KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第14話 誰?

 ←(雑記)だから動物はしゃべれないのか →呵責の夏 第15話 漆黒の蝶の下で
「ねえ、ほら早く、早く」
しびれを切らした子供のように青年は友哉の右手を握り、足元のテーブル状の岩に肘を付くようにしゃがみ込んだ。
偶然だとは思えなかった。
それは、友哉が由宇と腕相撲した岩だ。
友哉はしゃがみ込みながら、呆然として正面の青年を見つめた。
友哉と目があった瞬間、なぜか青年は一瞬苦痛に顔をゆがめたように見えたが、すぐさま隠すようにその顔を伏せた。

「なんで・・・腕相撲なんか・・・」
友哉が訊くと、青年はすぐに表情を元に戻した。
「いいから、いいから。さあ、始めるよ! 3、2、1、ゴウ!」
そう叫ぶと青年はグッと右手に力を入れてきた。

「誰なんだよ、お前!」

疑問と不安とが混ざり合った不快さ。
友哉は急に腹立たしさを感じ、右手に思い切り力を入れ、自分よりも頼りないその手を力一杯握り、左側に叩きつけようとした。
けれどその瞬間、びくりと痙攣し友哉は動きを止めた。

あの日、自分が岩に叩きつけた由宇の手の甲の、痛々しいアザが脳裏に蘇ってきたのだ。
行き場のない憤りを、何の罪もない由宇にぶつけ、傷つけた。
今の自分は、あの時の自分と何か違っているだろうか。
友哉は力を抜き、今対峙している青年の目を見つめた。

色の薄い、少しグリーンがかった琥珀色の瞳だ。
由宇の瞳だ。
友哉の腕から完全に力が抜けた。
青年は無表情のまま、たいして力を入れずに、友哉の右手をパンと岩の上に倒した。

「君の負けだ」
青年はスッと立ち上がると静かに言った。
「だから僕が誰なのか、教えない」

友哉はしゃがみ込んだまま青年をぼんやり見上げる。
「お前、・・・誰なんだ」
語尾が震えた。
「ずるいな。教えないって言ったのに」
青年は可笑しそうにカラリと笑い、続けた。
「そうだな・・・。じゃあね、今から僕が独り言を言うから、君はそれを聞いていてくれる? いい?」
青年はまるで一人芝居を演じようとする役者のように落ち着いた笑みを浮かべ、まだ座り込んでいる友哉を見下ろした。

いつしか青年の言葉は、よそよそしい敬語ではなく、友だちのような柔らかい口調に変わっていたが、友哉はその変化に気付かない。

たった一人の語り部に、たった一人の観客。
青年は、友哉の返事を待たずに、物語を読むように語り始めた。

「9年前のあの日、由宇という少年は、まだ明け切らない早朝、この滝壺を渡って向こう側の洞穴に行ったんだ」



------------------------------------------------------------
エピローグはありますが、次回の15話が、この物語の最終話です。
どうか、友哉の物語の終わりを見届けてください。

青年の存在の意味も、自然と見えてくるはずです。
正体はもう少しだけ、伏せておきます・・・・。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)だから動物はしゃべれないのか】へ
  • 【呵責の夏 第15話 漆黒の蝶の下で】へ

~ Comment ~

まだまだ 

まっしろ・・・( ・_・)




いやいや、いい加減ちょっとは何かを予想しろって(^^;

あ、めっちゃくちゃ楽しんでますよ~。
いや、「楽しい」っていう言葉、この場合は合ってるのかどうかわからないんですが・・・。もう、お話の冒頭からすっかり友哉の気持ちになっちゃって、胸苦しいやら恐ろしいやらなんやら、大変ですよ(笑)

NoTitle 

友哉が自分の心に決着をつける「前向き」な結末と、もうひとつ、「悲劇的」な結末、とふたつの結末を想像してみました。

limeさんはどちらをとったのか…
それとも、どちらでもないのかもしれませんね。
なんか、私の想像もつかないような結末が待っているような気もします。

もしかしてこの青年は、友哉の心がつくりだした幻影、という気がしてきました。自分でも気がつかないうちに、二重人格になっていたとか(それはないな…(汗

とにかく、長い夢を見ているようだったこの物語も、あと一話で終わりなんですね。

秋沙さんへ 

いやいや、なにも考えなくていいんですよ。(*^_^*)
推理小説ではないんですから。

ヒントもなにも提示してないので、わからなくて当たり前です。
とにかく、この物語を楽しんでいただけたらうれしいです。

友哉の気持ちになると、息苦しい・・。
そう言っていただけるとうれしいです。
もう少しで終わります。
そしたら、いっぱい、酸素補給してください。.*.。.:*・☆・゜

西幻響子さんへ 

ああ、そうですよね。

>「前向き」な結末と、もうひとつ、「悲劇的」な結末。
どちらの可能性もありますよね。
さあ・・・。どっちなんでしょう。

友哉の心がつくりだした幻影。
それは、ある意味、近いのかもしれません。
でも、幻ではないんです。二重人格でも。

そうですね~。
寂しいけど、あと一話でお別れです。
(私がさびしいです・(T_T)

この物語に「答え」は無いんですが、私が彼らに贈る、一つの「カタチ」です。

スピーディに展開してしまいますが、どうぞ、見てやってください。


気持ちいい~輝く ”まっ白”☆彡 

某洗濯洗剤のCMみたいですが...アハッ(ノω`*)

「カタチ」は あるけど 「答え」が 無い!
妄想お休みの脳には (´・∀・`)ヘェー っと、淡々な反応しか出ませんぞッ!

でも それでいいのでしょ、limeさま?
これで いいのだッ!d(´・m・`)OK ♪...byebye☆

けいったんさんへ 

しかたないですね~、けいったんさん。
考えるのやめろって言ったから、しかたないっす。

もうしばらく、流れに身を任せて、流れていてください。

あ、どこまでも、流れていかないでね・・・・。
帰ってきてね~~。

NoTitle 

どんな結末が待っているんだろう。どきどき。

続きが気になってしかたないであります~!

朝は来たものの読む時間がなく……。

ポール・ブリッツさんへ 

ああ~。
でも、あまり期待しないでくださいね。
そんな、どんでん返しが待っているわけではないんです。

「けっ」と、言われるか、
「ずるい」と言われるか、
「蛇道」といわれるか。

でも、ひと先ず青年のことはおいといて・・。
エピローグまで、お待ちくださいm(_ _)m

こんばんは^^ 

え~~っと・・・・・・

この青年が誰なのか、ず~~っと考えてました。
最初は前コメでも書いたように、保奈美が関わってるのかとも思いましたが、意外な盲点を忘れてました^^;

違うかも知れませんが、何となく「それ」以外では考えられない・・・・そんな気がしています。
最終話、楽しみにしていますv-398

蘭さんへ 

意外な盲点・・・。なんでしょうか。
もう、こうなったら一人くらい、当ててほしい・笑

ヒントは、とんでもなく意外なところにあるんです。
さあ、蘭さん、当たってるかなあ・・・。当たっていてほしいなあ。

あ、富田たちも、関係ありませんよ?

でも、次話は、そんなこと忘れて、友哉を見ててくださいね(*^_^*)
あくまで、青年は、脇役ですから♪

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

読んできましたよ~。PIYO。
ドキドキしながら。

ふふふ。これはね・・・・、ああ、言いたい。

でも、もう少し内緒。Rさんの答えが当たってるのか、そうでないかは、エピローグで、ほぼわかると思います。

ああ、・・・ハードル上げすぎちゃったかな、私(^o^;…
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)だから動物はしゃべれないのか】へ
  • 【呵責の夏 第15話 漆黒の蝶の下で】へ