☆雑記・四方山話

(雑記)さよなら『神の火』の陸橋

 ←RIKU・6 第6話 あふれ出す熱 →RIKU・6 第7話 優しい男
大阪、阿倍野橋駅前の、陸橋が撤去されつつあります。
いえ、正確にはリニューアルされて、再開発される阿倍野と共に、オシャレな陸橋に生まれ変わるんですが。

高村薫の『神の火』の愛読者にとっては、けっこう悲しい出来事です。
この作品の中で、あの近鉄阿倍野橋駅と、JR天王寺駅の間にある陸橋は、とても印象深いシーンに使われていましたから。



rikkyou4.jpg

rikkyou5.jpg


何と言っても、島田と良が、別れた場所です。

永遠の別れとなった場所です。
だからあのとき、手を離すなっていったじゃないか・・・・と、悔しく思ったあのシーン(´□`。)°゜

それが、この下の写真の、一番手前の階段下です。
雨の日だったなあ・・・。

そういえば、ベティさんがよそよそしく、島田に「百貨店に下着、買いに行きますわ」と立ち去って行ったのも、この橋。
下の写真の左側、レトロなビルが近鉄百貨店です。
近鉄百貨店といえば、島田が、良に、無理やり服を沢山買ってあげた場所です。
あのシーンも、大好きだったなあ~~。

そうそう、ハロルドと島田が待ち合わせしたのも、この陸橋下のマクドナルドだったっけ。

ちなみに、上の写真の中央の道を、チンチン電車(阪堺電車)が走っており、「木村書店」も、すぐそこにある・・・設定です。

近鉄百貨店も今、全面的に改装され、この天王寺・阿倍野地区、あと数年でめちゃくちゃ生まれ変わるはずです。
でもやっぱり、作品の場所が一つひとつ消えていくのは寂しいですね。
まあ、20年も前に書かれた作品ですから、仕方ないんですが。

そうそう、島田と良が最後に歩いた道も、歩いてきました。(春のことですが)

天王寺動物園の鳥の檻が見える場所も、ちゃんとありました^^
でも、新たに柵が張ってあって、良がやったみたいに、フェンスにしがみ付くことはできませんでした。
(同じことしたかったな)

動物園1

このまま、手前方向に真っすぐ進んで行くと、新世界、そして左手に折れると西成に向かいます。

新世界は、通天閣のある、ごちゃごちゃとした街。ここはね、昔のままです。
『神の火』で、島田が行かされた日活系ポルノ映画館は、探し出せませんでしたが(^.^;)

この後行ってみましたよ。新今宮の、西成側。
実は私は19歳から3年間、その新今宮で働いていたんですが、南海側だったので、西成方面には全く行くことがありませんでした。
ただ、高架を隔てた地域が、こんなにも別世界だったとは・・・。

西成の入り口にドドンと寝そべっている建物。これが俗に言う【あいりんセンター】。
そこを通って西成区に入って行くんですが、とても入って行ける空気ではありませんでした。
よそ者は入ってはいけないと言う、見えないバリアーが確かにそこにありました。

あいりん


作品中では、この場所で良と日野が出会いました。
まあ、良が日野に拾われた場所ですね。
この、さらに奥にある三角公園まで行ってみたかったんですが、断念しました。
高村先生、どうやってこの場所を調査したんだろうか・・・。


『照柿』の「なにわ会館」も、『李歐』の十三の病院も、新世界の地下トンネルも、もはや無くなっている場所がいっぱい。仕方ないんですが、やっぱり寂しいです。

この陸橋だけは・・・残っていて欲しかったなあ~~。

そういえば、『神の火』にチラリと出てくる市大病院。ここはよく通った病院です。
その病院近くにある小さな郵便局で、島田が便箋と切手と封筒を買って良に渡すシーンがあります。
「これで、毎日俺に手紙を書いてくれ」・・・ってな感じで、渡すんです(*/∇\*)

その郵便局も探してみたんですが・・・無かったですね。
高村先生の創作かもしれません。

しかし、そんなものを汗だくで探しまわっている自分って、今更ながら変な奴です。
そして、そんな自分を振り返り、「馬鹿な奴」と、やっぱり悦にいる自分がいます(^_^;)

(追記)
そうそう、こんな地図を作って持ち歩いたんだっけ。
本人にしか分からない書き込み多数・・・。

地図





『神の火』のレビューはこちらから^^
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・6 第6話 あふれ出す熱】へ
  • 【RIKU・6 第7話 優しい男】へ

~ Comment ~

NoTitle 

いいご趣味ですなあ。

よしここは「マークスの山」登山コースを……(死にます(笑))

ポール・ブリッツさんへ 

へへへ。馬鹿でしょうー。
あの日は暑かったけど、頑張って散策しました。

マークスの山!

生きて帰れませんてば(>_<)

NoTitle 

わかるわぁ~。

リニュされる事は、大阪の事を色々調べてて知ってました。
きっと、limeさんは残念がっているだろうなぁって思ってました。
私も残念ですけどね。
作品を読んだ人の中に、永遠に生き続ける幻の街に
これからはなるのでしょう。

好きな作品の舞台を、ついついってのは、私も時々やります。
特に登場人物に入れこんだりすると尚更です。
月末から公開の、浅田次郎原作「日輪の遺産」も、
舞台が、ウチから割と近く、原作を読んでいた時は
子供の療育先へ行く時に通る道筋だった事もあり、
思わず、作品世界へと想いを馳せたりしちゃいましたよ。

それに、「レディ・ジョーカー」の競馬場。
子供の療育先があのすぐ近くだった事もあり、
なんだか親近感が湧きましたねぇ。
小説読んでても、景色が目に浮かぶしね。
あそこの競馬場は家族連れで行く人が
多かったりするので、多くの読者の馴染みな場所だったかもね。

私なんて、更に笑えて、自分の作品のクロスの
二人が住む駅へ行った時に、ここから二人は
大学へ通ってるのねぇ、、、、なんて阿呆な
感慨に耽ったりするんですから、凄いでしょう?(^_^;)

narinariさんへ 

やっぱりわかりますか!(*^_^*)
仲間♪
それほど、キャラや物語がが魅力的で、心酔してしまうってことですよね。
レディ・ジョーカーは東京なので、ちょっと地理が分からなかったんですが、
『神の火』『李歐』『黄金を抱いて翔べ』はもろ大阪なので、臨場感ばっちりでした^^

逆にnarinariさんには、レディの土地勘、バッチリだったんですね。

narinariさんが、ご自分の作品に出てきた場所に愛着を持つのも、すっごくわかります!
わたしだったら絶対、その場所を何度も散策しますよ。
ただ、私は作品の場所を、特定の土地にしないので、そういう楽しみが無いです。
関東のどこか・・・くらいで。

「KEEP OUT」の続編で、そこがネックになってきました。
東京23区と他の場所では、法律が違うんです・汗
どうしよう・・・と、昨日も悩んでいました。
これからはちゃんと、土地設定もしなきゃいけませんね^^;

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・6 第6話 あふれ出す熱】へ
  • 【RIKU・6 第7話 優しい男】へ