KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

KEEP OUT3 第3話 行方調査

 ←KEEP OUT3 第2話 苦手な女 →(雑記)休日のつぶやき
「家出少女を捜すの?」
春樹はいつものように美沙のデスクに自分の回転スツールを近づけ、美沙の取りだした調査依頼書を読んだ。

「谷川理紗、16歳、高校1年生。家出常習犯らしいわよ」
美沙が言った。
これは本社、つまり立花聡(たちばな・さとし)局長の元に来た案件だが、行方調査専門にやっているこの鴻上支所に回されてきた。

鴻上というのは単にこのテナントビルのある区画の名称で、この『立花探偵社・鴻上支所』の所長はもちろん戸倉美沙。従業員はこの春入社したばかりの春樹だけという、こじんまりした事務所だ。
時間と手間を取られる割りに成功率が低いやっかいな行方調査は、専門にやっている美沙に任せた方が効率が良い。
公式ではないが、美沙と立花局長の間で、そういう取り決めが行われていた。
すでに昨夜、美沙は依頼人である母親同席の元、立花局長から引継ぎを受けてきていた。

未成年の家出人調査は一番厄介だ。目の行き届かなくなる年頃だけに、親からの情報は、とても少ない。
子供部屋から無くなっている物、その日の服装。失踪の原因はおろか、交友関係者のリストアップもまともに出来ないケースが多い。
今回の谷川理紗に関してもそうだった。
辛うじて分かった少ない友人や知人のリスト、そして予想される立ち寄り先のリストだけが頼りだ。

「警察に捜索願いは出してるんでしょ?」と、春樹。
「もちろん。2ヶ月前にね。今までも家出の度に捜索願いを出してるのよ、この母親。中1の頃から谷川理紗の家出実績は数知れず。そのほとんどが、ぶらっと1週間ほどで自分から帰ってくるパターンでね。今回も地域課の警官に“またですか”って言われたらしいわ」
美沙も少しばかり困惑の表情だ。

春樹はじっと少女の資料写真を見つめた。
自分と2つしか違わないその少女は、幼い顔立ちの上に濃いメイクを施していた。冷めたような眼差しは見ているこちらを落ち着かない気分にさせる。

「今度もまたふらっと帰ってくるといいのに」
希望を込めて、春樹は言った。
「だと良いんだけどね。だけど今回はもう2カ月以上になるのよ。だから本気で心配になって母親がうちに依頼に来たって訳。警察が家出娘を本腰入れて捜してくれる機関じゃないって、今頃気付いたのね」
美沙は腕組みをして、回転イスの背もたれに身を預けた。

「2カ月かあ。それはお父さんもお母さんも心配だね」
春樹は写真に言い聞かせるようにそうつぶやくと、しばらく黙って依頼書に目を通した。
任意だというのに、きっちりと家族構成まで書いてあるところに母親の切実さが感じられる。
家族構成は会社員の父、専業主婦の母、大学生の兄。一戸建てに4人暮らし。
何不自由ない、一般的な家庭で育ったお嬢さんだという印象しか受けない。

不意にこの家族構成が懐かしさと胸を刺す痛みを呼び起こしたが、春樹は深く息を吸い、すぐに気持ちを切り替えた。
そっと資料を美沙の前に戻す。


「幸せそうな家庭なのに、どうして家出なんかするのかな」
春樹はボソリと言ってみた。

しばらく美沙が奇妙な沈黙を作ったので不思議に思い、目線を上げると、じっとこちらを見ていた美沙と視線が合った。

「……外からじゃ分からないんじゃない? 問題のない家庭かどうかは」
美沙は表情を変えずに春樹にそう言うと、ジャケットのポケットからタバコを取りだした。

「タバコ、辞めるんじゃなかったの?」
「やめるの、やめた」
「意志薄弱」春樹が笑うと、「うるさい」と、すぐさま帰ってきた。

美沙はくわえたタバコに火をつけるとすぐに立ち上がり、2カ所ある窓を全開にした。
秋のヒンヤリした空気が流れ込んで来る。

大通りに面した3階に位置しているために、普段は喧噪と埃を気にして開けない窓だ。
ガサツなように見えて、美沙は春樹に対して、さりげない心配りを忘れなかった。
そういう部分に春樹はいつもドキリとする。
自分が頼ってしまった為に、きっと迷惑をかけているだろうこの女性に。

今はもういない自分の兄の恋人。そして、今は姉のように春樹を安心させてくれる存在だ。

時々湧き上がる美沙に対する奇妙な感情に、春樹はいつも戸惑った。
振り払わなければならないと分かっていた。
そうでなければもう、この人の側にはいられない。
自分は、人に触れてはいけない化け物だから。

“そう言う感情”を持つことは随分前に諦めていた。
ただ、今は側にいたい。他には何も望まない。重荷になっていると、分かっていても。
美沙にしてみれば、自分は元恋人の弟というだけの存在だ。

それなのに、その後の生活面での相談にすべて乗ってくれ、そしてそのあげく、進学せずに美沙の片腕になりたいという突拍子もない願いを、笑わずに受け入れてくれた。

今思えばそれは、家族も家もすべて失って、目の前の道を見失った自分の甘えでしかなかったのかもしれないと感じる。
けれど、その選択に後悔はなかった。
この仕事に誇りを持っているし、そして美沙の片腕になりたいという気持ちは、更に強くなっていた。

とにかく今は、余計な事は考えず、目の前の仕事に打ち込みたかった。
甘ったれで、行き場を見いだせなかった自分をここに置いてくれた美沙に報いる方法があるとすれば、仕事で役に立つことだけなのだ。


その後の打ち合わせで、美沙はリストアップされた交友関係者を当たり、春樹は谷川理紗の行きつけの場所での聞き込み調査、及び、各店経営者への通報協力依頼に当たることにした。

「失踪から時間が経ちすぎてるから、聞き込みもかなり望み薄かもしれないわね」
美沙が言うと、「そういう状況のほうが、やりがいあるよ」と春樹は返した。
「それは結構。私も後から応援にまわるから」
「大丈夫だよ、僕一人で。若い子が集まる場所は僕だけの方が警戒されなくていいでしょ?」
「変な真似しないでよ?」

そう言った後で美沙がハッと失言を恥じる表情をしたが、春樹は気になど止めていないふりをした。

美沙に“この異能こと”で気を遣われるのが一番辛かった。
いつものように笑って、出来るだけ冗談っぽく答える。

「大丈夫だよ。誰にも触ったりしないから。痴漢容疑で捕まりたくないもん」
春樹の言葉に、美沙が笑った。

いや、笑ってくれた。

―――冗談は成功しているのだろうか。

『僕は美沙に何を言われたって、平気なんだよ』という、メッセージ。

美沙にカミングアウトしたことを、後悔なんかしていない。
だから、僕には一切の気を使わないで。……という精いっぱいの虚勢。

そして、そうやって笑ったあとは、いつも同じ。

春樹の胸をひたひたと満たすのは、こうやっていつまでこの人の傍に居ることができるのだろうという、漠然とした不安だった。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【KEEP OUT3 第2話 苦手な女】へ
  • 【(雑記)休日のつぶやき】へ

~ Comment ~

おはようございます^^ 

v-406v-406v-406

何か・・・・今回のお話、泣けちゃいました(T T)
前回の「少年・春樹」では知りえなかった美沙の姿。
何か彼女の周りのオーラ(と勝手に私がそう見てるだけなのですが・笑)が、少しずつ温かい物に変わって来ています。

そして春樹。
春樹自身もまた、自分の感情の中で綱渡りをしてるんだな~と・・・・。
複雑ですよね、恋は・・・・・。

さて、この仕事の中身がどう人間関係に関わって行くのやら。
楽しみです♪

蘭さんへ 

春樹や美沙の気持ちを分かっていただけて、とってもうれしいですi-189
感激です!!
春樹から見た美沙は、つねに温かく力強く。
(けっこう)弱虫な春樹には、大切な存在なんです。

今回ばかりは「どうどうめぐりやないか」と、お叱りを受けそうな春樹の内面だったので、心配だったんです。
やっぱり人間、同じところをぐるぐる悩んでしまう生き物ですもんねi-241

お互いがお互いを思いやりながらも、行ってはいけない方向に進んでしまう・・・。
春樹・・・本当に綱渡りですi-201

今回、その危なっかしい綱から落ちてしまうのか。
それとも綱自体が切れてしまうのか・・・。

見守ってくださいi-189

NoTitle 

今、ふと思ったんですが、limeさんの探偵事務所はこれで二軒目ですね。ラビットと。

私の大学時代の知り合いが探偵のバイトをしていたらしいのですが、
浮気調査がほとんどだったようです。笑。
殺人事件はなかったと。そりゃそうだろ!

作品がミステリーなのに遺体が出ないってlimeさん自身おっしゃってましたが、そのことも関係してか警察もあまり出ないですね。笑。

NoTitle 

美沙さんの態度を見て、某ヘンリー・リオスと某ジョシュ・マンデルの交わした言葉を思い出しました。

もしかしたら、美沙さんの深層意識は、春樹くんを「大人にしたくない」のかもしれません。

そして春樹くんも深層ではそれを望んで……。

悲劇しか待ち構えていないパターンでありますなあ……。

ヒロハルさんへ 

そうですねえ。
やっぱり、ちょっとした事件に絡むには、探偵が一番で・笑

警察だとちょっと物々しいし、探偵あたりがなんとなくしっくりくるんです。
実際の探偵さんは浮気調査や素行調査、地味でしんどい仕事が多いようですね。
殺人事件は警察ですね・笑

でも・・・本社との関わり上、浮気調査に絡めてコメディとかも書いてみたいな、なんて思ってます。
最近シリアスばかりだから・・・。

いやもう、コメディ書けないかな?(^_^;)

あ、生々しい死体が出てくるお話、ありますよ~ (>_<)
KEEP OUTじゃないんですが。
ちょっとミステリーっぽい感じになりました^^

ポール・ブリッツさんへ 

え?そうですか?

ど・・・・どこらへんでしょう。
あの二人の関係も、ジリジリ、胃の痛い感じでしたね。

「大人にしたくない」・・・かあ。
うん。そうかもしれません。
大人になった時、もう、いろんな感情の歯止めが効かなくなると恐れてるのかも。

これは、きれいな感情と言うよりも、ドロドロとした、動物的な匂いのする恐ろしさ・・・。

やっぱり、悲劇しか待ち構えてないですね(^.^;)i-201

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメPさんへ 

ああ、その部分ですか!
なるほど・・・・。
(たしかに、重要なセリフです)
それを春樹たちに置き換えて読むと、なんとも・・・切ない。
まさに、悲しい依存です。

春樹はもしかしたら、そんな願望を持ってたかもしれませんね。
(美沙の気持ちを察するところまでは行ってないにしても)
美沙はどうでしょう。
まだ、運命を恨むばかりで、自分の気持ちを冷静に分析出来てないかもしれません。
美沙も、まだまだ若いですから・・・。

若いって、辛い事もあるんですよね。(遠い目)

NoTitle 

色々な感情を 秘め隠した 綱渡りな関係を 続けて行くには 美沙も春樹も 限界があるでしょうね。

今回の家出娘を探す仕事が この二人の関係を 変える!?

春樹も 美沙も 乗り越えなくちゃならないモノ(感情や思考)、瞬間が きっと来るはず。
その時が、 その時に、その時を 二人は どうするんだろう
(。-`ω´-)ンー...byebye☆

けいったんさんへ 

もう、隠しごとだらけですね。この二人。
いつまで自分の気持ちを隠して、一緒にいられるのか。
作者にもわかりません。(おいおい)

今回の仕事が、二人を近づけてくれればいいんですが。
この二人の場合、そんな簡単には行かないかもしれません。

でも、春樹は若いし、エネルギーがありますからね。
臆病で甘ったれだけど、打たれても起きあがるエネルギーを信じましょう^^

たとえ、何も解決しなくとも、頑張れ春樹!(おいおい)

NoTitle 

家に帰れば一人きり、天涯孤独になった春樹には美沙は大切だよねぇ。
これ以上の重荷になりたくない。
だけど離れたくない。
なんか切ない。
モーーー切ない。
もどかしくて、たまらんのぉーーー
v-389

ぴゆうさんへ 

春樹、強がってはいるけれど、まだ18歳。
寂しいし、不安ですよね。
その上に、この厄介な能力・・・。

春樹の孤独、切なさを感じて戴けて、すごくうれしいです。

美沙も、まだ若いし、いっぱいいっぱいなんですよね。
春樹を守りたいけど、守りきれない。
う~ん、もどかしくて、ごめんなさい~(ToT)

でも、まだまだ。これから更に、もどかしくなりそうですi-201
先に謝っておこう・・・。

ああ、男の性。触られると反応してしまうww隆也くん 

↑笑いました。
けっこう深刻なターンなのに…

「今のまま、彼女の側にいられる平穏な日々が、一体いつまで続けられるのだろうか」
↑これ、辛いですね。
こうやって双方が触れられない部分を見ない振り、気付かない振りして息を詰めて暮らすって…
ああ、でも、そういう世界をfateも描いてしまいそうだ。
こんな繊細でお互いの優しさの結晶じゃなくって、もっと酷い世界を、もっと鮮烈に。

切ないけど、切ないからこそ、お互いの想いが美し過ぎて、痛みを伴いながらも留まってしまいます。

そんな感慨を抱きました。

fateさんへ 

> ああ、でも、そういう世界をfateも描いてしまいそうだ。
> こんな繊細でお互いの優しさの結晶じゃなくって、もっと酷い世界を、もっと鮮烈に。

おお、fateさん、書いてください。なんか、鮮烈なのを書きそう。
fateさんならどんな設定にするのかな。
やはり女の子対男性かな。(妄想)

> 切ないけど、切ないからこそ、お互いの想いが美し過ぎて、痛みを伴いながらも留まってしまいます。
>
> そんな感慨を抱きました。

ありがとうございます~。
考えようによっては、美沙の我慢がナンセンスにも思えるこの設定。
でも、ここまで相手を想うっていう設定、ちょっと貫いてみようと思います。
その果てに、何があるのか、突き止めようと思います。^^

NoTitle 

limeさん。
こんにちは♪

おお!いよいよ新たな依頼が♪

年間でどれだけの行方不明者が出てるか知った時、
思ってた以上に多くてびっくりした事があります。

もちろん、自分の意思で行方をくらました人も大勢いるのでしょうが、
今までの何かをすべて断ち切っていなくなる。。。と言うのは、
なかなかしたいと思ってもできない事ですよね?
里心ってものがありますものね。

さやいちも親公認の家出をした事がありますが、
家出と言うか、放浪と言う言葉の方が正しいのかな?
夏休み1ヶ月、お家に帰らず、知り合いの家に点々と泊まるってもので、
やっぱり家出なんて言う大層な感慨は持ちませんでしたね。
夏休みをとめどなく満喫してる。。。って感じ。
さやいちマミーは頭を悩ませたでしょうね。
お転婆すぎる娘で(笑)

さて、春樹は理紗ちゃんをうまいこと探せるのでしょうか?
るんるんるん♪

さやいちさんへ 

こんにちは~。(すっごい雨ですねぇ><)

そう! 新たな依頼です。お得意の、行方調査です。
家出少女、少年は本当に多いようですね。そして、警察は本腰を入れて探してくれません。
とはいえ、なかなか探偵に頼む親も、少ないでしょうが^^;(高いし)

えええ!さやいちさんは、一ヶ月も放浪な家出を?
それは大胆なことをしましたね。
それほど泊めてくれるお友達が多かったんですね。
(友達づきあいも重要になってきますよね、そうなると)
本人は、家でなんて認識はないのかもしれませんね。実際。
でも、マミーは心配だったでしょうね^^;
(でも、ちゃんと立派な大人になられて、よかった><)←何者

さて、たぶん、この理沙ちゃんも、そんな何気ない家出をしちゃった一人なんでしょうが。

これが・・・春樹にとっても、やっかいなことに・・・><

でも、ルンルン気分で読んでいってくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【KEEP OUT3 第2話 苦手な女】へ
  • 【(雑記)休日のつぶやき】へ