KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

KEEP OUT3 第14話 その心が見たもの

 ←KEEP OUT3 第13話 嘘 →(雑記)水彩画&昨日の高村薫先生
「谷川理紗の居場所がわかった」
落ち着いた声で春樹が電話口でそう言ったとき、美沙は冷たい鉛を胃に落とし込まれたような嫌な感覚を覚えた。

聞き込みで情報を手に入れた時の春樹はいつも、自分の手柄に喜々とし、幼いまでに喜びを前面に出す子だった。
今回は、情報入手の手段が違うのだ。
美沙はそう感じた。
そしてそれは、間もなく事務所に帰ってきた、青白く人形のように表情を殺した春樹の顔を見て確信に変わった。

「春樹、いったい・・・」
「説明するよ。なるべく急いだ方がいいと思うんだ。書き出すからちょっと待ってて」
春樹はいっさい余計な無駄口をきかず、机の上に置かれていたルーズリーフに文字を書き始めた。
脳に記憶された情報を、消える前にすべて完璧に書き出そうとするかのように、春樹の右手は素早くシャーペンを走らせてゆく。
無言の気迫に美沙はしばらく口を挟むことができなかった。
A4のルーズリーフは春樹の記憶から取り出された情報で次第に埋まっていった。
美沙はその文字を追う。

男の名、町名、私鉄の駅名、部屋番号。
そのマンションの外観。男の部屋の窓から見える特徴的な建造物。

「男の名は間宮光浩。部屋番号は304で間違いないんだけど、マンションの名が全く思い出せないんだ。建物を見たらハッキリすると思うんだけど。この駅が最寄り駅だってことは確かなんだ。あとで他に思い出した事があったらそのつど教えるよ」
「この男の所に谷川理紗がいるのね?」
「確実に」
「春樹、この情報をどうやって・・・」
「そんなことより、急いだ方がいいと思うんだ」
春樹の鋭い声に質問を遮られ、美沙は息を飲み込んだ。

「それは彼女の身が危険だということ? 怪我でもしてるの?」
「命の危険はないと思う。だけど早く見つけてあげなきゃ。これくらい情報があったら探せるよね。本社の人、何人か協力してもらえるんでしょ? 所長に連絡入れてくれるように言ったよね、美沙。来てもらってよ、今すぐに」
春樹の声は次第に懇願と苛立ちに変わった。
部屋は肌寒いはずなのに、青白いそのこめかみに汗が浮かんでいる。
「春樹、・・・あんたどっか具合悪いんじゃないの?」
「そんなこといいから、早く!」
「・・・わかった」
美沙は気圧されたように受話器を上げると本社の短縮を押した。
所長の立花聡からすぐに3人応援に回すという返事をもらい、それを伝えると、春樹はようやく少しホッとしたように椅子の背に体を沈め、目を閉じた。

けれど、それを見つめる美沙の目は穏やかではなかった。
「春樹、教えて」
立ったまま声を落としてそう言うと、少年はゆっくり視線を上げ、美沙の目を見つめた。
さっきまでの勢いは消え落ち、今はまるで罪を審議される被告人のように、その目は不安げだ。

「その男に触れたのね」

少年はその言葉に肯定も否定もせず、ただ大きく目を開け、鋭いまでにまっすぐ美沙を見つめた。
「どうやって谷川理紗と一緒にいる男だって突き止めたの? 2日の間に。それにもしそれが分かったとして、どうしてこんなやり方で情報を引き出そうとするの? その前に私に連絡を入れるべきなのよ、あなたは」
春樹は視線を外さなかった。

「フェアじゃない? こんなやり方」
「え?」
「卑怯? それとも、化け物じみてる?」
「・・・何を」
美沙は少年の口元に絶望的な笑みを見つけた。

「春樹?」
少年はゆっくり目を伏せた。長いまつげが震えている。
「ねえ春樹、いいかげんにして。いったいどうしたのよ。あなたは何を見たの?」

春樹は目を伏せたまま、ゆっくり首を横に振った。
「・・・言っていいのか、分からないんだ」
その声は微かに震えていた。
「言ってよ。それが彼女を捜す役に立つかもしれないでしょ?」
けれど春樹は再び首を横に振った。
「じゃあ、それはその男のプライベートなの? それだったら、貴方の胸にしまっておけばいい。無理に伝えようとして苦しむことはないでしょ?」
春樹は今度は動かなかった。

美沙は困惑気味にワザと聞こえるように大きくため息をついた。
そんな些細なことさえ、この少年にダメージを与えることに気付かずに。

「まあ、どっちにしても貴方の情報が正しければ彼女は見つかる。彼女を見つけて、そして家に帰して、それで私たちの仕事はおしまい。ね? そうでしょ? 春樹がそこまで苦しむことは何もないじゃない」
「・・・おしまいなんかじゃない」
春樹が小さく言った。
「どうして?」
美沙が、なるべく優しく聞こえるように辛抱強く言うと、春樹はやっとゆっくり顔を上げ、口を開いた。
その目は泣いた後のように赤かった。

「あの子は・・・、谷川理紗は、あの男にレイプされてた・・・」



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT3 第13話 嘘】へ
  • 【(雑記)水彩画&昨日の高村薫先生】へ

~ Comment ~

NoTitle 

春樹を襲った男こそ 間宮本人だったのか!エッ!!Σ(ll゚Д゚ノ)ノ

谷川理紗の身に起こった 大変痛ましい出来事。
それを見た 春樹も 辛いでしょうね...

美沙に ”能力”を使った・・・使ってしまった、事の詳細を言わないままだと 二人の間に 何かしら 嫌な空気が 漂いそうですね。
う~ん… "σ(._.@)...byebye☆

NoTitle 

また重い展開になってきました……。
精神的に耐えられるかしら。私。

嘘です。ちゃんと来ますよ。笑。

けいったんさんへ 

たぶん、その男だったんですねえ。
あれだけしつこく聞きまわってたら、本人の耳に入るのも仕方ないことで・・・。

春樹、つらいです。><
普通の犯罪者に触れるよりも、春樹を打ちのめすかと・・・。

そうですよねえ。
その男に触れる経緯も、知られてしまうでしょうしねえ。
美沙、どう出るか・・・。

美沙もまだ、26歳。若いんです(T_T)
美沙に、春樹は、荷が重すぎるかも・・・。i-201

けいったんさん、PCの具合、どうですか??

ヒロハルさんへ 

う~ん。なぜかどんどん重くなっていきますね。(人ごとか^^;)

次回からは明るく!・・・なったりしませんi-181

大丈夫。きっと誰かがなんとかしてくれるはずなので、また来てくださいね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメポールさんへ 

分かっていただけましたか。^^

春樹が辛いのは、たとえば谷川理沙に触れて苦痛を読みこむことよりも、
間宮光浩に触れて、・・・・・することなんです。

残酷な能力です。
春樹のような、純粋な子には特に。
誰が助けられるんでしょうね、この子i-202

やっぱり、探偵はきついですよねぇ><

昨日、ついにこの物語の最終章の案を思いつきました。
でも、その前に数話書いて、遊ばせてもらおうと思ってます^^
(ひどい作者だ・・・)

ポールさんなら、どうやって物語を終わらすか、聞きたいな~e-267

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

探偵がつらい・・・というか・・・。
なんといえばいいのか。
いや、本当に。

コメントが・・・。
しようがなくて困ってます。

鍵コメMさんへ 

よかった~、重い展開を受け入れてもらえて^^

もう少しだけ、ハラハラしてください。
どうも、私の書く男どもは、繊細なのが多くて^^
私は・・・繊細というより、ただ弱虫なだけで(;_;)

そうなんですよ~!
高村先生が初めてTVインタビューに!
見逃したんですが、友達が教えてくれて、ネット配信で見れました!うれしい・・・。
Mさんも、ぜひ、「神の火」を読んでみてください。
とにかく・・・いろんな意味で凄いですから!

ねみさんへ 

おおおお。ごめんなさいね、ねみさん。

ねみさんは、春樹とほぼ同じ年ですもんね。
ちょっと痛い展開で申し訳ない・・・。i-182

でも、がんばって読んでやってください~(ひどい^^;)

このままでは終わりませんから。

NoTitle 

limeさんこんにちは!梶野です
まず作品数の多さに圧倒されました…!すごい!次々とことばと物語が生まれるのはとてもすごいと思います!うらやましいです
それから、押し込めたような緊張する文章と、気持ちがぶわっと解放される緩急のつけぐあいがすごく憧れます
KEEPOUT、まだぜんぶは読めていませんが、これからもりもり読んでゆきますね!応援しております!

それから、あつかましいお願いかもしれませんが、
うちからリンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

梶尾幸さんへ 

わあ^^いらっしゃい~。

KEEP OUT、読んでくださってるんですね。とってもうれしいです。
そして、素敵な感想、ほんとうにありがとうございます!
私もまだ書き始めて2~3年の、未熟者なんですがi-201
そう言っていただけると励みになります♪

私も筆が遅い方なんですよ。
構想に3カ月かかったり^^
でも、なんとか頑張って、二日置き更新を続けています。
多くがシリーズモノなので、「長!」と感じられるかもしれませんが、短編の寄せ集めだと思って戴ければうれしいです。

あらすじが付いていますので、好みのだけでも読んでみてください~^^

あ、リンク、私もお願いしようと思ってたところです。
是非お願いします。
私も、梶尾さんの文章力にぞっこんなんです。
またあとで遊びにいきますね^^

NoTitle 

つい、次を読んでしまった。
どよ~~ん。
ろくでもない事になっているだろうなと思っていたけど・・
やっぱりそうなのか・・・

もう、昔話を書いたら不正投稿になっちまう!
腹立つわーー

春樹っていい子だけに可哀想だよ。
まじでさ。
ハッピーエンドにして欲しいよぅ。
お願いざんす。

ぴゆうさんへ 

ろくでもない事になっていました・汗

こういう話題って、すぐに不正投稿にひっかかっちゃいますよね。書きたいことが書けない~(`ε´)

春樹、いい子なんですよね。
頑張ってるのに、どんどん闇に引きずり込まれていく。
美沙、救う事が出来るんでしょうか・・・。

ハッピーエンドですかi-201
難しそうです(・_・;)。
でも、バッドエンドにはならないように、がんばります!

NoTitle 

limeさん。
こんばんは♪

遅くなりまhした(汗)

えぇ~、そんな展開だったとは・・・
理紗に言われて・・・とかではなかったのですね。
なんか春樹が暗い気持ちといらだつ気持ちがわかりました。

あぁ、絶望の縁にいる理紗を早く助けてあげてほしい。

さやいちさんへ 

そうなんです。
春樹があのトンネルで何を見てしまったのかを、想像すると、春樹の苦悩が分かって貰えるかと・・・。

一刻を争いますよね。
春樹の記憶が頼りです。

そして、このあと少しだけ春樹は美沙に我が儘な態度を取っていくんですが。

今夜も来て頂いて、ありがとうございます♪

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT3 第13話 嘘】へ
  • 【(雑記)水彩画&昨日の高村薫先生】へ