RIKU

RIKU 第一話 出会い

 ←RIKU  あらすじ →RIKU 第二話 白い家
それはまるで、見つめていると風の音が聞こえてきそうな、神秘的な少女の絵だった。

信号待ちの間、何気なく視線を移した画廊の中にその絵を見つけ、玉城(たまき)はブレーキの効きにくい自転車を足で止めながら暫し心を奪われた。
日だまりのような淡く光るワンピース、空気に溶けてしまいそうな白い肌、黒い瞳、亜麻色の髪。
街の喧噪も消えていくような気がした。

けれど今の彼は悠長に絵を眺めていられるような状況ではない。
街金に借りたお金の返済期日は今日まで。
50万という金額は、収入が不安定なフリーライターの玉城には、かなりな大金だ。
もちろん無計画に借りたわけではなかったが、当初の予定だった仕事にキャンセルが入り、まるきり返済計画が狂ってしまったのだ。
街金と言ってもヤクザではない。頼み込めば何とかなるかもしれないと、祈るような思いで玉城はガタの来た自転車を走らせた。

「はあ? あと2週間待てとおっしゃいましたか?」
薄暗い店舗内で坊主頭の従業員が玉城を見据え、引きつるように笑った。
『グリーンライフローン』。爽やかなのは借す時の接客と、名前ばかりなのか?
玉城の笑顔も引きつった。
「すみません、それまでには原稿料が入ってくるはずなんです。半分は返せると思うんです」

・・・思えば、あの詐欺に合ってなければこんなところで金なんか借りなくて済んだ。

玉城は一ヶ月前に起きた災難を腹立たしげに思い出していた。
『当たり屋』なんてものが本当に存在するなんて、まして自分が被害に遭うなんて思っても見なかった。
仕事仲間に車を借りて取材先まで行く途中の路地で、その当たり屋は車の前に飛び出してきたのだ。
その中年男は、緩いスピードで徐行していた玉城の車の前でひと跳ねした後ごろんと寝転び、役者顔負けの演技で被害者を装った。
瞬間、目の前の出来事に玉城はパニックになり、飛び出すや否や、男を抱き起し、ひたすら謝った。
「ああ、何とか大丈夫です、かすり傷ですから。どうでしょうね、示談と言うことにしませんか? 免停にならなくてすむでしょう? おや、あなたの車では無い? それなら尚のこと、面倒は避けた方がいいんじゃないですか?」
ただ謝るばかりの玉城にその男は優しい笑顔でそう言った。50万という金額を提示して。

それが詐欺だとわかったのは金を渡した後だった。
あんなに簡単に人は騙されてしまうものなのだ。玉城は改めて思い知った。

「半分って言いました? 残った半分にまた利子が付いて膨らみますが、分かって言ってますか?」
坊主頭は更にグイと玉城に顔を近づけた。
かろうじて敬語だが、顔はどう見ても威圧しているとしか思えない。玉城の端正な顔が次第に青ざめていく。
「そこをなんとか・・・」
「なんともできませんね、お客さん。こっちも信用して貸してんですよ。リスクしょって。そっちも誠意見せてもらわないと。なんなら体で払って貰いましょうか?」
もう敬語の意味がわからない。そして冗談にしては質が悪すぎる。
血の気の引いた頭で玉城は絶望的にうなだれた。八方ふさがりだ。

「ねえ、そこのあなた。もし良ければ、その借金と引き替えに一つバイトを引き受けて貰えないでしょうかね」
突然しわがれた声が店のパーテーションの後ろから聞こえてきた。
「小宮社長・・・」
坊主頭が声の方向を振り返る。
パーテーションの後ろから出てきたのは、白髪交じりの頭に白い口ひげの男。社長の小宮だった。
社長、というより、「小宮老人」と言った方が近い。皺が深いわけではないが、白い髭のせいで老人に見える。

「どうですか?玉城さん」
小宮老人は顎髭を触りながら、玉城にニッコリと笑いかけた。

     ◇     

薄雲が切れて、少し青空が顔を覗かせた。
玉城は来た道をまたボロ自転車に乗って滑走する。
最悪の事態は免れた。けれどもあの金貸しの老人のバイトとは何なのか不安だった。
後日また連絡するからと携帯番号を教えさせられた。断る理由も権利も無いことは分かっていたが、やはり不安がつのる。
確かに従業員はあの坊主頭と事務員くらいしか見あたらなかったが、なぜ自分に仕事を振るのだろう。
しかも50万の借金を帳消しにするという好条件で。考えれば考えるほど不安が押し寄せる。
今は考えないでおこう。もしヤバイバイトだったらその時きっぱり断ればいいんだ。
玉城は自分に言い聞かせ、気合いを入れるようにハンドルをギュッと握り直して公園へ続く路地を右折した。
その時。

「たっっ!!! あっ・・!」
いきなり人影が飛び出してきた。
すんでの所でブレーキをかけたが年期の入ったボロ自転車だ。
大きな音と共にチェーンが外れ、ブレーキハンドルはいきなり何の抵抗もしなくなる。
思い切り足で踏ん張り止めようと試みるが、逆にバランスを失った自転車はその人影と鈍い音を立ててぶつかった後、飛び降りた玉城から5メートル先まで走り、街灯に衝突して沈黙した。
玉城の心臓は破裂するのではないかと思うほど激しく鼓動した。
男が倒れている。自分がぶつけてしまった。
玉城はガクガクする足でうつぶせに倒れている男に走り寄った。

「だ・・・大丈夫ですか!? あの・・・あの・・・」
すっかり取り乱し、その男の肩を掴みガシガシゆすった。
「いっ・・・いたい。・・・痛い、イタイ・・!」
突然スイッチの入ったオモチャのようにその男は右手首を押さえてうめき声をあげた。
「よかった! 生きてる!」
思わず安堵の声をあげる玉城。
「良かったって・・・ひどいな。痛いって言ってるだろ」
ガバッと上半身を起こし、その男は不機嫌そうにグイと顔を上げると、玉城を睨んだ。

「あっ・・・ごっ、ごめんなさい! 本当にすいませんでした。僕の不注意で・・・。怪我しませんでしたか?」
とにかく青ざめながら玉城は必死で男に謝った。
自分が人に怪我をさせてしまうなんて事は、彼の穏やかな人生の中に無かったことなのだ。もちろん、あの当たり屋の事故は論外だ。
その男は、そんな様子の玉城をしばらくじっと見ていたが、やがて少し笑いながらポツリと言った。
「君さあ、簡単に謝っちゃダメだよ」
「・・・えっ?」
玉城は伏せていた顔を上げ、改めてその男を見つめた。

ブルー系のチェックのシャツにジーンズ。ゆるくウエーブした柔らかそうな栗色の髪。ほっそりとした顔立ちに美しいラインを描く大きな目。あたりの光を映し込んだ色素の薄い琥珀色の瞳は、痛みのためか少し潤んでいる。
男の自分でもドキリとするほど、その男は中性的で魅力的な容姿をしていた。
まだどこか幼さが感じられるが、自分と同じ20代半ばくらいだろうかと玉城は思った。

「もし僕がタチの悪い人間だったらお金、巻き上げられてるよ。あのね、すぐに謝っちゃダメ」
そう言って男はニコッと笑った。
「は・・・はい」
その穏やかな笑顔に救われた気持ちになって玉城は思わず微笑み返した。
「でも、どうしようかな。・・・手首痛めちゃったみたい」
男の言葉に再び玉城はその笑顔を凍らせた。
「そ、そうなんですか?」
「うん、しばらく仕事できなくなるな」
「えええーっ。仕事、何されてるんですか?」
「しごと? ・・・ピアニスト」
「ピ・・・。大変じゃないですかっ! すぐ病院行きましょう!」
「病院ねえ・・・」

そう言いかけて男は“ハッ”と自分が来た方向を振り返った。
玉城もつられて振り返る。
その視線の先には小さな公園。綺麗に並んだツツジの木の横をスーツ姿でこちらに走って来る女が見えた。
美人の類には入るが、その表情はあまり穏やかではない。明らかに怒りに燃えている。
そして、でかい。
太っているというよりも筋肉質で、まるで女子バレー選手とレスリングの選手を合わせたような巨体だ。

「ねえ、お願い!」
その男は少し真顔になり、左手で玉城の腕を掴んできた。
「お詫びとか病院とか、もういいからさ、ちょっとお願い聞いてもらえる?」
男は声を潜めて早口にしゃべりかけてくる。
「なんです?」
「僕の恋人のふりをして欲しい」
「・・・は?」
一瞬意味が分からなかった。

「ね、今だけ」
「僕、男ですよ?」
「見りゃ分かるよ。やるの? やらないの?」
「やっ、・・・やります!」
訳の分からないまま勢いに押されてそう言い、玉城は男に促され、立ち上がった。
男は玉城よりも少し背が低かった。体つきは玉城よりもスラリとしている。
玉城の右側に体を寄せて並び、玉城の腕をぐっと掴んで引き寄せる。
“どういうこと? いったい何?”

男にしっかりと腕を掴まれて寄り添われ呆然としている間に、さっきの大女はすでに息を切らせながら玉城達の前に立ちはだかっていた。

「リク!」

長い髪を後ろで束ね、きっちりとしたベージュのスーツに身を包んだキャリアウーマン風のその大女は、そう叫ぶとキッと玉城の横のその男を睨みつけた。
玉城は動くことも出来ず、ただ金縛りに遭ったように立ちつくした。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU  あらすじ】へ
  • 【RIKU 第二話 白い家】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ニャンだろ。
楽しみぃ~~
今日はここまでにして我慢をするのよん。
どわってぇ~~もったいないもんね。
RIKUのキャラがいいね。
陽が切なすぎたから、嬉しい。

今回もいい男揃い・・・
ふんがぁ~~
v-10
病に走りそう・・・気をつけなくては。
ホッホホホホ

ぴゆうさんへ 

おおお。
「RIKU」を読み始めてくださいましたか!
うれしいい~~。

リクはなかなか変わり者だけど、愛情いっぱい注いであります。
私の描くキャラで、一番の美形ですから。リク♪

陽は究極に切ないキャラですが・・・リクはどうでしょうね^^
玉城も、ウザいけども、味のある奴です。どうぞ、かわいがってください。

読み切り短編で終わるはずだった「RIKU」も、どんどんシリーズ化されてしまいました。
一話が長いので、どうぞ、ゆっくり一話ずつ読んでみてくださいね(*^_^*)
意外な展開になるはずです。

おはようございますー。 

「RIKU」拝読させて頂きます。

最初のお話とは打って変わって世知辛い出だしにミステリアス…。
ですがlimeさまの淡々とした文章が、ある意味救いになっているような気がします。

有村司さんへ 

おお!リクを読んでくださいますか。
嬉しいです。
このお話、第一章だけで終わるはずだったんですが、どんどん続編ができてしまいました。

まだ第一章は、軽いタッチなので、気楽に読んでみてくださいね。

ミステリアスという面では・・・・一番ミステリアスかも、です^^

お名前は存じておりましたが 

はじめまして。
limeさまのお名前はほうぼうで目にしていましたが、シリーズもの小説となるとなかなか敷居が高くて、読ませていただくのを躊躇してしまっていました。

でも、「RIKU」という小説タイトルもほうぼうでお見かけし、気になって読ませていただいたら引き込まれていきました。

物語のはじまりもキャラも魅力的ですね。
これからこの世界に浸らせていただきます。よろしくお願いします。

あかねさんへ 

いらっしゃいませ^^あかねさん。
私も以前から存じておりましたが、なかなか気になる皆さんのところへ、
ゆっくりと訪問する時間が取れなくて。
中途半端な訪問になるのを恐れて、ご挨拶もできませんで・・・。ごめんなさい。

有村さんのところでコラボを読ませていただきました。
楽しいキャラと、テンポですね~。
私も、年末は少し時間が取れそうなので、おじゃましますね。

そして、RIKUを読んでくださってるのですね。
うれしいです。
一話が長くて、読むのが大変だと思いますが、どうぞお暇た時だけでいいので、のぞいてやってください^^

(ΦωΦ)フフフ… 

なんだか・・・とても面白そう^^
玉城くんといい、リクくんといい
私と歳が近いこともあって親近感湧きました^^

一度目は当たり屋だからしょうがないけど
2度も同じようなことをしてる玉城くんのダメダメな人生をちょっと垣間見て

姉さん心をちょっとばかしキュンとさせられました。
何やってんのよ・・・みたいな^^

もう私、感情移入したかも、です。

リクのキャラもこれからどういうことになっていくのか・・・

楽しみです^^

美香さんへ(2) 

> 玉城くんといい、リクくんといい
> 私と歳が近いこともあって親近感湧きました^^

えへへ。(*/∇\*)
さっそく気に入ってもらえて嬉しいです。
そういえば、二人共美香さんの年齢に近いですよね^^
でも、男って、年齢よりも幼くて馬鹿なので、きっと美香さんに呆れられちゃうなあ>< 

> 姉さん心をちょっとばかしキュンとさせられました。
> 何やってんのよ・・・みたいな^^

そうでしょ!! 玉城は本当にこんなやつなんです。
とてもいい子なんだけど、単細胞で、失敗ばかりで。
みんなに、愛情を持って、「馬鹿」と呼ばれています^^;

> リクのキャラもこれからどういうことになっていくのか・・・
> 楽しみです^^

そう。問題はリクなんですよね。
本当にこの子は問題が多くて。
実はこの第1弾で終わるはずだったんですが、こんな長いシリーズになってしまったのも、彼のせいです。

どうぞ、じっくりリクを、観察してやってください。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

Sさん、RIKU第1話へようこそ。

そうなんです、この作品は、始めて小説を書き始めて1年くらいの作品で、今読むとこの第1話はものすごく文体が幼いんですが、あえて手直ししていません。
最終話あたりでは、もっと重い物語になるんですが。

詐欺って最近は本当に巧妙になってきましたよね。
お年寄りを狙うところがなんともあくどい。
この当たり屋って言葉、昔見た舞台で覚えたんですが、昔はこんな感じの詐欺、結構いたようなんですよね。
玉城という男は、いい意味で単純馬鹿(笑)
騙されやすい純粋な男です。

対してリクは・・・。
この不思議な青年、リクを探る物語と言ってもいいかもしれません。
第1話は、さらっと読める軽いタッチです。

W杯、Sさんはきっと燃え尽きた感じでしょうね。
でもサッカーはまだまだ続く。
物語の中に選手を登場させるのっておもしろいかもしれませんよね。
そんな短編も楽しみです。

更新は焦らず、まずは自分で楽しみながら書いていければいいですよね。
のんびり、続けていきましょう^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU  あらすじ】へ
  • 【RIKU 第二話 白い家】へ