KEEP OUT 4(番外) 薫  

KEEP OUT4 第6話 ラブホテルの前で

 ←KEEP OUT4 第5話 花畑  →(雑記)『私立探偵・麻生龍太郎』、練をどうする?
薫がぶつかったのは、まさに尾行中の鈴木だった。
薫も思わず「あ」と、漏らしそうになった声を飲み込んだ。

「すみません、大丈夫ですか? ごめんなさい、いきなり飛び出して」
冴えないが人の良さそうな表情で鈴木は薫に詫びた。
その横には、さっきのヒョロリとした中年男も所在なさげに立っている。
その男もやはり気が弱そうで、しきりに目を泳がせ、気まずさを物語っていた。

それはそうだろう。
“休憩1時間3000円から”などと書かれた看板の横で、どんなすました顔ができよう。

薫は驚きと、納得と、自分の失態への後悔が同時に頭の中でマーブル状になる中、取りあえず落ち着いた声を絞り出した。
「いえ、私の方こそ不注意でした。申し訳ない」

そう言っては見たものの、その場はなんとも奇妙な空気で満たされ、4人を動けなくした。
薫は気まずくて後ろの春樹を振り向くことも出来ないほど動揺していたが、すぐにそのターゲットから「じゃあ」と、立ち去るのもどうかと思った。
自分は、決定的現場のまっただ中にいるのだ。
宝探しに来た盗賊が足を取られ、うっかり落ちた穴が、たまたま宝の埋蔵場所だったのだ。
しかしその後、意外なことに鈴木が口を開いた。

「残念ですが、今、満室のようですよ。他を当たった方が良さそうです。お互いにね」
ねぎらうようにささやかれたその言葉と優しげな笑みが一瞬理解出来なかった薫だが、意が通じるやいなや、咄嗟に頭の中でボンと何かが弾ける音を聞き、春樹を振り返った。
春樹は相変わらず寝ぼけ顔のクマを抱き、キョトンとした顔で薫を見ている。

「い、いや、そうじゃないんです。俺たちは・・・」
咄嗟にそう弁解しようと再び鈴木に向き直ったが、更なる優しげな言葉が鈴木の口からこぼれた。
「だけど、気をつけた方がいいですよ。その子未成年でしょ? けっこう補導員が目を光らせてますからね、この界隈は。見つかれば、面倒なことになりますよ。何より、その子を傷つけないためにも、くれぐれも・・・ね。まあ、同じ穴のムジナが、えらそうに言えた義理じゃないですが」

鈴木は慈愛に満ちた笑みを薫と春樹に投げかけると、連れの男と共にゆっくりと去って行った。
その姿が角を曲がって見えなくなる頃には、薫の肩には『敗北』の二文字がズンとのし掛かっていた。
調査員としての敗北。そして、男としての敗北。
世間的には罵られて当然の不貞を働いてはいるのだけれど、何故か鈴木にはモラルを越えた人間愛、恋するものとしての達観が感じられた。

「まだ追いますか?」
春樹がそっと声を掛けてきた。
「いや、もう終わりだ」
「え・・・でも」
「鈴木の嫁は、鈴木に『女』がいるかどうかを調査しろって言ったんだ」
「でもそれは・・・」
困惑したように見上げてくる春樹の目を見つめながら、半ば薫は懇願するように返した。

「すまない春樹。俺はあの男達を写真に撮れない。報告できない。調査員失格だ。一番やっちゃいけない依頼人への裏切りだ。最低だよまったく。俺がやらなくったって、他の調査員がきっと付きとめるだろうに・・・。なさけない。言い訳はしないよ。俺は偉そうに、君に先輩面できるような調査員じゃない。・・・ごめんな、春樹」

本当に情けないほどすらすらと敗北の言葉が出てきた。
自分の弱みを見せないのがダンディズムだと信じている自分が、どうしたと言うことだ。
薫は春樹の視線を感じながら、しだいに肩が落ちて行くのを止められなかった。
春樹はきっと失望していることだろう。
薫は目を上げるのが怖かった。

「薫さん、行きましょう?」
ふいに春樹のカラリとした明るい声が降ってきた。
「・・・え」
「もう仕事の時間は終わりです。ほら、買い物に付き合ってくれるって言ってくれたでしょ? 僕、楽しみに待ってたのに。・・・違うんですか?」

顔を上げると、相変わらず秋の陽射しを受けて天使の輪を光らせながら、屈託のない笑顔で春樹が薫を見つめていた。
薫の弱腰の選択に、正しいとも違うとも言わず、世俗の汚れの届かぬ所からそっと手を差し伸べてくれているように見えた。

思わず手を伸ばしそうになったが、思いとどまった。
そうだ、俺は猫を飼っている。
春樹に触れられない。
これも神の意志か。
春樹は聖域なのか。
俺が触れていい存在ではないのかもしれない。

ぎこちなく手を引っ込めると、薫は心の中だけで小さくため息をついた後、精一杯笑顔を作った。
「よし、春樹。どこに行きたい? 買い物なら、どこでも付き合ってやるぞ。そのあとは・・・遅くならないうちに帰れ」

そう薫が言ってやると、春樹はうれしそうに頷いた。



------------------------------------------

次回「KEEP OUT4」最終話です。



関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT4 第5話 花畑 】へ
  • 【(雑記)『私立探偵・麻生龍太郎』、練をどうする?】へ

~ Comment ~

NoTitle 

一瞬ドキッとしました(笑)

満室でよかったというか、なんというか……(笑)

NoTitle 

そんな状況でも、猫を飼っていることをきちんと思い出して手を出さず、
の薫っちも、ある意味達観者の域(笑)

いずれはこのことを耳にするだろう、美沙とアニキがどういう反応を見せるかが楽しみ。

春樹と薫っちのショッピング、どこへ行くの?
いや、どこというより、どうなるん?

ポール・ブリッツさんへ 

えへへ。

そんなそんな。空室があったら、どうするって言うんですかww。

薫はそこまでモラルのない男じゃないと・・・・思うんですが^^;

けいさんへ 

思い出しましたね、ちゃんと^^ 春樹のアレルギーのこと。
薫っち、褒めてやってください。

でも、この瞬間、薫が春樹に触れてたとしたら・・・・春樹も、パニックだったかもしれません^^;
だって薫の頭の中は、妄想のお花畑・・・。どんな映像が流れたか・・・・汗。
やっぱり、春樹の能力って怖い。

春樹とのショッピングは、意外にサラッと流します。

そのあとですね・・・。薫の悲劇は。 薫っち、ごめん・汗

NoTitle 

うーん、みごとですねぇ、鈴木さんの人物像。
「世間的には罵られて~」の一文で鈴木さんがどういう人なのか、そして薫さんより性格的に一枚上手っぽい、ということがすぱっとわかりました。

そしてそのあと、薫の肩に「敗北」という大きな文字がのしかかった図が、苦労なく頭の中にうかびました。おぅ、薫っち、お気の毒に…(笑)

それにしても、、、
limeさん作品の中で、「ラブホテルの前で」というサブタイトルが出てくるとは!!(笑)

西幻さんへ 

鈴木の人物像が、ちゃんと伝わっていてうれしいです。
家では悪妻に虐げられ、こそこそ不貞を働きながらも、「愛」という面では、まっすぐなオッさんです。
普通に結婚してしまったのが、彼の最大の失敗ですね。
きっと、結婚そのものが、嵌められたものだったのかも・・とか、作者は思うんですが。

薫は、・・・やはり「敗北」ですね・笑
自分の気持ちにも背き、ノーマルであろうとし、それなのにイケナイ妄想に花を咲かせ、本職を全うできず。
本当は、そのナイーブさが、いいところでもあるんですがね。

タイトル?
へへ。
たまには・・・遊んでみようとおもって・笑

NoTitle 

どえらい場所で 出会っちゃったね~(つ∀<●)゚+.キャァ♪

しかも 尾行相手の鈴木から 丁寧な(満室)お知らせと 親切な(未成年へのXXX)教訓が!(笑)
優しい人だなぁ~・・・ムム?あれ違う?(o゚ェ゚o)ゞ

鈴木の妻からの依頼は、浮気相手の「女」を突き止めること!
。。。「女」じゃないしねぇ~。。。
”同病相憐れむ”って事で 報告は無しだな、薫♪(*`艸´)ウシシシ♪

おお!~~~(/ ̄▽)/\(▽ ̄\)~~~仲間じゃぁ♪...byebye☆

けいったんさんへ 

ほんと、一番気まずいところで、出会っちゃいましたね^^
(薫たちは、潔白なんですが)

優しい男、鈴木には、一目で薫が「そっち」だと分かってしまったんでしょうね。
鈴木を見抜けなかった薫は、まだまだ修行が足らぬw

薫・・・報告しないつもりですよ。
調査員、失格ですね^^
でも・・・ここできっちり証拠を掴んであの嫁に報告する薫・・・ちょっと見たくないかも。
身勝手な作者です。

でも、春樹も、そんな薫、まんざら嫌いじゃないみたいですよ。^^

NoTitle 

衆道の契は特別らしいから、浮気なのかはわからないけど。
なんか結婚しているのが嘘臭くて嫌だな。
彼女が女に取られて、ショックで立ち直れなくなっていた男友達がいましたよ。
・・・・
きついよね。
男なら諦めもつくが、相手が女だと思うとやりきれないって泣いていた。
なんか思い出した。

春樹が無事で何よりでした。
そこか!
へへ

NoTitle 

ニヤニヤしっぱなし。
そう、西幻さんと同じく、タイトルを見た瞬間から(笑)

こういう、「ダンナに女がいるはず」という依頼を受けてみたら「男がいた」っていうこと、結構世の中にはありそうですよね。そういう時、探偵さんはどうしてるんでしょ(^^;

それにしても薫さん、見事に敗北しちゃいましたね~(^^;
でも、手元に天使が残っていて良かったですね。熊さん抱っこしてますけど(笑)。
次回(え?もう最終回?)どんなふうに薫さんが突き落とされるのか楽しみです(^^)

ぴゆうさんへ 

彼女が、女に・・・。
そんなことがあるんですね。
どういう感情の流で、その浮気した女性は心変わりしたのかが、すごく不思議です。

日本人男性の同性愛者の場合、普通の結婚をしてしまう人がすごく多いらしいんです。
自分を偽り、ノーマルでないといけない・・・という強迫観念が、そうさせるんだと何かで読みました。
日本ではまだ、同性愛者の婚姻が認められていませんからね。
性同一障害といっしょで、こういう思考はホルモンのイタズラ、病みたいなもんだとおもいます。
三島由紀夫もそんな一人でしたよね。
苦悩がもう・・・半端じゃない。(それゆえの芸術性も生まれたんですが)
なんか、こういう問題が、本来あるべき方向に流れていける社会であったら、歪んだ不貞など起こらないんだろうなあ・・・
なんて、少し思います^^
でも、ぴゆうさんのお友達。本当に気の毒。それから、いい縁に恵まれてたらいいんですが。

秋沙さんへ 

きっと、そんなことありますよね。
だって、この日本にも想像以上の同性愛者がいますから。
普通の探偵さんはきっと、「こんな相手ですぜ」って、内心面白がって依頼人に見せるんでしょうが。
薫は・・・・できなかったんですね。
 
薫も敗北ですが・・・・なにより、私が「敗北」です!

最後に薫を笑ってやろうと思ったのに、なんだかちょっぴり可哀想になって・・・(T_T)

最終話、どうなるか・・・どうぞお楽しみに(T_T)(T_T)(T_T)
                        ↑泣いてるし
笑ってもらえるかなあーーー。
本当は、笑って貰いたいんだけど・・・。

NoTitle 

すみません。この更新、見落としてました。笑。

>宝探しに来た盗賊が足を取られ、うっかり落ちた穴が、たまたま宝の埋>蔵場所だったのだ。
>しかしその後、意外なことに鈴木が口を開いた。

この表現がお上手だと思ったのですが、それ以上に、後の展開が面白かったです。

同類に見られちゃった春樹はかわいそうなんですけど、
本人はあまり気にも留めてなかったようですね。

でも鈴木さんの奥さんは、旦那の浮気相手が女性よりずっとショックでしょうね。

ヒロハルさんへ 

いいんですよ~~。
「4・薫」は、お気楽に、気がついた時に読んでください(薫に怒られる^^;)
でも、楽しんで戴けて良かった。
あまりにも、気を抜きながら書いたせいで、登場する男どもが、みんな問題ありですね。
春樹はピュアですが^^。

ええ、春樹は何の事か分かってませんよ。
薫が何を焦ってるのかも・笑

鈴木の奥さんは、気の毒ですが・・・まあ、目的が「慰謝料をふんだくる」ための調査です。
元々鈴木への愛情の薄い、支配欲だけの鬼嫁でしたから。
鈴木は、きっと他の探偵につきとめられて、無一文で追い出される運命です。
まあ・・・・結婚したのが、間違いでしたね。彼。

ポールさんのご意見に深く頷き、 

そして、異質なモノへの人間の差別をしみじみ思いました。
何せ、fate自身も差別甚だしいですから。
あちこちで語っているように、まず、理解出来ない存在に対して厳しいし、嫌悪する。
まずはゲジゲジと宇宙人とプリオン。
ああ、いや、どうでも良いです。
いえっ、そんなっ、薫さんとゲジゲジを同列に扱ってるなんて、そんなことはありませんっ!!!

でも、ただ一つ分かるのは、薫さんも鈴木さんもものすごく良い人で、人は優しいがゆえに傷つくのだということです。

人間の趣味嗜好ってどうやって決定されてくるんでしょうか。
なんだか、不思議です。

fateさんへ 

ははは。
ゲジゲジと宇宙人とプリオンは、どうしても嫌いなんですね^^
私は、UFOと宇宙人はいないと思う派なんですが。
同性愛者への偏見は、まだまだキツイみたいですが、アメリカでは同性同士の婚姻も認められるようになったとか・・・。
同性愛と言うのは、趣味や性癖では無く、脳の問題らしいです。
性同一性障害と同じではないかと。
だから、社会ももう少し、理解してあげてほしいなあと、想うんです。
きっと、めちゃくちゃ苦悩して生きてると思うんで・・・彼らも。

>でも、ただ一つ分かるのは、薫さんも鈴木さんもものすごく良い人で、人は優しいがゆえに傷つくのだということです。

おお、うれしいなあ。
冷静に考えたら、鈴木って、浮気をしてる時点で不届きものなんですが、
なんかそうせざるを得ない、人知れぬ事情を(鬼嫁のせい)抱えてるようでして。
だから、その辺を書かずして、優しさが伝わったのはうれしいです。
薫も、目いっぱい傷ついてきたと思うので、いつか幸せになってほしいなあ。
(春樹はやらん)


管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT4 第5話 花畑 】へ
  • 【(雑記)『私立探偵・麻生龍太郎』、練をどうする?】へ