空気感を感じてくださって、すごくうれしいです。
春樹は、最初咲子に触れた時から、こうやって咲子の心に触れるために戻って来ることを、どこかで望んでたんでしょうね。
咲子が、どんな人間か分かるほどに、さらに。

ああ、でも、次回はけいさんに、「何やってんですか!」って、怒られるかな?
だってね、咲子が、文字通り「触れる」だけで終わるとも思えず。
あれは、春樹の「覚悟の」セリフだったんですね。

と、いうことで、次回、私もちょっと新境地です!

西幻響子さんへ 

ありがとうございます~^^
しっかし純と言うか、弱すぎると言うか・・・。
でも、今いろんなことに傷つきまくってるので、仕方ないのかもしれませんねえ。

マッチー・・・最期の瞬間は、いったいどんなやり取りがあったんでしょうね。
私も、マッチーが少しでも苦痛なく逝ってくれたことを祈っています。
春樹が誤解を解いてくれて、喜んでますよね(そう思いたい作者)
咲子には・・・きっともう、どうしようもないほど、苦しい真実なんでしょうが(>_<)

>うーん。でも、見てるほうは、胸苦しいぞ…。
>これじゃあ咲子は触れてあげるっきゃないですよねぇ。

そうですよね。触れるしかない・・・。(私でも断らない)
でも、これ、二人の間では、「触れる」を越えた意味があって。
あの、百戦錬磨の咲子に「触れて」といった、春樹の覚悟。
けいさんのところでも言いまくってきたけど、次回はちょっと私の挑戦です・汗

>わ、私も…ちょこん、とドスンにはまっちゃいました。

西幻さんも!
咲子の方が、肉付きがよくって豊満で、体重があるってことなんですよ。ふふ。(なんの笑い)

>咲子からどんなものが春樹に流れこんでくるのか…。
>そして、咲子が春樹に依頼したその真意は…。

次回は咲子の視点です。そのへんも、ジワジワと織り交ぜていきます!
どうか、どうか、読んでやってください~~i-201

けいったんさんへ 

> 私の知る限りでは、春樹から触れて欲しいと願ったのは 咲子が初めてではないでしょうか。

そうなんですよ。初めて、正面切って、女性に触れようとしてるんですねえ。春樹。
(美沙、ごめん)

どうしても、見たかったんです、咲子の中の死の馬。

>咲子の内に濁流する想い、切望とは、「死の馬」へ繋がる?
>それを 感じ受け止めた春樹が、これ以上 精神が壊れないか心配です。

死の馬・・・タナトス。
咲子の、思考自体が、春樹にとっては麻薬だったんでしょうね。
春樹・・・ちょっとヤバイかもしれません。

春樹、たぶん、「触れて」と言った時にすでに崩壊願望があったんじゃないでしょうかねえ。

けいったんさん、作者のブレーキが効かなくなりそうです!
春樹と一緒に、作者も崩壊しそう。かも。(>_<)

 

さすがねーさんだな、って。

死の馬をこうやって……。

るるさんへ 

るるさん、おはよ~。

新学期ですねえ。

え、ねえさん、さすが? ふふ。(なんちゅう会話)

NoTitle 

町田と咲子……何とも悲しい二人の男女……。
なぜ神はこの二人を引き合わせ、引き裂いてしまったのでしょうか。
互いが互いを思うあまり、本当の気持ちを口にせず、知らず、そして傷つけ合った。
この様な悲しい結末は必ずしも必要だったのでしょうか。
そしてその神とはlimeさん、あなたです。笑。

私の問いにお答えください。
後、咲子の刺激的な恰好はなぜでしょう? 笑。

ヒロハルさんへ 

わ。私が神ですか!
そうか、そうなんだw

お互い、心惹かれながらも、こんな悲しい結末を迎えなければならなかった。
その必然性とは・・・。

まあ、私がイジワルだったからで・・・爆(だって、訊くからーー)

>咲子の刺激的な恰好はなぜでしょう?

だって、・・・脱ぎやすいでしょ?

(だって、訊くからーーーーーー!)逆ギレw

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT5 第15話 降下】へ
  • 【(雑記)今年も、こんな感じで】へ