RIKU・5 天使の来ない夜

RIKU・5 第5話 画廊にて

 ←RIKU・5 第4話 通り魔 →(雑記)微熱の休日。ブグローの画集買う。
路面電車を降り、西欧をイメージした煉瓦の舗道を少し歩いた所に、オーナー佐伯の経営するギャラリー『無門館』はあった。

リクの絵を独占的に扱っている画廊だ。
同時に若い才能の発掘場所でもあり、長谷川の受け持つ『グリッド』の奥の手として、よくここから出た若い画家が取りあげられた。

『大東和出版に来られるついであったら、是非こちらにも顔を出してくださいね。語りたいことがたくさん溜まってるんです』と、佐伯は事あるごとにリクに言う。
絵の搬入も最近では専門の業者に委託することが多くなり、近頃では佐伯と顔を合わすことも、月に一回あればいい方だ。
『寂しいじゃないですか』と、リクにはよく分からない理由で3日前にも電話口で責められた。
人と会うのは苦手なリクだが、佐伯には仕事面のみならず、現在住んでいる住居まで世話になっている経緯もあり、なるべく彼の誘いや注文には応えようと思っていた。


「あ、リクさん。ちょうど良いところにいらっしゃいました」
画廊のエントランスのドアを抜けると、いきなり佐伯の通りの良い声が聞こえてきた。

丁寧な物言いと、骨張って彫りの深い顔立ち。
『佐伯さんって英国貴族に仕える執事さんみたい』と言った多恵の言葉を、リクは佐伯を見るたびに思い出してしまう。

「今ちょうど、秋山さんがいらっしゃってるんですよ。ほら、いつもリクさんの絵をお買いあげ下さっている方です」
佐伯が手で示す方を見ると、明らかにオーダーメイドと分かる仕立てのいいダークブラウンのスーツを着た、背の高い男がこちらを見ていた。
独特の色気を含んだ、気だるげな視線だ。

リクがゆっくり歩み寄りながら小さく会釈すると、秋山は思いがけず、満面の笑みを浮かべた。
肩幅は広いが、無駄な贅肉のなさそうな引き締まった体。
大きな二重の目は優しげで、それでいて相手の内面を見透かしてしまうような熱を帯び、じっと見つめられると気恥ずかしささえ感じてくる。

「いやあ、いつかお会いしたいと思ってました。本当にうれしいですよ、ミサキさん」
声は落ち着いているが、年齢は自分と一回りも違わないだろうと思った。
長谷川より少し上くらいだろうか、と。

「こちらこそ」
リクが微笑み返すと、秋山は自然な流れでスッと右手を差し出してきた。

握手という行為になれていなくて戸惑いつつも、少しぎこちなくその手を握ると、秋山はぐっと力強くリクの手を握り返してきた。
そしてそのままじっと、リクの目を無言で見つめてくる。
リクは何か、心の奥でザワリとするものを感じ、失礼にならない程度に体を退き、その手から逃れた。

「なるほどね」

秋山はリクに笑いかけた後、ふっと体をひねり、一点だけ展示してあったリクの10号の絵に向き直った。

「こんな繊細な絵を描くのはどんな手だろうと思ってました。思った通り、しなやかで美しい手だ」


“川辺の夜の闇を、朝の清潔な光が溶かしてゆく粛々としたひとときを描き出したこの絵は、夢から覚める動植物の息づかいを閉じこめた、現実と非現実、静の動の混沌を思わせる。”

それは佐伯が初めてその絵を見たとき、リクに言った感想だ。
リクはそこまで深い意図を込めて絵を描いたことはないが、気に入ってもらえるのは嬉しかった。
秋山がじっと見つめているのは、その絵だ。

「本当のところ、もうしばらくこの絵はここに置いておきたかったんですけどね。さっそく秋山さんに落とされてしまいました」
佐伯は残念そうに笑った。
リクは少し戸惑うように秋山を見、そして礼を言った。

けれど未だに自分の作品に値が付けられ、買われていくと言うことに気恥ずかしさを感じているリクは、正直なところ“得意の客”を前にどういう態度を取っていいか良く分からなかった。

「いえいえ。私が御礼を言わなければ。私はミサキさんの新作を見るたびに初恋の人と出会ったような甘いときめきを感じるんですから」
「……」
リクが居心地悪そうに視線を泳がせ、佐伯を見る。
佐伯は面と向かって褒められるのが苦手なリクの心中を察したように、さりげなく救いの手を差し伸べて来た。

「秋山さんは『グリッド』のリクさんの特集を見て、リクさんのファンになられたそうですよ。それ以来ここのお得意さまです。額装の専門商社を営まれてるだけあって、美には確かな目をお持ちですよ」

それとなく双方を褒める形を取りながら、佐伯はやんわりと話題を変えてくれた。

「グリッドを?」
「そうなんです。あの特集は素晴らしかった。お陰であなたと出会えました」

秋山はそう言うとチラリと腕時計を見た。

「せっかく会えたことだし、ゆっくりお茶でも……と思ったんですが、残念ながらこれから商談で。また近いうちにお会いできますか? 出来れば一度、あなたのアトリエに行ってみたい。絵を描くあなたを一目でいいから見てみたいと思ってるんです」

思いがけない秋山の要求に、リクはハッとしてその大柄な男の目に視線を合わせた。
咄嗟に拒絶するタイミングを奪う、強引だがスマートな物言いだ。


「それはちょっと無理な相談ですね」

けれどリクが口を開くよりも早く、後方から怒気を含んだ太い声が飛んできた。

3人が振り向くと、エントランスからゆっくり歩いてくる長谷川の姿があった。

リクは安堵し、小さく息を吐いた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・5 第4話 通り魔】へ
  • 【(雑記)微熱の休日。ブグローの画集買う。】へ

~ Comment ~

NoTitle 

今回、この秋山氏がキーと見た!

>リクはそこまで深い意図を込めて絵を描いたことはないが、気に入っても>らえるのは嬉しかった。

とありますが、これ小説にも言えますよね。
実際、そこまで考えてなかったんですけど・・・・・ってとき。笑。
読者様からのコメントで「そういう考え方もありか」って。

ただそういう場合でも「そうなんです」なんて、とぼけてみせますけどね。笑。ワルッ!



ヒロハルさんへ 

ありますね~。
書いてる自分より、深く読みとってくださる読者様。
とてもありがたいです。
そして、そこからヒントを得て、進んでしまう自分の体たらく・笑

はい^^
私も、「どきり」とするような、素敵な意見を聞かされると、「そうなんですよ!」と言ってしまう、悪い奴。
次は、ばれちゃうかな。(汗

文章の場合は、ある程度作者の思惑がにじみ出ていると思うので、そんなに外れていかないのですが、
絵の場合は、もう、ほとんど感じ放題ですからね^^
正しい見かた・・・というのが、あってないような世界。
まさに、エロスと取るか、芸術と取るか・・・みたいな・笑

秋山と言う男、これから、物語に深くかかわって行きそうですね。

NoTitle 

リクの絵の上得意様ですかー!
オォ~ それは それは いつも リクの絵を御贔屓にして下さって ありがとう御座います┏○ペコ

秋山氏(今現在 正体不明な上に 上得意様でもあるので 一応”氏”を付けて置きました(笑))、この人の 握手の仕方が気になる!

これは 私が まだ 「KEEP OUT」を 引きずっているからでしょうか?
スパっと 気持ちを切り替えた積もりなんだけどなぁ・・・d(´ω`;)

ゲッ 長谷川が 如何して ここに登場なの!
しかも 態度が すこぶる 悪いんだけど!
コレッテ...d(´・ω・`)?...byebye☆

けいったんさんへ 

握手!www
私も一瞬、「いいのか?」とか思ってしまいましたww
「KEEP OUT」じゃないっていうのに(^.^;)

さあさあ、上得意の秋山さん、登場ですよ~~。
ぐいぐいと、強引な感じの人ですが、お見知りおきを^^
けいったんさんは、この男を、どう思うだろうなあ。気になるところです。

なんか、長谷川が来ましたね。
仕事はどうした、長谷川~w

長谷川が不機嫌な理由はすぐに分かります。

・・・意外とかわいい女です^^

NoTitle 

まさか、これにも「法則」が?(笑)

それは冗談としても、秋山さん、なにか後ろ暗い秘密を持っているんじゃないですかねえ。通り魔本人ではないにしても、通り魔と縁続きとか……。

ちょっとドキドキしてます(^^)

ポール・ブリッツさんへ 

通り魔と縁続き・・・ww
あまり怖い展開にならなさそうかも。

でも、整理してみますと、今まで出てきた異質なものは・・・・。

第1話の少年と男。そして通り魔。それからこの秋山。あとは・・・リクの包帯。

どっかで絡んでくるんでしょうが。
今回は込み入ってるので、ポールさんに当てられちゃぅ事は、ないかな??

このあと、もう少し登場人物が増えますよ^^

NoTitle 

長谷川さん、ややこしい方向に事態を持っていかなきゃいいんですが(^^;

恋してるって事に自覚がない女は、めんどくさいですからね~~~(笑)


なんだかいろいろ、混み合ってきそうな予感ですけど、いつものとおり、頭真っ白で読んでみます~(^^)
limeさんに騙されたり、「うおおおおそうなるか!」と驚かされるのが快感だったりするわけで(^^;

秋沙さんへ 

>恋してるって事に自覚がない女は、めんどくさいですからね~~~(笑)

そうそう。この辺りの長谷川は、ちょっと面倒くさいですよ・笑
でも、ちょっと可愛いかも。

長谷川さんが事態をややこしくすることは無いかもしれないけど、・・・リクにはどう映るんでしょうねww
(意地悪な作者)

今回は、変なトリックとかはないですが、感情の行き来が微妙過ぎるかも・・・。

作者の意図が、読者様に伝わるかどうかが、勝負所です。
そんな意味で、私はドキドキしております(>_<) 

NoTitle 

おおーー大魔神の登場だ。

リクには変な磁石でもあるかもしれん。
怪しい~~
お得意という秋山。
アヤスィーーーー
絶対に変なのを呼び寄せているんだろうな間違いなく。

長谷川が正義の大魔神になるのか。
だけど大魔神って不幸が起こってからなんだよね。
どう思うニャ?
作者に訊いてみルニャv-283

ぴゆうさんへ 

あやしいの、出ましたねw

秋山はこれから、いろいろ化けますよ~。
どんな魔神になるやら!
読み終わった後、秋山をどう思うかは、きっと人それぞれかも・・・。

さあ、長谷川は今回も気をもみますよ~^^
リクが、あのとおり、呼び寄せ体質なうえに、無防備だから・汗

おお、その質問にはお答えできませぬ!
大事な部分でござるww
そうですね。正義の味方って、だいたい不幸なことが起こったあとに登場しますもんね^^

さて・・・・。長谷川は?

おはようございます^^ 

2日間もご無沙汰しちゃって、本当にすみませんでした(><;

おっ! 新しい登場人物が??
どんな絡みになるのかな?
しかも、迷わずに握手を求める仕草とか、ちょっと意味深な表現。

でも何より私が吹き出したのは、最後の長谷川さんの登場の仕方!!
この人って、何かセンサーでもついてんのかな??ってくらい、ライバル出現には敏感ですよね~(笑)。
まぁ今回の「ライバル」も、男みたいですけど(爆)。

蘭さんへ 

ふふふ。
この秋山には、長谷川さん、けっこう敵意をむき出しにします。
長谷川さんのセンサーが、大きく反応したんですねえ、きっと。

その辺の長谷川さんも、どうぞお楽しみください^^
(そう、なぜかライバルは・・・・男)

この秋山がねぇ。ややこしい男なんです・汗

謎だらけ~ 

駒だけ出そろって、一番、謎~
ってところで足を止めてしまいました。
ちょっとその謎の余韻に浸りつつ、また来ます。

通り魔! ああ、遂に出たか! って気がしました。
思えば、これが、猟奇殺人者の第一歩目でしたね。
これをどのように落していくのかな、と楽しみです(^^)

fateさんへ 

またまた、謎の多い出だしで、ごめんなさい^^

でもね、複雑なことはないんです。
すごくシンプルな構成なんです。
なにか秘密があるように見えるだけで^^(たぶん)
だから、ゆる~い気持ちで読んでやってくださいね。

通り魔。
この物語では、深くそれを追求してはいませんが、大きなソースです。
通り魔って・・・健全な精神では考えられないけど、たしかにそういう犯罪は存在するし、
そういう感情に支配される人間は増えてて。
事実は小説より奇なり。
事実ほど、救いが無いです。
せめて小説では、救いを・・・。
と、思っているのですが、さて、どうなりますやら。^^;

NoTitle 

うっわあ~!!なんか怪しい紳士が…いや、妖しいかな?登場ですね!

なんかリクを絡め手で包囲してる感じで嫌だなあ…と思っていたら、長谷川さん登場!!

もう拍手喝采です!!

よっ!リク専門のジャンヌ・ダルク!!

有村司さんへ 

今日も来てくださって、ありがとう~~♪

怪しい紳士、登場ですーー。
この秋山が、このお話の中核と言っていいでしょう。
もう彼のせいでリクは弱ってしまいます。

でも、ちゃんとジャンヌダルクが付いていますからね!
守ってくれることを祈りましょう^^

・・でも、リクも結構意地っ張りというか、言う事きかないんだよねえ。

長谷川も、子守りが大変です^^;
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・5 第4話 通り魔】へ
  • 【(雑記)微熱の休日。ブグローの画集買う。】へ