KEEP OUT 2  少年春樹

少年春樹 第2話 悪い癖

 ←少年春樹 第1話 革の手袋 →(雑記)narinariさんと四天王寺♪
涼を求めて二人が飛び込んだ小売店の主人は、とても気のいい女性で、酔っぱらった美沙に丸イスをすすめてくれた。
ジュースやアイス、タバコや少しばかりのスナック菓子しか置いていない小さな店だったが、店内は明るく清潔で、唯一開いている店がここで良かったと春樹は思った。

とりあえず少し休んだらタクシーを呼んで、予約を入れておいた民宿に向かう予定だったが、その予定も美沙が狂わせた。
丸イスに座るなり後ろの壁にもたれながら、美沙は即行で眠りに落ちたのだ。

上を向いて薄く口を開け、気持ちよさそうに眠っている美沙を見て、「美人さんじゃのに、おかしい(面白い)人じゃね」と、女主人はけらけらと笑った。
「ええよ、客も来んし、ここで寝さしちゃげ。ちょっと寝たら少しは気分も良うなるじゃろうし」

そういってくれた店の主人に、春樹は申し訳なさそうに御礼を言うと、その好意に甘えさせてもらった。
すぐにタクシーに乗せても、吐いてしまうかも知れない。
ただ問題は、自分がどれくらいここで待たねばならないかと言うことだった。
お世辞にも広いとは言えない店内に、自分の居場所は無さそうだ。
春樹は主人に美沙を委ねると、迷わず炎天下の眩しい屋外に飛び出した。

一番の繁華街であるはずの駅前だが、猛暑のせいなのか、歩いて居る人は見当たらなかった。
シャッターを下ろした店の並ぶ、寂しい商店街を眺めながら春樹は歩いた。

その道の横には、併走して細い川が流れている。
短い商店街を抜けると、春樹はまっすぐその川の土手を歩き始めた。

『せっかく泊まるんなら、こんな寂れた田舎じゃなくて、きれいでお洒落な避暑地が良かったなあ』と、美沙は来る間中ぼやいていたが、仕事があるだけ幸せだし、春樹自身は、美沙となら何処へ行くのも苦にならなかった。
それに、田舎を持たない春樹には、こんな場所がとても新鮮だ。

春樹は土手を降り、川のほとりまで行ってみた。
4メートルほどの幅の川は、そんなに浅くもないはずなのに、水底まで見えるほど透き通っている。
水面はキラキラと光を反射し、暑さを忘れさせた。

ふいに春樹の50センチほど鼻先を、大きなトンボが横切り、そして春樹を誘うように中空でホバリングした。
黒と黄色の巨大なトンボだ。

「オニヤンマ!!」
まるで小学生の子のように声を上げると、春樹はスィと軽やかに土手を上っていくトンボを夢中で追いかけた。


「あっ!」

勢いよく歩いてきた人物とぶつかりかけたのは、春樹が土手を上りきった時だった。

「あぶなっ!」と叫んで睨みつけてきた青年の声に驚き、とっさに春樹は「ごめんなさい」と謝った。
こんな所から飛び出してきたのだ。明らかに自分に非がある。

再び謝ろうと青年の目を見た春樹は、奇妙な感覚に捕らわれた。

大学生くらいと思われるその青年の目は、あきらかに自分を見つめながら何かにショックを受けている。
驚きと畏怖が波動の様に伝わってきて、春樹も目を逸らせなくなった。

その青年は蒼白な表情のままゆっくりしゃがみ、自分が落としたボストンバッグを拾うために手を伸ばした。
春樹はとっさに我に返り、そのバッグを拾い上げて青年に差し出したが、再び春樹を見つめた青年の手が、勢い余って春樹の手をぐいと掴んだ。

電流のような冷たい衝撃がその瞬間、春樹の体をよぎった。
視界が揺らぎ、倒れそうになるのをぐっとこらえながら春樹は手を引き抜いた。
こぼれそうになる声を必死で飲み込む。

相手が悪かったらしい。触れた際に受けた衝撃は想像以上に痛烈で、鼓動がいつまでも静まらない。

二人が探るように目を合わせ、無言で別方向に歩み去るまでほんの数秒だった。
けれど春樹が忌み嫌うその異能が発揮されるには充分すぎる。

注意を怠ったために侵してしまった、あの青年の不可侵領域。その悲しい事実が心臓に深く突き刺さり、平静を装う春樹のこめかみを、汗が伝った。

春樹は触れた肌から一瞬のうちに、その青年の感情、畏怖、過去の記憶の断片を一気に読みこんでしまったのだ。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【少年春樹 第1話 革の手袋】へ
  • 【(雑記)narinariさんと四天王寺♪】へ

~ Comment ~

NoTitle 

お~。なんか、新鮮なかんじがしますね。
さきに友哉の視点で読んだシーンを、春樹くんの視点で読みなおすというのは。

春樹くんは、うちの春樹とちがって(笑)、なかなか素直で好感のもてそうな少年ですね。
美沙さんは、ユニークなかんじ。

友哉の記憶を見てしまって、春樹くんはどう感じたのだろう…。

西幻響子さんへ 

実際、友哉とのシーンは少ないんですが、このお話で、
数々の疑問点をスッキリさせたいと思ってます。

うちの春樹、素直でしょ? (^.^)
私のキャラの中で、一番純粋かもしれません。
逆に、美沙はちょっとばかり、激しいですが・笑
どうぞ、よろしく♪

友哉の記憶にふれて、春樹は・・・。

結果は、皆さん知ってるってところが、自分でも不思議・笑

ダメだと言われると ・・・ 

そうなんですよねーぅん((´д`*)ぅん

ダメだと 言われると 余計に したくなる気持ち。
わかるよー春樹! ついつい 好奇心や 誘惑に負けちゃうんだよねー♪
まぁ その後 あ~なっちゃたんだけどね(*^‿・)

私、美紗みたいな女性が 好きだなぁ~ 。 ちょっと 裏ありだけど、そこが また いいーー!イイネ♪d('∀'o)...byebye☆

NoTitle 

視点を変えて書かれる一つの物語って本当楽しいですね。

それぞれがそれぞれの事情を持って同じ場所に居合わせる。
これって不思議でとても運命的ですよね。

私は今まで試したことのない書き方ですね。
矛盾が生じたりしないように気を配ることも大事そうですね。

NoTitle 

つまり……なんですか。

春樹が由宇にそっくりだったのは、

「 偶 然 」

だったということですか?

うーむ(^^;)

けいったんさんへ 

そうなんです。
そもそも、この能力は、春樹がモノゴコロついた時からあった能力なので、
罪悪感などなかったんです。

ただ、そのせいで辛い思いもしてきたので、自重はしてるんですが。

若さ故・・・です。
まあ、痛い思いしなきゃ、わからんです・笑

春樹を一言で言うと・・・お節介焼き・・です。

あばずれ(笑)美沙を好きになってくれますか!
うれしいです。
この物語、春樹と美沙を気に入ってもらえなかったら、楽しくないですから・汗
(いいのか?そんなんで・・・)

ヒロハルさんへ 

こんなふうに描くのは珍しいですが、
考えてみれば、人間、それぞれのドラマを持ちながら、偶然あるとき、関わるんですよね。

今となっては、どんなふうにこの物語を思い付いたのか、忘れてしまったんですが。
書いてて楽しいです。
そして、KEEP OUTは、春樹の物語にウエイトを置きました。

終着点のない、サスペンスシリーズになりそうです・笑

ポール・ブリッツさんへ 

>春樹が由宇にそっくりだったのは、 「 偶 然 」 だったということですか?

そうじゃないんですよ・笑

そもそも、18歳の男の子を見て、11歳の少年にそっくりだと思う方が不自然なんです。
確かに髪の色や目の色は似てるけど、春樹と由宇はそんなに似てないんです。

由宇の幻影におびえて心身疲れていた友哉の、幻想なんです。
「似てる」「似てない」は、本当に主観的なものですから。
ただ、いったんそう思ってしまうと、なかなかその思い込みから抜け出せず、
さらに、春樹が夜、あんなことを言ったために、もう春樹=由宇・・・になっちゃったんです。

友哉があのとき怯えなければ、春樹との接点は無く、「呵責の夏」の後半の展開もありません。
なるべくして、なった物語・・・です。
(そのへんも、春樹がすこし語ると思うんですが・・・)

ちなみに、「少年春樹」は、友哉との接点の物語ではありません。
友哉の物語は、ほんの行きずりの出来事なんです。

NoTitle 

ふ~む。
こうなってくると、この二人の「仕事」がとても気になりますね。
この狭い街で二人に「仕事」を依頼したのは誰なのかしら?

もしかして、富田かな・・・?なんて思ってるんですがどうなんでしょう。

美沙と春樹がどうして一緒にいるのかも気になるところです。
「革の手袋」は、春樹の能力に対する絶縁体なんですか?

秋沙さんへ 

二人の仕事は、とても単純な・・・でも、この物語の柱となる職業です。
「な~んだ、やっぱり」みたいな・ (^^ゞ

富田は・・・依頼者ではないんです。
関係は大いにありますが。

そう、革は絶縁体です。
革越しには、春樹は記憶を読みとれないので、拒絶のつもりで使ってるんです。
シャツ1枚のときだって、美沙は春樹に触れません。
もう、徹底的に(>_<)
さらに「バケモノ」呼ばわりですから・・・・。

NoTitle 

「り……理解したぜ!」(ジョセフ・ジョースター)

なるほどそういうことだったんですか>友哉

ポール・ブリッツさんへ 

分かっていただけて、よかった♪
なにしろ、友哉本人はそんなこと気付いてないし、説明する場所もなくて。

春樹にしたって、まだ18歳だから、そんな微妙なとこまでわかるかどうか・・・。
悟ってるふうに見えて、春樹はまだほんとうにガキなんです(^_^;)

コメントで説明するという、卑怯な作者でした・笑

NoTitle 

なーるへそ。
「呵責の夏」のモヤっとしていた霧が晴れたように爽快。
ふむふむ。
春樹は由宇の生まれ変わりではなく、そういう理由があったのね。
これは多感なお年頃の少年にはキツい。
いや歳を食っていてもキツいな。

これからがまた楽しみでごザーール。

しんどかった挿絵が出来たので気分もいいでござる。
ニャン物が多いいのはキツいでござる。
最後の一枚を描けば本編が終わるざんす。
やるザンス。
v-389

ぴゆうさんへ 

そうなんです。
あれは、春樹だったんです。

ここからの「KEEP OUT2~3」は、ほとんど春樹の苦悩を描きます。
ええもう、そりゃ、かわいそうです。(自分で書いといて)
春樹も、美沙も。

こんな能力、ぜったい要らない!って、思いますよ。
よく、サイコメトラーが活躍する物語がありますが、
そんなこと実際には絶対できないよなあ、心が壊れちゃうなあ・・・・と、春樹を見ながら思う作者でした。

挿絵、できましたか!
描きあげるまでは苦しいけど、描きあがった時は、ほんとうに嬉しいですよね。
小説と一緒ですね^^
早く見たいです。

おお、本編が終わってしまうんですね。
続編は、なんなんでしょう。
それもたのしみ^^

NoTitle 

lime様、こんばんは♪

おお~、なるほど!
「呵責の夏」で友哉が、不思議少年=春樹を由宇と錯覚したのは、ある意味ではこの能力のせい、ということですね?
繋がった~(*´ω`*)ワーイ

さらりと自然なクロスフェードを魅せつつも、メインは春樹と美沙♪
何の仕事でこの街にやってきたのか、とっても気になりますね。

それにしても‥‥どれほど好きでも、触れられない(触れることに恐怖を感じる)って、すごいキツイですね(´;ω;`)ブワッ
春樹本人もだけど、美沙も。
美沙は、春樹の能力をこそ憎んで、だから「バケモノ」と呼ぶのかな、と思うと、辛辣な台詞の裏に潜む恋情がますます痛いです(泣)

はらはらしつつ、お話を追いかけてゆきます♪

土屋マルさんへ 

こんばんは~^^

そうなんですよ。こういう形で偶然、春樹と友哉は出会いました。
普段春樹は、決して戯れに人に触れることはしないんですが・・・。
友哉の驚愕ぶりに、ほんのちょっとマがさしちゃったんでしょうね。相手は男だし
(女性には死んでも触りません^^)

一つの物語を、全く接点の無い別の視点で描いたら、面白いかな・・・という発想から、この物語は生まれました。
まあ、現在はすっかり、美沙と春樹と+αの愛憎悲恋サスペンスになっちゃってますが^^

>美沙は、春樹の能力をこそ憎んで、だから「バケモノ」と呼ぶのかな、と思うと、辛辣な台詞の裏に潜む恋情がますます痛いです(泣)

そうなんです(;_;)
春樹を想えば想うほど、その能力が恨めしく、春樹にも冷たく当たってしまうんです。
なぜ、美沙が春樹に触れるのをここまで拒むのかは、おいおいと^^

まだ「2」は軽いタッチですが、もう…最近のは凄まじいですi-201

そろそろ読者様に、「どんだけ」と、愛想を尽かされそうです^^;

ああ、やはり~ 

これ、白昼夢のマキさんとおんなじですね~
なるほど。

これって、辛い能力ですね、実際。
fateもこの能力(ちから)がある人を出したことがありますが、まぁ、彼女のことは作中ではたいして語られていないけど、実際、すさまじいモノだと思います。

人の心を読める、って人間も、結局は‘絶望’するだけだとか。
しかし、美沙さん、なんか良いですね。
ふふふふふ。
好きかも(^^)

fateさんへ 

> これ、白昼夢のマキさんとおんなじですね~

そうなんです! この力って、いろんなイマジネーションを掻き立ててくれて。
でも、マキのようにシャットアウトできませんし、春樹にとっては、身を滅ぼす忌まわしい能力になります。
最初こそ、ゆきずりの同性には触れてみたりする春樹ですが、シリーズ後半には、そんなこともできなくなってきます。

この力(サイコメトラー)って、ドラマでよく活躍するけれど、実際、こんな恐ろしい力はありませんよね。
この力を使ってバンバン事件を解決。。。とか、ありえない~と、よくTVを見ながら思ったもんです。
犯罪者に触るとか、気がふれてしまいますよね。

へへ。美沙は・・・けっこう激しい女です!w
気に入ってもらえるといいなあ~~。

NoTitle 

こんばんは…!

視点が変わると、こうも物語の印象は変わるんですね…!
そして春樹と美沙の対比がとても興味深いです。
「白昼夢」の坂木と陽には、辛くて時に息苦しいほどの「固い絆」がありましたが、このハスッパな美沙と、良い子で好奇心旺盛な天使春樹の関係は…?

友哉の心臓に悪い時間のその合間の顛末は?

うーん興味津々です。

有村司さんへ 

こんばんは~。
春樹と美沙の関係に、興味をもってくださって嬉しいです。

この二人が、これからのメインになりますので、そこはとても重要になってきます。
美沙の印象は、これから物語が深まるに連れて、どんどん変わって来ると思います。
この人も、苦労人です^^;(春樹と出会ったばかりに)

友哉視点からでは、たぶん「不思議で、なにか企んでいるように見えた」謎の少年も、
実はただ純粋な、傷を抱えて生きる優しい少年だったわけです^^

このあとも、そっと覗いてみてくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【少年春樹 第1話 革の手袋】へ
  • 【(雑記)narinariさんと四天王寺♪】へ