KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第7話 弱肉

 ←(雑記)方向感覚ゼロと中国の旅。 →呵責の夏 第8話 不純
梅雨が明け、輝くばかりの新緑の季節になった。
保奈美は相変わらず女子や一部の男子の憧れの的として君臨し、富田達と敵対していたが、そんな状況を楽しんででもいるかのように、更に生き生きと輝きを増した。
弟の由宇も相変わらず保奈美の庇護のもと、空気のように存在を消し、そして友哉はあまり誰とも喋らなくなった。

保奈美もあれ以来友哉を非難することは言わなくなったし、富田もイジメ甲斐のない友哉をターゲットにするのは諦めたようだった。

ただ友哉自身が、正体不明の殻に自分を閉じこめていた。
今まで友だちと笑い合ってたことの、一体何が面白かったのかが思い出せない。

その様子に気付いて、逆に保奈美が気遣うように時たま声をかけて来るのだが、友哉はそれを無視した。

あの時のことを怒っているのではなかった。
単純に苦しいのだ。
あんなことがあったにもかかわらず、友哉の中の性は、保奈美を意識から外してはくれなかった。

そのサラサラとした長い髪が風に揺れるのも、その時ふんわり香るシャンプーの匂いも、白い肌も大きな瞳も長いまつ毛も。
ただ友哉を苦しめた。胸が苦しくて息ができなくなる。

だから目をそらし、常に距離を保ち、早く秋になって居なくなってくれと願った。


「保奈美さんは今日からお休みです。出先で転倒し、足の骨にひびが入ってしまったそうで。夏休みまでに退院は難しいかもしれません」
6月下旬、担任教師が残念そうにそう言った時も、友哉は心配よりもむしろ、どこかホッとした気持ちでいた。

主君を無くした女子達は一様に大人しくなり、マドンナや標的を無くした男子たちは、つまらなさそうに、それぞれの遊びを探し始めた。


刺激を。更なる刺激を。
健全な好奇心や欲望はちょっとした切っ掛けで、ごく自然に残酷な少年期の遊びに変わる。
強烈な夏の太陽に刺激され、獣たちは再び、弱い草食動物を狩る楽しみを見つけた。


          ◇


「友哉くん!」

鋭く甲高い声と共に、何かが後ろから友哉の腰にしがみついてきた。
下校途中だった友哉は、慌てて自分にしがみついて来たものを見た。
「由宇?」

由宇は顔も上げず、ただ力一杯に友哉の腰にしがみついていた。
理由はすぐに分かった。
うしろから不服そうな顔で富田たち3人がのっそり歩いて来たのだ。
手には由宇のランドセルをぶら下げている。

「きしょいな~、友哉。何二人で抱きおうちょるん。変態やろ、お前ら」

またもや獲物を取られた富田達の不満そうな顔は、今度は次第に薄笑いに変わっていった。
獲物が一つ増えただけだと理解したらしい。

友哉はため息をついた。全てが面倒くさい。
ありったけの声を張り上げて友哉は、富田達ではなく、由宇に怒鳴った。

「離れろや由宇! いつもいつも俺を頼るな! 姉ちゃんがおらんようになったら俺なんか? 都合良すぎるんやないか? 少しは自分で自分のこと守れや。俺はお前のお守りなんかせんぞ!」

グイと力一杯由宇の肩を掴んで自分から引き剥がした。
由宇が悲痛な声をあげて顔を歪めたのに一瞬ひるみ、友哉は改めてその少年を見つめた。
姉にそっくりな大きな瞳は涙をいっぱいに溜め、拒否された衝撃に震えながら友哉を見上げていた。

「何じゃ、友哉もこっち組かあ。ええやん、一緒に遊ぼうや、由宇と」
そう言うと富田は手に持っていた由宇のランドセルを傾斜の激しい竹林にポンと投げ落とした。
それは勢いよくコロコロと坂を転がり、細い孟宗竹の間をくぐって、あっと言う間に見えなくなってしまった。

「あれー。悪い悪い。ちょっと置いたつもりじゃったのに、派手に転がり落ちたわ」
富田がわざとらしくそう言うと、木ノ下がグイと由宇の手首を掴んで引き寄せ、今度は急斜面にドンと押しやった。

「早う取って来いや。カバン川まで落ちるぞ。ちゃんと取って来れたら男じゃって認めちゃる。取って来れんかったら男じゃないけ、明日から保奈美のスカート履いて学校に来いよ。ズボン履いて来たら女子の前でひん剥いちゃるからな。ほら、行けって」

木ノ下の声に怯え、由宇は涙を溜めた目でただ、急斜面を見つめていた。
友哉の方を一瞬窺うようにチラリと見たが、今や友哉にも怯え、警戒し、近寄って来ようとはしなかった。


――――もうウンザリだった。

バカな3人も。
ただ弱いだけの少年も。
その少年が、姉に似ていると言うことも。

友哉はゆっくり腰を折り、足元に転がっている拳大の石を拾い上げると、富田たち3人に向き合った。

「それ、器物損壊ぞ。りっぱな犯罪じゃ。それ以上由宇に何かやったら訴えちゃる。喧嘩売るんやったら3人でかかってきたらええ。もう手加減せんけぇ」
友哉の声はどこまでも穏やかだった。
けれどその穏やかさと対照的な冷ややかな目に、富田らは一歩退いた。
そして何よりも友哉の握っている石が尋常でない狂気を思わせ、彼らを怯えさせた。

「……お前あたまイカレちょるやろ。何ムキになっちょう。アホくさ」

その声にはまるで勢いは無い。
3人が更なる汚い捨て台詞を残してスゴスゴと帰って行くのに、そんなに時間は掛からなかった。

富田たちの姿が見えなくなると、友哉は手に持っていた石をようやくポトリと下に落とし、首筋に流れてくる汗を手の甲で拭った。
そして、すぐ側で自分を見つめている由宇にゆっくり顔を向ける。

「大丈夫。カバン、俺が取ってきちゃるし。ここで待っとき」

由宇は心底ホッとしたように一つ大きく呼吸すると、まるで花がほころぶように満面の笑みを浮かべた。

友哉の中に、何ともいえず温かいものが湧き上がって来る。
あの日感じた怒りは、事も無くさらさらと溶けて消えた。

欠けて尖っていた部分を、何かがやんわりと包んでゆくような感覚。そして高揚感。

失くしかけた大事なものが、また、この手の中に戻ってきたような気がした。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)方向感覚ゼロと中国の旅。】へ
  • 【呵責の夏 第8話 不純】へ

~ Comment ~

あれ?(´・д・`) 

由宇が 保奈美に似ているから? それとも 由宇自身に・・・?

友哉の心の襞に 自分でも気づいて無い 何かが 隠れ潜んでいるみたいですねー。

気づいた時に それを 友哉が どう捉えるだろうか...ゥ──σ(・´ω・`;)──ン...byebye☆

おおっ 

友哉カッコイイですね。
私には真似できそうにありません。

と、都合の悪いときはなりきりをやめてしまうヒロハルでした。笑。

NoTitle 

ん~、友哉が由宇を助けてくれて、ほっとしました。
それにまた、友哉が自分をとりもどせたみたいで、よかった。

友哉って正義感があってとてもいい子っていう感じですね。
でもそうであるからこそ、自分の中の性の衝動にとまどってしまうのかなー、と思いました。

中国の旅行は、大変でしたね(笑)
海外旅行ってほんと、なにがあるかわからない。
でも、そこがおもしろいんでしょうけど。。。

NoTitle 

友哉と由宇、絶対これで済むはずがないですからねえ。

どんな嵐が襲ってくるのか怖いようなどきどきなような(^^)

けいったんさんへ 

そう、そこに気が付いてしまいましたね、けいったんさん。

友哉はいったい、何を思って由宇に優しくしてしまうのか。
多分、この時は自分でも分かっていなかったんでしょう。

次回、そこにじわじわ焦点をあてますよ。

さあ、友哉が本当の気持ちに気づくのはいつなのか。
気付いた時は、手遅れなのか・・・・。

またね~、けいったんさん♪

ヒロハルさんへ 

ふふ、正直ですね、ヒロハルさん。

では、大好きな女の子が苛められてたら、どうしますか?

もしかしたら、やけくそになって助けたり・・・するかも。

友哉も、やけくそだったのかもしれません。

西幻響子さんへ 

やっぱり助けちゃいましたね・笑
同じことを何度も繰り返しながら、少しずつ近づきます。
もしかしたら、危険にも・・・・。

友哉はいい子なんですよ。
でも、普通の子がもつような「ずるさ」もしっかり持っています。
それに戸惑う心も持っています。
う~ん、悩める少年ですね。

次回から、少しずつ、事態は進展して行きますよ~。

中国の旅は本当にハラハラでした。
道案内も、ツアコンも、通訳も、予約も、何も無しでの旅は、もう二度と出来ないでしょうね。
若いって、無謀です・笑

ポール・ブリッツさんへ 

そうなんですよね。由宇の死という結末は絶対待ってるわけですから。

でも、意外にも、そんな嵐は来ないんです。

逆に、そんな部分が怖いかもしれません・・・。

NoTitle 

もう・・・なんでだろ、とにかくこのお話は毎回鳥肌が(^^;

子供って・・・あぁ子供って・・・。
なんかすごくよみがえってくるんですよねぇ。
このくらいの年齢の時の、意味のない男子対女子の争いとかケンカとか。
今思い返すと、全てのことに大人(性)への好奇心とか嫌悪とかがごちゃまぜになった感情が潜んでいたように見えてきちゃうんです・・・。(どういう子供時代を送ったんだ、あたし)(^^;


それにしても、ちょっとお話のテーマからはずれますが、方言を書けるのってうらやましいなぁ~。
私は東京生まれの横浜育ち。まったく方言がわからんとです。
だから、地方の田舎のお話が書きたくても、まず方言を学ぶところからはじめなくちゃならないところがネックです。
「くちなしの墓」なんて、めちゃくちゃデタラメな方言だし、私自身、どこの言葉なのかちっともわからずに書いているという・・・(^^;

秋沙さんへ 

おお、鳥肌たてていただけて、嬉しい・・・。
この、子供の頃って、何とも説明のつかない、混沌とした時間の中にいますよね。
すべてが大人になる為に必要な階段で。
純粋なようで、妙に淫靡で。
友哉は、その階段を踏み外してしまったんでしょうか。
そんな、大きな津波は来ないんですが、どうぞ、彼らのその後を見てやってください♪

方言。
まさか、自分がこれを小説に使うとは・・・。
実際、この地方の老人の言葉は、関東圏の方が聞いたら、聞き取れないと思うんです。
だから、ほんの少し、アレンジしてあります。
この地方・・・そうですね、高杉新作とか吉田松陰先生とかは、こんな言葉を使ってたはずです。
こうやって文字にしてみると、不思議ですね、方言って。

方言って、いざ、別の地方の方言を使おうと思っても、なかなかうまくいきませんよね。
秋沙さんの気持ち、すごくわかります。
でも、しかし。
今や、私の喋り言葉は、どこの言葉でもなく。
故郷の言葉と大阪の言葉が混ざり合って、へんてこな言葉になってしまいました(T_T)

NoTitle 

友哉がかっこよすぎます!
なんという威圧感!
なんという正義感!

まさに理想の男子といえるじゃないですか。
それに方言、なんともまぁ・・・。

僕の住む地方と似ていらっしゃって・・・。
とても人事とは思えないそのしゃんべりかたが・・・。
あはは・・・。

ねみさんへ 

おや?

ねみさんも、友哉の田舎の近くなのかな?
気になりますねぇ。
ちょっと西のほうじゃないですか?

も、もしや友哉と同じ田舎?

NoTitle 

もうたくさん歳を重ねてしまったから、忘れていた。
そんな、あの頃の感覚。
幼いなりにも複雑で単純でなかった。
一つ一つの出来事に戸惑ったり、怒ったり。
そんな日々が甦る気がした。

微妙な年頃同士の葛藤。
富田達が一番懐かしく感じる。
こんな子がいたもの。
好きな子に意地悪をする腕白小僧。

こちらは代わりになる弟がいた。
複雑だなぁ~~
また楽しみでござる。
v-410

ぴゆうさんへ 

幼い頃の、微妙な感情。思い出していただければ、うれしいです。
そう、あの時代、決して脳天気で、単純な年頃ではなかったですよね。
幼いなりに、とても複雑で微妙で。

富田たちは、友哉目線でみれば悪役かもしれませんが、これまた愛すべき悩める子供達です。
成長期のざわつきに翻弄され、感情の鎮めかたが分からず。
今時の、陰湿なイジメとはすこし違い、単純で可愛らしいものです。

この物語に、悪役は居ません。
どこにでもある、お話。
なんだけれど、・・・・。

このあとの展開に、お付き合い下さい^^

NoTitle 

lime様、こんばんは。
日曜のうちにお邪魔するはずが、うっかり日をまたいでしまいました(´・ω・`)ショボーン

子供たちの心の動きが、手にとるようにわかります。
描写がすごい!
由宇がどうなるのか、そればっかり気になってしまっていたのですが、前回あたりから、友哉の苦しみ、疼き、痛みに、思わず友哉を応援したい気持ちが湧いてきました。
頑張れ~(泣)

ところで、保奈美は結構嫌なやつだったんですね(笑)
自分がカワイイということを知っている女ほど、手におえないものはない、と思うのですが、保奈美はまだ子供で、子供なりのツンとすました態度がとっても上手く表現されていて、自然で‥‥lime様の文章は力強くて本当に引き込まれてしまいます。

友哉に感情移入している私が保奈美の態度に腹が立つ、というのは当然なのですが、お年頃の子供特有の潔癖さが友哉を敬遠してしまう、それもわかるんですねえ。
苦しいですorz

続き、またお邪魔しますね♪
あ、リンクの件、ありがとうございました!
こちらからもリンクを張らせてもらったのですが、よかったでしょうか?

土屋マルさんへ 

いつも、ていねいな、ありがとうございます^^
私もこの物語あたりから、少し書き方が変わって来たように思います。
それまでの作品は、ざっくりと描写を省いていました。

>由宇がどうなるのか、そればっかり気になってしまっていたのですが、前回あたりから、友哉の苦しみ、疼き、痛みに、思わず友哉を応援したい気持ちが湧いてきました。

うれしいです~。友哉って、素直じゃないし、愛されキャラでは無いのですが、そこがまた作者には気になる感じで。共感してもらえてうれしいです。

保奈美も、この中では結局、ちょっと友哉の心を踏みにじる存在で終わってしまいましたが、きっと彼女も素敵な、いい女に育っていくんだろうな~と、作者は思っています。
子供の頃って、けっこう残酷だったり、わがままだったりするんですが、それもすべて成長のステップで、
結局はみんな、いい子なんですよね。

ここに出てくる子供たちも、いじめっ子はいますが、根っから悪い子たちでは無く。

そんな、普通の子供たちのいざこざの中で起ってしまう悲劇を描ければな、と思いました。

このあともマルさんの共感を得られたら、うれしいな^^

リンクも、ありがとうございました!

NoTitle 

こんばんは!

今日ツイッター経由で見た衝撃の事実…!
「思春期の同性愛はむしろ正常」
えええ…!?

でも、でも、そういえば、高1の合宿の時、クラスメートの男二人が、狭い二段ベッドの下段で抱き合って眠ってるの目撃したっけ…とか、いろんなモノが頭をぐるぐるしました…。

友哉君もしかして…?そうなの?そうなの?

おバカ三人組も、やたら由宇君をひんむきたがるし…うわあ!思春期だ…!

有村司さんへ 

えええ。そんな記事が?

記憶をたどる・・・。

男の子同士は、単に、女の子たちがキャーとか言うから、ふざけて抱き合ったりしてたような気がするんですが。どうなんでしょう。
でも、女の子同士のほうが、濃厚だったりしますよね。
今のAKBの売り出し方も、ユリっぽい感じだし^^;

さあ、友哉はどうなんでしょうね。

でも、バカ3人組(w)は、由宇が保奈美にとてもよく似ている事が、あんな衝動を起こさせた原因のような気がします。
で、男の子って、何かと言うとズボン脱がせたりという意地悪をするんですよね。
なんでしょうね。

あの3人に関しては、由宇は、保奈美の身代わりなわけでしょう。

友哉は・・・・分かんないですが^^; ふふ。 …思春期って…思春期って・・・


NoTitle 

limeさん。
こんばんは♪

正義感が強いわけでもないのに、
放っておけない・・・
これはやはり正義感が強かったのでは?と
思ってしまいますね。
それとも、友哉の中の今まで希薄だった正義感を
漲らせるようなものをこの由宇が持っていたのでしょうか?

結局助けてしまった友哉ですが、
この後どのように由宇とつながっていくのか・・・ですね。

さやいちさんへ 

由宇に怒りを覚えながらも、友哉は、助けちゃいましたね。
友哉の中にはきっと、正義感もあったんだと思います。

でも、それ以上に、友哉の中の、邪心もあったのかも・・・。
そのことに、友哉はこの後苦しむんです。

>それとも、友哉の中の今まで希薄だった正義感を
漲らせるようなものをこの由宇が持っていたのでしょうか?

おお、いいところをついてきます。
やはり、全ては由宇の引力・・・。

完璧でない、発展途上の子供たちを、この後も見守ってやってください。^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

小学6年といえば、やはりもうしっかり思春期ですからね。
いろんなモヤモヤが、いじめという方向で発散される時期なのかも。
富田たちも、そんなに陰湿ないじめっ子ではないはずなんです。
ただ、由宇が気になって、かまいたくて仕方ないのでしょうね。

一番へんに歪んでしまったのは友哉かも・・・。
あ、保奈美はこのあとはほとんど登場しません。
由宇に焦点が行きます。
このあとの由宇と友哉の微妙な関係も、みてやってくださいね。

オーストラリア戦、勝てて本当に良かったです。
どんな形でも勝つことでモチベーション上がりますもんね。
FIFAのほうでは、そんな騒動があったのですね。
欧州が抜けてしまったw杯・・・。うーーん、なんかちょっと気の抜けたコーラの様な気もします。
もしそこで優勝しても、トップになった気がしないような・・・。
連盟はそんなファンの気持ち、どうでもいいのかな。
お祭りなんだから、もっと気持ちよくやればいいのに、なんて、素人は思うのですが。
いろいろ情報、ありがとうございました。^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)方向感覚ゼロと中国の旅。】へ
  • 【呵責の夏 第8話 不純】へ