KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第12話 同窓会の夜

 ←(雑記)なんとなく解説 →呵責の夏 第13話 あの場所へ
廃校直前の校舎を眺めながら行う同窓会は、その日の夕刻から始まった。
地元の連中は毎年駅近くの居酒屋に集まって小さな同窓会をやっていたらしいが、実家もなくなった友哉に連絡が来ることは、今回まで無かった。

けれど小学校が廃校となる前に、クラスメイト全員を集めるのだと、幹事はかなり頑張ったのだという。
初めて同窓会に顔を出した友哉を、旧友たちは優しく迎えてくれた。

流石に全員は難しかったらしく、その日の出席者は友哉を入れて16名。そして恩師が2名だけだった。
富田達の姿もない。友哉はその事に正直ホッとした。

世話好きのメンバーがせっせとバーベキューを焼く間、出席者はビアガーデン風にセッティングされた席に座り、あるいは立食しながら、それぞれの近況を報告し合った。

「久しぶりじゃなあ、友哉。こっちに帰る事ないって聞いとったし、どうかなあって思っちょったけど。来てくれて嬉しいよ」

元学級委員の高山圭太が、まん丸い顔で嬉しそうに笑った。
昔から世話好きだった彼は、進んで今回の幹事に名乗り出たそうだ。

圭太と話しているうちに、わりと仲の良かった4、5人が、懐かしそうに友哉を囲んだ。
体つきは皆ごつくなっていたが、面影は9年前と変わっていない。
ほんの少し他愛もない話をしただけで、友哉の中にあったわだかまりは、じんわりと溶けて無くなっていった。

「祖父母がまたこっちに引っ越してきたからね。ちょうどタイミングが良かったんだ。声を掛けてくれてありがとうな」
意識したわけではなかったが、方言が出てこなかった。けれど旧友たちは気にする様子もない。

「そう言えば、富田もこっちに帰って来ちょうから、声かけたんじゃけどな。気が向いたら来るって言いよったのに、顔出さんなあ。山岸も木ノ下も、地元におるのに来たことないんよ」

高山圭太が残念そうに言ったが、友哉は胸をなでおろした。
出来るなら、彼らとは話をしたくなかった。たとえ、何気ない世間話でも。

「俺なぁ、駅前で今日、富田見たんよ。なんかヤクザな格好しちょったわ。相変わらずパチンコでスッテンテンになっちょうんやろうな。木ノ下が困っちょったわ。金貸してくれって、頼って来るっちゅうて」
昔よりも、でっぷりと太った北浜テツヤが苦笑いしながら続けた。

「ほいでな、富田のやつ、モデルみたいなメチャクチャべっぴんの女に声掛けられよってな。焦りまくって道、教えちょったわ。すんげぇ可笑しかったぞ。
未だにあいつは女にモテんのやろうな。スケベが顔に出ちょるから、女に嫌われるんよ。昔も保奈美っちゅう子に散々嫌われちょったじゃん」

そこまでニヤニヤして聞いていた友人達は、保奈美の名が出ると急に表情を曇らせた。
テツヤもちらりと友哉を見、しまったとばかりに言葉を詰まらせる。

友哉は、努めて平静を装い、穏やかに話題に入り、テツヤを助けた。

「そうか。富田もこっちに帰って来てたんだな」

「ああ……うん。……それにしても、美人やったなあ、あの女。観光客かな。真っ赤なワンピースでなあ、ほんと女優みたいじゃった。オレ……声、掛けたら良かったかなあ」
「結局女に見惚れとんのやろ、テツヤは。富田と変わらんじゃん」
圭太がテツヤに突っ込むと、皆、可笑しそうに笑った。

それぞれが、由宇と仲の良かった友哉を気遣い、そして9年前の悲しい出来事に胸を痛めていたのが友哉には伝わって来る。

聞こえないふりをしていたが、始まってすぐの時間、友哉と少し離れた場所で女の子たちが由宇の話をしているのが聞こえていた。

あの事故から2年後、由宇の生還をあきらめた家族が、東京の父親の実家でひっそり告別式を行ったという。
式の正式な知らせも来ず、この学校から参列したものもいなかったらしい。


「友哉君、……参列したかったんじゃないんかな。仲よかったもん……」
女子の一人がしんみりとそう言った。

旧友たちは、皆優しい連中ばかりだった。
歪んでいじけて、拒絶していたのは自分のほうだった。

今も、9年前も。



             ◇


したたかに酒を飲み、旧友達と語り合って校舎を後にした頃には、夜中の12時を過ぎていた。
車で送って行こうと声を掛けてもらったが、定員オーバーなのが分かっていたので、その友人の誘いをやんわり断り、友哉は酔いを醒ますように一人、懐かしい通学路を歩いた。

田舎の夜道には人っ子ひとり歩いておらず、呆れるほど寂しげだ。
傍の藪の中から鳴く虫の声が、更にそれを増長させる。

飲み慣れない酒のせいで急にのどが渇いた友哉は、ポツンと立つ自動販売機に近寄り小銭を出した。
それと同時に、街灯の光に引き寄せられた大きな蛾が、ピタリと販売機のボタンの上に止まった。
大人の手の平ほどもある、ベージュのグロテスクなヤママユガだ。

その時、友哉の後ろで、何かに驚いたようなくぐもった声が聞こえた。

咄嗟に振り向いた友哉の顔が強ばる。

そこにはあの少年が立っていた。
ここに来たあの日、友哉にぶつかりそうになった、高校生くらいの少年だ。

―――由宇に、とてもよく似た顔立ちの。

「うわあー、でっかい蛾ですね。こんなの初めて見ました。蝶は好きなんだけど、蛾は怖くてダメなんです」

少年は心底おびえたように、けれど愛嬌たっぷりに笑った。
とてもきれいな標準語だ。

友哉が固まって見つめていると、少年は困ったように懇願してきた。
「申し訳ないんだけど、代わりにお茶、買ってくれませんか?」
そう言って友哉に小銭を差し出して来た。

「あ……ああ……、いいけど」
思わず声が上ずってしまう。

友哉は小銭を受け取ると、蛾が止まっているすぐ横のボタンを押し、緑茶のペットボトルを取り出して少年に渡した。
少年は友哉の手からペットボトルを受け取ると、「どうもありがとう」と、微笑んだ。
ほんの少し触れた手が熱を帯び、心臓の鼓動が速くなる。

友哉はその少年の目をじっと見つめた。無遠慮なほどに。
けれどそんな友哉のしぐさを不快に感じた様子も無く、少年はサラリとした茶色っぽい髪をかき上げる。

そして、優しく友哉の目を見つめ返すと、言ったのだ。


「僕は……そんなに貴方の昔の友人に、似ていますか?」、と。


少し悲しげに微笑んだその瞳は、記憶から離れない、あの緑がかった琥珀だった。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)なんとなく解説】へ
  • 【呵責の夏 第13話 あの場所へ】へ

~ Comment ~

NoTitle 

そうか~、蝶の羽化は関係なかったかぁ。
というか、またあの青年が出てきましたね!
そのうえ、友哉の「昔の友人」のことを知っている…
うーん。どうしてだろう(あ、また考えちゃった

実は保奈美と由宇とその青年とで○○○なのだとか…(他の読者の方の推理の妨げになるといかんので、○○○は言わんときます

それに、富田くんに声をかけてた「べっぴんの女」というのも気になります。

でも、同窓会の場面はよかったです。
思わずほっとするシーンですね。
友哉が楽しめたので、こっちまで嬉しくなったり。

それにしてもあの青年…。うーん…。

西幻響子さんへ 

やっぱり、いろいろ考えちゃいますよね。
私も、そうやって読者から出てきた意見が新鮮で、ちょっと楽しいです。
(でも、内心ひやひや・笑)

おお、なるほど。そうきましたか。
そうですね・・・この青年と保奈美と由宇は、三つ子でも、親戚でもありません。

ヒントはここまでです。
でも、推理物ではないので、答えは出ないと思いますが・・・。
(いや、・・・西幻さんなら、当たっちゃうかな?・・・しかし「べっぴんの女」に注目するとは!)

さあ、頭を真っ白にして、友哉と同じ気持ちを味わっていってください。( ̄ー ̄)

あ、同窓会、ホッとして戴けましたか。
昔のわだかまりも、これで友哉の中から消えるはずです。
この帰郷を、後悔してほしくなかったんです。

でも、さあ、これからどうなるかな?

脳を 真っ白(゜▽゜*;).。o 0 

いつもの 妄想をかなぐり捨てて 友哉の気持ちで・・・ですね!ポィ(o'д')ノ ⌒ ○←妄想

同窓会での 級友の優しさは 蟠りを徐々に 解かしてくれたみたいで 帰ってきて 良かったね 友哉。
過去に席を置いていた学校が 廃校になるのも 悲しいけど 新しくなっているのを見るのも ちょっと 淋しいものです...(経験談)

気になっていた青年が 再び登場!
オバケ!~~~(m-_-)mウラメシヤァ~~~∑(゚ω゚ノ;)ノ・・・ってことじゃ ないですよねー。
しまった!また 変な妄想をしてしまった!lime様 、許してー(´゚∀゚`;)ゞbyebye☆

NoTitle 

またクローン、とかはなしですぜlimeさん。

まさかと思うので先に予防線を(笑)。

けいったんさんへ 

けいったんさんの絵文字、かわいい~・笑

けいったんさんの学校は、新築になっちゃったんですか?
それもなんだか、寂しいですね・・・。
私の小学校も、廃校になっちゃったんです。
つい最近知ったんですが・笑
(田舎に帰らないと、こうなるんだなあ)

さて、あの青年が再び登場です。注目してください!
いやいやいや・・・・。幽霊ではありませんから( ̄▽ ̄)

でも、許す。
(何さま・笑)

さあ、再び、頭まっしろで♪

ポール・ブリッツさんへ 

ポールさん( ̄▽ ̄)

保奈美は男じゃないし、この青年はクローンではありません~。
そんな展開は、私が許しません・笑

でもまあ、この答えが皆さんに受け入れられるかは、ちょっと不安なんですが。

SFでも、ホラーでも、ファンタジーでも、夢オチでもないと・・・思います。

今一番悩んでいるのは、この男性を『青年』と表記してしまったこと。
ああ、失敗したかな・・・。

こんばんは^^ 

何気ない同窓会のシーンで、正直ホッとしました。

でもでも・・・・・謎の青年の登場。
一体何者なのかという疑惑を遺しつつ、ラストへと一直線ですねv-290

そうそう! 雑記中に「ギギュウ」の事が書いてありましたが、こちらの方では「ギュウギュウ」と呼ばれてますよ~。
トゲがあって、下手に握ると射されて大変な事になるんですよね。
アジゴ釣りの時に良く引っ掛かって来て、主人に取ってもらってましたよv-290

蘭さんへ 

同窓会でホッとしていただいてうれしいです♪
みんな大人になって、さらにやわらかくなっていったんですよね。きっと。

謎の少年。これからかなり重要な役回りになります。


え?「ギュウギュウ」っていうんですか?蘭さんのところでは。
わ~~。じゃあ、やっぱり、いるんですね!
私は実際見たことも触ったこともないので、半信半疑だったんですが、
同年代の男の子たちが、とても怖がってたことを覚えています。
そっか~。
やっぱり、いるんですね。
本名はなんでしょうね。

NoTitle 

これが正解でしょ?

青年はリクです。

あー、当てちゃったかな。ゴメンナサイ。

ヒロハルさんへ 

何でリクですか~・笑

リクはふわふわ癖っ毛ですヾ(`ε´)

あ・・・まてよ?
リクは霊が見えるから???

ああ、今まで気がつかなかった! ヒロハルさん、ある意味、すごい!

NoTitle 

まっしろ・・・_(・・ )φ

NoTitle 

不思議な出来事ですね。
なんともまぁ失った親友と同じ顔、姿形をした人がいるとは・・・。

世の中には三人似た人がうんぬん。

それよりすごいのはlimeさんの名前のセンスですよね。
改めて気がついたのですが(言ってたやろ

ほなみ→俺が女
ゆう→俺が男

なんとすごい!

NoTitle 

あぁぁ!これ!?

http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A6

ってあたし、こんな時間に何やってるんだか・・・(^^;

秋沙さんへ 

真っ白になっちゃいました?笑

いや、でも、楽しんでいただけてるかが心配。

このお話は、ここで驚かそうと思った作った物語ではないので、
「この人の正体は?」と言うところは、あまり注目してほしくなかったんです~。
(インパクト強すぎちゃったね、この子)

この青年(少年)の正体は、嫌でも後からわかります^^。

だから、皆さんには、ただ、友哉の気持ちになってほしいなあ・・・と。

ねみさんへ 

ねみさんは、けっこう鋭いかも・笑
このあとの展開も、お楽しみに♪

名前・・・前に言ってたじゃないですか・笑

>ほなみ→俺が女
>ゆう→俺が男

この偶然は、ちょっとすごい・・・・。

秋沙さんへ 

おや!
これがギュウギュウ?
おお・・・・でも、これは海の魚?淡水魚?
もしかしたら鮭のように、川から海へ出る魚?

私もちょっと調べてみたら、ギギュウっていう魚のブログ記事がありました。
本名だったのか??

山間部の川にすむナマズ科。食べてもウマイ・笑
でも、このお話に出てくるギギュウは小さな魚なので、もしかしたら、その稚魚なのかもしれませんね。

おお・・・・。勉強になりました。

夜中に何してんですか。

NoTitle 

こんばんは…!

べっぴんさんかあ…気になるなあ、双子の姉ちゃんかな?と思ったけど、どうなんでしょう?
そういえば、お正月に掲載されていたイラストの青年と「友哉の心臓に悪い青年」が重なるんだけど…うむむ…。

ああ、そういえば私が小学校高学年のほんの一時期通った田舎の小学校が廃校になるというので、去年の10月に同窓会があって…私卒業までいなかったのに、わざわざお知らせのハガキが来たので参加したのですよ。それなりに楽しい時間でしたが…幹事たちが声をかけた中でひとりだけ「行方不明」の人がいて…やっぱり、皆、その話題には触れませんでしたねえ…。

そのときの雰囲気を思い出しました。

有村司さんへ 

赤いワンピースのべっぴんさん。
気になりますか?? うれしいな。

覚えて置いてくださいね^^ ふふ。

ええ~、廃校記念の(ん?)同窓会が??
まるでシチュエーションが一緒ですね。どきどき。
私の小学校も、廃校になったんですが・・・一昨年まで、しりませんでした(爆

え・・・行方不明の方が?
それは、なんとなく触れない感じになりますよね。

私の小学校の同級生の一人が、5年前くらい前に自殺してしまったと言う話を聞いた時も、ひどくショックでした。男子6名、女子6名の、少数クラスだったので、よけいに・・・。
小学校のころの思い出は、なぜか爽快な思い出よりも、どんよりとしたものが多いのは・・・私だけでしょうか。

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)なんとなく解説】へ
  • 【呵責の夏 第13話 あの場所へ】へ