クリスマス企画(RIKU・番外編)   イエロー・オーカー

『イエロー・オーカー』(前編)

 ←(雑記)明日からクリスマス企画^^ →『イエロー・オーカー』(後編)
タイトル前



背筋がゾクリとする。

まだ午後3時だというのに、やけに冷え込んできた。
空は相変わらずの鉛色だ。

商店街の方から流れてくるエンドレスのクリスマスソングにうんざりしながら、俺は露店の店じまいを始めた。

やはりこんな浮かれたイブの日に、こんな無愛想な男に似顔絵を描いて貰おうなどという物好きは居ないらしい。
今日の収入はゼロだが、まあいいだろう。

原因不明の体調不良のせいで、2年前から職を転々としてきたが、なんとか年明けの5日から警備会社の仕事を確保した。
失業手当で当面はなんとか凌げるし、それまでは趣味の絵をのんびり描いて暮らそうと思っていた。
友人の言うところの“お気楽な33歳独身男”だ。

イーゼルに飾ってあった似顔絵見本や折り畳み椅子を布製バッグに詰め込んでいると、すぐそばに気配を感じた。
顔を上げると、一人の小柄な少年が正面に立ち、俺の足元をじっと見つめていた。
その目線の先に置いてあったのは、自作の4号の油彩画だ。
売るためではなく、“こんな絵も描いています”という賑やかしのために、何となく数点持ってきて並べて置いた風景画だった。

「絵が見たいなら手にとって見ていいよ。それとも、似顔絵を描いて欲しいのかい?」
出来るだけ愛想良く声を掛けると、少年はゆっくり目線を上げ、俺を見た。

小学校3~4年生くらいだろうか。男の子には間違いないのだろうが、色白で線の細い、驚くほど綺麗な顔立ちの子供だった。

柔らかそうな亜麻色の、毛先のフワリとカールした髪。
まっすぐ見つめてくる色の薄い瞳には、人形のように長い睫毛が影を落としている。
小振りな鼻、細い顎、花びらのような薄紅色の唇。

たまに神様って奴は、こんな完璧な彫像をこしらえて、悦に入るのだろうかなどと思ってしまう。

けれど、何だろう。こちらを見つめてくる目の刺々しさは。
俺は何か、気に障ることでもしたのだろうか。

少年はそのあと再びその小さな風景画のひとつをじっと見つめた。
ただの、イチョウ並木の平凡な絵だ。
「この絵、気になる?」

少年はこくんと頷いたあと、澄んだ声で言った。
「女の人の悲鳴が聞こえるよ。この絵の中から」

脳天を殴られたような、戦慄が走った。

この子は頭がおかしいのか。 それとも、……何か知っていて俺を試しているのか。
……まさかな。

「へえー。そう。……まあ、あんまりそんな妙な事は言わない方がいいと思うよ。友達なくすぞ」
俺は激しい胸の鼓動を隠しながら、軽くあしらうように言った後、全ての荷物を抱えて自宅のある方向に歩き出した。

この後は、高い金を払ってデッサンモデルの女を家に呼んでるんだ。頭のおかしい妙なガキに関わってても時間が無駄なだけだ。
けれど逃げるように背を向けた俺に、そいつは更に言葉を投げてきた。

「綺麗な景色の絵だね。でも、“その女の人”は、“閉じこめないで”って泣いてるよ」

決定的だった。俺は耐えきれなくなり、振り返った。

「なあ、お前。絵に興味があるなら俺の家に来ないか? そんなに遠くないし。面白いもの見せてやるよ」
怒りに語尾が震えていなかっただろうか。
俺がそう言うと、少年は少しばかりの逡巡の後、素直に俺の後に付いてきた。

好奇心が強いのか、ただの馬鹿なのか。

それとも、今時の子供はみんなこんな風に、自分の命の守り方を知らないのだろうか。



          ◇

「遅いじゃないの。待ちくたびれちゃった」

知人にタダ同然で借りているボロい一軒家に帰り着くと、モデルに雇った女、サユミが玄関口でボヤイた。
絵の専属モデルなどではなく、場末のクラブで出会ったホステスだ。

客との関係にはだらしない癖に、こういう決め事は律儀に守る。意外と育ちは良いのかもしれない。
詫びを入れながら鍵を開け、2人を家の中に入れると、サユミは当然ながらその少年を不思議そうに見つめた。

「すぐそこで友達になってね。絵に興味があるみたいだから連れて来てやった。見学させてやってもいいだろう?」
石油ストーブに火を入れながら俺が言うと、サユミは特に気にするふうでもなく「物好きね」と肩をすくめた。

少年は所在なさげに窓際に立ったまま、困ったようにサユミと俺を交互に見つめている。
こうしてみると、特に変わったところのない普通の少年だ。俺はもしかしたら馬鹿げた勘違いをしてしまったのだろうか。
あれは大人を困らせてみたいだけの、子供じみた悪戯だったのかもしれない。気持ちが鎮まると、そんな風にも思える。

けれど連れて来てしまった以上は仕方ない。
この辺を遊びまわってる子供みたいだし、どうせ帰るのも見学するのも、自分で決めるだろう。


「脱げよ。お前も時間、あんまりないんだろ?」

ぼんやり少年を見つめていたサユミは俺の言葉で我に返り、「そうだった、出勤まで2時間しかないのよ」と言いながら、何の躊躇いもなく着ていた服をスルスルと脱ぎ始めた。

部屋も程良く暖まってきている。
俺が10号キャンバスをイーゼルにセットし、丸椅子に座って筆洗油を準備する頃には、一糸まとわぬ白い裸体を晒したサユミが、二人がけソファの上でおもむろにポーズを取っていた。


一時期モデルを目指していたと言うサユミの体は、豊満な胸、くびれた腰、肉感的な尻、どれをとっても震いつきたくなるほどの極上品だった。

ヌードデッサンモデルのバイトを頼むと「脱ぐのは得意」と、いつも二つ返事で受けてくれるのは嬉しいが、妙に色気が出過ぎてしまって、その気配をキャンバスの上から排除するのに苦労する。


そして、イタズラが過ぎるのも難点だ。
今日もポージングを模索する振りをして、わざと足を広げ、きわどい部分をちらつかせながらクスクス笑っている。
すぐ横で少年が一瞬硬直し、じりじりと後ずさりしていく姿が目に入った。

「ヌード画コンクールが近々あるんだよ。賞金がでかいんでね」
言いながら俺は笑いをかみ殺した。

少年の耳は哀れなほど赤くなり、目はもう出口のほうに向けられたままだ。
握りしめた拳が、微かに震えている。

さっきの仕返しだ。
子供じみた笑いをかみ殺した後、俺は時計を見、そして今度こそ真剣にキャンバスに向かった。


サユミも手慣れたもので、前回指定されたポーズに体を固定して、動かなくなった。
俺はコバルトブルーをテレピンで溶いてざっくり輪郭を下地の上に描いて行った。

ペインティングオイルの匂いが気持ちを掻き立て、しばらくすると、いつものように程良いアドレナリンが俺の中に沸き上がってきた。
あらかたアタリが取れると筆を持ち変え、ジョーンブリヤンをメインに肌に落とし込む。
透明感を引き出す補色はカドミアムグリーン。肌を輝かせるバーミリオンは、色気の出やすいサユミの体にはあえて控えたほうがいいだろうと考えながら、俺はモデルに休憩を取らせるのも忘れ、30分没頭した。


ふと気が付くと、キャンバスの横に少年が立っていて、俺の手の動きと、サユミの美しい肉体の上をゆっくりと往復していた。
懐かしい目の輝きだった。

そういえば俺も、初めて洋画家の伯父が絵を描くところを見た時、こんな表情をした気がする。
伯父の持つ筆が、鮮やかな色彩と像をキャンバスに広げていくのを、魔法でも見るように見つめていたものだった。

この子も絵が好きなのかもしれない。
そんな事を思うにつれ、不思議とさっきのような少年に対する意地悪な感情は消え失せていた。

サユミに10分の休憩を告げた後、俺はその子に言った。
「油絵、描いたことあるか?」
少年は首を横に振った。
「描いてみるか?」
俺のその言葉に、少年の目は途端に光を帯び、輝いた。

「ねえ、どうしてこんな色に塗ってあるの?」
少年は細い指先でキャンバスを指し示した。
デッサンの下地に、暗黄色の絵の具が塗られているのが気になったのだろう。

「これは地塗りなんだ。あとで絵の具が綺麗に乗るようにね。俺なんか金が無いから、一度描いた絵をこうやって塗りつぶして、新たな絵を描いていくこともある。下絵が気に入らなかった時もおんなじさ。後でもう一度このイエロー・オーカーで全部塗りつぶしちまうんだ」
「イエロー・オーカー……」

少年は指の腹でそっとその暗黄色をなぞった。
形のいい唇がキュッと結ばれ、絵の具の匂いを嗅ぐ小鼻がヒクリと動く。

「描いてみるか?」
何となく俺が言った、その時だった。

少年の目が、吸い寄せられるようにリビングの隅の床下収納の方へ動き、その一点を見つめたまま、急に頭を抱え込んでしゃがみ込んだ。
「どうした?」

そう訊いても少年はブルブルと首を横に振るだけだ。
俺は困り果て、少年の肩に手を掛け、立ち上がらせようとしたのだが。

「泣いてる。ああ……もう。やめてよ……うるさい! あっちへ行って!」

途端に弾けたように立ち上がり、少年は壁際に走った。
そして、くるりとこちらを向き、目を見開いて再び俺を見た。

「出してあげて。そして、ちゃんと謝ってあげて。お願いだから!」

少年はそう言うと、罠から逃れたウサギのように素早くリビングを抜け、玄関ドアから外へ飛び出して行った。

俺は言葉もなく、呆然とドアの閉じる音を聞きながら、さっき少年が睨んでいた床下収納の扉を見つめた。
再び背筋を冷たいものが走り、心臓が鼓動を速める。


「やっぱりね。うわさ通りの子だわ」
特に驚くでもなく、サユミは冷淡な声で言った。

「うわさ? お前、あの子を知ってるのか?」
「実家の近くに住んでんの。けっこう有名よ。いろんな意味で」
「いったい、どういう子なんだ」
「頭がおかしいのよ。引き取って育ててる親戚筋の夫婦も手を焼いてるみたいでね。あんなふうに急に目に見えないモノと話し始めたりするって。あんな可愛い顔してんのにさ。可哀想にね」

頭がおかしい? ……本当にそうなのか? 

サユミは再びソファーに座り、ポーズを取りながら続けた。

「たしかあの子、みさき………岬 璃久って言ったっけ」



     

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)明日からクリスマス企画^^】へ
  • 【『イエロー・オーカー』(後編)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

limeさんのお書きになる一人称がとても新鮮です。

うわっ。リクくん、それは無防備すぎる!
しかも9歳でそんなに美しいんじゃ、一人きりで外出してるのもなんだか危なっかしく思えてしまうわ、おねーさんは ^^;

あのイチョウの絵がそんなに印象深かったのか…。
そして床下収納にはなにがあるのか…。
うおー。ホラーのようになってきましたねぇ(違?
あのイエロー・オーカーの下に秘密があるような…。

ちょっとエドガー・アラン・ポーの小説(だったかな?)を思い出しました。いや、あれは壁に死体を隠すんでしたっけ… ^^;

今回は助けてくれる人(いわずとしれた玉ちゃん)がいないのに、どうするんだろう、リク。これはクリスマスどころではないわっ。

西幻響子さんへ 

ありがとうございます。

いやあ、西幻さんのところの9歳の銀ちゃんと、えらい違いだ^^;

一人称はめったい書かないぶん、たまに書くと自分でも新鮮です。
と、言っても私の場合、三人称でもフッと主観が混ざって、一人称っぽくなったりしますが^^

お姉さん、心配してくれてありがとう~~。
なるほど・・・そう言えば危険ですね・・・いろんな意味で(^o^;…
「俺」にだって、すぐについて行っちゃうしi-202
(秋山みたいなのに出会わないとも限らない・・・)

気がつくと、ちょっとホラーっぽくなっていました。
まあ、リクがあんな子ですから、仕方ないか。

「俺」の秘密、璃久は気がついちゃったみたいです。
さあ、エドガー・アラン・ポー的な展開になるのかどうか。
クリスマスどころじゃないですよね^^;

玉ちゃんも長谷川もいない。
・・・このころ、玉ちゃんも9歳かあ~。
9歳の玉ちゃんって・・・・ぷぷ。

それはさておき、後半も、よろしく^^

NoTitle 

背筋がゾクリと・・・しました(笑)

リク、町の中(?)をふらふらしちゃって。
学校帰りですか? でも、持ち物はなさそう?

クリスマスでみんなが浮かれているときに家にいられなかったのですかね。

脱兎のように出て行っちゃったリクに、「俺」イミフですね。私も(笑)

「俺」がどんな’女の人’を描いたのか、リクが何を感じて走り去ったのか、気になるぅ~~

けいさんへ 

ゾクリとしていただけて嬉しいです^^

24日は、もう小学校も冬休みですもんね。
璃久のばあい、あの義父母の家にいるのは、苦痛だったんでしょう。
でも、ふらふらしすぎ!w

このあと、「俺」の秘密も、璃久が感じたことも、全てわかりますよ^^

そして、最後に作者が書きたかったことも・・・・^^

さあ。今日も仕事だ~。いってきます!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

タイトル画とタイトルに思わず、「うおー、かっこええ!」と叫んでしまいました。

子供の頃のリク君でしたか~。
女の子みたいでとっても可愛い子なんでしょうねえ。
ぼんやりと想像していまいました。

limeさんの描写はとても安定していて落ち着いて読んでいられますね。
前・後篇の二回なんですよね?
もっといけそうなお話ですね。

NoTitle 

「オーカー塗らねえ、たった越前」

……いえなんでもなく……。

鍵コメさんへ 

おお~、こちらに先に来られましたか!
もしかしたら、この短編は、RIKU最終章を読んでないと、ピンと来ないかもしれませんが、
でも、なんとな~く(なにか、あるな)と、感じてもらえたらうれしいです^^

むむ。凄惨なイメージがしますか。
はたして、どうなんでしょ。
クリスマスだし・・・そんな怖い話にはしたくないのですが・・・。

高校で美術部だったんですね!
そこも、一緒だ♪
でも、油絵はかかなかったなあ~。
石膏デッサンばかりで^^;

でも、油絵具の匂いは、ぐわ~~っと記憶を呼び起こす、不思議な匂いです。

ヒロハルさんへ 

> タイトル画とタイトルに思わず、「うおー、かっこええ!」と叫んでしまいました。

きゃ~、うれしい^^
短編なので、ちょっと変わった装いにしてみました。

リクは、私のキャラでも一番の美人さんです^^
子供の頃は、さらってしまいたいほど可愛かったとおもいますよ~。
・・・見た目はね。さて、中身が問題の子です^^;

ありがとうございます!
何気ないお話ですが、どうぞもう一話、お付き合いください。
え、もっといけそうですか?へへ。

ポール・ブリッツさんへ 

う~~~~ん、苦しい!

山田君座布団一枚持って行っとくれ~^^

NoTitle 

リクたん、超可愛い~んでないかい♪
私のおっさん(女だけどね(笑))心が、擽られるわっ!ヾ(。^m^。)ノウォホッホッホッ♪

でも こんな小さい頃から その能力があったなんて可哀想。
今だったら 決して近づかない、口外しないのに...
まだ無邪気なリクたん、そんな事言って 大丈夫なの!∑(; ̄□ ̄Å アセアセ

オイオイ、「俺」さんよ~、
”イチョウ並木の平凡な絵”に リビングの隅の”床下収納”に 何を閉じ込めたんだよ~!
~-y( ▼д▼) 、ペッ、さっさと吐きな!...byebye☆

けいったんさんへ 

やったね、ちび璃久♪
けいったんさんの、オッサン(w)心をくすぐった!

そうなんですよ、あんな能力が生まれながらにあったために、周りから疎ましがられ、ひねくれて・・・。

あれでも、今はけっこう、大人になりました・涙
玉城や、長谷川のおかげで。

このチビ璃久、かなり危険ですよね。
危険な少年は、いかがですか、けいったんさん。

おおおお。 ((((;゚Д゚))))
「俺」は、ビビってますよ~~。
ああみえて、小心者ですから、すぐにペラペラ吐いちゃいそうです。

NoTitle 

ふっふっふ・・・

当初、リクはそんなに美形の設定では無かったことを私は知っている・・・


っていやいや、そんな事はどうでもよくって。

あぁぁぁ、いいなぁ。やっぱり美術に造詣があるlimeさんが描くと、絵を描くシーンがすごくリアルで素敵です。
あの油絵の具の匂いが思い出されるほどです。
いいなぁ、こういうリアルな描写ができるのって。
サユミさんも好きだなぁ~。

「イエロー・オーカー」・・・。
そういう色名があることは知っていましたが、そうやってキャンバスの下地に使うのは初めて知りました。(うちの母、油絵は描かないもんで・・・)

この「俺」は、何か過去を、イエローオーカーで塗りつぶした上に生きているんでしょうかね。

秋沙さんへ 

きゃあ~。
それは・・・・ははは。汗・汗i-201
キャラも成長するのです^^

RIKUを書く上で、いつか絵に関するネタもやってみようと思ってたんです。
その機会もなく終わってしまって^^;
実は、私は油絵をほとんど描かないんです。
ですが、物心ついたときから、父がずっと描いていまして。
それを横で見て育ちました。
だから、何となく身近で。(でも、自分では手を出さなかったという・・・)
秋沙さんのお母様も、油絵は描かれなかったんですね^^

お! サユミを気に行っていただけましたか! 嬉しいな。
前話だけの登場の脇役ですが、私もなんだか気に入ってます。
サッパリしてて、妙なてらいがなくて。すぐ脱ぐしwww

さすがに秋沙さんはするどいなあ。
(それに引き換え、私の読みの浅さ・・・金剛山と比叡山を往復したい気分です)

イエロー・オーカー。この色の役割。
この物語りの大事なキーワードですが、最後の最後で、本当の意図が見えてくるはずです。

NoTitle 

「当初、リクはそんなに美形の設定では無かったことを私は知っている・・・」

↑な…、なにっ、そうなんすかっ? 秋沙さんっ!!!
…まぁ、確かに別に良いですが、なんかそういうお話って楽しい!(←変なやつ(--;)

「この「俺」は、何か過去を、イエローオーカーで塗りつぶした上に生きているんでしょうかね。 」

↑これ、fateも思いました。
塗りつぶしたって、そこに在ることは変わらないのに…

後編が楽しみです~(^^)

fateさんへ 

あ、ちょうどfateさんもいらっしゃった。

あ・・・リクのイメージ。
きゃ~~。赤面の事情ですのi-201逃げるi-201

イエロー・オーカーで塗りつぶしたもの。
たぶん、皆さんの想像と遠くは無いと思う、単純なものです。

「捨てる」ではなく、「塗りつぶす」ところに、この「俺」の性格が集約されていると・・・・あ、また語り過ぎる。
そして、fateさんはRIKUを最終話まで読まれてますので、安心して読んでもらえます。
実は何気ないお話ですが、後半、のんびり覗きに来てくださいね^^。

クリスマスは終わってますが 

先に番外編を読むのはいけないだろうか、と思いながらも、こちらを読ませていただきました。

子供のころのリクくんなのですね。
後編が楽しみでもあり、怖いようでもある展開ですよねぇ。
でも、リクくんはちゃんと大人になっているのだから、大丈夫……大丈夫?

過去の話、少年時代などを書きたくなるのも、そのキャラクターへの愛が深い証拠ですよね。
愛するがゆえにいぢめたくなる著者、なんてのもありません?

あかねさんへ 

あ!コメ返の順序が後になっちゃってごめんなさい・汗

こちらの番外に来てくださったんですね^^ありがとうございます。
いえもう、お好きなところを読んでください。

このお話は、実は最終話を読んだ後に読むと、また別の印象が沸くと思うんです。
最終話を読んで無くても、何となく・・・分かるかもしれないのですが。
でも、小さな頃のリクを、少しだけ覗いてみてやってください^^

>愛するがゆえにいぢめたくなる著者、なんてのもありません?

な・・・なぜそれを!(爆

私の物語、常にそんな欲望が渦巻いてたり・・・。(見抜かれてる?

でも、愛ですよね、愛!(汗
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)明日からクリスマス企画^^】へ
  • 【『イエロー・オーカー』(後編)】へ