☆雑記・四方山話

(雑記)ホロホロ鳥とエトピリカ

 ←RIKU・6 第12話 お願い →RIKU・6 第13話 クリムゾンの挑戦状
さあ、今日はとても爽やかな、いいお天気です。
この気候が一年続けば・・・と、いつも思うんですが。

今日はまた妙なタイトルですが、申し訳ない、とくにブログに取り上げるほどのネタではありません。
また、最近〈夢見すぎ症候群〉が訪れて、それはそれはリアルな夢に悩んでいると言う嘆きで。

最近『ダックコール』という本を読んでいる影響か、夢にまで沢山の鳥が出てきます。
鳥、自然にまつわる様々な短編集なんですが。
ホロホロ鳥や、エトピリカなんか、出てきません・笑
きっと、私の頭の中のデータベースが、ランダムに拾い上げたんでしょうね。

1週間前の夢・・・私の家のリビングに飼われているホロホロ鳥の美しいこと。動きは気ぜわしいけど、滑らかな肌触りと光沢。人懐っこく餌をねだるしぐさがなんとも言えず可愛くて・・・。しかし、ポロポロとフンをされるのがたまに傷。
f0147858_1631410.jpg


二日前の夢・・・散歩中に出会ったエトピリカを家に連れて帰り、やはり一緒に暮らし始める。この子は意外と賢いぞ。同居人としては最高じゃないか!
etupirika-p.jpg


なんて夢。だいたい、鳥のチョイスが変
わたしだって動物園でしか見たことが無いって言うのに、なんでそんなにリアル?
人間の脳の不思議は、こんな夢を見るたびにしみじみ感じます。

私の乏しい脳の中には、けっこう鳥に関する知識が入っています。
日本に生息する鳥の半分は、名前が分かるんじゃないでしょうか。
これは私の通っていた小学校が、日本でも珍しい「愛鳥活動」なるものを行っていたからだと思います。
毎朝児童でバードウォッチングに出かけ、年に一度、研究発表をしたり。
すっかり鳥の魅力にハマってしまった私はコゲラの研究に没頭し、賞をとり。
鳥に関する行事や取材では、なぜか4年生で学校代表でした。
まあ、変わった子でした(^.^;)

覚えたことをすぐに忘れてしまう私も、小学校時代に覚えた鳥の名は、なぜか今でも忘れていません。
これも、脳の不思議ですね。
やはり鉄は熱いうちに打たないとダメなのでしょう。
ああ・・・なんで私は鳥の事しか勉強しなかったのか(T_T)悔やまれます。

まあ、それはさておいて。
このリアルな夢に、ほとほと悩んでいます。
先日は夢の中でず~~~っと仕事をしていましたし、その翌日はず~~~っと殺戮者から逃げ回っていましたし。
目覚めた時は疲労の極致。
どうにか〈夢を見ない薬〉を、誰か発明してくれないでしょうか。

******

さて、その『ダックコール』と並行して読んでいるお話があります。

三島由紀夫の「禁色」。

私の初、三島です。何となくアマゾンで本を検索していて興味を魅かれたんですが・・・。
しかし、昭和26年の作品。いったいどんな感じなのかな・・・・と、おっかなびっくり。
何しろあの壮絶な死を選んだ人ですから、感覚が全く違うかもしれない、と。

ところがです!
もう、夢中になって読んでしまっています。
なんでしょう、このいじらしい、清純かつ小悪魔な感覚!!
分かり過ぎるほど伝わる微細な感情。

いやあ・・・時代なんて関係ないんですね。
かなり好きです。
今まだ半分ほどですが、ニマニマしながら読んでいます。
感想は書きにくいですが (u_u*)ポッ

さて、今日は耳の診察の為、休暇をもらいました。
2時間かけて寝屋川の専門医のところへ・・・しかし遠い (>_<)
でも、じっくり読書ができると思えば、通院もけっこう有意義な時間ですよね^^


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・6 第12話 お願い】へ
  • 【RIKU・6 第13話 クリムゾンの挑戦状】へ

~ Comment ~

NoTitle 

今日は休診日ではなかったですか!??

それにしても、ホロホロチョウとエトピリカ・・・(^^;)
limeさん・・・・(^^;)
やっぱり好きです(*^。^*)ポッ!!


おお!三島由紀夫ですか!
私が生まれたとき、ちょうど三島由紀夫があの壮絶な最期を遂げたのと前後してまして。
生まれたばかりの私は髪の毛が逆立っていて、しかも外はものすごい雷雨という日に誕生したとあって、「三島由紀夫の生まれ変わりなんじゃ・・・?」と祖母達は笑ったそうです。
それなのに、一冊も読んだことないんですよ(+。+)
中学生の時に友達が、「三島由紀夫の小節は女々しい!」と断言していたのを聞いて、なんとなく遠ざけちゃってたんですよね~(笑)

ちょっと読んでみたくなりました。
っていうか、読んでおくべきだよね~。日本人なら。

NoTitle 

わたしも鳥が大好き。
あの美しさ、すごすぎ。
特に好きなのがケツァールのお仲間、全部。
美しくて習性が面白くて。

一度だけキセキレイを見たなぁ、後ハチドリの大群。
美しかった。

秋沙さんへ 

へへ~ん。今日は先生、いらっしゃったもん(`ε´)
同じ失敗は繰り返すものですか! ←何を偉そうにw

なんか、妙に語呂がいいでしょ? ホロホロチョウとエトピリカ!  呪文みたい。
秋沙さんは、コガモちゃんでしたよねe-266
それだけで惚れる!

え!三島由紀夫の生まれ変わりなんですか! 結婚してください!

確かにね、三島由紀夫の人間模様、感情の叙述は、女々しいと取られるかもしれませんね。
男と女の物語なら、きっとドロドロと、そしてめらめらと、激しい事でしょう^^

しかし、私が読んでる「禁色」はね・・・それが逆に悪魔的でいいんですよ。
女を愛せない、ものすごく美しい青年と、彼を操ろうとする醜い老小説家の話です。
清純な気持ちで読み始めた読者は、きっと悪魔になる!
悪魔になって、純情な乙女心をもてあそぶ快楽を一瞬味わう。
罪悪感を感じながら、陶酔するんです。
これを読み終えたあと、なんだか私はすごく、いけない物語を書きそうな予感がする・・・・。

ぴゆうさんへ 

ぴゆうさんも、鳥好きですか! うれしいな。
けっこう私の身近には、いないんですよ。
あの美しさったら、ないですよね。なんでみんな、うっとりしないんだろう。

ケツァール!!(おい、秋沙さん、ケツァールだよ!)
幻の鳥とまで言われた。実際、見てみたいです。
日本にいないのがざんねん!
ハチドリも、日本で見られないですよね。かわいいだろうな~。
キセキレイは、我が家の庭で数回見ました。愛らしい声で鳴くんですよね。

私は、職場の前の貯水池で、羽を休めるアオサギにぞっこんです。
きゅって、抱きしめたくなるwwww
水鳥は、抱き甲斐がありそう。(危ないって)

NoTitle 

呼ばれた(笑)

ケツァール(笑)
あれはホントに、見てみたいもんですね~。
ぜひとも撃って・・・・いや、写真に収めてみたい。

ケツァールではなかったですが、ニューカレドニアであれによく似た極彩色の鳥を見ました。
そうそう、ニューカレドニアの動物園にはカグーという鳥もいて、なかなかとぼけていて可愛いですよ~。

鳥談義はヤバイ。

そうそう、水鳥はきゅってしたくなる。わかる(^^;)
なんとも言えない流線型(^^)

自分の飼ってる文鳥も、手を軽くグーにして、そこにすっぽりはめるのが大好き(今我が家にいる文鳥はあまりなついてないのでできない)(ToT)。
あぁどんどん危ない方向に・・・。

秋沙さんへ 

あ、読んだら来た・笑

ニューカレドニアなんて、極彩色の鳥、いそうですね^^
(ニューカレドニアの正確な位置、分からないけど・汗)

オーストラリアに言ったとき、カラス大の真っ白い野生のオウム(名前知らず)が、ホテルのベランダに沢山飛んできて、
狂喜乱舞しましたよ。
日本じゃ、野生の鳥が飛んでくるって、有り得ないから。(公園の鳩くらい?)
コッソリ、連れて帰りたかった・・・・。捕まるね。

そうそう、小鳥をそっと掴むの、好き。
野生の鳥は、弱るらしいけど^^

あの、鳥の匂いがまた、いいでしょ?
ああ、でっかい鳥の羽の下で、眠りたい・・・。
うん、危ないよね。きっと・・・。

NoTitle 

鳥かわいいですよね。
僕もインコを飼っていたのですが本当にかわいかったです。

鳥は可愛い。

こんばんは^^ 

通院されるためのお休みだったんですね~。
診断結果は如何でしたか?
少しは快方に向かってるのかな・・・・・・・・・

焦っちゃダメですよね^^;

しっかし・・・・・・・
私、「ホロホロ鳥」も「エトピリカ」も見た事ありません^^;
つーか、limeさんの夢って極彩色っぽくて逆に怖いですe-330

小さい頃や若い頃は、夢なのか現実なのかわからないほどリアルな夢を見ていましたが、最近ではさっぱり夢の内容を覚えてません。
これって、脳の老化現象の一つでもあるんですよね~(><;
やっぱ、日頃全く使ってないのがダメなんだな~・・・・v-13v-13

昨日の夢さえ思い出せませんよ、私^^;

ねみさんへ 

ねみさん、インコを飼ってたんですね。
セキセイインコは、やんちゃですが、そこがまた可愛いですよね^^

私もインコ、買ってました。雛から育てたっけなー。
言葉は、喋ってくれませんでしたが。

鳥って、可愛いですよね^^

蘭さんへ 

ありがとうございますー。
うん、・・・なかなか快方には向かっていないんですが・・・取りあえず、また山のようにお薬をもらってきました。
頑張って飲んで、様子をみてみます(と言いつつ、もう2カ月^^;)

そうなんです。
私の夢はオールカラーで、肌触り&体温&匂い&味付きです。
もう、怖い夢とか、拷問です(T_T)

いやいや、夢は見ない方が健全ですよ、蘭さん! ほんと。
夢を見すぎたら、良くない兆候です。私の場合。

でも・・・・年に何回か、とても色っぽくて、ドキドキする夢を超リアル触感で見ることがあって・・・。
そんな時は、一週間は、ボーーーーっと、夢見心地です。

まさに、夢見心地!笑

NoTitle 

今を去る事ウン十年前。
わたしめが頬赤い小学三年のクソ餓鬼の頃、社会見学なる遠足がありました。
ゼロメートル地帯と呼ばれる水面より低い地域に行った時、
それはそれは春の皐月が花盛りの心地よい日でした。
工場地帯に着いた時、バスから降りると足だけは速かった私が一番乗り、
なんでもないドピンクのオオムラの木、ハチドリが二十羽近く。
図鑑でしか見た事がなかった美しい構造色、びっくりした。
友達の賑やかな声が聞こえて来るとさっーーーと逃げていってしまった。
わたしだけしか見てない。
夢幻のような出来事でした。
マジです。

ぴゆうさんへ 

そうなんですか!!
日本で見たんですね、ぴゆうさん(゚□゚;)e-267
素敵~~!
ぴゆうさんの前にだけ姿を現したハチドリの群れ!
ええ、きっとハチドリなんでしょう。
何故そこに生息してたのかは、分からなくても。
もしかしたら、日本にだけ住む新種のハチドリだったりして・・・。
無いとは言い切れませんよ?
貴重な体験ですね。
私ももし、そんな風にハチドリと出会ったら、一生忘れません。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHさんへ 

そうなんですか!
じゃあ、鳥の夢は、喜んでいいんですね^^
やった~。
でも、いっぱいフンされましたがi-202


お、そうなんですね? そうでしたか!i-189

NoTitle 

鳥の夢なんて、おもしろいですね(笑)
とくに、エトピリカが可愛い♪
私は以前ネコを飼っていたので、猫の夢ならよく見るんですが。

あらためて、リンクをはらせていただきました。
もし相互していただけたら、嬉しいです♪

西幻響子さんへ 

いらっしゃい^^
こちらにも来てくれてうれしいです。

私は猫好きなのに、なぜか最近猫の夢はみませんね。見たいな。
やっぱり鳥の夢を見たのは、読んだ本の影響ですね、きっと。
(影響うけやすい^^;)

リンク、貼ってくださったんですねe-266
私もさっき、西幻さんの、新しいURLにリンクを張りましたよ。
ず~~っとリンクは、前のまま、置いてありましたから^^

また遊びにいきますからね~~。

はじめまして! 

こんにちは。
「紙上の荒野」管理人有村司と申します。先日は拙ブログにお越し下さりありがとうございました。
こちらさまにお邪魔して、あまりにもコンテンツがたくさんありますので、どれから拝読してよいやら分からず、まずは雑記から…となりました。
これからも通わせて頂いて、少しずつ読ませて頂こうと思いますので、よろしくお願いします。
あ、それと、事後報告になりますが、こちらさまのリンクを貼らせて頂きました。もしご迷惑であれば、遠慮なくお申し付け下さいませ。
それでは失礼いたします。

有村司さんへ 

はじめまして。いらっしゃいませ^^
先日はご挨拶もせずにごめんなさい。
ちょろちょろといろいろ遊びに行っては、腰を落ち着ける時間が無くなって帰って来てしまいます。
また、ゆっくりお邪魔させてください。
昼間は出ておりますので、返信、遅くなってごめんなさい・汗
そうなんです、沢山作品が溜まってきて・・・。

でも、雑記だけ読んで行かれるリン友さんも、沢山いらっしゃいます。
有村さんも、よかったら雑記更新の時だけでも、遊びに来てくださいね^^

リンク、ありがとうございました。
私も、貼らせていただきます。

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・6 第12話 お願い】へ
  • 【RIKU・6 第13話 クリムゾンの挑戦状】へ