RIKU・5 天使の来ない夜

RIKU・5 第1話 残酷な蜜

 ←RIKU・5 あらすじ&人物紹介 →RIKU・5 第2話 玉城からの贈り物
『ねえ君、このアザ、どうしたんだい?』
夏の夕暮れ。
人気のない寂しい公園で男は、ブランコに座ったままボンヤリ宙を見つめている幼い少年に近づき、
その横にしゃがみ込んだ。
ヨレヨレになって伸びた少年のTシャツの襟ぐりから、赤黒いアザが覗いている。

『何もしないから、ちょっと見せて』
男は少年を怖がらせないように優しく声をかけると、そのシャツをめくった。
外からは分からない場所に、いくつも痛々しいアザが出来ている。
ズボンの裾をめくると、やはり無数に小さな傷があった。
絆創膏を貼るでもなく、血を滲ませて固まっている。

『これ、おうちでやられたの?』
そう男が訊くと、少年は咄嗟に首を横に振った。
『君のお父さんがやったんだろ? お母さんは庇ってもくれなかったんだね』
もう一度男が辛抱強く訊くと、少年は瞳を揺らし一瞬困惑した表情をしたが、今度は何かに怯えるように唇をキュッと結び、さっきよりも更に激しく首を振った。

『かわいそうに。羽白が言ったとおりだ。何て酷い・・・』
男は全てを了解したようにそう呟くと、少年が握ったブランコの鎖と一緒に、その小さな体をギュッと抱きしめた。
じっとしている少年の頭をなで、今度は少年の柔らかな頬に自分の頬を寄せた。

まだ小学校低学年と思われる華奢な体をしばらく抱きしめた後、男はゆっくり体を離して少年の黒々とした瞳を見つめた。

『君を助けてあげるよ。でも、まずは君を酷い目に会わせてる大人に罰を与えよう。これからちょっとしたゲームをするから。君は怖がらずに、俺の側にいればいいからね』

男は少年の頬をなで、頭をなで、優しく微笑んだ。
少年はボンヤリした目で男を見つめた。
頬に触れた手がとても優しく、サラリとして心地よかった。
心の奥底で固まっていた氷が溶け出して、体に染みこんでゆくような、甘い感覚があった。
もう長いこと、誰にもそんなに優しく触れられた事はなかった。
優しく話しかけられることもなかった。

何かのご褒美なのだろうか。
少年は目を閉じ、無意識にその男の手に、自らの頬を寄せた。

『大丈夫。心配しなくていい。きっと全部、うまく行くから』
その声と共に、少年は再びその腕にふわりと抱きしめられた。




関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・5 あらすじ&人物紹介】へ
  • 【RIKU・5 第2話 玉城からの贈り物】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

いきなりきましたねー(^^)

このふたりが誰なのかどきどきものです(^^)

NoTitle 

男は、少年は、羽白とは一体誰なのか。
罰とは、ゲームとは・・・・・・うーん、謎だらけですね。
先が楽しみになる上手な滑り出し。
お見事。

NoTitle 

なんだか、ゾクゾクして来るような始まり方ですね。
次回が楽しみですo(^-^)o

NoTitle 

これ、「RIKU」ですよね?(^^;

なんだか不穏な始まりですねぇ・・・。
これからどんなことが起きて、どうRIKU達に絡んでくるのかしら。
楽しみに待ってます~。

鍵コメMさんへ 

> 楽しみ(^O^)

ありがとうございます。いつものサスペンスなんですがね (^^ゞ
PCはまだまだ修理中なんですよねぇ。
Mさんの復帰、まってます!

ポール・ブリッツさんへ 

> いきなりきましたねー(^^)

さて何の事やら( ̄∀ ̄;)←過剰に怯える

この二人、正体は特に謎でも何でもないんですが、あえて冒頭に持ってきてみました。
「ああ、こいつか」って分かるのは、まだ先かな??

ヒロハルさんへ 

> 男は、少年は、羽白とは一体誰なのか。
> 罰とは、ゲームとは・・・・・・

ヒロハルさんが書いてくれたことが、すべてものがたりの大事な部分になります^^
それらすべてが分かってからが本番です!・・・あああ、じれったいって怒られるかな・汗

でも、とりあえず掴みはOKでしたか??
ありがとうございます!

narinariさんへ 

ありがとうございます~~♪
次回はころっと場面転換するんですが、冒頭はわりと大事なシーンです。
最期に振り返った時に、「ああ、あれか」と思えるような・・・。

またまたnarinariさんの苦手なサスペンスですが、そんな寒々しい展開にはならないと思うので、
見守ってやってください~~^^

秋沙さんへ 

あぁ、言った(≧∇≦)ww
きっと言われるだろうなあ~~と思いました。さすが私(いやi-202

そう、RIKUです。第2話から、いつものRIKUです^^
いろんなことが絡み合って、なかなか正体がつかめなくて、
「だからお前は何が目的なんだ!」って、長谷川になって叫びたく・・・なっていただけるとうれしいんですが、なにせ、もう3カ月以上前に書いたので、内容がうろ覚えで・・・。
もう一度読み直して校正しながら、UPします(^.^;)

・・・こわいですねえ。
自分が書いた内容が思い出せないって・・・i-201

ちょっと、第三者のような気分で読み返しています(^^ゞ

NoTitle 

掴みはバッチリですね!
うわ、気になる。
誰なの、罰ゲームって何なの、なんなのぉーっ!!

綾瀬さんへ 

食いついて来てくれてうれしいな^^

さあ、でも、この二人が話しの中心にならない可能性もありますよ~。

いろんな方向から攻めて行きますので、「最初の二人はなんなの?」と、
イライラしながら見守っていてくださいね (^o^)

NoTitle 

捕まれた! 掴まれた! 捉まれた! 摑まれた! 攫まれた!
もう 目が、脳が、魂が、金縛りだぁーー!〓■●ポテッ ...=□○...ヌケガラ~。o 0

好きな作品の「RIKU」だから 好物なのは 分かってましたが、こんな 惹き付けられる第一話を 書かれるなんて !

しかも ストーリータイトルの[天使の来ない夜]に 食欲は増し、サブタイトル[残酷な蜜]で カロリーオーバーを承知の上で 食欲は 止まらないよ~。≠( ̄~ ̄ *)モグモグモグモグモグ

大好物の作品で これ以上 太ったら どうしましょう。。o☆(*T∀T*)☆o。(嬉泣)...byebye☆

けいったんさんへ 

お!けいったんさん、捕獲!
いい引きが来たような気がしたと思ったら、けいったんさんでしたか(`∇´)
今夜の晩御飯にしよう・・・・。 (*´∀`*)

さあ、でも、サスペンスですからね^^
ここからはいつもの謎に満ちたRIKUの世界です。

でも・・・ちょっとだけ、危険区域にもつま先くらいは、入れるかも(*^_^*)
「天使の来ない夜」
いろんな意味を含んでいますので、そっちもお楽しみに~。

(本当に、本当の天使は、最期の数行を読むまで分からないかも・・・・・・・)

大好物で太ったら、また捕獲して、晩御飯になりますからΨ( ̄∀ ̄)Ψ
食べ過ぎぬよう・・・。

NoTitle 

おぉ、ヘビイな物語の開始ですね
これからの展開が楽しみです

kyoroさんへ 

kyoroさんも、ありがとうございます^^
そんな、重い展開にはならない・・・とは思いますが、
そろりそろり、読みに来て戴けると、うれしいです♪

NoTitle 

こんな出だし卑怯だっ!
つい今度もたずねざるを得ないじゃないですか!

うぅ・・・、捕まっちまったよ・・・。
ばっちりトリコだよ・・・。

ねみさんへ 

ねみさん、捕獲~。

またまた。可愛いことを^^

さあ、2話からはまた今までのRIKUだけど、宜しく~。

(1話はなんだ、って?笑)

NoTitle 

ニャンだろ、ニャンだろ。

児童虐待なのか?
この話題だけで、頭が沸騰するよ。
卑怯者が多すぎる、母親が守らない父親が守らないで誰が守るの。
誰の子供だよ。
まったく、今日のニュースで過去最高の児童虐待の勢いだって・・・
やな世の中。

人気もブログ村も一位だっだよ。

v-339おめでとう~~v-314

この勢いでミステリー大賞もだい。

ぴゆうさんへ 

この子はどうやら、虐待を受けてるようです。
でも、このお話は、それがテーマのではないんです。
ミステリーにゃのです。

虐待の話は、私も頭に血がのぼってしまって、大変ですから。
小説よりも酷い現実がありますもんね。

ブログ村も、たまに1位になったりしてて、嬉しいです^^

ミステリー大賞は・・・そろそろ下がりそうで怖いなあ。
10位までに、いてくれたら・・・と願っていますi-189
いつも応援、ありがとうございます~~~!

おはようございます^^ 

こ・・・・・っこれは・・・・・・!




私が苦手とする「虐待」のオープニングではないですかぁぁぁぁv-406v-406
しかも「さわり」だけなので、今後の展開が全く見当付かない・・・・。

「男」の言葉が『』なのは意味があるのか、ただ単に回想だからなのか・・・・。
今までとはちょっと違う雰囲気の始まり方に、ちょっとドキドキです。
しかもあらすじを読んだら、玉城は長期出張だとか書いてあるし・・・・リクは大丈夫なの? 長谷川さんは?

あ~色々と気になるけれど、少しずつ、少しずつ・・・・・・i-228

蘭さんへ 

大丈夫ですよ、蘭さん。
これは虐待をテーマにしたお話ではないです。
そう言うテーマだと、ヒートアップしてしまいますもんね。私も苦しいi-241
(確かに虐待が、物語に大きく絡んではいるんですが。)

この冒頭の二人が、どんなところで本編に関わってくるかは、もう少し後にならないと分からないかもしれません。
長いお話なので「どんな方向に進むのか」、なかなか見えてこないかもしれませんが、どうぞゆっくり読んで行ってやってください^^

そう。今回は玉ちゃんがいません!
でも、「いない」玉ちゃんが、重要なのです。

代わりに長谷川さんと、別の「男」が、頑張りますので(*^_^*)
応援してやってください。

あ、もちろん、リクもi-201

うわー…。 

のっけから、すごく不穏な感じがします…!

ゲーム?罰?なんぞ??

どのみち余り良い結末ではないように思われ…。

有村司さんへ 

なんか、怪しげですよねえ^^;

その少年や、男が誰なのかは、じわ~~っと分かって来ると思います。

次回は、いつものRIKUの感じに戻りますよ^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・5 あらすじ&人物紹介】へ
  • 【RIKU・5 第2話 玉城からの贈り物】へ