KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

KEEP OUT3 第8話 訪問者(その1)

 ←(雑記)休日のちょっとびっくり →KEEP OUT3 第9話 訪問者(その2)
春樹は次の日も同じように調査に向かったが、美沙は別件の雑務に追われ、事務所から離れられなかった。
春樹の報告によると、昨日は全く有力な手掛かりが無かったらしく、今朝も、「今日は頑張るから」と苦笑いして出かけて行った。

しかしなぜかその表情は明るく、美沙には意欲満々に見えた。
もしかしたら彼の中で、なにか良い予感でもあるのだろうか。

一瞬微かに奇妙な不安がよぎったが、まさか報告を怠っているなどという事は無いはずだ。
仕入れた情報はどんなものでも細かく提出する。そんなことは基本中の基本だ。
午後からは何とか雑務を終わらせ、自分も調査に加わろう。
そう思いながら美沙は、手元の報告書作成を急いだ。


けれど昼近く、少しばかり美沙を困らせる人物がひょっこり事務所を訪れた。

「ところでハニー。君は、いつになったら俺の愛を受け止めてくれるのかな?」
キザな舞台役者のようなポーズとセリフで、男は美沙に微笑んだ。

「そうね、生まれ変わったら考えてみるわ」
美沙は今日もまた飽きもせずこの鴻上支所に油を売りに来た、無駄に背の高い男に笑いながら返した。

「気の遠くなる話だね」
「あっと言う間よ」

時々ふらりと美沙の事務所に立ち寄るその男は、立花探偵事務所所長である立花聡の弟、立花薫(たちばな・かおる)32歳。
自称、楽天家の女好き。

『俺ってジュード・ロウに似てるだろ?』と、恥ずかしげも無く言ってのけるほどのうぬぼれ屋だが、彫りの深さや骨格は確かに日本人離れしていて、英国の血が混ざっているんだと言い出しても、誰も疑わないだろうと美沙は思っていた。
彼の現在の唯一の悩みは、額の生え際が少しばかり後退し始めた事くらいらしい。

3年前までやっていた輸入雑貨の経営に失敗し、多額の借金を抱えたまま10歳年上の兄の探偵事務所に転がり込み、仕事に有り付いたちゃっかり者だ。

長年のイタリア放浪生活のせいか、すべての動きがとにかく大きい。
目鼻立ちだけでなく、声も態度も、仕草まで大きいのだ。
どこにいても人目を惹くのに飽き足らず、目が合うと女の子ならば、挨拶がわりに甘い言葉をささやく。
本社の女子社員から漏れ聞こえて来る噂は、しっかり美沙にも届いていた。

そんな一見遊び人風な弟だが、カンが良く、人当たりも口もうまいので、調査員としてはとても優秀だった。
兄である立花聡も、そして他の社員も、しぶしぶだがそれを認めざるを得なかった。
趣味は恋愛、特技は交際と自分で言うほどのプレイボーイだが、何故か女子社員からの好感度は高く、シモネタ的な冗談も彼が話すと潤滑油になった。

この男と恋仲になろうとは思わないが、どこか憎めない無害なフェロモンを美沙はけっこう気に入っていた。
実は薫はゲイで、女好きはカムフラージュなんだという噂もあったが、それこそ美沙にはどうだって良かった。


「兄貴がこっちにまわした面倒な家出人調査、手こずってるんじゃない?」
薫は手慣れた様子でサーバーのコーヒーをカップに一杯注いだ。
「心配して来てくれたの? 大丈夫よ。こっちはそれ専門にやってるから時間もあるし。優秀なスタッフも一人いるしね」
薫はそのコーヒーをそっと美沙の前に置いた。

「ああ、春樹君ね。いいよね、あの子。素直そうでかわいい。ちょっと頼りない感じだけどさ。美沙に食われなきゃいいけどって、いつも心配してるんだ」
「本人前にしてよくそんなこと言うわよね。仕事の邪魔しに来たんなら帰ってよ」
美沙は書類をチェックしながら笑いを堪えて言った。
そんな軽口もこの男が言うと逆に笑えてくる。

「了解。兄貴にどやされる前に帰るよ。あの人、仏顔してけっこう怒ると怖いんだ。まあ、あれだよ、美沙。何か手が足りなくなったら何時でも相談してよ。抱え込まないで。ほんと、遠慮せずにさ」
「うん。ありがとね」

美沙が書類から顔を上げると、薫は軽く手を上げてドアに向かった。
たぶん最後のその言葉を言うために此処へ来たことが、美沙には充分伝わってきた。

軽薄そうに見えて、薫は女性調査員への気配りは忘れない。
それは彼の仕事の一環であり、ポリシーなのだろうと感じた。


「あれ?」
帰ろうとドアを開けた薫は、ぴたりと立ち止まった。
ちょうど事務所を尋ねてきた穂積隆也と鉢合わせになったのだ。

「どうしたの?」
首を伸ばして訊いた美沙の方を振り返り、薫は真顔で言った。

「ハニー? 君はもう一人若いツバメを囲ってるのか?」



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)休日のちょっとびっくり】へ
  • 【KEEP OUT3 第9話 訪問者(その2)】へ

~ Comment ~

こんばんは^^ 

ぷぷぷぷ(^m^*
「若き日のジュード・ロウ」ですか~~(笑)。
いやいや~、ジュードは今でも(てか、結構若いけど・笑)キラキラ~ンな空気をまとって、輝いてますよ~♪
て事は、かなりのハンサム??

前回のお話の続きにしてはいきなりな展開でビックリしましたが、このお話から少し空気が変わる感じ?
また新たなキャストも登場して、どんどん面白くなって来てます。

立花さん、白いスーツに胸には真っ赤なバラを挿して、ストールなんかしちゃってんのかしら(爆)。


ご心配おかけしました^^
少し体調良くなったので、ブログ巡回やってます。
またよろしくお願いしますね~♪

蘭さんへ 

蘭さん、こ、こんな深い時間にご訪問、大丈夫ですか?
少し回復されてうれしい~。
でも、無理しないでくださいね。

は!本当だ!ジュード・ロウはまだまだ若いのに~~・笑
生年月日改めて見て、え。もうちょっと行ってると思ったのにバリバリ若いじゃん!
さっそく本文訂正しときましたi-229
薫君ったら(いや、作者だ!)
蘭さん、ありがとう~~。お恥ずかしいわん。

そうなんです。彼は唯一のコメディ担当。
このあと物語はさらに重い展開になるので、ちょっと彼を投入してみました。

実はそんなにイケメンじゃなく、ただバタくさいだけなんですがね^^。
イジルとおもしろいキャラだとおもいますよ~。

蘭さん、巡回ありがとう~。
お大事にね^^

NoTitle 

立花薫のようなラテン系で 明るい、セクハラ、仕事では優秀な人
lime様の作品の 何所かで見たような。 (^・ω・^).....ンニュニュ?

あっ アノ人!
「ラビット・ドットコム」の 季々子のパパ~♪
何も 知らない振りをして 全部を分かってる人!
でも 季々子パパは イタリア系ではなかった気がするけど...パリジャン?なんか 変だ。d((´∀`*))ヶラヶラ

隆弘が 事務所に来るなんて 春樹に会いに来た?
それとも 友好的でない美沙に?

「limeハニー、君は どう思うかい~(*^‿・)-❤」by薫
キャハハハハッ!!ミ(≧▽≦)彡...byebye☆



けいったんさんへ 

ふおおおおお! けいったんさん、尊敬e-267

いましたね!そういえばいましたね、季々子のパパちゃん!
(忘れてました。あ、いやその・・i-201
もう、けいったんさん、カルトクイズ出来ますね、きっとi-189

そうそう、何も分かってないふりをして、全部分かってるパパさん^^
彼はアメリカに男を追いかけていってたんでした。今も追いかけてるかな?

しか~~し、この薫は、全部分かってる顔して、何も分かってない・・・かも・笑
とにかく、活躍はしないけども、ムードメーカーであります!(*^_^*)

さあ~~て、薫はこの後、帰っちゃいますが、入れ替わりに訪ねてきた隆也は、何が目的なんでしょうねえ。
いらんこと言わなきゃいいですが・・・。
仲良くしてよ~~(●´艸`)ヾ ←思ってない?www

NoTitle 

なんだこの薫さん、全部わかってる顔してなにもわかっていないのか。

てっきり、隆也くんの無意識に押さえつけられていた「美沙さんへの思慕の思い」にでも気づいたのかと思ったのに。

もしそうだとしたら、今の三角関係がよりわけのわからない三角関係になったのではないかと思うと残念なようなほっとしたような……(笑)。


この人が「高村」家に婿養子に入って……なななにをするんですかlimeさん。そんな登山道具振り回しちゃだめ。だめですってば。いたいいたいいたい(音声途絶)

ポール・ブリッツさんへ 

いやもう、この人は本当にただのお祭り人間です。

他のメンバーがあれこれ考えすぎるんで、一人くらいはこんな軽~いのがいても良いかなと・笑

三角関係に薫が混ざったら、ややこしくなるでしょうねぇ。
いや、そもそも、三角関係なんて無いような気も・・・。
そういう恋愛がらみのドロドロにはならないかなあ~。

で、なんで高村家に養子にヾ(`ε´)
同じ名前になったら、恐れ多くておバカなことさせられませんヤン!

しかし、立花ときたら、《薫》以外に浮かばなかったなあ。なんでかなあ。

NoTitle 

ヘイ、ハニー?
遊びに来たよー。

なんだろう。
僕が言うと違和感がありすぎて困りますね。
しかもlime姉さんのことハニーとか言ってるだけで
もう絞首刑モノです。

なんといいますか、こういうキャラいいですよね。
こう憎めないというか。
ギャップがすごいですよね。

ねみさんへ 

ハ~イ、ダーリン、いらっしゃい~♪
・・・とか、なるのかな?

言われないなあ~、ハニーって・爆
ねみさんなら、許す。(さらに・爆)

ほんと、いいですよねえ、そんなこといろんな女性に言って回っても、許されるキャラって。
すごくあこがれます。
公認プレイボーイって。

まあ、立花薫が《女好き》なのか、それとも《○イ》なのかは、ここでは分からないんですがね^^
たいした問題じゃないですよねwww

NoTitle 

>立花薫

そう思ったのはlimeさんだけじゃないみたいです。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=0h&oq=%e7%ab%8b%e8%8a%b1&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GFRE_jaJP386JP386&q=%e7%ab%8b%e8%8a%b1%e8%96%ab

いっぱいいるなあ……。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポール・ブリッツさんへ 

ひえ~~。

石を投げれば(たちばなかおる)に当たるほど、いっぱいいるなあ~~。
やっぱり響きがいいんでしょう^^

いやあ~、しかし、失敗だったかな・笑

まあ、山田太郎さん的で、親しまれていいかな・笑

鍵コメのあれは、なんだ~~~・笑

NoTitle 

ハニーって言うんじゃねぇと美沙も春樹も思っているに違いない!
ニャハハハ
いいねぇ。
彩りがあって、楽しいぞよ。

ぴゆうさんへ 

ちょっと変わり種でしょ?^^

美沙も、春樹も、隆也も、重いですもん。
ちょっとおちゃらけキャラを投入。
薫は、お笑担当です。
どうぞ、宜しく(*^_^*)

NoTitle 

lime様、こんばんは♪

新キャラに会いたくて、イソイソとやって来ました(*´ω`*)テレ
おおぅ、変わり種‥‥これはシリーズ的に幅が広がるのか?どうなのか?と思いながら読み進めていたのですが。
最後の最後で吹きました、意外な一言→「ツバメ」(大爆笑)
隆也のこの後の反応が気になります~。

美沙に対してこんな軽口を叩く相手を想像してみたことがなかったので、びっくりしました@@;
瞬殺されるゾ‥‥と一瞬思った私は、美沙派です、嘘じゃないです(笑)

でも、こういう人が登場すると、美沙というキャラにますます厚みが出ていいですね(*´ω`*)
単に仕事熱心で、秘密を抱えて、春樹を拒絶している、というだけでなく、気軽なおトボケを笑って流せたり、男に対する価値観、スタンスがよくわかります。
メインキャラの一人、ということは、これから何かお話的に重要な役割を演じることになる、のでしょうか?
それも楽しみです~(*´ω`*)

またお邪魔します♪

土屋マルさんへ 

ようこそ、薫のシーンへ^^
って、そんな重要なポストでは無いんですが。

でも、マルさんに気に入ってもらえてよかったです。
どうにも重苦しい3人なので、ここでちょっと雰囲気を柔らかくしようかなと・・・。
そう思ったのに、柔らかさを通り越して、軟派な感じになっちゃいました・爆

ふふふ。ツバメさんを笑ってもらって良かった。
(じつは、あまり浸透してない言葉だったらどうしようと、心配だったのです)

意外と美沙が、この軟派男を許容してるので、作者もびっくりです。
まあ、美沙って、片づけができなかったり、けっこう私生活はいい加減なところ、ありますし^^;
下ネタも、笑ってくれるタイプだと思います。

>でも、こういう人が登場すると、美沙というキャラにますます厚みが出ていいですね(*´ω`*)

うれしいですねえ・涙
単に、いたずら心で入れてみた薫に、こんな効果があったとは! あらたな発見です。

>メインキャラの一人、ということは、これから何かお話的に重要な役割を演じることになる、のでしょうか?

はははは・・・・・・。
薫は、終始、こんな感じで、深刻な展開には絡んでこないかも^^;
でも、大事なクッションなのであります。

次章の番外編、「薫」も、よろしく!!(実は何気にお気に入り^^)

NoTitle 

limeさん。
こんばんは♪

ジュード・ロウって本当に?!って前のめりになりますね。
かっこいいですもの、彼。

さやいちはあまりタイプではない薫。
たくさん話す人ってなんか苦手だったり(笑)
何も話さなくて一緒にいれる人が好きかも♪

春樹は何を報告してないんだろう?
そしてなんで、隆也は来たのだろう?
明日のお楽しみにとっておきます。

さやいちさんへ 

ジュード・ロウってねえ^^;
絶対そんなにかっこいいはず無いですよね。(って、作者なのにひどい)

ははは。さやいちさんは、軽薄そうに口の軽い男はだめなんですね?
私も、あまりお喋りな人だと疲れちゃいますね。
さて、薫って、どんな人なんでしょうね。

・・なんちゃって、薫には、まったくシリアスな面はありません^^
たぶん、嫌われても嫌われても、じゃれてくる脇役ですね。
この物語が、今後めちゃくちゃシリアスになるので、ちょっとおちゃらけキャラを入れてみました。

>春樹は何を報告してないんだろう?
>そしてなんで、隆也は来たのだろう?

はい、次回、隆也の方は分かります。
隆也のウザさ、前回です。

さやいちさんは、隆也と美沙、どちらの味方になるのでしょう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)休日のちょっとびっくり】へ
  • 【KEEP OUT3 第9話 訪問者(その2)】へ