KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第10話 怒り

 ←呵責の夏 第9話 羽化 →呵責の夏 第11話 喪失
翌日その場所に行ってみると、夜のうちに降った雨のせいで滝壺の水は少しばかり濁っていた。
けれど友哉と由宇を落胆させたのは、その場に先客が居たことだ。
一番会いたくなかった奴らだ。

「何もんくありそうな顔しちょんじゃ友哉。俺らがここにおったら悪いんか?」
木ノ下と山岸を引き連れた富田は、ニヤリとして言った。
「お前らいっつもコソコソ、こんなとこに隠れて遊びよんじゃろ?」
木ノ下も山岸も、富田が側に居るときだけは、自信満々に暴言を吐く雑魚だ。
友哉は吐き捨てるように言った。
「何もコソコソしちょらせん。行こう、由宇」
けれど、由宇は不満そうだ。
「サナギは?」
「あんなもん、いつだってええやろ? もう行こうや」
そう言って由宇の手を取った友哉の後ろから、富田が低く言った。
「仲がええよな、お前ら。友哉は保奈美の代わりにええペット見つけたんよな」
友哉は勢い振り返り、富田を鋭く睨みつけた。
「何ゆうた!」
「ほら、当たったから怒るんじゃ。みんな知っちょうで。友哉は保奈美に惚れちょうから。でも保奈美は高嶺の花やけ、代わりによう似ちょう由宇で遊びよるって。由宇にキスでもしたんか?」

言い終わる前に友哉は富田に飛びかかっていた。
湿った枯れ葉の上に突き倒すが、がたいの大きい富田に逆にひっくり返され、そして勢いあまりもう一回転がった。
その弾みに、至る所に浮き出ている木の根に富田はしたたか頭をぶつけ、鈍い音をたてた。
「このやろう!」
富田に加勢しようとした二人に押さえ込まれそうになったが、闇雲に振り回した友哉の腕が二人の鼻っ柱にヒットし、情けない子分どもはすぐさま脇へ退いた。
しかしボスはそう簡単はいかない。体格の差から友哉はすぐに形勢を逆転されひっくり返され、富田にのしかかられた。
怒りに引きつった顔のまま、富田が友哉に拳を振り上げた瞬間、由宇が金切り声を上げた。

けれども富田を止めたのはその声では無かった。
由宇の声に共鳴するように激しい落雷の音が大地を震撼させた。稲光と同時に轟いた強烈な爆音は少年達を飛び上がらせ、我に返した。
すかさず降り出した激しい雨が、このままそこに居るのが危険であると警告してくる。
鬱蒼とした木々の葉の天蓋を突き抜けて落ちてくる激しい雨の中、友哉は富田達を睨みながら由宇の手を取った。そして黙って滑りやすい岩や木の根を避けながら、遊歩道までの坂を上りはじめた。
まだゴロゴロと不気味に喉を鳴らす雷を警戒し、先ずは由宇を無事に帰すのが先決に思えたのだ。

「由宇!」
まだその場に座り込みながら富田が叫んだ。
「虫かごなあ、向こう側の洞穴の中に置いたけ。お前、取って来いや。大事なんじゃないんか?」
由宇は富田の言葉に体を固くした。
富田は昨日の、あのやり取りを聞いていたのだろうか。まさか、後を付けて来たのか? 
友哉は虫唾の走るような嫌悪感を覚えた。
「なぁ由宇。怖あて、行かれんか? お前は友哉にくっついて歩くだけの金魚のフンじゃけ。なんもようせんやろ」
理解に苦しむ言いがかりに困惑し、友哉をチラリと見る由宇。
「バカの言うことは放っとけ!」
言い捨てると友哉は由宇の手を引き、坂を登っていった。
富田を振り返ることはしなかった。
雨に打たれながらも、気違いじみた言いがかりを付けた富田が不気味で仕方なかった。
富田の一連の言動は、ただの幼稚な焼き餅なのではないかと思ったが、そんなことで免罪にしたくない。
そんなことで、友哉が受けた「侮辱」が軽減されはしない。
その腹立たしさは、尚も友哉の胸の奥で煮えたぎり、怒りが手足を冷やしていった。

ただ黙々と足早に、滑りやすい山道を、由宇の手を掴んだまま進んだ。
雨足が弱まり雷鳴が遠ざかると、緊張が解けたのか、由宇がポツリと小さく言った。
ずっと言いたくて仕方なかったのだろう。
「サナギ、・・・大丈夫かな」
こんな時に、何がサナギだ!
「知るか! どうだってええよ、そんなもん!」
吐き捨てるように言うと、由宇は悲しげに顔を歪めた。
「羽化したのに、虫かごの中じゃ、可愛そうだね。・・・死んじゃうかな」
友哉の中で、何かがブチンと切れた。掴んでいた手を、乱暴に振り払う。

「俺がカゴに入れたから悪いんやろ? そう思うたらそう言えや! ムカツク喋り方すんな。そんならお前が行って、カゴ取って来いや、金魚のフン! だいたい、全部お前のせいじゃ。お前らが来るまで、俺はなんも普通にしよったんじゃ! なんもいらん事考えんと、楽しいしよったんじゃ!」
友哉は早口で捲し立てると、青ざめた由宇を睨みつけた。
それが、富田のそれよりも馬鹿げた嫌がらせであり、逆恨みなのだと気付いていても、堰を切ってしまった怒りは止められなかった。
ジワリと目頭が熱くなり、涙が滲んできた。
いやらしい。汚らわしい。自分の中にあった感情を富田に見透かされた。あざ笑われた。
悔しいくて腹立たしくて、何に怒りをぶつけたらいいのか分からなかった。
「全部、お前らのせいじゃ! お前らなんか、来んかったらよかった!」

雨はもう止んでいた。
再びムンとした気持ちの悪い熱気と土の匂いが肌を包み込む。
一つ息を吸って少し我に帰った友哉の目に映ったのは、ただ困惑して、青ざめた由宇の姿だった。
全身ずぶ濡れで、その頬に伝うのが雨水なのか涙なのか分からない。
小刻みに唇が震えている。
友哉は、ただその姿を見つめた。
まだ気持ちをコントロール出来ずにいる友哉には、ただ無言で見つめる他に、どうしようもなかった。
自分の口から出てしまったのが本心なのか、そうでないのかも分からない友哉には。

ただ、その悲しげな姿が、目に焼き付いて離れない。
今もだ。

それが、記憶の中の、由宇の最後の姿だった。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【呵責の夏 第9話 羽化】へ
  • 【呵責の夏 第11話 喪失】へ

~ Comment ~

NoTitle 

どわわわわわ。

もうねぇ、友哉の心が揺れに揺れてめちゃくちゃなことになっているのに、どこも不自然じゃないですねぇ・・・。
そうだよね、そうなるよねぇ・・・と。

この一連の少年たちの行動が、大人がやっているのだったら富田は性格異常者だし、友哉も善人面していても実はキレやすくてしょーもない人格だし、由宇に関してはもう・・・ヘタレでしかないんですが。

これが、子供たち、しかも、大人への階段の入り口あたりに立った少年たち、となると・・・わりとありふれたやり取りになってしまうんですよね・・・。
この、心の揺れも、洞窟に虫かごを置いてきてしまうといういたずら(本当にやったのかどうかはわかりませんが)も、誰しもが大なり小なり見に覚えのあることのような気がするのは、私だけ・・・?

で、そういう行動が一大事になってしまうかどうかというのは、紙一重なわけでして・・・
この場合は、悲劇が起きてしまうのかしらね・・・。

いや~~~~limeさん、もう何回目か数え切れませんが、また惚れなおしました(*^。^*)ポッ!!

秋沙さんへ 

惚れられてしまった(*^-^*)
うれしい。

でも、コメント読みながら大笑いました。
そうですよね、これが大人だったらもう、目も当てられません・爆
いやあ、子供でよかったよ、友哉~。
(由宇は、そのままヘタレな大人になったかもしれないんですが・・)

友哉の感情の揺れ、わかっていただけて嬉しいです。
非情に分かりにくい子ですよね。
でも、自分の中に普通じゃない由宇への感情があるのに気付いて、それが自分で許せない。
そこを責められたら、崩壊です。

でも、この富田。
この子もけっこう、ウブなひねくれ者で。
私はどうも憎めなくて。

ここまでが、悲劇前夜です。
次回からが、友哉の苦悩の始まりです。

彼らのようなイジワル、喧嘩、暴言。
きっと誰にでもある経験ですよね。
富田にしたって、虫かごを隠したのは、ほんの幼稚な嫉妬の末のイジワルで・・。
(隠したのは本当らしいですよ)

それがどんなことになってしまうのか。
次回、友哉の気持ちになると、かなり胃が痛いかもです・・・。

今から 胃薬を θヾ(^д^:) 

蝶へと生まれ変わる筈のサナギが そのまま 孵化する事無く 死んでしまったら、サナギを 自身に置き換えていた由宇には 悲しかった?
いつも 保奈美の影の存在の由宇には 綺麗な羽を広げて飛ぶ蝶が・・・

「そんなつもりは なかった」、「そんな事になると 思わなかった」
...と、些細な事が 切欠で 大変な事になった時 人は 知らず知らずの内に 言ってしまう言葉
友哉も富田たちも そう言うのかな。う~ん… "σ(._.@)・・・byebye☆

NoTitle 

友哉が怒りを由宇にぶつけてしまった気持ち、わかるような気がします。
でもきっと、怒りをぶつけながらも、そんな自分が逆恨みをしていることを充分に自覚してて、それで自己嫌悪に陥ってしまうんでしょうねぇ…。
なんかすごくわかります!私もそういう経験何度もあるから。

limeさんが富田を憎めないというのも、うなづけます。
limeさんにはきっと、彼の気持ちとか弱さとかがわかってるんですよね。
でも友哉の気持ちもわかるし、みたいな。

由宇もだけど、友哉もかわいそう…。
でもこの苦悩が彼の成長のきっかけになる、のかな…??

けいったんさんへ 

胃薬、用意できましたね?笑

この物語は、由宇視点では書かれてないけど、いったい何を思ってたんでしょうね。
あの蝶と同じように、友哉に見捨てられたと思ったかな・・・。
由宇にも飛んで欲しかったなあ。
羽化して(T_T)

次回の展開。
けいったんさん、すでに読んでますね?
子供って、弱いですから。
自分を守ろうとして、そして、出口を見失うんです・・・。

西幻響子さんへ 

そうなんですよね。
自分の言ってることが間違ってるって分かってても、怒りを処理できなくって。
でも、これって、大人でもありますよね。
自己嫌悪。
ああ、人間でいるのって、難しいです(T_T)

友哉も、由宇も、富田も、みんな救ってあげたい。
きっとみんな後悔して、やり直したくて、たまらないのにね。

これから起こることが友哉を成長させるのか、それともひねくれさせてしまうのか。
どうか、最後まで見守ってやってください。
あ・・・・でも、何かの答えを提示する物語ではないかもしれません。(汗

NoTitle 

うわああ……。

やるせないですね。

これで由宇くんがこの翌日……(ということでしょう?)。

やるせないですよねえ……。

ポール・ブリッツさんへ 

そうなんです・・・。

やるせないんです。

こればっかりはどうしようもなく。救いも無く。

なんか、みんな、かわいそうです・・・・。

(ひどい作者だ、まったく)

NoTitle 

友哉、それはヤツあたりじゃ・・・
と思ったのですが、富田たちが
由宇をいじめなけりゃいいだけですね・・・。

なんとも複雑な・・・。

こんばんは^^ 

・・・・・はぁ・・・・・・・・e-282

何か・・・・「羽化」と「怒り」の2話を一気に読んで・・・・・・
やっと息が吐けました^^;

私は男じゃないし息子だっていません。思春期間近の男の子の感情に、シンクロする事なんて出来ないのだけど・・・・・

友哉の、ぶっ飛んでしまってる気持ちが理解出来ちゃうのが不思議(笑)。

大人だったら理解出来る葛藤です。
「それは、一種の『恋』なんだよ」と。
でも、コノくらいの年齢の、しかも田舎の男の子には、「男が男に惹かれる」なんてのは理解しようにも出来ないのでしょう。

もどかしい。
ただそれだけ。
オブラートに包む事も出来ないから、相手にダイレクトにナイフを突き立ててしまう。



あ~、続きが楽しみv-9v-9

ねみさんへ 

それぞれに、どうしようもないイライラを抱えてるんでしょうね。
まだまだ、相手にそれをぶつけるしか、やり方を知らないから。
大人になる前の、段階の一つなんだと思うんですよね。
ちょっぴり私にも経験が・・。

蘭さんへ 

いらっしゃい~。
ありがとうございます!

一気に読むと、しんどくないですか?笑
私もちょっと胃がいたく・・。

男の子のこの時期って、もしかしたら女の子よりも複雑で、性への感覚も繊細なのかもしれません。
(身近な男の子を見てると、そう思います。)
それが、友哉の場合はもう、・・・・。

さすが、蘭さん、鋭いところをついていますね。
やっぱり友哉は禁断の部分に向かいかけてたのかもしれません。

でも、一気にそれらは崩壊します。
このあと、ちょっと意外な方向に話は展開していきますよ(^.^)
また、遊びに来てくださいね。
(ちょっと胃が痛いかも知れませんが・・・)

NoTitle 

こんばんは…!

幼いゆえの残酷がむき出しの刃のようになって、言葉を吐く友哉自身をズタズタにする…そして、その刃は、由宇との儚い絆まで断ち切ってしまった…恐らく、それはサナギの命も、由宇の命さえも…。

この先を読むのが本当に辛いのですが、心して読もうと思います。

有村司さんへ 

一番、不穏な感じの回でしたね。
ここでもう、由宇とはさよならなのです。

浅はかな怒りが、思わぬ言動を吐き出させてしまいました。
子供の頃って、怒りの放出が止まらないこと、何度もありました。
残酷な時期です・・・。

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【呵責の夏 第9話 羽化】へ
  • 【呵責の夏 第11話 喪失】へ