KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

KEEP OUT3 第6話 始動

 ←(レビュー)『神の火』vol.3 読了しました  →KEEP OUT3 第7話 有力情報?
「じゃあ、調査に行ってきます」
春樹はラフな服装に着替えると、ジーンズのポケットに谷川理紗の写真、そして携帯と財布だけ突っ込んで立ち上がった。
春樹の中では今回、『家出した友人の妹を捜す少年』という役が設定されているらしい。
こういう仕事上のウソを、春樹はけっこう楽しんでいるように見える。

「気をつけるのよ」
「心配ないって。僕は相手に警戒されないタイプだと思うよ。前回だって聞き込みで良い情報取ってきたでしょ? 今回も絶対何か仕入れて来るから」
「その鼻につくほどの自信がうらやましいわ」
美沙が不満そうに返すと、春樹は笑いながら事務所を出ていった。
心配することはない。
今回の調査も危険なものではないし、春樹は絶対にあの力を無闇に使うことは無い。
美沙の心配は今回も杞憂に終わるだろう。今までも、ずっとそのくり返しだった。

けれど春樹といると、常に心配事や不安が澱のように蓄積されていく。
春樹の存在自体が美沙の不安要素なのかも知れない。
春樹を遠ざけてしまえば、その不安からも遠ざかるのだろうか。
手の届かない所へ追いやれば、全てから開放されるのだろうか。

けれどいつも美沙はここで思考を停止させる。
怖くてそれ以上考えることが出来なかった。
まだいいじゃないか。
まだもう少し、今のままで。
美沙は自分の弱さから無理やり目を背け、谷川理紗のファイルをパタリと閉じた。

      ◇

「すみません、人を捜してるんだけど、この女の子知りませんか?」

あらかじめ、店舗の従業員やオーナーに家出少女についての情報収集と、今後見つけた場合の通知協力を頼んだあと、春樹はたむろしている若者達を中心に声をかけてまわった。
谷川理紗がよく出入りしていたというゲームセンター、ネットカフェ、漫画喫茶やカラオケボックス、ダーツバー。
平日の昼間だというのに、学校を休んで来ているのか、声をかける中高生には事欠かなかった。

春樹が理紗の写真を出して申し訳なさそうに協力を求めると、大概の若者は男女問わず写真を覗き込んでくれた。
「え? なに? いなくなったの? この子。家出?」
髪を染め、カラコンと付け睫毛、アイラインで、原型の分からなくなった目をパチパチさせて、女の子達が写真を見入っている。
ただの好奇心半分、そして自分も何かの役に立ちたいという善意の気持ちが半分。
この調査はそれらに期待を掛けるしかない。

春樹の聞き込みに対する同年代の子達の反応も様々で興味深かった。
「なんで探してるの? カノジョ?」
「この子何か悪いことしたの?」
と、春樹や写真の少女について訊いてくる子。
「家出少女なんて見つかんないって。見つけたってまた出て行っちゃうって」
と、捜索の無意味さを指摘して来る子。
あるいは「早く見つかるといいですね」と、気遣いを見せてくれる子。
表情を見ているだけで、その子達の気持ちがストレートに伝わってくる。
人間には、『触れて心を読む力』など、必要ないのだ。

春樹はこの仕事が好きだった。
最初は確かに進学も何も考えることが出来なくて、美沙に甘える形でここに置いてもらっていた。
けれど今は、なんの目標もなく大学に通うよりも確実に充実している実感がある。
社会の役に立ちたいとか言う、そんな大げさなものではなく、ただ自分が何のために此処にいて、何のために動いているのか、ちゃんと理解できていることに安心できた。

谷川理紗の情報収集を初めて4時間が経った。
そこら辺では一番大きなゲームセンターの入り口付近に設置されたフードコーナーで、メイクを直していた3人の女の子に声をかけた。
化粧も服装も大人っぽく装ってはいたが、顔つきはまだ幼く見える。
春樹の差し出した写真を見た3人のうち、背が高く、クルクルと人形のように髪を巻いた女の子が声をあげた。
「あれ~、この子、見たことある」


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(レビュー)『神の火』vol.3 読了しました 】へ
  • 【KEEP OUT3 第7話 有力情報?】へ

~ Comment ~

おはようございます^^ 

今日のlimeさんのお話で「凄い!」と感じたのは、今時の女子高生が凄く簡単に、でも状態が目の前に浮かんで来るほどわかり易く書かれているトコv-9
めっちゃ的確ですよ~~!
春樹が差し出した写真を覗き込む仕草も、化粧直ししてる様子も、服装まで、しっかりと思い浮かべられます。

limeさんの書き小説は、肉感があって良いな~と思うんです。
紙面上での展開ではなく、ちゃんと「実体験」を感じられる・・・・・・そんな所。
いや、こんな事を体験したわけではないんでしょうけど(笑)、ちゃんと「人生の経験」が生かされてるんだな~と思ってv-290
「血が通ってる」
そんな風に感じられるから、limeさんの小説は素敵だと思うし、大好きなんですよ~~v-345

・・・って、何ここでカミングアウトやってんだか(爆)。

連コメ☆ 

limeさんっ、limeさんっっ!!
「ブログ村」! 1位だったです!!
やった~~~~~!!v-314v-314

嬉しくて~! つい戻ってきちゃった~~!!

NoTitle 

仕事をしている春樹の姿は 生き生きとしてますね!
少しでも 美沙の役に立ちたくて 負担を無くしたくて 頑張っているのかな。

探偵行の仕事としては 簡単な家出娘探し。。。
でも 今回は そうじゃないのでしょ、lime様?

( ゚Д゚)ゴルァ!!白状しろッ!...byebye☆

NoTitle 

最近の中高生のスケジュールって本当よくわかりません。

何でこんな時間にこんなところに?と・・・・・・。
一見すると、別に不良にも見えない子がなぜ?

これもゆとり教育か!

蘭さんへ 

く~~、蘭さん、なんて嬉しいお言葉。e-267

いや~、そこに注目してもらえるとは思わなかったのでとっても照れます^^
こういう描写は、読者様の負担にならないように、なるべくタイトにしようと削っているんですが、
でもちゃんと描きたい・・・と、毎回葛藤するんです。
ちゃんと蘭さんに伝わって、すごく嬉しいです。
リアルな部分がないと、ファンタジックな部分が生きて来ないので、
血が通ってるって言われるのは、とっても光栄ですe-267

もう蘭さん、ほめ上手~(*^_^*)e-266
お陰でとってもエネルギーをもらいました^^

あ!それからランキングのことも、喜んでくださってありがとう~~!
帰宅して、まだ1位だったのでにんまり。
これも皆、蘭さん始め皆さんの温かいポチのおかげ!!
本当にありがとうございます。
また毎日変動しそうですが、何より自分のことのように喜んでくださる蘭さんが大好き~e-267

けいったんさんへ 

春樹、頑張ってるでしょ~~。
とにかく、自分の立ち位置を見つけられれば、あとは生きていけますもん^^

まあ、彼が張り切れば張り切るほど、美沙は危なっかしくて心配なんでしょうが・・・。

そうですね~。
ヤバイ人探しも探偵業にはたっくさんあるんですが(借金踏み倒して逃げたり)今回の行方調査は危険はなさそう・・・。
そのはずなんですが。
さて・・・。
(何も起こらないはずはないだろうと、作者の心の声・笑)
まだまだ、言わないよ~~♪(バレバレだ)

じわじわと行きますので、のんびりとお付き合いください~^^

ヒロハルさんへ 

そうですね~、見かけますね、平日でも。
私の周りにも定時制にいっていたり、高卒で仕事してたりって言う子が結構多いので、
それもあるかな??

高校生の「試験休み」ってのも、ありますね。
なんでそんなにお休みが多いの?あなたたち。。。って思いますもん。

きっと本当にサボってる子供たちは少ないと思いますよ^^
けっこう、一人ひとりはいい子だったりします♪

NoTitle 

けさは時間がなくて見られませんでしたが、春樹くんなかなかいい調査員やっているではないですか(^^)

地震なんぞにやられていないことを証だてるためにブログ巡回しています。生きてるぞー(^^)

小説を予約投稿しておいてよかった、と思う反面、もしここで地震でサーバーが? と思うとガクブルだったりする小心者(笑)。

聞いた話ではFC2は海外資本だからサーバーも海外らしいのですがほんとかなあ。

まあそういうことで。

ポール・ブリッツさんへ 

おお~、ポールさん、ご無事で何よりです!
今日もそちらではすごい揺れだったんですよね。
チラチラとポールさんの顔がちらつき・・・・。あ、顔知らないi-202
ええ、もう、地震なんぞに負けず、たくましく日々生きてください!

そうですねえ、FC2のサーバーがダウンして、真っ白・・・とかなったら、
何だかもう、夢が・・・。
なんとか持ちこたえて欲しいもんです。

やっぱり、バックアップって必要かしら・・・。

ところで、ポールさんに笑われるのを覚悟で、「マークスの山」の上巻を注文してみました。
ええ、もう、いいです。笑ってください。
やっぱり「マークスの山」から読んでみたくなったとです。(なぜ福岡弁)

NoTitle 

アゲナスタンとソガーナですね(^^)

いかにわたしがいいかげんにあの小説書いていたかわかるというものですな(笑)。

ポール・ブリッツさんへ 

ん? ねみさんへの小説に出てきたその名前が??
なにか関係あるのかな?
(よく分かってない人(・_・;)

とにかく、今は「神の火」に代わる神(本)を探しまわっております!

NoTitle 

楽しく読ませていただいています

つ、続きが気になるっ!気になるっ!!
春樹君の活躍、楽しみにしてますよ~

NoTitle 

米沢弁。

http://web.me.com/katoh1/HirosLife/id-3/id-3.html


情念はちと薄いですが、稲見一良先生のアクション小説「ソー・ザップ!」の前半はlimeさん好みかもしれません(^^)

kyoroさんへ 

わ~~♪
読んで戴いてるんですね。ありがとうございます。
すっごく嬉しいです。

「KEEP OUT」はシリーズですが、3からでも充分わかると思います^^

のろのろ更新なので、なかなか進みませんが、また遊びに来てください♪

ポール・ブリッツさんへ 

ああ。方言つながり! 不覚でした~。
そっかあ。なるほど・笑

「ソー・ザップ!」って、どこかで聞いたことがあります。
ポールさんが、前半が私好みというからには、私好みなんでしょう( ̄ー ̄) ←バレバレで悔しがっている

覚えておきますね^^

ところでさっき、「マークスの山」が届きました。
う~~~。やっぱりこっちから読みます!!

NoTitle 

春樹さんはやっぱり持ち前の美しさ(?)で
人にあまり警戒されないんですねぇ。
なんというかすばらしいお方ですねぇ。

いいなぁ、美少年。
うらやましいかぎりでございますよ。
僕ももう少し筋肉を落とせば・・・。
うぅむ・・・。

lime姉さんは筋肉嫌いですかね?
やっぱりほっそりと痩せていた方がいいのかなぁ。

ねみさんへ 

春樹は美少年というより、爽やかな好青年なんでしょうね^^
ちょっと頼りないイメージが、逆に良いんでしょう。
好青年だったら、誰にでもなれますよ。うん。

え? ねみさんは筋肉質なんですか。
スポーツ系?
何にしても、まだまだ若いねみさんは、好きな自分になれますよ。
体系だって思いのまま。

私はねえ・・・、細身だけど、筋肉はちゃんと付いてる人がいいな(*^_^*)

NoTitle 

春樹が思いは思い、仕事は仕事としてやっているのに好感を持ちます。
自身が楽しんでやっているのがとても良いですね。

原型のわからなくなった目を・・・ぱちぱち・・・にはまりました^^

人探しに知っているか知らないかを答えるだけでも
誰かの役に立っているかもしれない感が嬉しいって思う高校生の気持ち・・・かわいいねー
ほんのちょっとのそんな気持ちで人って幸せになれるんですよね。

春樹も美沙も幸せになって欲しい・・・

けいさんへ 

仕事への意欲が沸くことが、春樹を支えてくれているのかもしれません。
自分が美沙に、寄りかかって生きていると、思わずにすみますからね^^
そして、確かに春樹はこの仕事、向いてるのかも。

高校生たち、見かけは派手でチャラチャラしてるけれど、一人ひとりは、とても素直でいい子だと思うんです。
困った人を助けたいと言う願望。
これはお互いを幸せにしますよね。

しかし・・・今の子のメイクは、すごいww。努力に感心します。
時々地面にボトッと、デカイ付けまつげが落ちてますもんね^^

春樹と美沙・・・・幸せになるといいんですが・・・汗

NoTitle 

lime様、こんばんは♪

「自分がここにいてもいいんだ」という安心は、もしかして、人が生きていく上で一番大きな、必要なものなのかな、と思います。
どんなに排他的で刹那的思考を愛する人であっても、自己の基盤を確認せずしては人の心自体が成り立たないというか。
今の春樹は、不思議な能力と、いろんな悲しいことがあったせいで、美沙という女性を支えにして、美沙中心の暮らしの中で自分を確認しているのだけれど、きっと、私がまだ辿り着いていない新作も含めて、最後には春樹は、そういう意味での「自己の基盤」を、この能力の中にこそ見出すのかな、と、思いました。

何だかとりとめなくてごめんなさい~@@;
この「KEEP OUT」シリーズ全体の、究極的な意味合いでのハッピー・エンドとは、きっと私が勝手に希望している「美沙と春樹の二人での幸せ」なんていう単純なものとは違うところに、決着点があるんだろうな、って近頃感じていて‥‥。
まるで本当に日本のどこかに、春樹という少年が本当に存在していて、こういう風に苦しんでいるんだろうって、とてもリアルに想像できるんです。
だから、深く深くストーリーの意味を見つめていると、「ああ、春樹の本当の幸せって何なんだろう?」「美沙の幸せってどこにあるんだろう?」って、思い始めて。
章を追うごとに、いろんな想像が掻き立てられるのです(*´ω`*)

本当、ただもう、春樹に、自分の能力を恨んで嘆いて苦しんでもいいから、そのずっとずっと先に、本当の幸せを見出してほしい、っていう気持ちでいっぱいです。
もうですね、こっそり最新作を覗き見しに行きたい!(笑)
どうなっているのか気になって気になってorz
でも、少しずつ大切に読み進めていきます♪

また来ます~(*´ω`*人)ポッ

ついしん
今回の家出人・リサ‥‥。
偶然にも私の本名と同じなんですよ~(笑)
お笑い担当、なのでしたっけヽ(´∀`)ノ←
何だか奇妙な偶然が嬉しかったのでした♪

土屋マルさんへ 

おおおお! 私は今、猛烈にドキドキしていますよ~~。

> 今の春樹は、不思議な能力と、いろんな悲しいことがあったせいで、美沙という女性を支えにして、美沙中心の暮らしの中で自分を確認しているのだけれど、きっと、私がまだ辿り着いていない新作も含めて、最後には春樹は、そういう意味での「自己の基盤」を、この能力の中にこそ見出すのかな、と、思いました。
>

ここも!そして、

> だから、深く深くストーリーの意味を見つめていると、「ああ、春樹の本当の幸せって何なんだろう?」「美沙の幸せってどこにあるんだろう?」って、思い始めて。
> 章を追うごとに、いろんな想像が掻き立てられるのです(*´ω`*)

ここも!それから、ここ注目!↓(って、引用なのに)

>この「KEEP OUT」シリーズ全体の、究極的な意味合いでのハッピー・エンドとは、きっと私が勝手に希望している「美沙と春樹の二人での幸せ」なんていう単純なものとは違うところに、決着点があるんだろうな、って近頃感じていて‥‥。

これ↑…私は鳥肌立っちゃいましたよ。
マルさんは、もしや能力者???((((;゚Д゚))))

多くを語ることはできませんが、この後のKEEP OUTは、すごいことになって行きます。
どうか、マルさんには、(大変でしょうが)最後まで見守っていただきたいな、と思うんです。

本当に春樹と美沙のことをリアルに感じていただいて、ありがとうございます!!
感激です!

それから、・・・家出少女リサちゃん!!(わお、マルさん、かわいいお名前だったのですね!)

実は、彼女は、レギュラーじゃないんです。(´□`。)°
もう一人の準レギュラーは、この後出てくる男なのです><(ごめんなさい)

そして、この理沙ちゃんなんですが・・・・・・・。汗、汗。
大変なことに!(>_<)
(マルさん、ごめん~)なぜか、謝ってしまう><

でも、どうかがんばって読んでやってください!!

NoTitle 

「社会の役に立ちたいとか言う、そんな大げさなものではなく、ただ自分が何のために此処にいて、何のために動いているのか、ちゃんと理解できていることに安心できた。」

↑これ、そうですよね~
誰でもそんなモンだと思います。

ここはまだ穏やかに進んでますが、今後、どのように進むのかちょっとドキドキです~

fateさんへ 

春樹の場合、ある意味、進学から逃げるように美沙の元に転がり込んでしまったので、
自分の中でも、いろいろ葛藤や負い目があるんでしょう。

このあたりは、ずいぶん春樹や美沙の心の声が多いですね。
そろそろ動きを見せなければ・・・。

はい、だんだんとサスペンスっぽい展開になって行きます。
ドキドキは・・・きっと一瞬なんでしょうが、そのあとの3人の展開を見てやってください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(レビュー)『神の火』vol.3 読了しました 】へ
  • 【KEEP OUT3 第7話 有力情報?】へ