KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第5話 由宇

 ←(雑記)匂いと恐怖 →呵責の夏 第6話 苦痛
保奈美と正反対に、弟の由宇は余りにも目立たない存在だった。
保奈美よりもずいぶんと背が低く、更に幼い顔つきの小柄な少年は、とても同じ歳には見えなかった。
それは保奈美が早熟で、とても6年生には見えないと言うこともあったのだが。

由宇の髪は、まるで色が抜けたような薄茶だった。
目の色もどこかグリーンがかった琥珀色で、それがまた更に希薄な印象を与えた。
対人恐怖症なのか、ほとんど誰とも話をしなかったし、学校では笑うことも少なかった。
ただ保奈美の影のようにぴったり寄り添い、存在を消しているように友哉には思えた。

級友たちも、そんな由宇に話しかけはしなかった。
どうせ2学期には消えている級友だ、積極的に仲良くする理由もない。誰しもそう思っていたに違いない。
友哉自身、別段弟には何の興味も持っていなかった。
あの放課後のイジメを目撃するまでは。

週に一回のクラブ活動のあと、友哉は一人で下校していた。
学校から自宅までは徒歩で40分。
その途中には民家のない寂しい山林部分もあるが、友哉にとっては通い慣れた道だった。

狩られた獣の必死の抵抗の声を聞いたのは、ちょうど民家のない林道だった。
駆け寄ってみると、杉林の少し手前の空き地に3人の少年が固まっている。

「何かおるん?」

野ウサギでも捕まえたのだろうか。
本当にそう思って覗き込んだ友哉はハッと息を呑んだ。
それが何の余興なのか、瞬時に分かったのだ。
富田健吾、そしていつもくっついている太っちょの木ノ下隆男と、坊主頭の山岸雅也が嫌な目つきで友哉を振り返った。

そして、3人に囲まれるように草の上で丸くなっていたのは由宇だった。
涙で頬が濡れている。

「何やっちょう」
友哉は訊いた。状況は一目瞭然だったが、なぜそんなことをするのか理解不能だった。

「何もしちょらんよ。なあ」
富田がにやけながら同意を求めると、二人もニヤリと嗤った。
「由宇と遊んじゃっとるだけじゃ。友哉も寄せちゃろうか?」
「いらんよ。泣いちょるやん。なんでそんなことするん」

友哉は特に正義感をかざすほうではない。富田達に逆らうと厄介だということもよく分かっていた。
けれどこの時は見て見ぬ振りができなかった。
それはもしかすると泣きはらしている由宇の横顔が、その時なぜか保奈美とダブって見えたからかも知れない。
普段は意識して比べてみたことのない、その顔が。


「こいつさ、女みたいやん?」
ふいに言った木ノ下の言葉に友哉はびくりとした。
「いつも姉ちゃんにくっついて歩いてばっかで、カマみたいやん。なあ、男か女か調べてみんか、友哉」
「馬鹿か。男に決まっちょるやろ!」

にやけた木ノ下の言葉に吐き気さえ覚えて、友哉は素早くうずくまって泣いている由宇の手首をぐいとひっぱり、立ち上がらせた。
状況をよく把握してない由宇は更に怯えた目を友哉に向け、体を固くした。
「俺は何もせん。一緒に帰ろう。送っちゃるけぇ」

由宇の返事も聞かず、友哉は一刻も早くその場から抜け出したくて、折れそうに細いその手首をひっぱって歩き出した。

「何格好つけちょんじゃ、クソ友哉。俺ら、遊んじょっただけやからな! 先生に変な事言うたら、ぶち殺すぞ!」
後ろでそんな富田健吾の声が聞こえたが、もう振り返ることはしなかった。
ただ、追いかけて来ないことだけを祈りながら友哉は、由宇の腕を強く引っ張って歩き続けた。


奴らは追っては来ない。一方でそんな確信もあった。
彼らはもしかしたら、本当にふざけていただけなのかも知れない、と。
由宇は身代わりなのだ。 自分達が触れることの出来ないあの美しい少女の。

友哉は彼らの『遊び』という言葉に、身震いするほどの恐ろしさを感じた。
理解不能から来る恐ろしさならまだ良い。

けれど友哉には彼らの歯がゆさと、出口を見失った歪んだ熱が理解できた。
それゆえの恐ろしさであり、嫌悪なのだ。


ようやく由宇を振り返って言葉をかけたのは、もうあの場所からかなり離れてからだった。
3人の姿も見えず、友哉は気を緩めた。

「あの3人に近づかんほうがええよ。馬鹿やし、タチ悪いから」
由宇は戸惑ったような目を友哉に向けて小さく頷いた。
その様子はあまりにも幼く弱々しく、きっとこの少年はすべてを保奈美に依存して生きているのではないかと、少しばかり腹が立った。

「俺、お前の家知らんから、こっからは一人で帰りや。帰れるやろ? 姉ちゃんおらんでも」
少し突き放したようにそう言うと、思いがけずに少年は笑った。

透き通るような白い肌をほんの少し赤らめ、淡い色の瞳を細めて微笑み、そして「うん、大丈夫。ありがとう」と、きれいな標準語で言いながら友哉を見つめたのだ。

友哉の心臓が一瞬トクンと跳ねた。

――――似ていた。

その目元も、唇も、細い顎のラインも。
胸が苦しくなるほど少年は姉によく似ていた。

なぜみんなは気付かないのだろう。いや、……もしかして気付いているのだろうか。

「じゃあな」

素っ気なくそう言うと、友哉は由宇を寂しい林道に残し、足早に歩き出した。
ぐるぐると、無秩序な思考が頭をかき乱す。


“腹立たしい”

家に帰り着くまで友哉の中を満たしていたのは、なぜかそんな感情だった。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)匂いと恐怖】へ
  • 【呵責の夏 第6話 苦痛】へ

~ Comment ~

NoTitle 

うーむぅ。
友哉の心理描写、その緻密さに思わずうなりました。

それにしても、せっかく友哉が由宇を助けたっていう場面なのに、すごーく不安になりました。
不穏なかんじ。

由宇が結局は死んでしまうことを知っているからかもしれませんが…
胸がざわざわします。
うう、由宇がかわいそう… (T_T)

西幻響子さんへ 

そう、この友哉がね、本当に微妙な感情の持ち主で。
すごくいい子なんですよ。
でも、繊細すぎてねえ。
作者としてはとても描きがいがあるんですが。

いい場面なのに、ちっともすっきりしないでしょう?
友哉の心理状態と一緒なんですね、きっと。
友哉と由宇の微妙な距離感を、これから感じて行ってください。
ずっとザワザワさせます・笑

はあ。本当に由宇、かわいそう・・・。
ひどい作者です。

NoTitle 

なんか、鳥肌が立ってますよぉ。

この、子供特有の、興味とか憧れとか好奇心のごちゃまぜになった感情。
戸惑っているが故に、わからなくなってしまう矛先。

友哉は少しだけ大人なんですね。
でも、それは「今のところ」だけでしかなくて、逆に少しだけ大人な故に危ういというか・・・。

秋沙さんへ 

まだまだ幼くて、自分の気持ちを客観的に見れない年頃ですよね。
異性への興味だったり、それを認めるのが恥ずかしかったり、何かにイライラをぶつけたり。
特別な事じゃないんですが。

あの双子は、友哉のクラスに大きな石を投げ込んじゃいました。
友哉は大人な半面、意地っ張りですから。
さあ、どういう方向に行ってしまうのか。

危うい彼らのその後、覗いてみてください♪

NoTitle 

子どもの「純粋」な好奇心って、ある意味怖いですよね。。
「純粋」なだけにパワーがあって、暴走すると・・・・

ある意味、ぞっとするお話ですよね、これ・・

ザワワ~♪ ザワワ~♪ 

某サトウキビSONGの ワンフレーズが 浮かぶような 不穏な風が 吹き始めて来ましたね。

繊細な(lime様が 言ってるので そうなんでしょう)友哉を乱す 由宇への 不思議な感情が、どんな風に 動いて行くのかが  とっても 気になります。

だけど 由宇が 苛められてると知ったら 保奈美は 黙ってないでしょ!?
それが <負のループ>とならなければ いいですが。。。
(´`;)ゞbyebye☆

綾瀬さんへ 

そうですよね。
幼いって、舵の取れない船のようなかんじで。
どの方向へ走るかわからない怖さがあります。
(今は大人でもたまに・・)

昨日は晴れてても、今日は土砂降りだったり。
純粋だけど、ゾワゾワする感じが伝われば嬉しいです♪

NoTitle 

どういうわけか藤子不二雄A先生の「少年時代」というマンガが頭の中に二重写しに(^^;)

時代背景もなにもかも違うのに、なぜだろう?

うーむ。

けいったんさんへ 

ざわわ~・・来ましたか・笑

友哉は純粋で繊細なんだけど、我がままでもあります。
由宇への感情でいろいろ乱されていきそうです。

子供時代の回想は短いので、よ~~く見ててくださいね♪

保奈美が由宇のいじめを?
そこは、悪ガキども、ばれないように頑張ります・笑
ある意味、それがバレテたら、この物語は変わってきてたかもしれませんね。

まだベタな展開だけど、けいったんさん、付いてきてね~♪

ポール・ブリッツさんへ 

う~ん。その物語も知りませんが (^_^;)

でも、本物の少年期を過ごした先生の漫画に似てるのは、光栄かもしれません。

NoTitle 

この二人は二卵性双生児なんですか?
一卵性だとしたら医学的にもかなり珍しい現象が起こったことに
なるわけなのですが・・・。

っと、話がそれましたね。
由宇がいじめられてるー!?(遅い
なんてことだ、許せない。
正義感をかざすわけではありませんが
リアルでいじめを見てきた僕にとってつらい描写です。
なんでとめれなかったんだろう。
そればかりが悔やまれます。

ねみさんへ 

もちろん、この二人は二卵性双生児ですよ (^.^)
姉弟ですから。
この場合、高い確率で女の子の方が発育がいいですね。
不思議です。

ねみさんも、いじめに心を痛めてましたか。
でも、なかなか助けられないですよね。
それも自分を守るという、動物学的心理なのかもしれません。
悲しいことに。
でも、悔やむ、というのも人間ならではの優しい衝動ですね。

さあ、もうちょっと彼らにお付き合いくださいね。

こんにちは^^ 

おおお~~~・・・・・
何ともいえない、少年期の葛藤ですね~~e-330

limeさんのこのお話を読みながら、「いつの時代も変わらないんだな~・・・」と思ってしまった。
「幼さ故の残酷さ」が、凄く表現されてる。
そんな印象を受けました。

続きがとても楽しみですv-290

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

蘭さんへ 

微妙な残酷さを感じていただけて、すごく嬉しいです。
このいじめっ子たちも、もしかしたらいろんな複雑な葛藤を抱えているのかも。
友哉は、それを感じてしまった自分にも戸惑うんです。

誰の心にも悪魔がいる。
それに気づき、おののいて皆大人になるんですよね。
(遠い目・・・)

続きも、どうぞよろしくお願いします♪

NoTitle 

lime様、こんばんは♪
ちょっと一つ、のつもりが、ついついここまで来てしまいました(笑)
文章が鮮やかで、さらっと読めるのに描写が深い、思わず惹きつけられてしまいました。

微妙な年頃の少年たちの、揺れ動く心の機微。
遊び半分のその残酷さが、どれだけ人を傷つけるのか、知っているのに知らないふりが許される、その幼さの特権‥‥。
何かもう、すっごい辛いです 。゚(゚´Д`゚)゜。
大人になった今では、いじめっ子の心理も、共感はできないけどわからなくはないし、友哉が何に腹を立てるのか、男子に嫌気がさした保奈美の気持ちも、対立する男女も、どれもまざまざとイメージが湧くので。

しかして、喧嘩のもみ合いのはずみで、由宇が崖から落ちて‥‥だとかいう恐ろしい想像しか出て来ない自分の残念なお脳が、何とも悩ましいです(笑)
どきどきハラハラしながら、またお邪魔します♪

土屋マルさんへ 

こんばんは~。
嬉しくなってしまうような感想、ありがとうございます^^

ここに描かれる子供たちの感情に、共感してくださって、すごくうれしいです。

>遊び半分のその残酷さが、どれだけ人を傷つけるのか、知っているのに知らないふりが許される、その幼さの特権‥‥。

↑おお、この表現、なんかビシッときます。

このいじめっ子達も、行動としては褒められたものではないんですが、どうにもならない成長期の感情と戦っているんじゃないかと思います。
純粋で、自分の感情を抑えられない時期って、辛いんですよね。
友哉も、いじめっ子達も、変わりなく。

友哉の腹立たしい気持ち、それも感じていただけて、嬉しいです。
彼も、素直じゃないですからね。
それが、これからの悲劇を生むのかも・・・。

あ、でも、
>喧嘩のもみ合いのはずみで、由宇が崖から落ちて・・・

という結果にはならないので、安心して読んでくださいね^^
(いや、安心もできないかな・・・)

NoTitle 

成人と子供の境界線上にいる、あまりにも危うい年頃の、その蛮性の暴発…細密な描写で書かれたそれに、とても不安を掻き立てられます。

姉の身代わりにされたスケープゴード…もしかしたら、そのことにすら気づいてない由宇。

友哉の苛立ちは、なんとも複雑ですね…。

有村司さんへ 

危ういんですよね。
純粋ゆえの、危なっかしさ・・・というんでしょうか。
大人のように、周到に危ない感情を回避できない。
でも、真っすぐ本心でぶつかることもしない。それくらいのずるさは持っていて。

子供の残酷性は、怖いけどガラスの刃のように魅力的です。

由宇は、まったく自分の周りで起こってることに、気付きませんね。
もう少し彼が、大人だったら・・・。

友哉、本当に複雑です。この子も可愛そうな子です。(>_<)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

ほんとうにね。いじめと、ふざけって、外からは分からないかも。
いじめられても、認めたくなくて笑ってる子もいるかもしれないし。
Soさんの作品のあれは、とんでもなく陰湿ないじめですからね。
辛かったです。
由宇は、冒頭にあったように、この後悲惨な事になってしまうのですが。

小説の中で方言を使う事は本当はしたくないんですが、これは特別方言に意味があったので、使う事にしました。
方言の使用は、気を使います。

「寄生獣」?
名前は聞いたことがあるけど、読んだことは無いです。絵柄がリメイクされてアニメになることは多いですね。
センスの良いリメイクなら、アリだと思います。
私の好きな「地球へ」も、とても綺麗にリメイクされて気に入っていますし。
でもそれもきっと賛否両論なんでしょうね。
人の好みって、いろいろだから。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)匂いと恐怖】へ
  • 【呵責の夏 第6話 苦痛】へ