KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第11話 喪失

 ←呵責の夏 第10話 怒り →(雑記)なんとなく解説
由宇がいなくなった。

翌日、大人達が大騒ぎし始めたのを知ったとき、友哉は全身を突き刺すような戦慄に襲われた。
それは紛れもない恐怖だった。
咄嗟に浮かんだ恐ろしい想像を頭を振って必死に否定するが、その妄想はじわじわ精神を浸食してくる。

信じない。何かの間違いだ。自分は何も知らない。関係ない。
ただそれだけを心の中で叫んでいた。

早朝、滝の方へ歩いていく由宇を見たという老人の話を元に、消防団や地元の青年団が総出で必死に滝の周辺や山道を捜索したが、夕刻になっても見つからなかった。
捜索は二手に分かれており、片方では昼過ぎに、川底をさらえる作業に切り替わっていた。
昨夜遅く再び降った雨は不気味に水を濁らせ、大人でも流しそうに勢いを増している。


――――ちがう。ちがう!

友哉は小刻みに震えながら、長い竹竿で滝壺や下流の川の澱みを探し回る大人達を、他の野次馬の子供達に混じって見つめていた。


『そんならお前が行って、カゴ取って来いや!』

友哉はそう、あの少年に言ったのだ。

けれど、いくら由宇が何も知らない街の子でも、大雨の翌日のあの滝壺を横切ることがどんなに危険な事か、少し考えれば分かるはずだ。分からなかったとしたら、あいつが馬鹿なんだ。

いくらそんな風に思っても、友哉の指先の震えは止まらない。

舌が痺れ、からだ全体まで震えてくるのを感じながら友哉は、竹竿をザクザクと水に突き立てつつ川下に移動していく大人達を、ただ呆けたように見つめていた。

彼らが場所を変えて見えなくなると、友哉は一人、まだ流れの速い滝壺に飛び込んだ。
水の少ない日ならば、立ったまま容易に渡ることが出来るが、今日はそうはいかない。
浅瀬を歩いて渡り、下の崖に落ちるリスクを考えれば、深みに飛び込んで泳いだ方が安全なのだ。

今日のような流れでも、反対側に渡るのは友哉にとって訳もなかったが、もし由宇だったら、押し流され、足を滑らせて、下の岩場に打ち付けられてしまうかもしれない。
そんなこと、あってはならない。絶対にあってはならない。
友哉は、ずぶ濡れになりながら水から上がり、足をもつれさせ、目の前の大きなドーム状の洞穴へ飛び込んだ。

そこに居てくれと願いながら。

けれどそこにあったのは由宇の小さな虫カゴだけだった。

奥行き5、6メートルほどの薄暗い洞の中に、ボンヤリと浮かび上がったブルーの虫カゴ。それにゆっくり近づいた友哉の心臓がトンと跳ねた。

フタが開いている。

そして、そっと入れて置いた枝には、すでに抜け殻になったサナギがぶら下がっている。

蝶は羽化したのだ。


羽化したのにカゴの中じゃ、かわいそうだと由宇は言った。
まさか、そのためにここまで来て、フタを開けたのか? フタを開けて、蝶を逃がしてやったのか? 

信じられない思いで友哉はカゴを持ち上げた。

「こんな事しに、何でここに来たん? 由宇」

震えた声が、薄暗い洞穴に響き渡った。


『こっちが友哉くん。まだサナギなのが僕だ』

夢見るように言った由宇の声が蘇ってきた。

『二匹は友だちなんだ。あの蝶はきっともう一匹の羽化を待ってるよ。一匹だけじゃ寂しいもん』


込み上げてきていた感情が、急激に恐怖に変わった。
受け入れられない現実は、恐怖でしかなかった。

友哉は虫カゴを振り上げ、闇の奥に力一杯投げつけると、来た方向へ走り出した。
今、はっきりと分かる。“由宇は、帰る途中で流されたんだ”


「ちがう! ちがう! ちがう! 俺は知らん! 俺は関係ない」


全てが恐ろしく、全てを否定したくて友哉は叫んだ。
再び水の中に飛び込み、反対岸に飛び上がり、無我夢中で走った。

途中で鮮やかな黄色のアゲハ蝶が目の端に映ったが、それさえも恐怖を増長させ、友哉は家へ辿り着くまで走り続けた。


三日三晩、警察や消防団が山や崖や水底を探し回ったが、由宇の体は見つからなかった。
そのかわり、その朝由宇が履いていたサンダルが、滝のすぐ下流の川で見つかった。
それが物語る事実は、一縷の望みをかけていた人々を悲しみの底に突き落とした。

友哉は口をつぐみ、家から一歩も出なかったが、大人達の目には友だちを失ってショックに苛まれている可愛そうな少年として映ったことだろう。

友哉は自分の狡さを呪った。

けれど他にどうすることも出来なかった。ただ、あの日のことを無かったことにしたかった。
あれはただの思い違いだ。あの日のやり取りは、本当は無かったのだ。記憶違いなんだ、と。

それは富田たちも、全く同じだったらしい。
あの三人も口を閉ざし、まるで人が変わったように大人しくなった。


「忘れるんだ」

それは暗黙の了解だった。


狡くて弱くて無力な少年達の心は、由宇という少年の存在を忘れ去ることで保たれ、生きながらえてきたのだ。



        ◇



「友哉? シャツだけで寝ちょったらいけんよ。ほれ、服着いや。風邪ひかして帰したら、あんたのお母さんに怒られるけえ」

覗き込むように言った祖母のカナエの声に、友哉はハッとして飛び起きた。


ボーッとした頭で辺りを見回す。
早朝に起きてきて、そのまま居間で二度寝してしまったらしい。

じわりと、昔の夢を見ていたことを思い出した。
長い夢の余韻が、再び友哉の胸に疼きを与えた。
あの夏から9年が経ったというのに。

誰にも責められず、誰にも真実を伝えず、けれどもずっと罪の意識に縛られ、鎖で繋がれているように感じ続けた苦い日々。


結局忘れることなどできなかった。
逃げても逃げても、あの夏は友哉を解放してはくれなかった。

きっと由宇は自分を許してはくれないのだ。


どうせ許されないのならば、最後にもう一度あの場所に行こう。

手を合わせて。……それで、終わりにしよう。

それで、終わらせてくれ……。由宇。 


友哉は祈るように、ギュッと目を閉じた。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【呵責の夏 第10話 怒り】へ
  • 【(雑記)なんとなく解説】へ

~ Comment ~

NoTitle 

うーん…。思わずうなちゃいますね。うーん。。。
limeさんの胃が痛くなった気持ちがわかる気がします。

本当に死んでしまったんだろうか?由宇は。
このあと、出てきたりして(笑)

レベルE、だまされました。また(笑)
王子がまた出てきた~~
あの男の子の部屋を会議室にしてるとこがまた笑える!
大爆笑です。

西幻響子さんへ 

なんか、胃が痛いでしょう?
救いがない感じで。
もう、なんの巻き返しも償いも拒否られた感じで・・・・。

友哉の罪は、どれほどのものか。
そこが悩むところなんですよね。
下手したら、私も友哉になってたかも・・・とか思う事があるし。

>本当に死んでしまったんだろうか?由宇は。
>このあと、出てきたりして(笑)

はい、これは良い質問です。
由宇は、死んでしまいました。
その描写はあえて書きませんが、由宇は本当に死んでしまったんです。
(いいのかな、こんなこと書いて・笑)

やった~~。
西幻さんも騙されましたね、レベルE・笑
いや、あれは騙すとか言うレベルではなくて、夢オチレベルですね・笑
でも、嬉しいじゃないですか。
また王子に会えるんですもん♪

おはようございます^^ 

ちょっと、なんだか朝から酔っ払ってる蘭です(笑)。
昨夜全然眠れなくて、ず~~っと録画した映画とか観てたのですが、こりゃー寝らんとヤバイんじゃ??と思い、お酒をコップ一杯ぐい飲みした後、ヘロヘロした気分でPC開けて遊びに来ましたv-411

う~~ん、う~~ん・・・・・・こうなるとはわかっていながらも、実際に文になったのを読むのはキビシイ・・・・・・e-330

確かこの後、同窓会があるんですよね??
そこに保奈美が来るのでは・・・・なんて考えたりv-398
その後の富田達がどうなったかも知りたいですね~v-391

続き、楽しみじゃ~~~v-305うぃ~~っくv-402

蘭さんへ 

ちょっと、蘭さん~~。大丈夫ですかあ??笑
朝から二日酔いとか、ならないでくださいよ~。
でも、お酒をコップ1杯でへろへろになっちゃうとは、かわゆい。

なかなかキビシイ展開ですよねえ。
ああ、そうだ、同窓会。
覚えてくれてましたね?

保奈美かあ!
忘れかけてた(おい)
彼女はきっともう、嫌な思い出しかないこの学校には来ないんじゃないでしょうかね。
でも、来たらまた、別の展開が待ってそう♪
いや・・・怖い展開。
富田も気になるところですよね。

そんなこともひっくるめて、ちょっと意外な展開になるはずです。
また来てくださいね~♪
お酒飲みながらでいいですし・笑

由宇の死 

フタの開いた虫かごから サナギは蝶に孵化して もう一匹の蝶と共に ”仲良く”飛んでいったのかなぁ。
由宇が、死んでも(lime様が はっきり言うから確かなのね・・・) 蝶に 由宇の魂を乗せて  飛んでいったと思いたいな。

本当に 由宇は 死んでいるんですよね?(何度も しつこいですが)
では 友哉が 田舎に着いて 最初に会った 由宇に似た彼は 何者なの!?
友哉が見た幻ーー!∑(゚ω゚ノ)ノ

それに意外な展開ってぇ~~~ワカンニャイ(´・д・`?)ゞbyebye☆

NoTitle 

私もズーンと胸にきちゃいました。
分かっていた結末とは言え、やっぱり、なんか
可哀想で切なくて……。
また、limeさんの情景描写が素晴らしいですね。
その場の光景が脳裡に浮かんで迫ってくる感じです。
やっぱりlimeさんは上手い!

この後の同窓会。すっごい気になります。

NoTitle 

物語の進行とかそんなことも気になりますが、何より
胃を痛くしてまでなぜlimeさんがこのお話を書きたかったのか・・・・・・
そのほうが気になります。

小学生のときのことです。
自転車で女の子を後ろに乗せて、坂道を走行して転んでしまい、
怪我をさせてしまいました。
そしてその数日後、彼女の転校が明らかになりました。

彼女の転校の理由は自分にあるのかも、と子供ながらにビビッていました。汗。

けいったんさんへ 

ほんとうにね。
由宇の魂が、蝶に宿って、飛んで行ってくれってたら・・・と思います。
もう一匹の蝶と戯れてほしい。

そう、由宇は死んでしまいました。

え? あの青年?・・・・覚えてましたか・笑
そうですね。
彼は、もしかしたらまた出て来てくれるかもしれません。
幻なのか。
それとも・・・。

さあ、じっくりこの先を覗いてみてください。
この物語は、どこにたどり着くのかを。

narinariさんへ 

由宇に関しては、私も本当に罪悪感。
かわいい子だったのに (>_<)
なんか、別の物語で生まれさせてあげたいです・・・。

ありがとうございます。
そう言っていただけると、嬉しいです。
(単純なもので・笑)
3か月前に書いて、今、改めて推敲しながらUPしています。
時間をおくと、表現の過不足が見えてきますね。

このあとの同窓会。
その夜、何が起こるか、見てやってください。

友哉や由宇の魂が少しは救われるといいんですが・・・。残り、あとたった5話です。

NoTitle 

心の準備はできていたはずだけれど、こう読むとやっぱりつらいですね……。

さなぎが羽化したのが唯一の救いですか。

しかしそれがなんになる、と友哉くんはいうでしょうし、当たり前の反応ですね。

これからどう思い出と決着をつけるのか(つけられるのか)注視したいと思います。

あっ「喪われた故郷」図書館に来ました。今日は徹夜で読みます(原稿は……?(^^;))

ヒロハルさんへ 

いやあ、きっとその子の転校は、ヒロハルさんのせいじゃないですよ。
転校することを、言いだせなかったんでしょう。
いやあ~、なんか、逆に初々しい、甘酸っぱい話です。(勝手に妄想)
自転車の後ろ・・・・。青春だなあ~♪

鋭いところを突いてこられました。
そう、なんで私は、こんな胃の痛い、救いのなさそうな話を描くのでしょうか。
(いや、太字にすることは無い・笑)
決して、道徳的なものを込めたわけではないんです。
自分の物語に、教訓めいたことを入れようと思った事はありません。
そうですね・・・。
この先の展開を見てもらえば、わかるかもしれません。
もっと、ずっと先ですが・・・。
もうしばらくお付き合いくださいm(_ _)m

ポール・ブリッツさんへ 

そうですよね。
友哉に取って、蝶の羽化なんて、なんの意味も無く・・・。
かわいそうな子供たちです。

でも、ポールさんに、そんな悲惨さが伝わってうれしいです。
さあ、これからどうなるんでしょう。
決着がつくとも思えないんですが・・・。
これから少し、奇妙な展開になっていきます。


おお!来ましたか、「喪われた故郷」。
この第3弾で、私はこの作品に引き込まれました。
そして、第4弾で、もだえ苦しみました。
次話が読みたい・・・・と。
もし、気に行っていただけたら、ぜひ「秘められた掟」も・・・・。

私の方は、「リヴィエラを撃て」下巻の1/3くらいです。
まだ、リヴィエラは憎たらしさを出していませんが、楽しく読んでいます!
できれば、もっともっとジャックと伝書鳩のやり取りがじっくり見たい・・・・。
そして、シンクレア~(*^-^*)。(まだ、出て来てくれるのかな?)
リーアンが出てくると、少しがっかりするのは、きっと嫉妬ですよね・爆

NoTitle 

リヴィエラは、もう、とにかく、「おれがこの手で殺してやろうか」と本気で思いました。この温厚な(どこがじゃ(笑))わたしがであります。高村先生筆力すげえ。

シンクレアさんは、最終盤にものすごい見せ場があります。

そのときをお楽しみに~。


ちょっとネットでレビューを読んでみたら(ネタバレが一部あるのでURLは上げませんが)、この本までBL小説扱いにしているブログがあってフクザツな気分でした(^^;) これがそうなら高村先生の本はみんなBLじゃねえか(笑)。

ポール・ブリッツさんへ 

じゃあ、じゃあ、このあとなんですね。
リヴィエラが本当に動くのは!
もしや、日本で?
たのしみです。
この温厚な私をも、怒らすことができるのか・笑

やった!シンクレア、出てくるんですね。よかった。みんな死んじゃうのかと・・・・。

>これがそうなら高村先生の本はみんなBLじゃねえか(笑)。
・・・↑なんか、笑ってしまいました。
ポールさんの気持ちも分かる・笑
でも、ブロガーさんの気持ちもわかる・笑

もう、高村先生の世界は、男とか女とか、そういうものを超越した、底知れない人間愛があるんですよね~。
そこにも私は惹かれてしまいます。
ああ、ますます好きになります。高村先生。

硬質な中に、「きゃあ~」って言いたいくらい純粋な描写があったり。
もう、そんなの卑怯です~~♪


NoTitle 

裸で寝てた……ごほん。
いえ、別に僕はホモじゃございませんぜ。

由宇さん死体も残さずに消えてしまったんですね。
サンダルあるけど・・・。
なにか複雑な気分です。

由宇・・・。

ねみさんへ 

いや、ねみさんがホモでもかまいませんよ・笑
田舎の夏は、裸に限ります(おいおい)

由宇の遺体は見つかりませんでしたね。
見つかる設定にしても良かったんですが、
悩んだ結果、その描写は書かないことにしました。

可愛そうなことをしました。

NoTitle 

lime様、こ、こんばんは(´;ω;`)ブワッ

胸が苦しいです~。
由宇の虫カゴを投げ捨てて、脱兎の如く走る友哉の視点で、黄色いアゲハ蝶が霞んで消えた‥‥そんな描写が、頭の中にまだ残っています。
雨のしずくに濡れた森の緑、土のにおい、激しい動悸。
鮮やか過ぎて、痛い(泣)

友哉の気持ち、そして由宇の気持ち。本当に辛いですね。
でも、私の中にとりわけ強く語りかけたのは、なぜか「富田」の存在でした。
いわばカタキ役である富田ですけど、友哉と同じぐらいに、あるいは、その後の友哉と由宇の会話を知らないことを考えればそれ以上に、富田はとてもとても後悔したのではないかな、と。
自分のいやらしい揶揄が引き鉄を引いたという自覚もあるだろうし。
由宇の死が現実のものとなって、周りは次第次第にそれを受け入れ、落ち着いただろうけれど、学校で富田は毎日友哉と顔を合わせる訳ですよね。
何を思ったんだろう、と思うと、そして沈黙を守る富田に、友哉はどんな顔をしたんだろうと思うと、何だかますます苦しくて‥‥。

うっうっうっ‥‥しかも友哉が、保奈美によく似た面差しの「少年」である由宇に抱いた、さまざまな感情を、どのように考えていたのかが、手に取るようにわかるだけに、何かもういろいろ心に痛すぎる・゚・(つД`)・゚・

もうすでにPCの画面が涙で霞んできているのですが、最後までついていきます!
というかもうこれ、最後まで読まなきゃ心が落ち着かない(´;ω;`)ブワッ
また来ます~(泣)

土屋マルさんへ 

わ・・・わたしも、マルさんの感想を読みながら、ウルウルです(;_;)

私が思い描いたそのまんまを、余すことなくマルさんが受けとめてくれる。
改めて小説を書いて良かったなあ~と感じました。
文字が伝えられることって、もしかしたら、映像よりも大きな可能性があるんじゃないかと・・・。

もう、マルさんの感想に感動です。

それからね、「富田」にこんなに注目してくれたのは、マルさんが初めてかもしれません。
すっごくうれしいです。
そうなんです、私も、富田の事はすごく気になっていました。
私の中では、彼が哀れでなりませんでしたから。
ひそかに友哉に嫉妬し、素直に由宇への好意を表現できなかった富田。
子供独特の、ちょっとしたイジワルが・・・。

この事故の後、半年後に友哉は神奈川に引っ越して行ったのですが、その半年間は、本当にお互い苦しかったと思います。

まあ・・・種明かしをすると、富田は、あまり立派な大人にはなってないんですけどね^^;
あとで、ちょろっと噂話が出てきます。

呵責の夏、このあとは現代に戻りますが、奇妙な展開になって行きます。
もう少しです(>_<)
がんばって、ついてきてくださいね~~i-201

NoTitle 

ああ…蝶の羽化を見届けた天使が、ひとり空へ還っていきました…。

…なんて言ってる場合じゃない…!!
これは…これは確かにすべてを封印して、懐かしい筈の何もかもを呪いたくなるのも仕方ありません。
これは、友哉にとって「過去」ではなく「9年間続いている現実」なのですから…。

しかし、双子の姉や、家族の描写がないのが気になります。
某超有名韓流ドラマみたいに「実は死んでなかったから葬式もしなかったんだよーん」なんて恐るべきザル脚本には、limeさまはしないと思うのですが…。

有村司さんへ 

友哉にとっては、過去ではない!そこなんですよ!(どこ!)

>しかし、双子の姉や、家族の描写がないのが気になります。

ああ、そうですよね。
だから「由宇は生きてるんじゃ?」と、書かれる方が多いんですね。

家族の描写は、同窓会で少しだけ語られます。
お葬式も1年後にされてるんだけど、友哉は知らなかったみたいです。

由宇は本当に亡くなってるんだけど、遺体が見つかったという描写が、どうしても辛くて書けなかったんです。
書くべきだとは思ったんだけど。
可哀想で書けなかったんですーーー。

と、いうことで、由宇は本当に死んでしまったんです><

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

おはようございます。
こちらも読んでくださって、ありがとうございます。

はい、冒頭に友哉が示したように、由宇はそういう運命にありました。
直接的には、友哉やいじめっ子たちのせいではなく、由宇の無鉄砲さが招いたことなんですが、
友哉や富田たちが、罪の意識を持たないはずはないですよね。

犯罪ではない、罪の重さというのを、ここに描きたかったのです。
何気ない意地悪やすれ違いが、取り返しのつかない事につながるという悲劇。
償う事も解放されることもない呵責です。

由宇は、そのために作り出したキャラなので、可愛そうですがここで登場は終わりになります。

・・・と、みせかけて・・・。
後半はこのお話のサスペンス部分に突入するのですが。

この世代の子供を描くのは、新鮮でとても楽しいです。
方言はもう、作中で使う事はしないと思いますが。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【呵責の夏 第10話 怒り】へ
  • 【(雑記)なんとなく解説】へ