KEEP OUT 2  少年春樹

少年春樹 第8話 気になる記憶

 ←(雑記)祈り、そして笑顔 →少年春樹 第9話 解き放つ
春樹が自転車で小学校の門の前に着いた頃、ちょうど同窓会はお開きの時間だった。
友人の誘いを断って、一人夜道を歩く友哉を見つけ、春樹は徒歩でそっと後をつけた。
訓練学校の指導を生かし、気付かれないように尾行してしまう罪悪感。
行きずりの青年の過去に興味を持ってしまう罪悪感。
けれど、良くも悪くも「知りたい」「何かしてあげたい」という好奇心とお節介根性が、それを少しばかり上回っていた。

自動販売機の前の友哉に近づき、巨大な蛾に怯える振りをして、飲料水を代わりに買って貰った。
小銭を渡す時、そしてペットボトルを受け取るとき、春樹は意識して友哉の手に触れた。
友哉はその不自然な行為に気がつかない。
何よりも、春樹の存在自体が友哉には恐怖だったのだ。

一瞬その手に触れた春樹は、またその青年の記憶のカケラを集めた。
まだ、事実の断片の寄せ集めではあったが、大まかな事柄を、春樹は確認できた。
友哉の思い出の中に澱のように沈んだ、後悔と呪縛。
ああ、そうか。
そうなのだ。
この青年は、友人をそんな経緯で失ったのだ。

本当の気持ちを半透明の膜で覆ったまま、この青年は自分を癒すことも責めることも放棄して、ただ時間を止めている。
苦しい。
その感情のカケラにほんの少し触れただけで、春樹はただ、ひたすら苦しかった。

自分に出来ることはないのだろうか。

「僕は、そんなに貴方の昔の友人に似ていますか?」
けれど、取っ掛かりとして言ってしまったその言葉は友哉をパニックに陥れてしまった。
青ざめ、街灯もまばらな細い県道沿いを走って行く友哉を、春樹は後悔しながら見送った。
驚かすつもりは無かったのに・・・と。

友哉の記憶の中の少年の画像は不鮮明で、自分に似ているかどうかは分からなかった。
けれど、そう思いこんでしまうほど、友哉は怯え、追いつめられている。
自分が少しでも「由宇」に似ているのだとしたら、自分の能力も含め、これは何かの必然なのかもしれない。

きっと何かできる。
してあげたいと思う。
『偽善、思い上がり、余計なお世話、ただの興味本位』
美沙なら、そう言うだろうか。
僕を軽蔑するだろうか。
そんなことをふと思いながら春樹は一つ大きく息を吸い、ゆっくりと自転車を止めていた校門脇に引き返した。


次の朝。
「どっか行くの?」
春樹がそっと美沙の部屋を覗くと、まだ布団に転がっていた美沙が、2日酔いでむくんだ目を擦りながら言った。
そしてくしゃくしゃの布団の上にゆっくり起きあがり、あぐらをかいた。
宿の浴衣の前がはだけてヒモだけになっているのに、隠そうともしない。
「いつか恋人とお泊まりするんなら、浴衣は着て寝ない方がいいよ、美沙。100年の恋も冷めるから」
春樹は心底情けない気持ちになり、ため息をついた。
「だよね。うん。恋人と泊まるんだったら、何も着ないことにするよ」
「・・・」
そういう意味じゃない。
思わず赤面し、春樹が何も返さずに引き戸を閉めようとすると、美沙はもう一度訊いた。

「どこに行く気? お節介焼きさん」
その口調では、だいたいの検討はついているようだった。
春樹は戸を閉める手を止め、曖昧に笑った。
「蝶がね、羽化するのを見にいくんだ」
美沙はぼんやりした目で春樹を見つめた。
「ふ~ん。・・・夕方の便で帰るからね。ちゃんと戻っておいでよ」
「うん。わかってる」
春樹はニコリと笑って静かに戸を閉めた。


「せっかく時間が空いたってのにさ。・・・ピクニックはどうしたのよ」
美沙はぶつぶつと独り言を言うと、はだけていた浴衣の前を無造作に合わせた。

春樹がいない、退屈な時間をどうやって潰そう。
そう思うと、情けないほどこれからの時間が味気なく思えた。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)祈り、そして笑顔】へ
  • 【少年春樹 第9話 解き放つ】へ

~ Comment ~

NoTitle 

やっと、続きが再開されましたね。
楽しみにしてましたが、自分もですが、
果たして小説をアップして良いものだろうか?
との思いが、連載再開を躊躇させていたと言うか。

limeさんは、すでに書き終えてらっしゃいますが、
私は掲載と書く方との追いかけっこのような
状態なので、今書く気にはならず、だから
僅かなストックを掲載しちゃうと、後がなくなって
焦る事になるって心配もあり、なかなか再開できなくて。。。

おまけに、今回の作品は暗いしねぇ。。。(^_^;)
でも、こうやってlimeさんの作品を読ませて貰って、
そろそろ自分も始動しようかな、と思えてきました。
だから、次回も楽しみにしてますから(^^)

narinariさんへ 

narinariさんのコメント、とってもうれしいです。

私自身、他の方が小説を更新されているのを見てホッとしたものですから。
まだ、小説を読みに来るどころでは無い方が多いのは承知していますが、もしかしたら、一人でもほっとしていただければと・・・。
(まあ、わたしの作品も、けっこう暗いのですがi-201
ブログ上のお友達で、まだあれからお話をしていない方もいまして。
また来てくださると、安心できるんですが・・・。

narinariさんの気持ち、よくわかります。
私も、今のところはなかなか書く力が湧かなくて。
書きためておいたのを、校正、加筆修正の日々です。

narinariさんの筆が進むように祈っています。
続き、待ってます。

また、皆さんに今までの元気が戻ればいいですね。
日本中、すべての人に。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

あぁもう、美沙の気持ちも春樹の気持ちも、痛いほどわかりますね。
二人の微妙な食い違いがもどかしい。
でもやっぱりこの場合、春樹がまだ子供なのと美沙の優しさがちょっと高潔すぎるんですねぇ。

こんなふうに、友哉サイドのお話と春樹サイドのお話がリンクしてくるのってわくわくしてきて大好きです!
さて、春樹が友哉と接触している間、美沙はどうするのかな?
楽しみ~~~。

鍵コメMさんへ 

春樹に共感してもらってうれしいです。
「おせっかいめ」って言われたら、どうしようと・・・笑

Mさんのところの二男君、三男君、それぞれに可愛いですね。
理解できてない、おっとりな三男くん、それはそれでナイス!
傍に居てくれて、同じ事に共感してくれる存在は、本当に宝物です。
(子供はもう、別格で・笑)
こちらにコメントしてくださったんですね。ありがとうございます!

秋沙さんへ 

そう、春樹がもう、幼くて・・・。
なんだか、頼りない癖に、妙なエネルギー持ってて、突っ走っちゃうんです。
美沙は美沙で、・・そう。まさに「高潔」過ぎる。
生活面は、だらしないのにねえ。
バランス悪すぎです。

優しくて、愛情にあふれてるのに、不完全な二人。
これからも、よろしくお願いします。

この「少年春樹」は、あと2話しかなく、さらに、続く気満々な、中途半端な感じで終わります。
そして「3」へ・・・。
次話(第9話)は、さらっと終わり、最終話は、美沙のちょいとヤバイ言葉で終わります(・_・;)

ど・・・どうぞ、引かずにお付き合いください・笑

(こうやってまたコメントもらえるのが、めっちゃうれしい(ToT))

NoTitle 

なにかの事件で美沙が激昂して、手袋をはめるのを忘れた手で春樹を殴り、それですべてが春樹にわかってしまう、というクライマックスシーンを妄想。

春樹くんは「裁き手」ではなく「癒し手」として生きていってほしいものですが……探偵業なんかやってると難しいだろうなあ。街の易者のほうがまだ合っているような……。

ポール・ブリッツさんへ 

ああ、そういう事故も考えられますね。
でも、春樹の能力にも限界があって、一瞬では、記憶を把握できません。
一瞬触れたくらいだったら、「美沙は何か隠しごとをしてる」くらいしか読みとれないでしょうね。
それはそれで、厄介ですが。

だから、春樹も3回に分けて友哉に触ります。
3回目があれですよ。

なるほど「易者」ですか。それはいいかも。
でも、そこに行くまでには、春樹は人間としてまだまだ未熟ですね。
40くらいになったら、易者もいいかも!

春樹が「裁き手」になったらなにか事件が起きそうですね。
・・・次回は、それで行こうかな?

NoTitle 

連載再開おめでとうございます。
これだけたくさんの方からコメントが集まるということは
limeさんの作品を楽しみにしている方がいらっしゃるということですね。

きっとあの作品の続きはどうなったんだろう・・・・・・
感想や拍手はなくてもそう思っている方はたくさんいるはず。

そう考えると自分自身も力が湧いてきますね。
これからも頑張りましょうね。

ヒロハルさんへ 

そうなんです、読者様には、本当に元気を戴いています。
もう、お茶とかお茶菓子とか座布団とかふるまいたい気分・笑e-93e-239

楽しんでもらえるように、これからもがんばりたいと思います。
(まあ、、、、暗いのがおおいですが・爆)

最近、携帯からず~~っと過去作品を読みに来てくださる方が何人かいらっしゃって。
それもとっても嬉しいです。
書いててよかったな~~って。

ヒロハルさんの今の作品も、ほっこり優しげで、とっても癒されます。
星川はちょっとタイプですし♪
お互い、頑張りましょうね!!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

ふう~
やっと「呵責の夏」を読み終えて、「少年春樹」に追いつきました。
そうか、そういうことだったのですね~。
もしや…とおもったら。というのも、私自身が、小さい頃、人に触られたら心を読まれるとおもっていたことがあったので(笑) 写真撮られたら魂抜かれるとおもいこんでいるくらい、非科学的な思い込みでしたけど。

友哉をはじめとする人間の感情の重さと、自然の美しさがとても印象的な「呵責の夏」でした。「少年春樹」も続きを楽しみにしています。

鍵コメさんへ 

鍵コメRさん、また来てくださって、とってもうれしいです♪
どうぞ、これからもよろしくお願いしますね♪

わ、気遣わせてしまって、もうし訳無いです。
今回はちょっと趣味に走ってしまって(どんな趣味よ)感情移入が難しいだろうと、自分でも思っていましたので。
美沙のキャラ、濃いですよね~~。
なんでこんな濃くなっちゃったんだろう。。。

そう言えば、私の描く女性キャラは、風変りで濃いキャラがおおいですよね。
李々子も、長谷川も、美沙も・笑

どうも、普通のしおらしい女性が書けなくてi-201
(ふつうじゃ萌えないっていうか・爆)
無意識に、自分とかけ離れた女性を描くことで、リフレッシュしてるんですよね。

でも、普通の女性にもチャレンジしてみます。
一見普通な女性に。・・・それって普通じゃないじゃん・笑

綾瀬さんへ 

わ~。綾瀬さん、一気読みですかっ。
重苦しい話ばかりで疲れたでしょう?
大丈夫でしたか?
ありがとうございます!

そう、そう言う事だったんです。

・・・ところで「1」を読んでいる時、「2」の「少年春樹」があることに、疑問って湧きますか?
「シリーズかよ!」って。
「1」の後半の謎が、「2」のタイトルでばれちゃうってこと、無いですかねえ。

「人に触れられたら、心を読まれちゃう」って思ってたんですか??v-12
それも素敵な子です♪
(ちなみに私は、自分は空から落ちてきた子だ、と想っていました・爆)

でも、もしかしたら、春樹のような能力は、存在するかもしれませんよね。
いやあ・・・辛いだろうな。

本当に、一気に読んでくださってありがとうございます。
綾瀬さんの更新も楽しみにしていますね♪

NoTitle 

今日はついに業務を再開したうちの市の図書館に行くといっていた父にカードを渡してついでに本を受け取ってもらう。

一週間の期限ぎりぎりで間に合った。よくぞ来てくれました「秘められた掟」!

「秘められた掟」でグーグル検索してみてちと笑ってしまった(^^)

ポール・ブリッツさんへ 

ああ、良かった!
これで読めますね~。
ここまでじらして、ポールさん好みのお話で無かったら、申し訳ないのですが。
地味だけども、じ~んと深いお話です。
絶対続きが気になるはずです!

私はですねえ・・・昨夜、「神の火」の下巻の半分まで読みまして・・・。
もう、ショックで号泣。眠れませんでした。(T_T)
もう、悲しくて寂しくて・・・。
一番、そうあってほしくない展開に、ちょっとばかし高村先生を問い詰めたくなりました。
「どうして~~!」と。
こんなに、のめり込んでたなんて・・・。
ある意味、すごく恐ろしい小説であります!!

NoTitle 

ずっぽりと高村薫先生の世界にハマってしまわれたようですね。ミステリファンとして嬉しいことです(^^)

それならば、もしかしたら、わたしは読むことを断念しましたが、「晴子情歌」から本格的にはじまる純文学作品も、limeさんのお気に召すのではないでしょうか。

そちらのほうでは、高村先生の「情念」がもっとクリアな形で現われているとか聞きましたので……。

もしも読まれたら感想プリーズ(^^)

ポール・ブリッツさんへ 

純文学というジャンルは、本当に学校の教科書でしか読んだことがないもので・・・自信ないんですが。

でも、高村先生は、どんな純文学を書かれるんでしょう。

「晴子情歌」は絵画サークルの師匠であるおばちゃんが、「奨められて読んだけど、ちっとも面白くなかった」と私に言いました。そうなのか・・・・?
そう言われると、どんなのか読んでみたくなるんですが。

高村先生のミステリーをすべて読み終えたら、ちょっと読んでみようかな・・・。
男の登場人物いますよね←i-202

NoTitle 

再開きましたね!
やっぱり春樹でしたか。
胸のしこりが取れた気分でした。

友哉さんもめちゃくちゃ恐れてましたからね・・・。
そりゃ誰にも話してない秘密を
赤の他人から言われたら誰もがパニックになりますってw

ねみさんへ 

また読みに来てくださって、うれしいです♪
そう、春樹でしたね。
思いっきり友哉を驚かしてしまいましたが、まあ、悪気はないんです・笑

春樹はねみさんと1歳しか違いませんね、そう言えば。
高卒で探偵にはならないほうがいいですよww。忠告。

NoTitle 

もうすぐラストですね!
友哉視点で、最後はわかっているはずなのにどうして私はこんなにドキドキしているんだろう(笑)
同じ舞台を扱っているけれど、これはもう完全に独立したもう一つのお話で、春樹側での決着点がただただ楽しみです♪

美沙‥‥(´;ω;`)ブワッ
一緒にいると苦しいけれど、隣にいないと苦しいんですね。

「恋人と泊まるんなら何も着ないことにするよ」
このかけあいが、すっごく楽しかったです♪
辛い二人の関係の中の、クスッと笑える清涼剤(笑)
やっぱり好きだなあ、この二人。

また来ますね!

土屋マルさんへ 

わ~い^^
また、ドキドキしていただけて嬉しいです。

もう結果は分かっていることなんですが、同じシーンを全く違う視点で見ていただきたいな、という思いで作った物語なんです。

>同じ舞台を扱っているけれど、これはもう完全に独立したもう一つのお話で、春樹側での決着点がただただ楽しみです♪

・・て、私が説明しないでも、マルさんは全部分かってくださってる~~(´;ω;`)♪

春樹が覗いた、隆也の心の絶叫、そして、春樹の衝動を見届けてあげてください。
あの「呵責の夏」の最後のシーンを、春樹の心を通して再現します。

ふふ、まだ、この頃は、春樹も美沙も、冗談を言い合える余裕があったんですねえ~。(遠い目)
今は・・・こんな冗談・・・ぜったい言いあえないだろうなあ・・・・(>_<)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)祈り、そして笑顔】へ
  • 【少年春樹 第9話 解き放つ】へ