KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第6話 苦痛

 ←呵責の夏 第5話 由宇 →(雑記)方向感覚ゼロと中国の旅。
次の日教室に入ると、友哉の机は無惨にひっくり返され、中に入っていたノートや文房具類が辺りに散乱していた。
誰もが見て見ぬ振りで、いつもどおりに談笑している。
友哉は頭の隅と舌が痺れるのを感じ、同時にこれから過ごすであろう苦い時間を思い、憂鬱になった。

教室の窓際に富田達を見つけ、ひと睨みすると、3人はニヤニヤしながら「バカが」と呟いた。
友哉は無言でその幼稚な仕返しの後片づけを済ませると、居たたまれなくなって、ふらりと廊下に出て行った。
なぜか今朝は真っ向から富田たちとやり合うほどの勇気も、気力も湧いてこなかった。
級友たちへの失望もあったのかもしれない。

廊下の突き当たりに、同じように所在なさげに壁にもたれて立っている由宇がいた。
その目は不安そうに友哉を見つめる。
ごめんなさい。
その目はそう言っているように思えたが、友哉はプイと視線を外した。

その日は友哉に話しかけてくる友人も居ず、いつも馬鹿話で騒ぎ立てる連中も、何かを恐れるようにひっそりと一日を過ごしていた。
友哉が富田の逆鱗に触れたのを、誰もが感じていたのだろう。
君子危うきに近寄らず。
俺のクラスメートは皆、堅実だな。
バカらしさに胃が痛くなるのを感じながら、友哉はその日も無意識に斜め前の保奈美の後ろ頭をボンヤリ見つめて過ごした。

保奈美が友哉に話しかけてきたのは、放課後、みんなが帰ってしまった校庭でだった。

「大村くん、富田達に虐められてるの?」
その「いじめられる」という屈辱感にあふれる響きに、友哉はカチンときた。
保奈美の目の奥の、少しばかりバカにした印象もそれに拍車をかける。
「何で俺が! 冗談じゃない」
初めてまともに交わした言葉が、こんな情けない言葉になるなんて。
けれど友哉の気持ちは収まらなかった。
「あいつらは頭がおかしんじゃ。俺は相手にしちょらん!」
友哉の気迫に少し眉をひそめた保奈美は、もうその事には触れず、すんなり話題を変えた。
もともと、そんな事にはさほど興味がなかったかのように。

「ところでさぁ。大村君、いつも私のこと見てるでしょ」

その言葉に友哉の心臓はドクンと音を立てた。
「な・・・なんで」
「授業中ずっと私のこと見てるでしょ。あれ、やめてもらえる? 気持ち悪いのよ。授業に集中できないから」
友哉は全身が急に熱を持ち、汗ばむのを感じた。
心臓がばくばくと脈打ち始めた。
「見ちょらん! なんで・・・なんでそんなことを・・・」
口がカラカラに渇いて舌がもつれ、言葉にならなかった。
「先生に言って席を変えて貰うことにしたから。明日、席替えになると思うわ。富田達も嫌いだから席を離して貰うことにしたの。悪く思わないでね」

全身が針で刺されたような痛みを感じた。
貧血の時のように目の前が霞み、息が苦しくてたまらなかった。
この女は、友哉が自分を見つめて来るのが嫌だと担任の女教師に言ったのだ。
もともと、いけ好かなかったあの女教師に。
担任の失笑がたやすく想像できた。
事なかれ主義の担任は『仕方ないわね』とすぐさま承認したのだろう。
11歳の男の中にすでに育っている不潔なものを感じて、それを保奈美と笑い合ったのかもしれない。
頭の中に次々浮かぶ想像が友哉を打ちのめした。
腹立たしくて、情けなくてたまらなかった。

友哉が何も言えずに固まっているのを満足げに眺めた後、保奈美は飼い犬を呼ぶように物陰に声をかけた。
「由宇、帰るよ」
どこに隠れていたのか、由宇はおずおずと出てきて保奈美の横に並んだ。

さっきまでの話を由宇は聞いていたのだ。更なる腹立たしさが友哉を満たした。
自分が虐められたことも、友哉に救われたことも、この少年は姉に言ってはいないのだ。
そんな僅かばかりのプライドが友哉をますます苛立たせる。
もじもじと立つ、目の前の少年を友哉は睨みつけた。
心底憎かった。
こんなに誰かを殴りつけてやりたいと思った事は無かった。
富田たちにさえ、感じたことのない怒りだ。

「由宇を虐めないでよ!」
友哉の表情を読んだのか、保奈美の鋭い声が飛んできた。
「由宇は病気がちで学校もずいぶん休んだから友だち付き合いがうまくできないのよ。由宇を虐めたら本当に許さないんだからね!」
保奈美の、友哉を見る目はもはや害虫を見る目と同じように思えた。
友哉は言葉も出せず、校門を出ていく二人を見送ることしかできなかった。

「畜生!」
鼻の奥がツンとした。辺りの景色が悔しさに歪む。

消えて無くなればいい。
自分も、学校も、級友も、教師も、そして、あの双子も。

友哉は誰も居なくなった校庭で一人、拳を握りしめた。




----------------------------------------------------------
なんだか、重いシーンばかり続いて申し訳ないです。
次回からは少し、違う展開が見えるはず・・・です。
堂々巡りではあるのですが。
どうか、ついてきてください。m(_ _)m



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【呵責の夏 第5話 由宇】へ
  • 【(雑記)方向感覚ゼロと中国の旅。】へ

~ Comment ~

NoTitle 

うわっ、保奈美ちゃん、なかなか強烈な性格のようですね ^^;

それに、由宇が友哉に助けられたことを保奈美に言ってなかったなんて、ほんとに友哉が気の毒…というか、友哉が由宇に憎しみの感情をもってしまうのも肯けます。

なるほど、こうやって少しずつ、じわじわと友哉は追い詰められて…それで事件が起きてしまうのでしょうか?
ここまで読んでみると、友哉にも同情の余地があるのかな…?と思ってみたり。

NoTitle 

おおっとぉ~。
保奈美ちゃん、なかなかのもんですねぇ。
あぁ、なんかもう、すごい生々しいですね。
保奈美の気の強さも。
小学生にしては発育が良くて、美人で、頭もいいんでしょうが、やっぱり中身が子供なだけに、男子の目線に対して過剰なほどの反応をしてしまうんでしょうねぇ。
弟を守っているのは自分だ、という認識も、この場合は悪循環を生むばっかりで・・・。

友哉の心の動きが手に取るようにわかります。
わかりすぎて苦しいくらい(^^;

西幻響子さんへ 

追い詰められましたね、友哉。
でも、実はこの友哉の感情が、由宇の死に繋がるわけではないんです。
全く関係ないわけではないんですが、友哉はそんな怖い子じゃなくて・・・。

この後の展開で、少し友哉の心の動きが見えてくるはずです。
さて、どうなる事やら・・・・。

秋沙さんへ 

そうですね、保奈美もまだまだ子供なんでしょう。
実際そんなに悪い子じゃないんですが、男の子の繊細さが分かってないですよね。
自分が、女なんだという意識が先に発達しちゃって。
これくらい言うのは、当然の女の権利だと思ってるんでしょうね。

友哉、がんばれ!女って、そんなもんだ!

痛めつけられた友哉、どっちへ向かって歩くんでしょう。

そう、でも、何回も言わせてください。
この感情が由宇を死に追いやるわけではない・・・はずです。
(そう思われたら、悲惨過ぎて誰も読んでくれなさそうなんだもん(>_<))
         by 気の弱い作者

NoTitle 

昔の学校の日常生活を思い出すなあ……。

うちのクラスは40人以上いたけど。

ポール・ブリッツさんへ 

思い出しちゃいましたか。
ポールさんにも苦い思い出、ありました?

人数の少ないクラスっていうのも、なかなか難しいもんです。
恐ろしく狭い世界に固定されちゃいますから。

つ・ついて行きますッ! 何があってもッ! 

・・・と、固い決意表明を しないと 胸の中が ブスブスと 燻ぶってしまいそうで...ヒェ━━━━━(;゚;д;゚;)━━━━━!!

保奈美の態度に 賛否両論が あると思いますが。
私の小・中学校の時の女子は 男子の言動に 必要以上に 過敏だったから 分かる気がするなぁ~ぅん((´д`*)ぅん

由宇の死には 関係無いのだったら 友哉の鬱屈した感情は どう動き、 どんな形で表われるのか 興味あり!
保奈美の言葉なんて 笑い飛ばせない友哉って やっぱ繊細なのね~
ソッカァ(o-д-o)ゞbyebye☆



管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

けいったんさんへ 

きゃ~、そんなにもけいったんさんを苦しめていますか!
申し訳ない・・・・。

そのうち、(心の底ではザワザワしつつも)鮮やかで、満たされた時間が戻ってくるはず。

そのとき、友哉はどんな状態にあるんでしょう~。
友哉と由宇の微妙な時間を楽しんでください。

そうですね。友哉は・・・なかなか懲りない子です( ̄ー ̄)

鍵コメさんへ 

きゃ~~、ごめんなさい。

送ってくださったのですね。
あのメアドは2階のマック専用で、あまり開かないんですよ。

さっそくあとで確認しますね。今日は休日なので。

NoTitle 

「くそっ、なんて嫌な女子なんや!
ほんで由宇、お前もちゃんと言えや! 俺に助けられたって」

はっ、しまった。友哉になりきってしまいました。

ヒロハルさんへ 

いいぞ、いいぞ~。
友哉になりきってください。
もっと物語が楽しめるはずです。
(なりきると、辛いですが。最終的に・・・)

でも、あれなんですよ。
やっぱり友哉は、保奈美にどこか惹かれ続けるんです。

ふん、やっぱり外見なのね、男なんて。
(あ、思わずそんな嫌味を友哉にぶつけてしまいました)

NoTitle 

なんて不憫な友哉…。いやでも、大人になっても悪くないのに怒られることなんていくらでもあるんだぜ! と言ってやりたい(笑)

子供の頃ってみんなこんなんだったよな~って懐かしく読ませて頂きました♪ 上手く想いを表現できずにねじ曲がった行動にでたり、思ってても言っちゃいけない事言っちゃったり、でも富田も保奈美も、きっとみんな根は良い子で純粋なだけなんでしょうね♪ みんなそうやって大人になっていく☆
必至で子供という硬い殻を破ろうとしているように私には見えて、友哉も含め、どの子もとても愛おしいです゚+。スリ(*u_u人u_u*)スリ。+゚

温かく見守らせて頂きます☆☆

16さんへ 

んんん♪温かいお言葉、ありがとうございます!
ちょっとここまで、読むのがしんどい展開だったかなと思ってました。

そう、実は、ここに出てくる子は皆、本当はそんなに病んだ子は一人もいないんです。
普通の子で。
富田も保奈美も由宇も、友哉も。
ただ表現が下手だったり、ちょっと行きすぎたり、制御できなかったり。

そんな中で起こってしまうんですね。
悲しい事が。

みんな殻を破って、大人になりたかっただけなのに。
ほんの少しの欲望に翻弄されただけで。

もう少しだけ、じれったいかもしれないですが、どうぞ見守ってください♪

NoTitle 

ちょっ、ほなみさん。
なんて強烈な性格なんだ。

あーでも、間違いなく僕が女だったらこんな性格になってたかも・・・。
男に生まれて。
そして「ゆうま」という名前でよかった・・・。

ねみさんへ 

おお、女だったら「ほなみ」さんだったねみさんは、「ゆうま」くん!
「ゆう」ではなくて・笑
どちらもいい名前ですねえ。
親御さん、いいセンスです!



辛いなぁ… 

と、感じたのはfateだけだったらしい…(--;
とコメントをざ~っと眺めて感慨にふける…

何がツライんだか、よく分からないけど、こういう少女の危うさ。正義は必ず勝てるんだと信じている、まだ純真な心を抱いた時代って、コワイ。
正義という刃は、鋭いんダ。
振りまわすと必ず誰かを、或いは自らも傷つける。
正しいことだけじゃ世の中まわっていかない、とイヤらしくずるくなる前の子どもだけの世界。
そこに繰り広げられるささやかなる争いは、だけど、必ず誰かに立ち直れないほどの深い傷を負わせる。
少年・少女っていう時代って、バランスが悪いんだよね。
精神と身体との。

綺麗なものしか見たくない。
大人だったら分かる配慮が欠けていたばかりに、言葉を選び間違えたばかりに、切りつけた傷がぱっくり口を開けて血を流している様を正視出来ないんだろう。
目に映るものは、綺麗なモノである筈なんだもんな。

ああ、うまく言えない。だけど、‘青春’は大人へ至る狂気を宿す時代なら、少女時代ってのは、子どもが子どもである最大の通過点。
正しさが何かを本能的に知っている、一番残酷で、一番美しい時代だろう。

なんか、実は似たような展開の物語を描いてて、ぎょっとしました。
ここまで突っ込まなかったので、こちらはさらりと終わって、現代に至りますが(^^;

fateさんへ 

この辛さを分かってくださって、うれしいです~~。
二つの辛さがありますね。

友哉の辛さももちろんだけど、
未熟で、純粋故に他人をザックリと傷つけてしまう、少女独特の純真、潔癖。

保奈美は成熟していると自分では思ってるだけで、まだまだ世間知らずの、ただ正義感に興奮してるだけの子供なんですよね。
自分という、潔癖なものを守ることも正義だと思い、それを汚す者は悪だと思う。

大人になれば、そのグレーゾーンがわかるのですが、まだまだ自己中な女の子。
でも、これも青春の通過点。大人になれば、「ああ、悪いこと言っちゃったな」、って、思い起こす事ができる。
ほんの小さな出来事。
この物語は、こんな子供たちの、“ありがちな争い”によって起こる、取り返しのつかない悲劇がテーマでもあります。(半分はミステリなんだけど)

>正しさが何かを本能的に知っている、一番残酷で、一番美しい時代だろう。

そうなんですよね。
私がつい、少年たちを書いてしまいたくなるのは、その美しさと残酷さを兼ね備えているからで。。。
野放しにすると、とんでもない倒錯の世界など書いてしまいそうです、私。

この保奈美ちゃん、きっと大人になったら、いろんな配慮も出来る、素敵な美しい女性になることでしょう。
(昔、どれだけ多くの少年を傷つけてたとしても・・・^^; そんなもんですよね)

あ!それから、fateさんのところも、豪雪で大変なのですね。
どうか、気をつけてお過ごしくださいね。(っていう表現も、なんだかへんなのかも・・・汗)

NoTitle 

あれ…何だったかなあ?

中学か高校の頃、国語で習った小説を連想させる展開です…。
しかし、「あの話」よりも、より陰惨で苛烈で救いがない気がします。

思春期の入り口に立った子供たちの、様々な憶測、思惑がすれ違って、軋みをあげ、「事件」が起きてしまうのでしょうか…?

有村司さんへ 

中高生の現代国語、おもいだしますねえ~^^

一つの物語を、一語一語掘り下げて解読していきましたねえ~。
懐かしい。
物語には、こんなに深い意味が隠されてるんだなあと、感心して授業受けたもんです。
(本当は国語の先生に惚れてただけですが^^;)

ええ、どの話かなあ。ふふ。嬉しいです。

このあと、由宇が死んでしまうのは免れないのですが、そこへのプロセスを、どうぞ見守ってください。

ここまで読みました。 

怖いですね……。感情が爆発して悲惨なことになりそうな空気です。
はじめは、アニメのあの日見た花の名っぽいなって思ってたんですが、段々映画のマレーナを思い出しました。
怒りはほとんどの場合、より弱い物に向かいますからね……。また、男性の脳は性欲と暴力がリンクしやすいそうですから、お姉さんはクラスメイトの女子を味方につけられた辺りは、守ってもらえて良かったと思いました。
次からは雰囲気が変わるのかな?
ちょっとビクビクしながら次を読みます!

たおるさんへ 

たおるさん、おはようございます。
ここまで読んでくださって嬉しいです。
このあたりは友哉の感情が荒れて、やばい感じになってきていますね。
でも、きっとこのあと、穏やかな流れになっていくと思います。
いや・・・別の波が、来るかな?
この辺は、子供の頃に戻って、ゾワゾワしてもらえたらいいなあと思って描きました。
花の名 も、マレーナも知らないのですが、どんな作品なのか気になるなあ。

そうなんですよね。男の子って、小学生のうちから性的感情が強く出てしまって、自分をコントロールできなくなる時期があるらしくて。女の子は別の面で、自意識過剰になってしまったり。多感な時期で、すごく魅力的です。思春期。
読者様は、ここで保奈美に味方するか、友哉に味方するか別れるのですが。
でも、このあと保奈美よりも由宇が大きく存在感を出してくるはずです^^
どうか、ゆっくりでいいので、お付き合いくださいね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

こちらの続きも読んでくださって、ありがとうございます。

はい、レベル的には小さな事なのですが、当事者の友哉には、本当に辛い出来事だったでしょうね。
小学生って、加減を知らないので平気で人を傷つけてしまう。
残酷です。

いじめのシーンは、読む人の気持ちも不快にして、心的ダメージを与えてしまうものなので、なるべく短めにしようと心がけました。
年齢が違うので、Soさんのキャラに当てはめるのは難しいかもしれませんが、役割的にはそうかもしれませんね。
ただ、ここではそこまで陰湿ないじめはないのです。
いじめっこたちにしても、実は好意(かまいたい、ちょっかい出したい)という気持ちの裏返しで・・・。

このあと悲劇は起こるのですが、いじめが直接の原因にはなりません。
本当に些細な、些細なことが悲劇を起こしていきます。
そのことが描きたくて。

なかなか時間が無くてC3まで読めていないのですが、Soさんがいい形で続編を描けるように応援しています。
やはり物語は、ちゃんと完結して初めて「作品」になるんですもんね。
がんばってください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【呵責の夏 第5話 由宇】へ
  • 【(雑記)方向感覚ゼロと中国の旅。】へ