未分類

(雑記)ゆるゆると休日執筆

 ←KEEP OUT3 第18話 淵 →KEEP OUT3 第19話 君に伝えたいこと
いやあ、毎度毎度、雑記ネタがない!
そうだなあ。
昔の絵などを引っ張り出して来るだけじゃ脳がないし。
どうしたもんか。
と、いうわけで、休日のつぶやきをポツポツと・・・。

そういえば最近、ブログ村の登録ジャンルを、ミステリーから現代小説に変えまして。
(現代小説の皆さん、お邪魔しております)
今更ですが、私の小説は『ラビット・ドットコム』以降、ミステリーじゃないなぁ・・・と気づき。(^_^;)
サスペンスというジャンルも無いし、まあ、今の『KEEP OUT』も、なんだか恋愛ものっぽくなてきてますし。
(いや、断じて恋愛ものではないのです。ハラハラドキドキ、きな臭く行きたいのに、登場人物たちが暴走して、色気づいて・・・・)

『KEEP OUT3 君に伝えたいこと』は、あと2話で、とりあえず終わります。
(毎回読みに来ていただいている皆さん! ぽちっと押してくださる皆さん、本当にありがとうございます!)
けれど、このシリーズ、完結までは、もう少し紆余曲折ありそうです。
今まさにその続編に頭を痛めてる次第ですが。

作品を書く上で、毎回下調べをいろいろするわけですが、うららかな初夏の木漏れ日を窓越しに見ながら、
私の検索項目と言えば・・・なかなかミステリーには欠かせないヘビーなものばかりで。
ちょっと食傷気味です。
よって、『KEEP OUT』シリーズは、このあと、かなりドロドロとサスペンス劇場チックになって行きますが、もうこうなったら、読者さんに愛想を付かされても、仕上げていく覚悟です(>_<)
いや、でも、できるなら、愛想尽かさないでくださいm(_ _)m
きっと納得する結末に仕上げます!
(ああ、言いよった。知らないよ)

で、今回も大まかなプロットを決め、下書きに入ったわけですが、いつも以上に複雑な登場人物の心境ゆえか、当初考えていた心情、心の動きとは、違う方向に進んで行くのです。
(これ、前も同じような事、書いたかな?)

私は順を追ってしか物語を構築できないタイプなんですが、順を追って行動させて行くうちに、今まで見えなかった人物の本音や葛藤が出てきて、作者は困惑します。
私が生み出した人物だというのに、どんどん予想外な事を主張し、悩み始める。
特にこの『KEEP OUT』シリーズは登場人物が繊細で、出口のない悩みを持っているので、そのせいでしょうか。
型にはめてラストまで行きたかった作者は、登場人物と対話しながら、相談しながら進んでいる状態です。

さあ、わがままな登場人物に押し切られてしまうのか、生みの親のエゴをごり押しするのか。
本日も小さく戦ってまいります。

さて、どうでもいいことをつぶやいてないで、もうちょっと書き進めます。
結局平日は仕事と家事に追われ、執筆は全く出来ずにいるもんですから、休日に進めないと、ヤバイわけです。

ちょっとね。家事は手抜きになってますがね。まあ、いいとしましょう(^.^;)



isu_20110515144216.jpg


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT3 第18話 淵】へ
  • 【KEEP OUT3 第19話 君に伝えたいこと】へ

~ Comment ~

NoTitle 

休日執筆、お疲れ様です。

登場人物に押し切られたlimeさんというのも、ちょっと見てみたい。あ、ちがう、ちがう、読んでみたい、だ、この場合は(笑)

登場人物に押し切られて結末が変わってしまった作品、私にはあります。1つだけですけど。

押し切られバージョンと、そうでないバージョンと2つ書いてみてはどうですか? と、ただでさえ大変なのに追い討ちをかけるようなことを言ってみたりして(笑)

綾瀬さんへ 

綾瀬さんも、押し切られちゃいましたか^^

彼らはけっこう主張しますよねえ。
その主張が「おおなるほど!」と思う場合もありますが、
「ええ、そんなこと言ったら、私の計画が狂うじゃん」といった場合もあって・・。

まあ、すべては、私のキャラ設定が甘い! この一言に尽きるんでしょうが。

今ねぇ、書いてるところ、楽しくないの~。
だって、お姉さんばかり出てくる・涙(偏った作者ww)

NoTitle 

もう終わってしまうのですか。
悲しいです。

次はギャグ編で行きましょう(行きません

ね?(行きません

NoTitle 

あ、そうか。

今回私が「くちなしの墓」で、結末の部分からとか、書ける部分から書くことができてるのは、どうしようもなくお話の未来が決まってるからなんだ、と今更気づいたりして(^^;
全てが過去のお話なんですよね、あれって。
坂木がOEAに入ることは決まっているし、「現在」の設定の陽と坂木(ついでに辰巳)の物語だって「白昼夢シリーズ」としては結末がわかってる。
だからラストから書くことができるんですねぇ。

って、limeさんの執筆の話なのに、なんで私の小説の話してんのよって感じでおじゃましました(^^;

ねみさんへ 

おお。ねみさん。

あなたは超能力者ですか。

『KEEP OUT4』は、コメディです(≧∇≦)i-201

(でも、4カ月くらい先の公開予定です^^)

秋沙さんへ 

あ・・・なるほど!

と、私もうなづいてみたりして・笑

でも、結末が決まってる物語を書くのって、大変そうです。
歴史小説がそれに近いような・・・。
(たとえのスケールが大きいって^^)

ああ、早く秋沙さんの結末を知りたい。
秋沙さんの物語と私の物語の接続ですよ、ジョイントですよ、ドッキングですよ←死語!

NoTitle 

結末が決まっているほうがある意味楽、というのもありますね。

結末から逆算してストーリーを決めればいいのですから。

頭と終わりだけ決めておいて、ポイントポイントにイベントを配置、その間をひたすらつなぐように文章を埋めていく、という、ドラクエみたいな方法じゃないとわたし長編書けません(^^;)

うーむ。自由奔放に書ければ楽しいんだろうけどなあ。

ポール・ブリッツさんへ 

長編というものは、そうやって作って行くんですね。
ラストを念頭に置いて、そこに向かいながら、紆余曲折させて・・・・。

やはり、相当な頭脳がいりそうですね。
私はドラマのように、短編短編をつなげていくくらいが、せいぜいで^^;。

その紆余曲折が、ただのページ稼ぎではなく、魅力的でなければならないわけですからね。
もうちょっと、自分に自信が持てるようになったら、チャレンジしてみようかなあ。
いや、まず、自信の持てる結末を思いつくか・・が問題ですね^^。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT3 第18話 淵】へ
  • 【KEEP OUT3 第19話 君に伝えたいこと】へ