☆雑記・四方山話

(後記)「呵責の夏」の舞台はココ♪

 ←呵責の夏 エピローグ ホームにて →少年春樹 あらすじ
こんにちは^^

「呵責の夏」を、最後まで読んでくださったみなさん。
本当にありがとうございました。

最後の最後に、奇妙な展開で混乱させてしまって、ごめんなさい。
その謎は、『KEEP OUT2』の【あらすじ】で分かると思いますので、どうかもう少し待ってください。

※たった、1行の説明なので、見落とさないでくださいね(o^-')b


さて、この「呵責の夏」の舞台となった場所は、実在します。
中国地方のある場所に。
実際、名勝天然記念物に指定されている観光名所です。
最近では、めっきり観光客も減って、かなりマイナーな場所になりましたが。
案内所もない秘境です。

【あらすじ】に添付したこの↓写真は、おととし、5年ぶりにその森へ行って、私が携帯で撮った写真です。

樹

江戸初期、魔物の住む森として、人々は決して近寄らなかったんですが、あるお坊さんがそこに迷い込み、
その無数の滝の美しさに感銘を受けたことから、人々の知るところとなりました。

今でも、魔物が住んでもおかしくないほど、神秘的な場所です。


これは観光ガイドさんから拝借した画像です。(大きくてごめんなさい)

23335PYA74_1.jpg
↑(坂を下れば、こうやって滝のすぐそばまで来ることができますが、結構滑ります。この規模の滝が、10くらいあるでしょうか。小さいものまで入れると30ほど。そのすべてに名前が付いています。このように、6角柱の岩の集まりで、出来た滝。とても珍しいそうです。)


H0000091847.jpg
↑(この右下に、幾つも小さな滝が連なり、奥へ行くほどその規模が大きくなります。柵がないので、よく転落して、救急車に運ばれる観光客がいました)


友哉と由宇のたどった道、目にした風景が、少しは体験できたでしょうか。
由宇が事故に 遭った滝は架空なんですが、友哉が由宇に教えた秘密の場所は、存在します。
本当に素敵な場所なんです。

ここの場所や名前をお教えしたいんですが
実は、あまりにも私のプライベートな場所なので、ちょっと照れくさくて言えないんです・笑
この場所=昔住んでた実家・・・みたいな感じなので。
いえ、ここに住んでたわけじゃないです
ここを守っていた・・・というか。

でも、いいですよね。

皆さんには、雰囲気だけでもお伝えしたいと思いまして(*^_^*)



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【呵責の夏 エピローグ ホームにて】へ
  • 【少年春樹 あらすじ】へ

~ Comment ~

NoTitle 

へええ、思わず心が洗われるようなきれいなところですね。

古きよき日本の風景、とでもいうか。

関係ない話ですが、わたしが東京にある某C大学に在学中下宿していたアパートの裏には、「ハイキングコース」がありました。

たしかに東京だけど……どれだけ田舎やねん(笑)。

ポール・ブリッツさんへ 

東京って、意外と緑が多いですよね。
ほんの少し都心を離れたら、え? こんな風景が・・・。って。

あえて、自然を残してるんなら、うれしいですね。

東京に住むことは無いと思いますが、やっぱり、緑があると落ち着きます。

ハイキングはしないと思いますが・笑(ざ、運動嫌い)

そして、あまりにも大自然の中では、もう、生活できないかも・・・。(文明大好き・笑)

NoTitle 

limeさんが「守っていた場所」というのは、とても素敵ですね。

それにしても、凄いところですね。
映画の撮影に使われてもおかしくないくらい美しいし、「魔物がすんでいる」といわれるのも頷けるような妖しい雰囲気もあります。お坊さんがみつけた、というのもこの場所らしいエピソードに思えます。

西幻響子さんへ 

守っていたのは、我が家の大人たち・・だったんですがね(*^_^*)
私はただ、この地を走り回ってました。

凄いところでしょう?
私は小さな頃、「神様が住んでるところ」だと勝手に思ってました。
まさか、昔の人は「魔物」と思ってたなんて。

こんにちは^^ 

友哉と由宇の目で見た光景そのものが、突然現れた感じです。
実在の場所とは・・・・これもまたビックリですね~。

滝の写真。
背筋がすぅ~~っとなりました(悪い意味ではなくて)。
こういった場所には、必ず「何か」が宿ってるんですよね。

素敵な写真を見せて下さって、本当にありがとうございました。

蘭さんへ 

喜んでいただけて良かったです。^^
どうでしょう。想像の映像と、近かったでしょうか。

天気のいい日は、滝壺の色はもっと鮮やかなエメラルドグリーンで、
真夏でも、とっても冷たいんです。

でも、雨の日には行っちゃダメですょ^^

確かに、何か住んでいそうです。
魔物なのか・・・それとも神なのか・・・。


 

綺麗な所ですね♪

安心しました、場所が
全然違いました。

でも綺麗だなあ…

大学生になったら行ってみたいです

ねみさんへ 

あ、違う場所でしたか。

やっぱり、あの場所はマイナーだから。

行ってみますか?友哉の秘密の場所も、実在しますよ。

でも、雨の日には行かないでね♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメHさんへ 

わーい!
そうなんですね?
はい、ばっちりOKです。

そちらにもコメント残しました!
たのしみにしていますね♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【呵責の夏 エピローグ ホームにて】へ
  • 【少年春樹 あらすじ】へ