KEEP OUT 2  少年春樹

少年春樹 第1話 革の手袋

 ←少年春樹 あらすじ →少年春樹 第2話 悪い癖
真夏の太陽は、線路をも溶かさんばかりの勢いで照りつけ、陽炎を立ちのぼらせていた。
四方を山に囲まれた無人改札駅のホームには、この地方に多いニイニイゼミとアブラゼミの大合唱が響き渡っている。

その大合唱の観客は、ついさっき列車から降り立った若い男女のみ。
二人の他に人影はない。

まだ幼さの残る細身の少年は、少し心配そうに連れの年上の女を気遣っている。

少年の名は天野春樹(あまの はるき)。
この春、高校を卒業したばかりの18歳だ。

一方、列車を降りるなり、フラフラとホームのベンチにへたり込んだ女は戸倉美沙(とくら みさ)26歳。
少年とあまり変わらないほどの高身長、少し冷たい印象を与える勝ち気な切れ長の目、セミロングにゆるくウエーブをかけた艶やかな髪。
さらに、抜群のプロポーションの持ち主だが、その酒にだらしない性格は自他共に認めていた。

「だから車内であんなにビール飲んじゃダメだって言ったのに」
春樹は昼間からアルコール臭をぷんぷんさせてベンチに座り込んだ美沙に、ため息混じりの声をかけた。
「ああ、ガキにはわかんないのよねぇー。この真夏の太陽に熱せられた新緑を窓越しに見ながら、ガーッとビールを飲み干す幸福感が!」
美沙はそう言いながらも吐き気にえづいた。

「そうやって快楽に流されるから、いろんな失敗をするんだよ美沙は」
あきれ果ててそうぼやく少年を、美沙は酔っぱらい特有の目で、じっとりと見上げた。

サラサラと風に揺れる、生まれつき色素の薄い髪、日焼けとは無縁のキメ細かい色白の肌。
日本人には珍しい淡い琥珀色の瞳は、こんな腹立たしい猛暑の中でも涼しげに見える。

いつもなら、この優等生ぶったガキんちょに100ほども言い返すのだが、今は吐き気が止まらず、それどころでは無かった。
ボストンバッグのポケットから夏には不釣り合いな黒革の手袋を取り出し、自分の両手にはめると、その手を少年に差し出す。
「ダメだ、ギブ! 民宿まで連れてって、春樹。それか、せめて涼しい所。ダメ、もう死にそう……オエ……」

春樹は笑った。
そして手袋をはめた美沙の手を自分の右手で慎重に握ると、左手で二人分のボストンバッグをかかえ、美沙をゆっくり立ち上がらせた。
「悪いね」
「どういたしまして」
美沙は、ホテルのポーターのように礼儀正しく言う少年を、最悪の気分の中でチラリと見た。

少年の目は、相変わらず屈託なく優しげだ。
美沙の手袋に傷ついた様子はみじんもない。

――――そう。傷つくなど、あってはならない。
自分がそういう風に矯正したのだ。
そうやって少年を訓育し、手懐けたのだ。
最低だ。
けれど、そうしなければ自分もこの少年も、すでに狂ってしまっていただろう。

美沙は、そんなことを脳裏に巡らせながら、目を伏せた。

「ねえ美沙。まずはどこか、その辺りのお店屋さんで休ませてもらおう? 気分良くなってからタクシー呼んだらいいんだし」
無人の改札を出たところで春樹が言った。
美沙は蒼い顔であたりを見回す。

「お店? ……ゴーストタウンみたいな商店街だけど、やってるのかな。出て来たおばさんに足が無かったりしっぽが生えてたら、私、吐くかも」
「めちゃくちゃな事言わないでって」

春樹は可笑しそうに笑うと、フラフラしながら悪態をつく美沙の手を、手袋の上からしっかり掴んだ。




--------------------------------------------------------------
友哉の物語に微妙に交差しながら過ぎる、春樹と美沙の3日間。
全10話でお届けいたします。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【少年春樹 あらすじ】へ
  • 【少年春樹 第2話 悪い癖】へ

~ Comment ~

おはようございます^^ 

いよいよ始まりましたね。

さすがlimeさん!
背景の書き方が本当に上手いなぁ~といつも思ってしまいます。
情景が浮かぶし、「匂い」までして来そうな感じ。

美沙の方は、エピローグで感じてた物とちょっと違いました^^;
もっと神経質で、潔癖症な女性かと思ってたので・・・・・。
てか、先日のあらすじを読んで、2人の年の差にも驚いたんですけどね(笑)。

これからまた、楽しみが増えました♪

蘭さんへ 

ありがとうございます~^^
このお話も、気に入っていただけたらうれしいなあ。

今回の「2」はまだサスペンス要素も無く、説明的なんですが。
はい、この美沙、仕事は完璧だけど、実生活はだらしない女なんです。
ただ、春樹に関してだけは、神経を尖らせてます。

美沙は微妙で描きにくい人物です。
(春樹のほうが純粋で、気が楽です・笑)
これからどうなっていくのか・・・。

二人の歳の差。
ちょっと危険・笑

これからも、どうぞ、よろしくお願いします♪

NoTitle 

そっかー、恋愛ものではないんですね(笑)

なるほど。皮の手袋をつけると、記憶が流れていかないみたいですね。

美沙さんが春樹のことを「訓練させた」という文章から、二人の関係がどういうものなのか、すごく興味があります。

あらためて思ったんですが、小説の中の「音」の描写って大事ですね。
冒頭のセミの声の描写を読んだとたん、景色がぱーっと頭の中にひろがりました(←実は音フェチ

西幻響子さんへ 

たぶん・・・恋愛モノじゃ無いと思うんです。
確かに、「愛」は深くからみますが。
(でも、サイコサスペンスでもないし・・・。なんだ?)

二人は、ごくごく、普通の一般人なのですが、まあ、美沙の表現は時々大げさになりがちで。
「訓練」だと思ってるのは美沙だけで。
春樹はなんとも思って無かったりします。
そんな、試練をさらりと受け止める健気な春樹を、これから描いて行こうと思ってるんです。

蝉の声、想像していただけましたか?

中国地方はアブラゼミと甲高いニイニイゼミ、ミンミンゼミが多くて、頭が割れるほどうるさいんです。
そんな西の果ての田舎の夏を表現するには、やはり蝉ですよね♪

関西以北はクマゼミが多いように思うんですが、どうでしょう。

「音」って大事ですよね。
でも、擬音を使わずに表現するのって、難しいですねー。

NoTitle 

蝉――ですか。
もうそういえばそんな季節ですねぇ(違

春樹さんをそういう風に育てたってえぇっ!?
何?
僕だったらものっそい傷つくんですがっ!

と、とりあえずつづきを読まねば分からんことも多いだろっ!
ま、待っております!(*´∀`)

ねみさんへ 

蝉は・・・まだまだ先です・笑
(時々、今現在の季節が分からなくなったりしますが・・・一瞬)

そうですよね。
手袋なんかされたら、傷つきますよねー。
なんか、いじめジャン。

それでも春樹は、美沙を慕ってるんです。

はい、続きをご覧下さい。
短いお話なので、あっと言う間に終わりますよーーー。

 

lime様、こんばんは(*´ω`*)

今、「呵責の夏」の不思議少年が友哉にもたらしたものを理解した気がします(←遅いですよね(笑)

触った相手の心の中味を読み取るのがサイコメトリーですが、春樹は少し違いますね?
読み取って、さらに相手に見せる、感じさせることが出来るのだもの。
これからお話がどんな風に動いていくのか、本当に楽しみです♪

ところで、恋愛ものではない、ということですが|ω・`)
ちょっと残念(笑)
美沙は春樹が好き、という雰囲気がほの見えたのに(あれ、違います?^^;
相手に対して何ひとつ秘密(隠しておきたい本心)を持てない、というのはヒトが生きていく上でかなりきついハードルだから、それで革の手袋なのかな、と思ったのです。

二人がどんな関係なのか、それも気になる~。
いそいそと追いかけてゆきます♪

土屋マルさんへ 

マルさん、ようこそ「少年春樹」へ!^^

>ところで、恋愛ものではない、ということですが|ω・`)
ちょっと残念(笑)

じ・・・じつは・・・・この後、どっぷり恋愛ものの体を要してきます(≧∇≦)汗

「2」では、ミステリー主体で行こうと思ってたんですが現在更新中の「5」なんか、昼ドラ?・・・という感じで・・・。
マルさんが、お嫌いな展開じゃなければいいんですが。
かなりハードです^^;

しかしながら、この物語のもう一つの主軸は、春樹の苦悩です。

心を読んでしまう「辛い」能力に、押しつぶされそうになりながら生きる少年と、彼を愛しながらその能力を憎む女の物語・・・。

>美沙は春樹が好き、という雰囲気がほの見えたのに(あれ、違います?^^;

ばっちり、正解です。もう・・・苦しいほど。

なぜ美沙が、革の手袋を、これ見よがしにはめるのか、という事の説明が、二人の関係と運命を物語るはずなんです。
重い事実が隠れてるんですが、ここはサラリと、語って行きたいな~と思っています^^

また、友哉、出てきますよ^^

友哉の物語に微妙に交差しながら過ぎる、春樹と美沙の3日間。 

↑おおおおおっ、そうなんですねっ!
すんません、fateは「あらすじ」って読まないので(^^;
今でも謎は謎のままです~
自身、プロットってないから、(最近、気付いたけど、プロット書こうとすると、体調あまり良くないときなんて吐き気がする(--; いったい、どゆこと?)むしろ、他作家さまの世界も、世界を味わいたいので、筋はどうでも良いっちゃあ、失礼ですが、特にlimeさんの世界は期待を裏切らないことが分かっているので、敢えてあらすじを必要としません。

で、fateは知った。自身のおバカさを。
自分が描いた筈の世界を、実は何にも理解していないから、プロットが書けないのだ、というlことに。(やはり、描いているのはfateじゃないかも知れん…)
簡潔にまとめて説明する…この‘説明’という作業が拷問だ!!!
嫌いなんです、じゃなくて、無理なんです。分かってもらおうという努力が。
だから、警告はするけど内容を説明しない。
読者さまに丸投げして「自己責任で」などと言ってしまう。
あああ、良いのか、そんな責任転嫁!

は、どうでも良いとして。
春樹くんって、いや、或いは美沙さんって、もしかしてローズみたいな能力(ちから)があるのかなぁ、とぼんやり感じました。

ふふふふ。
楽しみにまた明日来ます(^^)

fateさんへ 

いや~~~、fateさんって、おもしろい!(←何をいまさら)
良い意味で、私とはまるで違う感覚で物事をとらえ、物語を書いておられるんだなあと。

私は臆病なうえ、自分を信用していないので、たぶんプロットが無ければショートショートすら書けないと思います。
最後の瞬間の画像までをすべて頭に入れて、やっと第一話を書きはじめます。(この瞬間が、好き)
冒険できなくて、遊びが無い文章になるのは、そのためですよね。
程よい脱線ができない。

でも、あらすじを読まない方って多いんでしょうか。(アンケートとってみたいな)
私は小説を買う時必ずあらすじを読みます。
そこに、魅力的なワードが無ければ、ぜったい買いません^^
もう、半分ぐらい内容が予想される方が、安心して身をゆだねられるから。
(時に、自分のあらすじは、浜村淳くらい、ネタバレなんだろうと、思ってしまいますがw)

と、いうことは、fateさんはまだ、知らないわけですね、真相を。

ふふふ。それもおもしろい。
(すぐに分かっちゃいますが^^)

次話で、「そっか~」と、思うはずです^^

NoTitle 

こんにちは!

そうか…「肌に触れれば記憶を読み取ってしまう」のですものね。春樹君は。
陽、リク、由宇君、そして春樹…私にとってlimeさまの「四人目の天使」は、どんなミステリアスで素敵な物語を魅せてくれるのか…楽しみです。

そして真っ赤なワンピースの美沙さん…これまた訳ありそうな魅惑的な女性ですね^^

有村司さんへ 

4人目の天使かあ^^ ふふ。

春樹は一番アクが無くて、由宇をそのまま大人にした感じでしょうか。
そして、由宇に負けず、悲劇の子です。

あ、そうそう、由宇と友哉のパロディ漫画とか描いてます^^(イラストのカテに)
由宇、いい子だったのになあ・・・。

美沙はねえ、とっても激しい女性です。いろんな意味で・・・。
女性を書くのは苦手な私ですが、美沙は書いてて楽しかったです。
女性はぜったい、天使のような優しい子にならないのは、何ででしょうね^^;
(趣味か)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【少年春樹 あらすじ】へ
  • 【少年春樹 第2話 悪い癖】へ