☆雑記・四方山話

(雑記)どこまで入り込むのよ^^;

 ←KEEP OUT4 第4話 兄と弟   →KEEP OUT4 第5話 花畑
少しずつ、秋も深まってきましたが、皆さんお元気ですか?

なんて、時節の挨拶から入ってしまいましたが。
職場ではもう、クリスマス、年末年始に向けて、かなり忙しくなってまいりました。

普段なら残業、「どんと来い」なんですが、今書いている作品が、(下書きですが)大詰めで。
脳内のイメージが消えないうちに、一気に書きあげたいのに、家事や雑務を終えて机に付くと、いつの間にか夢の中。
ああ、・・・・消えてゆく。

今日は休日だったので、なんとかかんとか、山場を過ぎたところまで書き終えることができました。
かなり消えてしまったアイデアがあったとは思うんですが。

先週の日曜日ですか、一番厄介な重いシーンを書いてまして。
意地悪な作者のせいで、やっぱりキャラたちは窮地に追い込まれてるわけです。
(いや決してSなどでは・・・・( ̄ロ ̄lll)・・・・ないと思うのですが)

そのシーンに2時間弱、めちゃくちゃ感情移入して集中しまして。
頭が割れるように痛くなり、酸欠で朦朧。
どんだけ登場人物にシンクロしてるのよ、と可笑しくなりました。
頭痛薬飲んで、夕飯は手抜きメニュー。
心配する家族に、まさか「小説のクライマックス書いてて・・・」などとも言えず、大人しくしていました。
バカです^^;

これ以上危険なシーンはもう、健康上宜しくないな、と悟った私であります。
でも、穏やかな日だまりのような物語はきっと書けないなと、すこし悲しくもなる、今日この頃・・・。
新作は現代文学・・・のはずだったのに、やっぱり結局、サスペンスなのでした(´゚∀゚`;)




isu.jpg
◇Illust by lime
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT4 第4話 兄と弟  】へ
  • 【KEEP OUT4 第5話 花畑 】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ははは。受けるぅ~。新作が楽しみです。
けど、数ヶ月先なのでしょうか。待てるか? いや、待ちますよ。

私も仕事場で難しい顔をしていて同僚に、「早く帰って休みな」と言われ、
家に遅く帰って、仕事が忙しくて、などと言い、
実は頭の中はストーリーを追っている、のですよねぇ~。
はははぁ~!

まずは、お体をお大事に。キャラの皆さんのために♪

けいさんへ 

笑っていただいて、なによりです~(^^ゞ
いやはや、自分の馬鹿さ加減に、あきれ果てました。

やっぱり、けいさんもそんな感じなんですね。
これはもう、モノ書きには仕方のない病気ですね^^
常に何かが、頭の中で展開してる・・・。
そんな時に限って、凡ミスするんです。

新作は、ずいぶんと先です^^;
きっと、今ネタばれを言っても、みんな忘れ果ててる頃かな。

その頃も、みんな、遊びに来てくれてるといいんだけど・・・(>_<)

^^ 

頭が痛くなるほどの集中力~
素晴らしい・・・・タメイキ

それほどの集中力がもし。
自分にあったなら。
世界はかくも悪くなっていないでしょうw^^)/

waravinoさんへ 

いやいや、私の集中力は、単に力が入り過ぎてるだけで。
きっと、100%力が出し切れているわけじゃないような気もします。

ほら、自然体。
その方がいいんですょ、きっと^^

役者だって、力入り過ぎちゃダメっていうし。
すい~~と、気楽に生きれるに越したことはないです。
頭痛・・・辛いし(爆)

NoTitle 

夢中になるのって楽しいし、飽きないよね。
それだけ集中して書いた作品だからこそ、人を惹きつけるのだと思うにゃ。

ぴゆうさんへ 

夢中になるのって、楽しいですよね^^
それが、独りよがりだとしても。

私はそれがストレス解消かな。(体力消耗しちゃうけど^^)

ああ、いい作品に結び付けばいいんですけど・・・・かなり危ない!・笑
毎度毎度、お叱り覚悟で書いております!!

NoTitle 

新作は……うーむ、行き詰まりかけていてしゃべれん……(^^;)

NoTitle 

ふっふっふっふっふ・・・
またなんですね?登場人物たちが危険な目に合う物語・・・
いひひひひ、楽しみだぁ。
(だいぶlimeさんに毒されて、いや、影響されてきた)

私も今日は執筆に集中しよう!と思ったのに、どうも重い場面を書くのは苦手で逃避してばかり。
つくづく軽いやつなんですねぇ私って。(先日も友人に「秋沙は軽い」と言われたばかりで・・・)

すごいなぁ、一体どれだけlimeさんはストックを持ってるんですか?
私もそろそろ新作のアイデアを出しておかないと・・・と思うのに、自転車操業なので「くちなしの墓」で精一杯。
夏休みの宿題を、8月31日どころか、始業式の後に泣きながらやっていた頃から変わっていないんですねぇ。

ポール・ブリッツさんへ 

え? あれですか? まだ行き詰らないでくださいよ~~^^ 待ってます。

秋沙さんへ 

> ふっふっふっふっふ・・・
・・・って、こわいよお~~(^o^;…
いえ、そんな、わざとじゃないですから~~。(←どんな言い逃れよ)
知らず知らずに、みんなが、火中に飛び込んじゃうんですもん(汗

重い場面って、なかなか進まないんですよね。わかります。
でも、軽い場面は、楽しくない。(ほらみなさい)
「薫」みたいに、バカバカしいのは、楽しいんだけど、妙に清々しいのは、だめなんですよ。
やっぱり、根が危ないのかな・・・。
(秋沙さんは、「軽い」・・と。φ(・ェ・o)~メモメモ)

出来、不出来を問わなければ、けっこうストックは出来つつあります。
心配性な、アリの性格です^^

まあ、一番心配なのは・・・・出来、不出来なんですが。
そして、今書いているのは、半年先の公開・・・とか、途方もない感じになってしまって、新鮮味が無くなる不安もあります。
今すぐ、意見を聞きたい・・・とか思ってしまう。
ワガママです^^;

>夏休みの宿題を、8月31日どころか、始業式の後に泣きながらやっていた頃から変わっていないんですねぇ。

うん、そんな秋沙さんが好きさ♪ (褒めてますから)

NoTitle 

やっぱり、lime姉さんはSなんだ……。

こわいよ……。

ハッキングとかされそうだよw

るるさんへ 

やっぱりとは何よ、やっぱりとはヾ(`ε´)

ほらほら、逃げない。

大丈夫私は妄想の中でいたぶって・・・おい。

NoTitle 

偶然でしょうか…?私が骨董店を書きあげて、小休止の日記を書いた日に、秋沙さまが「創作の原点」のような日記をアップされて、そしてlimeさまも、こんな記事をお書きになっていらっしゃる…というのは?

物書きというのは、皆、どこか相通ずるものがあるのですねえ。

あー、さて次回から「相模骨董店番外編」を書くにあたって長谷川編集長の生みの親であるlimeさまに色々取材をしたいのですが…どうしたらよろしいでしょうか?

また別途コメント致します。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有村司さんへ 

有村さんの記事、先ほど読んで来ました。(あとでまた、おじゃまします)
秋沙さんの記事も、とても興味深かったですよね。

有村さんも、今回、ガンガン攻め込まれたんですね!
大変だったと思いますが、読者には嬉しい限りです。

おお、取材ですか?
もう、私のキャラは、好き勝手に使っていいんですょ?
でも、なにか質問がありましたら、何なりと^^

また、連絡します^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT4 第4話 兄と弟  】へ
  • 【KEEP OUT4 第5話 花畑 】へ