KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第8話 不純

 ←呵責の夏 第7話 弱肉 →(雑記)自分で自分の首を絞める書き方
富田達が再び仕返しをしてくるのでは無いかと気を張っていた友哉だったが、次の日も、その次の日も、一向に気配はなかった。
下手に友哉を刺激して、悪事が露呈してしまうのを恐れていたのかもしれない。
ただ時折、忌々しそうにこちらの様子を伺っているだけだった。

あれ以来、友哉は放課後になると由宇に声を掛けた。
あからさまないじめには遭わなくなったが、姉の庇護を失くした由宇は、いつもポツンと自分の椅子に座ったまま、教室から人が出て行くのをぼんやり見つめているのだ。
その姿はさながら、拾われるのを待っている仔犬のようだった。

「帰るか?」
「うん」
由宇は友哉に対してだけ、本当に嬉しそうな笑顔を返した。
いつしか友哉は、その笑顔を見たいと意識して思うようになった。

それはもしかしたら、か弱い転校生を気遣う、純粋な優しさではなかったのかもしれない。
最初の頃、確かに友哉はあの少年の笑顔の奥にちらつく、保奈美の笑顔を探していた。

保奈美によく似た白い肌。保奈美によく似た美しい顔立ち。
保奈美に一番近い体。


―――――不純。


そんな言葉が心の片隅にちらついた。
けれど、気付かないふりをした。

そんな感情を測る物差しなど持ち合わせていなかった。
そんな真実を、知りたいとも思わなかった。


         ◇


夏休みに入った。
自宅の暗い土間から目もくらむ夏の陽射しの中へ飛び出すと、外で待っている由宇はいつも決まってホッとした顔をして笑った。

初めて友哉の家に由宇が来たときに、「勝手に来たって俺も都合あるし、お前と遊べるとかぎらんぞ」、と冷たく言い放ったのが、いつまでも由宇の中に残っているらしい。
どこかに、血統の良い仔犬を手名付けた小気味よさを感じる。
あの高慢知己な保奈美の面影のまま笑いかけられると、少し後ろめたいような充足感があった。


「川、行くぞ」
そう友哉が言うと、由宇の表情が曇った。
「川には富田君たちがいるよ」
「川っちゅうても遊泳所じゃない。もっと上流に滝があるんじゃ。コウモリが住んじょる小さい洞窟とかもあるし、遊泳所なんかよりよっぽど面白いって」
そう言ってやると、由宇は嬉しそうに笑った。

田舎で遊ぶには虫かごが必須とでも思っているのか、由宇は今日も小さな虫かごをしっかり握ったまま後から付いてくる。
その必死な様子に、友哉は自然と笑いが込み上げる。

友哉の家の近くには天然記念物に指定された、滝の名勝があった。
決して大きくは無いが、1キロにも渡って小振りな滝が幾つも続いている。
最近は水量が減って見応えが無くなり観光客も減ったが、友哉が生まれる前は九州や関東方面から泊まり客が来るほど、賑わっていたと聞く。
だが、そんな時期を知らない友哉にはピンと来ない。
ここは、静かな静かな、友哉の庭だった。

危険なので遊泳は禁止されていたが、監視員がいるわけではない。
雨が少ない時期は水かさも低く、友哉はコッソリ氷のように冷たいその滝壺で時々遊んでいた。
友哉はその場所に、都会暮らししかした事のない由宇を連れて行こうと思いついたのだ。

その場に立つと、深い緑色の滝壺に白糸のように細く垂れる滝の水の美しさと、夏を忘れてしまうほどひんやりした空気に鳥肌が立つ。
初めて見る光景に、由宇は息を呑み、目を輝かせていた。

「由宇は泳げんやろ? 絶対水に入るなよ。俺、よう助けんし」
「うん。ねえ、向こう岸に洞窟みたいな穴があるね。友哉君、行ったことあるの?」
「ああ、もう行き飽きた。何ちゅうこともないよ。奥行き無いから行っても面白うないし。洞窟じゃなくてただの洞穴じゃけぇ。
今は水も緩いから歩いて渡れそうじゃけど、急に深くなるし滑るから。由宇は絶対に入るなよ。ええな?」
「うん、わかった」
ほんの少し日に焼けて赤くなった頬で、由宇は一生懸命頷いた。

他のクラスメートには向けない、友哉だけを信頼して見つめる目。
鬱蒼とした樫やクヌギの葉の木漏れ日の下で、そのサラサラとした栗色の髪が艶やかに光っている。
Tシャツから出た首や手は女の子のように白く頼りなさげだ。
本当に同じ6年生なのだろうか。
誰かの庇護なしには生きられない、生まれたばかりの草食動物のように思えた。

その存在が、友哉の中に不思議な感覚を呼び起こしかけていた。
ムズムズとした、高揚感に似た“何か”だ。

「なあ、由宇。秘密の場所、教えてほしいか?」
友哉がいうと、由宇はクルリとした二重の目を大きくして、友哉を見つめた。

「え、何?」
「この斜面の上に水源地があるんよ。山の方から綺麗な水が湧きだしよる。すごくきれいな場所なんじゃ。行ってみるか?」
「うん! 行く!」
由宇は更に目を輝かせて、友哉を急かすように飛び付いてきた。

「階段が無いとこは滑りやすいし、木の根っこがグネグネしてあぶないから、俺から離れるなよ」
友哉がそう言って少し険しい顔を作ると、由宇は細い腕を伸ばし、友哉のTシャツの裾を握ってきた。

「危ないところ?」
由宇が真っすぐ見つめてくる。

「いいや。ちゃんと俺にくっついとれば全然怖くない」
そう言ってやると、由宇はホッとしたように頷いて友哉を見た。
安心しきった、すべてをゆだねた目だ。

――――ああ、そうだ。 

俺を見ていろ。

その、保奈美にそっくりな綺麗な目で、俺だけ見ていろ。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【呵責の夏 第7話 弱肉】へ
  • 【(雑記)自分で自分の首を絞める書き方】へ

~ Comment ~

NoTitle 

すごいですね、友哉の心の動きが手に取るように伝わってきます。
それから、由宇の気持ちも。

夏の水場のきらきらした感じがまたいいです。

このシーンだけ読んでいると、少年たちのほのぼのとした夏休みの場面でなごむのですが、これから起こることを半ば知っているだけに、またもや胸がざわざわしました。

最後の友哉の心の言葉が、ずん、ときます。

西幻響子さんへ 

この、どうにも繊細で感情の起伏の激しい友哉の気持ち、伝わったら嬉しいです。
一日一日、いや一時間ごとに変わっていく感情が、なんとも危なっかしく。
この時の友哉の感情が、後の悲劇につながるわけではないんですが。

そうですよね、一見ほほえましい子供同志のワンシーン。
もうしばらくは、安心して見ててください。
一番、緩く、楽しい時間ですから(T_T)

まぁ・・・いきなり来ます。悲劇は。

夏にキラキラした水場。これは映えます。欠かせませんね♪

NoTitle 

limeさんは、本当にこんな場所で育ったんですものね~。
情景の描写がリアルで、うっとりしました。
「夏休み」らしい「夏休み」ですね。

でも、子供の遊びって言うのは、どうしても危険が伴うものであって・・・。

秋沙さんへ 

場所にモデルがあると、イメージしやすいですね。
実在する街なかの描写や実際の地名を表記することはあまりないですが、
こんな場所なら・・・。

でも一度、高村先生のように、がっつり実際の場所を表記して描いてみるのも面白そうです。

子供らしい、危険な遊びですね。
行動とともに、感情も危険度を増すかな?

NoTitle 

っ!
この場所、僕知ってるかもしれません。
いえおそらく違うと思うのですが・・・。

この場所はlimeさんの中でオリジナルですよね?

由宇さんが可愛いです。
わんこみたいです。
懐かしい、僕もこんな友達がいましたっけ・・・。

NoTitle 

事件現場はここですか(「現場」とかいうなー!(爆))

もしそうだとしたら友哉くんが責任感じるのもわかる気がします……。

ねみさんへ 

ねみさんがこの場所を知ってるとしたら、ものすごいミラクルです~。

実際、ここによく似た場所が実在します。
電車やバスの位置関係は違っていますが。

まだしばらく、ここの描写が続きますので、検証してみてください♪
当たったら、面白いけど怖い・笑

こんな由宇みたいな友達?いいですね♪

ポール・ブリッツさんへ 

事件ぢゃない~・笑

そうですね、水の事故だから、このあたりです(>_<)
友哉にどれほどの責任があるか・・・。これは、今のところ何とも言えないんですが。

秘密の場所 

友哉が 由宇に 秘密の場所を 教えたのは 特別な存在となりつつ あったから?
由宇にとっても いつも姉の保奈美の存在に隠れて 影のような自分に そんな場所を教えてくれる 友哉が 特別な存在になりつつあったか・・・

共有の秘密を持った特別な友達、ちょっと照れくさくて 嬉しい気持ち
小学生時代に 初めて 仲良くなった友達を思い出しました。
彼女は 今 どうしていいるのかなぁ・・・

友哉には 懐かしい思い出が 苦痛になってしまう出来事が この後 待っているんですね。辛い過去となる思い出...(。-`ω´-:)ンーbyebye☆

けいったんさんへ 

まさにそうですね。
実は、そんなに「秘密の場所」ではなかったんですが、友哉はわざと由宇に言うんですね。
ひそかに「お前は特別だアピール・笑」
由宇はもう、すっかり友哉に首ったけです(古い)

けいったんさんにも、そんな仲の良い友達がいたんですね。
それはとっても大事な思い出です。
宝物ですよ。

友哉だって、ひと夏の、楽しい思い出になったはず。
それなのに・・・。

もし、自分だったら・・・と、思いつつ、今後の展開を見守ってください。
友哉は、責められるべきなのか・・・。とか。

こんばんは^^ 

・・・・ほぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~

なかなかゆっくり来れなくて読めていなかった分、い~~~~っきに読ませて頂きましたv-290

すんごい面白い!!
何か目の前で光景が繰り広げられているようでドキドキします。

そして、友哉の中に芽生えた感情が、これからどうなって行くのか・・・・
読みたいような怖いような・・・。
でも、早く続きが読みたいですv-345

しっかし・・・
コノくらいの年代の子って、男も女もある意味残酷ですよね~e-330

蘭さんへ 

わあ、蘭さん♪
一話ごとが長いのに、一気にここまで読んでくださったんですね。
ありがとうございました!

日々変化する友哉の感情に、疲れたりしませんでした?

次話も、友哉の中で由宇の存在はゆらゆらと危なく揺らめきます。

由宇が登場するのも、あと二話。
二人の束の間の時間を、見てやってください。

不安定で弱くて残酷で。でも、愛すべき存在なんですよね。
子供たち。

NoTitle 

こんばんは!

「不純」の中身は何でしょう…?
庇護欲?征服欲?…美しい滝と水辺が、子供と大人の境界にいる少年の「欲」のために、一遍に悲劇の場所に変じてしまうのでしょうか?

誰の記憶にもある「夏休み」その和やかな場面の筈が、恐ろしく不穏に感じます。

そうですね…この年頃って、色んな「不純」を、そうとは知らず、むしろ勘違いすらして抱え込み始める頃ですものね。
頭も体も、すごく複雑で、繊細で…。

有村司さんへ 

ここでの不純は、そうですね・・・友哉が、“気付いているんだけど、気付かない振りをしている”不純です。

書いてもいいかな・・・・。書いちゃおうかな。

由宇への想いの不純です。
純粋に、男の友達としての感情ではなく、保奈美に酷似した、いや、身代わりとしての愛情を感じていたのを、自分でも気づいているんです。

でも、後々それは思い過ごしだと気付くんですが、その時はもう、遅いんです。

>誰の記憶にもある「夏休み」その和やかな場面の筈が、恐ろしく不穏に感じます。

おお、うれしいです。その空気感を描きたかったのです。
記憶の中の夏、田舎、少年・少女時代って・・・・なんか、どこか隠微で不純で、後ろめたいものがあるんですよね。
(わたし、何かやらかしたのかな・・・)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

こちらにも、ありがとうございます。
昔描いたお話も読んでもらえるって、うれしいです。
明るい話ではないですが、このシリーズの大切な鍵を握る話なので、自分的には気に入っています^^

本当にそそっかしいもので、コメ返も書いたつもりが、忘れていたり。
脳内で返信内容を考えて、そこで書いたつもりになってしまう事も多くて、よく焦ります。
でもみなさん、「コメ返は?」なんて一度もおっしゃらないので、そのやさしさが嬉しかったり^^
だけど、気を付けなきゃ・・・><

アジアカップ、日本は今日午後なんですね。
私は今日も仕事なので見られないけど、結果を見るのを楽しみにしています。


管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【呵責の夏 第7話 弱肉】へ
  • 【(雑記)自分で自分の首を絞める書き方】へ