KEEP OUT 5  死の馬

KEEP OUT5 第8話 暗中

 ←(雑記)クリスマス。優しいファンタジー →KEEP OUT5 第9話 姫
「きのうは春樹くん、お見舞いに来なかったんですか?」
 美沙の腕の留置針の具合を確認しながら、担当看護師北村がちょっとイタズラっぽく美沙に言った。

「どうして?」
「戸倉さん、浮かない顔してるから」
「晴れ晴れした顔の入院患者を捜す方が難しいんじゃない?」
 美沙はワザとおどけたように言い返してみたが、実のところ図星だった。

 きのう立花聡局長と一緒に入ってきたかと思ったら、なぜかいつの間にか消えてしまった。また後で戻ってくるだろうと思っていたのに、結局顔を出してはくれなかったのだ。

 何か気に入らないことでもあったのだろうか。来なくていいといっても、今まではちゃんと顔を出していてくれたあの子が。
 なんだか自分が中高生のように気落ちしていることが少々腹立たしくて、ほんの少しその苛立ちの矛先を春樹に向けたくなってくる。

「冷たいんだから。まったく」

 ポツリと言った独り言を拾って、北村女史がクスリと笑った。


             ◇

 美沙のいない鴻上支所は、今日もガランとして寒々しかった。

 午後から出社した春樹は窓際の自分の椅子に静かに座り、机の上に町田健一郎と咲子と華蓮の3人のホステスの名刺、そして情報を走り書きしたメモを並べてじっと見つめた。

 町田健一郎を捜していたというのに、気がついたら藤川咲子という女の辿った日々を覗き見る結果になっていた。
 聞かなくてもいい話だったはずなのに、春樹は“何かの役に立つかもしれない”と自分を納得させ、リツコの話を最後まで聞いてしまった。
 悲しく、寂しい、愚かな女の半生。そこに差し込んだ柔らかな一筋の光。町田と言う人間がそんな存在ならば、何としてでも捜してやりたいと春樹は思った。

 リツコは咲子の半生を語ったあと、『町田さんには荷が大きすぎたんだよ。咲子は町田さんの手に負えない。あの女は不幸と契りを結んだような女だから。結局それを感じ取って彼が逃げたんだとしたら、町田さんを捜すのはどちらにとっても不幸だと思うけどな』と、そう呟いた。
 春樹は内心ドキリとしながらも聞かない振りをした。
 春樹の頑なな意思を察したのか、リツコは別れ際、半年前に病気で転職したホステスの携帯番号を教えてくれた。

『咲子とも町田さんとも親しかったホステスの連絡先だよ。何か聞けるかも知れない』と言って。

 町田の元同僚が教えてくれた町田の実家と、リツコが教えてくれた元ホステスの連絡先。辛うじて掴んだ二つのルートで、どこまで彼を追えるのだろうか。
 そして、もし追えたとして、それは咲子にとって良いことなのだろうか。

 不意にコンコンとドアをノックする音が響き、春樹は慌てて卓上のものをかき集め、引き出しに収めた。

「はい、……どうぞ」
 誰だろうといぶかりながら立ち上がって声を掛けると、ドアを開けて入ってきたのは咲子だった。
「咲子さん……」
「どう? 探偵さん。調査は進んでる?」
 派手な花柄のロングチュニックに黒のレース地のカーディガンを羽織った咲子は昨日よりさらに妖艶で、気だるい色気を纏っている。
 一昨日と同じ強いムスクの香りに馴染めず、思わずむせそうになるのを春樹はぐっとこらえた。

「いえ……まだ」
「いいのよ、急かしに来た訳じゃないの。春樹君の顔、見たくなって」
 咲子は勝手に美沙のスツールを春樹の机の前に持ってきてフワリと腰掛けると、「あんたも座りなよ」と、派手なマニキュアの指でトントンと机を叩いた。

「咲子さん、華蓮を退職されてたんですね」
 座りながら春樹は静かに訊いた。もちろん、咎めたかったわけではない。
「行ったのね、華蓮に」
「はい」
「いろいろ分かったでしょ」
「いえ、町田さんに関しては、何も……」
「町田じゃなくてさ。馬鹿でマヌケでどうしようもない“藤川咲子”っていうクズ女の事がさ」
「……そんな」
「いいのよ。そこまで調べられたのなら、そこそこの探偵さんよ」
「いえ、でも依頼は町田さんの調査で……」

「きれい」
 咲子は両肘を机につき、組んだ手の上に顎を乗せ、正面からじっと春樹を見つめた。

「……え?」
「あんたの目、すごく奇麗」
「……」
「どんな宝石もさ、そんなに綺麗だとか欲しいとか思ったことないのよ。でも、あんたの目はすごく綺麗。見てると吸い込まれていく。琥珀だね。角度によって不思議な光り方をする。なんてキレイなんだろう。……欲しいな、それ。すごく欲しい」

 春樹はじっと見つめてくる咲子の目に射すくめられ、何と返して良いか分からず困惑した。
 ただの戯れだと聞き流そうとしたが、その視線の強さに言い知れぬ気迫のようなものを感じ、身体が動かなかった。

 漠然とした不安を感じながら、春樹もまた同じように、正面に座る女を見つめ返した。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)クリスマス。優しいファンタジー】へ
  • 【KEEP OUT5 第9話 姫】へ

~ Comment ~

NoTitle 

なんか凄く町田さんのことが知りたくなりました。
どんな男なんだろう?
ほんとうのところは、何故咲子の前から消えたんだろう?
あとは咲子の思惑ですね。
「今でも町田のこと好きなのかなー」とは思うんだけど、でもまだなにか他にもありそうな気もするし…
町田の両親と「転職した元ホステス」というのが何か知ってるかんじ。
おおお!なんか本格的に探偵小説みたいになってきた!

ちと話がずれますが・・・
>農業、林業、なんでもこなし、冬はガンベルトを腰に巻き、猟銃を構えて山に猪を狩りにいく人

おわ~っ!めちゃかっこいい「おいちゃん」ですね!
西幻、感動しました。

クリスマス企画、楽しみです~(また言ってる
ダーク、とは言いつつもlimeさんの作品はそれだけじゃないんですよね。

西幻響子さんへ 

町田さんの事が気になりますか!
実は町田さんは・・・・・って、言いそうになっちゃうじゃないですか。

まだまだ、春樹には地道に調査してもらわなきゃなりませんからね^^
そうですねえ。咲子が何を考えてるのかが、問題なんですが。
うーーーん、語りたいけど、語れない!
とにかく春樹、町田さんを見つけてあげてほしい・・・。

ははは。
なかなか、魅力的なおいちゃんでしょう?
田舎町でしたが、あのおいちゃんが、ボスみたいなもんでした。
でっかくて、強くって、でも、子供にはやさしくて、私の家と、家族ぐるみの付き合いをしてて。

いつか、小説のネタにでもしようかなぁなんて、思っています。^^

西幻さんのクリスマス企画も、とっても楽しみにしていますよ!
はかどっていますか?
何話になります?

私はなんとか2話に収めました。でも・・・長いんだよねぇ~、これが・・・^^;

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

今度こそ、当てられちゃうかと思ったけど・・・ww
ざんねん〜〜w 全く違います^^
咲子は性転換した町田じゃないーーーーー。
っていうか・・・何でそんな発想が出てくるんですかーーー。
もう、笑ってしまいましたよ。

でも、それだったら、どんなオチが付くんだろう・・・。しばし考える。

NoTitle 

「不幸と契りを結んだような女」……なんか、かっこええわ。この表現。

咲子……春樹を誘惑しようとしてる?

本当に謎ですよね。この女性。
目的は何なんだろう。

ヒロハルさんへ 

おお、かっこよかったですか!ありがとうございます。
リツコさん、喜びます。(喜ばないかなあ、あの人)

さあ、咲子は春樹を誘惑しようとしてるんでしょうか。
いや・・・実は・・・って、言えない(>_<) 

>本当に謎ですよね。この女性。
>目的は何なんだろう。

あ、それなら言えます! 
春樹に、町田を捜してもらいたいんです^^(ほんまか!!)(ほんまじゃ!)

NoTitle 

やだ、咲子!昨日の今日で もう来たの~!Σ(゚ロ゚;)
この人、毎日 春樹に会いに来そうだな。
と、嫌な予感が・・・(゜_゜ii)。o 0

本当に 町田を探して欲しいのでしょうね?
(´-ω-`)ウーン・・・、何故だろう、不信感を持ってしまうんですよね。
春樹に対する 咲子の言動の性かなぁ~
ジィィ───(。¬д¬。)───ッ...byebye☆ 

けいったんさんへ 

ふおーー。
けいったんさん。するどい。
たぶん、咲子は春樹が事務所に出勤するかぎり、毎日来るつもりですよーー。
(まあ、このあと出勤しない日が続くわけですが)
そんなとこも、咲子の狙いなのかも。

>本当に 町田を探して欲しいのでしょうね?

これもねえ、そうだとも言えるし、そうじゃないとも言えるし。
もう数話すすむと、もしかしたら全て分かってしまう読者様も、出てくるかもしれません。

ばれちゃっても、楽しめる物語にしたいなあーーと思っています^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

そうかあ。そういえば、読者をビックリさせるために、物語を構築させてないなあ、私。

と、いうことはミステリーではないのかもしれませんね。

うーん。きっと、このお話で一番ビックリするのは、読者よりも、春樹、咲子、美沙・・・でしょう^^;

読者さんは・・・どうなんだろうなあ。早く知りたいです。

クリスマス企画 

どわぁぁぁ! さすが、やることが早いなあ、limeさん。
私なんかまだ半分も書けてません ^^;
何話になるかもわからない~~~
でも、楽しみにしてくださって嬉しいっす!
がんばります!!

西幻響子さんへ 

西幻さんのクリスマス企画は、長くなりそうですか?

ああ、なんか、私も長くすればよかったとか、ちょっと思ったり。
う~ん、でも、何気ないお話なので、あんなもんかな^^

けっこう、クリスマス企画をする人、多いですね。
なんか、大人になるとクリスマスイベントが遠のいて行っちゃうので、
こういうの、楽しいです。

スピンオフや、サイドストーリーじゃない、短編を書きたい気もするんですが、
どうも、単独の短編って、難しくって。

私も下書きを終えただけなので、もうひと踏ん張りです。
がんばりましょう!!

NoTitle 

何を考えているのかわからない風を装っている。
うーーーーどっかのゲイと変わらん。
咲子って怖い女。
道連れを探しているのかね。
町田で幸せになろうと本当にしたのかな。
探しているのも気持ちの遣り場がないから・・・
どっちにしても春樹には手に余る。
そんな経験をして大人のむさい男になっていったらーーーーー
きゃーーーーー
どうしてくれるlimeさん!
わたしの春樹がぁーーーーー
貞操の危機にならないように、釘を挿しとくぞ。
それもチョーー太い五寸釘。

ぴゆうさんへ 

ぎゃ~~、チョー太い五寸釘刺された――‐ ((((;゚Д゚))))

うむむむ・・・相変わらず、ぴゆうさんは鋭い! もう、びくびくもんです。

咲子・・・なんか、怖い女でしょう?
だいたい、春樹は危機感が無さ過ぎますよね。
(ぴゆうさんと一緒に春樹に説教したい気分)

春樹も、美沙のことでなんか、ヤケになってるみたいだから、無茶な仕事しそうです。
そして、咲子。・・・この人、健全な状態じゃないのかも。
まだ、クスリ、やめられて無いのかなあ。

この後の更新も、ドキドキ(ビクビク)しながらお届けいたします~~~i-201

NoTitle 

なんか、姉さんたちの人情味溢れるところにほろりと来てみたり。
美沙がすっかり、うぶな少女のように見えてきたり。


・・・・と読み進めていったのに、なぜか後半、私、なんだか、咲子の気持ちが乗り移ってきちゃったような(*_*)
春樹みたいな「キレイすぎる少年」を、なんか壊してみたくなる欲求がムラムラと・・・(^^;
ふふふふふふ、咲子~行け~~~~春樹を困らせてやれ~~~。
(皆様に殺されそうな気がしてきました)ニゲチャオーット......(((^^;

秋沙さんへ 

おお、逃げようとする秋沙さん、捕獲!
こらーーー、咲子をけしかけてはいけません!

ふふ。それに、咲子とリンクするのは、ちょっぴり危険。

うん・・・でも、うっとりとこの坊やを頬杖ついて、眺めたい気持ちはわかります!
でも、壊しちゃだめですーーー。
美沙が・・・美沙が泣きますから!!

それに、春樹には最後まで仕事をしてもらわねば。
町田を捜すのです。
そうしないと、この物語は始まりません。

え・・・・・まだ始まってなかったの??? という質問には答えられません^^

NoTitle 

春樹、目をキャッチされちゃいましたね。
眠れ~眠れ~・・・って話が違いました。すいません。

二つのルートからどれだけの手がかりがつかめるのでしょうか。
訊き所をびしっと押さえられますように。

咲子のチェックが厳しそうですが、
怪しいチェック(どんなん?)にはビジネスライクで。

けいさんへ 

いやあ、ここで眠らせられたら、話が進みません(爆
このあと、もうちょっと咲子とお話させるんですからぁ~~。

ええ、もう、春樹、頑張って町田を捜しますよん。
ひよっこだって、いつかは成鳥になるのです!
・・・・なれるのかな^^;

咲子のチェック、毎日入りそうですよね^^
いや、ただ春樹を眺めたいだけなのかもね、あのおばちゃん。
(私も眺めたい・・・)

怪しいチェック?・・どんなん?(ドキドキ)

咲子は、幸せにはなかなか遠いかもしれません 

↑その違いってなんだろうね? と思います。
やっぱり、生まれる前の契約なのかな~

背負ったカルマを昇華していくのって、きっと並大抵じゃないんだろうな。
とかって、最近、しみじみ思います。

fateさんへ 

咲子が幸せになれない理由は・・・そうですね。
彼女の場合、生い立ちのせいではなく。

最後の方で、その理由が分かるはずです^^

でも・・・やはりそういう運命をたどるのは、今までの生い立ちと関係があるのでしょうね。
リツコが言ったように、不幸と契りを結んでしまったのかも・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)クリスマス。優しいファンタジー】へ
  • 【KEEP OUT5 第9話 姫】へ