RIKU・5 天使の来ない夜

RIKU・5 第16話 変化

 ←RIKU・5 第15話 心の内 →(雑記)蛍光灯って、だから光るのね
秋山と別れ、喫茶店を後にした長谷川とリクは、無言のまま地下鉄への階段を下りた。
「さっきのはちょっと、言いすぎじゃ無かったかな」
ちょうど滑り込んで来た地下鉄に乗り込み、長谷川の横に座りながら、リクの方から先にその沈黙を破った。
昼下がりの地下鉄は空いていて、少しばかりそんな話をしても誰にも聞かれることは無さそうだった。

「気に入らないね」
長谷川はわざとムスリとして言った。
「秋山さんが?」
「あんたが、だ!」
「僕?」
「あんただ。会おうって言われりゃ、いつだってどこだってホイホイ応じてさ。あんただって内心怖いんだろ? あの男が」
リクはそのストレートな質問に戸惑ったのか、少し考え込むように黙った。
「私や玉城が誘い出したって、いつも面倒くさそうに渋る癖に。あいつにはしっぽ振ってホイホイだ」
この際だからと、少し大人げない言葉を吐いたあと、長谷川はリクのほうをチラリと見た。

羨ましくなるほどキメの細かい若い肌と、相変わらず息を呑むほど美しいその横顔は、間近で見ている長谷川を息苦しくさせた。
更に、誰も居ない正面の座席をボンヤリ見つめているリクを見ていると、自分が意地悪を言って苦しめているように思え、どうにも気分が悪かった。
「・・・もういいよ。もう言わない。客サービスだもんね。あんたのビジネスだ。ごめん」
「きっと、寂しいんだ」
唐突にリクが呟いた。
「ん?」
「あの人の孤独が伝わってくる。誰にも理解されない部分で、助けを求めてる声が聞こえた」
リクは前の座席を見つめたまま、長谷川にやっと聞こえるほどの声で言った。

「僕に何が出来る訳じゃないけど、話を聞いてあげようと思ったんだ。あの人は僕に何かを伝えようとしている」
「甘えてるだけだよ。いい年して」
そう長谷川が言うと、リクは柔らかく笑った。
「覚えてる? 玉ちゃんがさ、僕のことを冷たい人間だって言ったんだ。前に」
「それはずっと前の話でしょ。・・・まさか、そんなこと気にしてんの?」
「僕は自分から他人に関わろうと思ったことも、受け入れようと思ったことも無かった。玉ちゃんの言うとおり、冷たい人間なんだ」
「いいじゃん、それでも」
「でも今、あの人は僕を頼ってる。僕に何か出来るならしてあげたいんだ。変わらなきゃ、って思う」

今まで交わしたことのないリクとのそんな会話に、長谷川は心臓のあたりがズンと衝撃を受けたように感じた。
奇妙に、落ち着かない。胸を掴まれたというのは、こういう感覚なのだろうか。
降りるべき駅が近づいている。
出来るならもう少しこうやって、心の内を見せ始めた青年の横に寄り添って座って居たかった。

「無理に変わらなくていいよ。リクはリクのままでいい。あんたは良いところいっぱい持ってるし、私はそのまんまのあんたを気に入っている」
長谷川がそういうと、リクは驚いたように長谷川の方を向いた。
きれいなラインを描く目の中の、琥珀色の濡れたような瞳に見つめられた一瞬、ゾワリと長谷川の肌が粟立った。
自分は妙な事を言ってしまったのだろうかと、ふと思い、降りる駅のアナウンスが流れてきた所で長谷川は少し慌てながら立ち上がった。
「社に戻ったら秋山の事を調べてみるよ。あんたが気に掛かってることが見えてくるかも知れない。言っておくが、あんたのためでも秋山のためでもないよ。ちょっと興味が沸いたからだ」
「うん。ありがとうね、長谷川さん」

電車が止まると、ドアに向かう前に長谷川は振り返ってリクに訊いた。
「ねえ。本当にその手首は、捻挫だよね」

リクはほんの一瞬間を開けたあと、今日見たどれよりも優しい表情で、「うん。そうだよ」 と笑った。





関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・5 第15話 心の内】へ
  • 【(雑記)蛍光灯って、だから光るのね】へ

~ Comment ~

NoTitle 

捻挫ですよねリクくん……。

ちなみに、これからマジで(略)を(略)て(略)しようというのなら、(略)は(略)でなく(略)ないと(略)

グロ話ついでに、limeさんが作中で頭をひねられていたと聞いた、火災で発見された死体を法医学の検視官はどう見るかについての詳しい記事です。(写真入りですので見るときは注意を)

http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/lect/fire.html

焼肉食おうぜ焼肉! ステーキ食おうぜステーキ!(こんなことするから嫌われる……)

ポール・ブリッツさんへ 

(略)が、わからん~~~!
ポールさんは、私がしようとしてることを察してる?
さーーーて、どうでしょう。
リクの捻挫(?)は、このあとの、RIKU6の鍵となることだけ、お伝えしておきます。

おお、なんか、よさげな参考サイトなんですね?(まだ見てないけど)
今、過去の事件と警察の対応を調べまくっているところです。

でも、どうにかサラッとこの辺を手短にクリアできないかと思案中。
警察は出さずに行きたいんだけど・・・。
とにかく、読ませてもらいます。

結局、最終章でポールさんは「えええ? そんなんで済ませるのか?」という感想を持たれるはずです。
ははは・・・・・・・涙

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメPさんへ 

ひょえ~~~。
それは確実そうだけど、痛そうだあ~~~。

私は横の方が・・・・・いやいや。

NoTitle 

limeさま、今日の ポールさんは 秋山より 怖いっす((( ;゚Д゚)))ブルブル
ポールさんが あげているサイトにも 恐ろしくて 行けませんっ!!
如何したのでしょうか?
この蒸し暑さが 原因?うんo(???o)(o???)oうん?

秋山の奥に潜んだ声を聞き取ろうするリク
優しさからなの? それとも 自分の中にも 共鳴するものが あるからか。

長谷川が 調べても 新しい事実が出てくるのかな
秋山に巣食うものが、それで 少しは 分かれば いいけど。

サイトも見てないのに 私の妄想が 膨らんで 焼肉もステーキも 当分は 食べたくないよ~(T▽T)ゞbyebye☆

けいったんさんへ 

おお、かわいそうに、けいったんさん。
ポールさんのコメに毒されてしまいましたかw
まあ、これがノーマルなポールさんで、ご乱心したわけではないです^^
元気な証拠です。

リクが秋山に親身になる本当の理由は・・・。
実は案外別のところにあって、本文中に書き表してないかもしれません。
私がリクなら・・・気を紛らわすために、秋山の事に集中しておきたい。そんな心境も半分はあるかも。

長谷川、やっと動きましたね。
長谷川のカンが、この停滞した事態を動かすかもしれません。
もう、長谷川だけが頼りの作者です (^.^;)

あのサイトはねえ、しばらく焼き肉が食べれなくなるかもしれませんよ~~~ ( ̄ー ̄)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

計画は実行されましたが、陰謀は届かず、・・・だったみたいです^^;
でも・・・なんともはや・・・。もうやめて~~。

お、その方向もありですか?
じゃあ、警察の大チョンボでww(本当にやるから怖い)

NoTitle 

ポールさん・・・(静かな怒り

明日は焼き鳥のやけ食いじゃっ!

ねみさんへ 

あれ、ねみさん、見ました? お気の毒に。

焼き鳥かあ・・・・。ちょっとまだ嫌かもww

NoTitle 

長谷川さん~~~!!!

本当にリクが好きなのね…(TOT)

リクが「変わろう」としているのは物凄い進歩!!だけど、きっかけと相手が悪すぎる気がしますよ…。

そしてメリークリスマス!!

有村司さんへ 

そうみたいですねぇ・・。
もうちょっとリクが心の内を見せでもしたら、もう長谷川さん、暴走しそうです・笑

それでも恋だと気付かないのか、この人は・・・。

リク、変わろうとしてますね。
なにか、そんな心境になることがあったのかも。玉城が言ったからか??

そうそう。秋山の為に・・っていうのは、長谷川的にはムッ、ですよね^^;
あのとっちゃんぼうや。

さてさて。寒くなりましたが。

有村さんも、メリークリスマス^^e-267
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・5 第15話 心の内】へ
  • 【(雑記)蛍光灯って、だから光るのね】へ