KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第3話 忘れるために

 ←呵責の夏 第2話 優しい空間 →呵責の夏 第4話 幼き争い
友哉の元に同窓会の案内ハガキが届いたのは3週間ほど前だった。
今年で廃校になる小学校に集まり、同窓会をしようという趣旨の誘いだ。
それぞれの年度生で日にちをずらしながら校庭に集まり、バーベキューでもしようというものだった。

「物好きな奴らだな」
と、すぐさまハガキをゴミ箱に捨てたが、運悪く母親に見つかってしまった。
「ちょうどいいじゃない、行ってきなさいよ友哉。せっかくじいちゃん達もあそこに戻ってきたんだし。この夏、母さん達は仕事で行ってあげられないしさあ。友哉が行ってあげたらきっと喜ぶよ二人とも」
もともと関東出身で方言もすっかり抜けた母が、自分の名案に嬉々として言った。
それは実際同窓会うんぬんよりも、親の思惑だったわけだが。

友哉にも仲が良い友だちがいないわけではなかった。
5年生まではごく普通のやんちゃな少年だった。
夏休みともなれば友だち数人と連れ立って、近くの遊泳所に指定された川で真っ黒になるまで泳ぎ、
山で作った秘密基地では、誰かが家から持ってきた成人向け週刊誌をドキドキしながら覗く、ごく普通の少年期を過ごした。
そう。6年生の春に、あの双子の姉弟が転校して来るまでは。

友哉は布団に転がりながら、磨りガラスと障子を抜けてくる月明かりをボンヤリ見ていた。
体はぐったり疲れているのに、頭が冴えて眠れない。
もう最後にしよう。
もう一度ここに来て思い出と決別しようと思った。
結局この地を遠く離れても、忘れることは出来なかった。
もう一度あの場所に行って、花でも供えて、そしてすべて終わらせるんだ。

友哉は目を閉じた。
どこかでチリンと風鈴の音が聞こえた気がした。

             ◇

6年生の春。
友哉のクラスに、8月いっぱいまでということで転入してきたのは双子の姉弟だった。
1学年1クラス。それも男女会わせて21人しかいないクラスにとっては、センセーショナルな出来事だった。
たった一学期間とはいえ。
そして、その双子の姉、保奈美は息を呑むほど美しい少女だった。

「東川保奈美さんと、弟の由宇君です。ご両親の都合で2学期が始まるまでの滞在となるそうです。短い間ですが、皆さん仲良くしてあげてください」
担任の女教師がそう説明する間も、クラス全員が姉の保奈美に釘付けになっていた。
女子までもが、だ。
背丈は女子にしてはかなり高く、スラリと伸びた手足はとても白くしなやかで、バービー人形を思わせた。
癖の少しもないストレートの長い黒髪は、薄いブラウス越しにふっくら膨らんだ胸に、軽くかかっている。
黒目がちの美しい目は、凛として少しも臆すること無く、新しいクラスメート達をまっすぐ見つめていた。
教室は水を打ったように静かになり、友哉は少しの間、息をするのも忘れた。

雑誌やTVで見るモデルやアイドルにも、これほどまでに心を震わされたことはなかった。
しなやかな細い体から放たれるのは、今まで机を並べてきた女子たちとは明らかに別のものだった。
女子ではない。そこに居るのは、異性だった。
しっかりと落ち着いた声で保奈美が自己紹介を終えても、しばらく誰ひとり雑談するものはいなかった。
教室中のだれもが、言葉を失っていた。

そしてたぶんその時、誰も、もう一人の少年のことは見てなかったはずだ。
姉の影に恥ずかしそうに隠れ、緊張で小さく震えていた華奢な少年の事を。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【呵責の夏 第2話 優しい空間】へ
  • 【呵責の夏 第4話 幼き争い】へ

~ Comment ~

こんにちは^^ 

ふわ~~~~~~・・・・・・・・

どんな美少女なんだろう・・・・・・
私の乏しい想像力では、全然絵面になりません(><;(妄想力は逞しいんですけど・笑)
今度。limeさんのイラストで是非・・・・・!!!v-9v-9(←強要・爆)

毎回読ませていただく度に、情景が目の前に広がって、こんなに寒いのに蝉の声とか風鈴の音なんかが聞こえて来ますよv-290
limeさんの書く文章・・・・・・・・・

本当に好きv-345v-345

NoTitle 

ほう~。由宇は双子の弟でしたか。
ちょっと内気っぽい少年なのが、なぜか意外でした。
もう少し大人びた性格なのだと思いこんでいたのですねー。

美少女の登場が衝撃的です。
この少女をめぐってなにかしら事件が起きるのでは…と、ドキドキしてしまいます。そして、由宇と友哉がそれにどうからんでくるのか…。

蘭さんへ 

読みに来ていただいて、うれしいです~♪
え? 好き?
そんな…告白なんて・・・ (u_u*)ポッ

保奈美は綺麗なんですよ~。
こんな子に生まれ変わりたい!・・・と思う少女がいたら、それが保奈美です・笑(わかんないって)

せっかく自然の描写に親しんでもらったのに、
これからしばらくは、ガキんちょたちの、イライラするやり取りに入ります。
イライラしながら、読んでくださいね・爆

西幻響子さんへ 

そうなんです。
めちゃくちゃ内気な少年なんです。
そして、姉の保奈美が美少女。怖いものなしのマドンナです。

少年少女の心は複雑怪奇。
ゆらゆら揺れ動いて、バカなことをしでかさなきゃいいけど。

この後、イライラ、じれったい子供たちのやり取りに、しばらくお付き合いください。
大きな展開はないんですが、じわじわ行きます。♪

NoTitle 

私のなかの美少女No1は、ゴクミちゃんです。
保奈美の登場シーン、
彼女が「たけしくん、ハイ」に登場したとき、こんなキレイな子が世の中に存在するのか! とぞくっとしたのを思い出しました。

美少女がクラスに出現…これはもう何か起こるしかないですね~。

NoTitle 

そうとう苦いドラマが待っているようですね。

活発な姉と気弱な弟の組み合わせあるところ乱あり(笑)。

子供だって 

子供だから 純粋で素直とは 限らない。
それなりに 嘘も吐くし 幼い策略もするんですよねー。

・・・と 今回は 最初から 疑い深い目で 読んでしまうのは 前作での 影響でしょうか?(o´ェ`o)ゞエヘヘ

子供のじれったい遣り取りでも 何でも ドーンと来いですよー♪
任せなさ~い!ド━━m9(*´∀`*)━━ン!!byebye☆

綾瀬さんへ 

ゴクミはもう、文句なしの美少女でしたね。
女の子までもが「おお~」って唸りました。

保奈美は聡明なクールビューティ。
男の子のアイドルになるような子とはちょっと違うかな?

さて・・・それがどう影響するんでしょう。
まだまだ、予測できる展開です♪

ポール・ブリッツさんへ 

苦~い、じれった~い、展開・・・でしょうか。

でも、子供らはどこにでもいる、普通の子供たちです。
そんな怖い展開は待ってないと思います。

思います・・・・。しばらくは。

けいったんさんへ 

わ~い。
ど~~んと任せます!けいったんさん。
まるごと受け止めてください(*^-^*)

と、いっても、まだまだ可愛い子供らのいざこざです。

大丈夫、前作のように、騙したりしません!安心してください。

・・・・ふふ。なんちゃって。

NoTitle 

うは~、山の秘密基地つくりました、作りました。
そこに成人誌持込?
やりました、やりました。

「うわ、おいこれやべーよ」
「そんなこと言うなら見るなよー」
「へへへっ、いいだろー」

やりました、懐かしい思い出です。
6年前の話です。

保奈美・・・だと?
僕がもし女に生まれていたらつけられていた名前と同じじゃないですか。
もっとも、穂波で字は違うのですが・・・。

なんか、limeさんすごい・・・。

ねみさんへ 

ねみさんも、やりましたね? 笑
しかも、やはり11歳の時に。
う~ん。筋書き通りです。さすがです。
秘密基地では成人雑誌が鉄則です ( ̄ー ̄)

な、なんと。
女の子に生まれていたら、ねみさんは、ホナミちゃんだったなんて。
男の子だったからネミエルと名付けられたとは。(いや、それは違う)

すみませんでしたっ 

なかなか読み進むことができず、コメントもできず申し訳ありませんでした。また、ちょこちょこ来させていただきます。
読みました! 文章が完成されていると思います。情景も思い浮かんできますし、心理描写も的確で、すばらしいと思います。ストーリー展開も飽きさせないつくりで、ひきつけられます!
う~ん、見習うところがたくさんありますねw
こんなに素敵な物語ですので、最後まで読みたいと考えています。

ゆないさんへ 

どうして、謝られたのかな??・・・と、不思議でしたが、そんなことでしたか(笑

いえいえ、私こそ、なかなかお邪魔できずに失礼しています。
時間がゆっくり取れたら・・・とか言ってるウチに、どんどん時間がながれてしまうんですよね・汗

呵責の夏、気に入って頂けたらうれしいです。

どうぞ、お暇なときに、ゆっくり来てやってください。コメント無しでもかまいませんよ。

双子っ 

おおおおおおっ、双子だ~~~
と、妙にテンションあがりました。

いやいやいや、双子だからって、…落ちつけ!
しかも、全然…でもないけど、けっこう似てない双子ですな。
っていうか、男女の双子って結局は普通のキョウダイと変わらないから、そんなに似るはずないんですよね~

それでも、双子の神秘性は好きです。
ふふふふ。
ゾクゾクします。

fateさんへ 

あ、そうですよね。
男の子と女の子の双子って、兄弟と変わらないですよね^^;
私の知り合いの子供も、男女の双子なんですが、姉は天才肌で長身。弟は、おっとりした、小柄。
世間一般にもこのパターンが多いのは、なにか理由があるんでしょうかね。

でも、おっしゃるように、なんか、不思議なものを感じます。
一緒に生まれた、というのが、何らかの運命を左右するんでしょう。
この由宇と保奈美も、双子じゃ無かったら、こんなことにはならなかったでしょうに・・・。

ゾクゾクしていただいて、うれしいです。
さあ、どうなる事やら・・・・汗

NoTitle 

こんにちは!

秘密基地!作りましたねえ!成人雑誌の持ち込みは…無かったですが^^;

でも、私は、この完璧な美貌の姉より、繊細そうな弟のほうが気になるなあ…。

有村司さんへ 

お! 作りましたか、秘密基地^^

学校帰りに、朽ちかけたあばら屋とかありましてね。男の子たちと、作ったもんです。
私も雑誌は持ち込んでないんですが^^。

弟君、気にしてくださってうれしいです。
ほとんど、姉の影で存在感が無い子なんですが・・・。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメSoさんへ 

こちらに来られたんですね。
どこから読んで貰ってもうれしいです!

そう、この呵責の夏は、地名が書いてありませんが、舞台は山口県なんです。(今現在は下関市になっている場所)
珍しく方言を書いてみましたが、本当の方言を書くと、絶対に読めない(意味の分からない)言葉になっちゃうので、少しアレンジしてあります。

この呵責の夏が終われば、舞台は東京に戻ってしまいますので、この第1章だけでも読んでもらえるとうれしいです。方言、まだまだ出てきます。

同窓会、ちょうどこのお盆に、中学の同窓会が田舎であるみたいです。
昔の学級長から電話がありました。クラス全員と、先生を集めるそうです。
私も行きたかったんだけど、仕事が休めなくて。
私もまったく田舎の友人と連絡を取っていないので、誰が誰だかもう分からないでしょうね。

あ、三田市なら何度か行ったことがあります。
「三田屋」というステーキ屋さんがありますよね。
本店には能舞台があって、結構な高級店。
あそこによく、連れて行ってもらっていました。たしかに、何もない町ですが、いいところですよね。

あとの町は、あまりなじみがないのですが、調べながら舞台設定するというのも楽しそうですよね。

まだ、Sさんの短編は最後まで読めていないのですが、またゆっくりお邪魔しますね^^
私に選手の名前がわかるかなあ・・・。
いつもコメ、ありがとうございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【呵責の夏 第2話 優しい空間】へ
  • 【呵責の夏 第4話 幼き争い】へ