☆イラスト・マンガ・水彩画

(雑記)リクイラスト、そして読書の秋

 ←RIKU・6 第19話 偽りの電話 →RIKU・6 第20話 璃久
さてさて、季節は芸術の秋。読書の秋。執筆の秋。
書きかけの作品が無くなった私は、新しい物語の創造に取り組んでいます。
しかしこれがもう、なぜかどっぷり暗い、悲劇的で倒錯型の物語しか浮かばない。
おっかしいな。なぜ陰に向かってしまうのかな。
頭で妄想してみては、あまりの救いの無さに白紙にもどす。この作業の繰り返し。
私って、変な奴なのかなあ・・・。(なにを今更)

あまりに何も浮かばなかったら、最終章だと言ってたRIKUをまた書いてしまうかも^^;
(キャラがみんな生存してたらいいんですがね(;_;))

さてさて、『RIKU・6』ですが。
いつも読みに来てくださって、本当に感謝します。

ひさびさに、リクを描いてみました。
綺麗な子っていう設定なので、おいそれとは描けないんですが。
今日は、落書き程度で^^


riku10



さて、アウトプットが上手くいかないとなると、あとはインプットするしかないです。

この2週間、馬鹿みたいにアマゾンで本を買っています。
もう、10冊以上は買ったでしょうか。

そして、数冊読んで、いまだに「この人!」というインスピレーションが沸かずにいます。
私の好みが偏り過ぎているのか。
・・・だれですか、今、笑った人は(ー"ー )

今、これは! と興味を抱いているのは柴田よしき先生。
かなり・・・かなり大長編ですが、読んでみたいと思います。
『聖なる黒夜』。

遅読ゆえ、1カ月はかかるかな・・・ (^.^;)



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・6 第19話 偽りの電話】へ
  • 【RIKU・6 第20話 璃久】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おお~。リクですね。
相変わらず素敵なイラストで。
limeさんのイラストって透明感があって好きです。

妄想の秋ですか(笑)
新作、ぜひ書いてほしいな~。もちろんリクの最終章も楽しみですけど。
残念ながら柴田先生の本は読んだことがないんです・・・
limeさんの新作のアイデアになるなにかが得られるといいですね ^^

NoTitle 

頭がぼーっとしましたです。
ええ男やーーーーー
こりゃ長谷川ちゃんが我を忘れるのもわかる。
玉ちゃんが妙な方向に走りたくなるのもわかる。
ええわたしめも十分変な方向に走っとります。
キィーーーーーン。

読書はいいよね。
本当にいいよね。
たまには三昧するかな。

西幻響子さんへ 

透明感ありますか!ありがとうございます^^
設定がきれいな子って・・・やっぱり気をつかいますね。
(って、リクしか描いたことないんだけど^^;)

そう! 妄想の秋。

バスの中でもぼ~~~っと妄想して、降りそこなったり(爆
また夢中になれる小説に出会いたい~。
たのみます、柴田先生。
いろいろ読んで、インスパイアされたい!!

あ、仮面の告白、一日で読破しました^^。
気持ち・・・わかるなあ。(彼の妄想が大好きww)

ぴゆうさんへ 

わーい、ぼーっとしていただけましたか。
ええ男ですか!
良かったねぇ、リク(;_;)
長谷川さんや玉ちゃんだけじゃなく、ぴゆうさんも落とせそうだよ~~(*^_^*)
好きなだけ、変な方向に走ってください^^
本編の方は、リク、居なくなっちゃいましたが・・・(T_T)

ぴゆうさんも、三昧してください。
ぴゆうさんって、どんな本が好きなんでしょう。

NoTitle 

大量に本を購入されているとの事ですが、もしかして素敵な作品を書く
作家さんを発掘する為にCDでいうトコロの「ジャケ買い」の様な事を
されているのでしょうか?
だとしたらオススメの方法があります、≪飾り気の無いタイトル≫これです。
以前に新たなラウド系を発掘しようと思いまして中古レコード屋さんで
試聴しまくった事があります。
音楽の性質上、どうしてもバンド名ですとかCDジャケットのイラストが
コワモテになってしまいがちなのですが、『コレは良い!』と思えるグループ
は名前もジャケットも飾り気の無いモノが多いのです。
大した事ない連中に限って虚勢でトゲトゲにするものです。

僕の経験上、小説のタイトルにも同じ事が言えると思います。
同じ作家でどの作品を選ぶかで迷われた時はシンプルなタイトルを
選択されれば良いかと思います。
全くの見当違いなレスでしたらスミマセン。
それにしてもリクのイラストは僕と…、
いや、ええ加減にせな怒られそうなのでやめときます(^-^;)

蛇井さんへ 

おお、それは貴重な意見です。

まさにそう。今、《夢中になれる》作家さんを探しています。
なるべく、ベストセラーじゃない作家さんで。(ひねくれ者)

私はやっぱり、作家さんに惚れ込んで作品を読むタイプだと思います。
信頼しきって、読みたい。
惚れたい。
(まあ、惚れっぽいんです。私。今更ですが)

そうですか、飾り気のない・・・。
これはそうかもしれません。
耽美的なものや、奇をてらって興味を引くやり方は好きじゃありません。
(自分は棚に置きます)

さらっと、物静かに、そっけなく。
それでいて、脱がせてみたらとんでもなく色っぽかったり・・・。
そんな人が好きです。

あ・・・・本の話でしたね。

NoTitle 

どっぷり暗い、悲劇的で倒錯的な物語……。

「およげたいやきくん」?

……やだなあ、ほんのジョークでうわなにをするやめろぐえーっ(撲殺)


皆川博子氏なんてどうです?

すごい本書く人ですが。

すごすぎて、読むと疲れきるので最近は手を出していませんが、「悦楽園」とか「骨笛」だとか好きであります。

NoTitle 

どこか寂しげな表情がリクのイメージと合っていますね。

新しい物語ですが・・・・・・恋愛をお願いします!

NoTitle 

わたしめは基本、時代物ですねぇ。
セリフがいいのが池波正太郎先生様でございます。
余韻を楽しむ。
セリフの後ろにある想いが伝わってくるような。
そんなセリフが書けたらなといつも思います。

ポール・ブリッツさんへ 

皆川 博子先生ですね?
ふふ、もうアマゾンに注文済みです。もうすぐ届くでしょう。「死の泉」。
これはめちゃくちゃ、読み応えがありそうですね。

でも、読むと疲れる・・・っていうの、すごく予測できます^^;

そうか、泳げたいやきくん。あれほど悲劇的なお話はありません。救いがありません。
もしかしたら、そんな悲劇が大ヒットの陰にあったのか!
こどもだからって、短絡的な楽しいだけのお話じゃ、つまらない訳だ。
団子3兄弟はきらいだが、泳げたいやきくんは好きだ。
・・て、何を語ってるんだろう。

ヒロハルさんへ 

恋愛ですか!

それがねえ、このあと公開する「KEEP OUT」の「5」「6」が、どっぷり恋愛ものなんですよ。
自分でもびっくりするくらいの恋愛ものになってしまいました。
(いや、あれは恋愛ものじゃないのかもしれないんですが、私的に・・・)

だから、次回はもっと別の路線でいきたいなあ~~と^^

ぴゆうさんへ 

なるほど、池波先生ですか。
名前だけは知っていますが、まだ読んだことはないです。
台詞の余韻・・・。いいですね。
きっと、人間的にも味わい深い方だからこその、力でしょう。
私の友達にも、池波先生が好きな人がいまして。
いつか読んでみたいと思ってます。

NoTitle 

リク・・・きれいな子、ですね。
イメージがクリアになりました。
いつも楽しみに読ませていただいています。
それから、皆さんのコメント! 
これも毎回楽しみです。
limeさんのブログはこれが大きな特徴でもあると思います。
皆が集う場所。良いですねー^^

けいさんへ 

けいさん、短時間にRIKUを沢山読んでくださって、本当に感謝してます。

イラストのリクも、気に入っていただけましたでしょうか^^
うれしいです。
自分のキャラは、なるべく描かないようにしてるんですが、ちょっと魔がさしてリクだけ描いちゃいました。
本当はもっともっと綺麗な子なんです(ToT) でも私の画力が・・・。

ここに集うみんな、楽しいでしょう? 大事なお得意様達です。
シリアスなのに、笑える感想ばかり送って来て、ついこっちも爆笑してしまったり。
そうかと思えば真剣に語ってくれたり、すごくヒントになるコメントをもらえたり。
いつも楽しませてもらってます^^

NoTitle 

美しい。
ただただホント、姉さんすごいなぁと。

驚嘆するばかりです。
0100101011!

レルバルさんへ 

おお、姉さん、すごい?すごい?
もっと言って(*´∀`)ノ  ← バカがばれる。

ありがとうね、レルバルさん。

まだコンピューター言語が残ってるよ(^.^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・6 第19話 偽りの電話】へ
  • 【RIKU・6 第20話 璃久】へ