KEEP OUT 1  呵責の夏

呵責の夏 第2話 優しい空間

 ←(雑記)琥珀色の瞳の君へ →呵責の夏 第3話 忘れるために
「よう来たねぇ友哉。疲れたやろ。風呂焚いてあるけぇ、先に入ったらええよ」
駅から歩いてきたという友哉を、久しぶりに会った祖父母はとても優しく迎えてくれた。

祖母のカナエは小さな体を揺すって相変わらずよく笑い、祖父の幸次郎はフサフサした真っ白い髪が雛鳥のように見える、穏やかで無口な人だった。
小6まで友哉は両親と、この祖父母の5人でここに住んでいたのだが、父の急な転勤で友哉親子3人はその冬、神奈川に引っ越した。
当然祖父母はこの家に残るはずだったのだが、父親の弟夫婦が突然祖父母を引き取ると言い出し、無理やり福岡に連れて行ったのだ。

「福岡の叔母さんに三つ子の赤ちゃんが生まれたやろ? きっと、じいちゃんばあちゃんに世話して欲しいんよ」
母が少し苦笑しながら言ったのを友哉はぼんやり覚えている。
祖父母がどこに住もうと別れて暮らす事に変わりは無く、寂しい気持ちも変わらない。
けれどその時一番に思ったのは別の事だった。

寂しさよりも、「帰るべき田舎がなくなる」という安堵だ。
その夏起こった出来事と決別できるという安堵だ。

すべてを記憶の隅に追いやることができる。
もう二度と、あの滝のほとりの近くを通らなくて済む。そう思った。

ところが昨年の冬。
福岡のマンション暮らしに耐えきれなくなった祖父母は、またこの家に戻ってきたのだ。
福岡の叔母は、三つ子が成長しマンションが手狭になってきたこともあり、気前よく二人を送り出した。

友哉の「田舎」が再び復活した。


「ほんと、大きゅうなったねえ、友哉。何センチあるん?」
「175センチしかないよ」
「肩もガッチリしちょるし、髪の毛も今時の子やね。大学じゃ女子にモテるじゃろ?」

75歳になるカナエはコロコロと笑いながら、少女のように高い声で喋った。
幸次郎も嬉しそうに友哉を見て頷いている。
「そんなことないよ。うちの理学部は女の子が少ないんだ」

友哉はクーラーのない畳の居間で、体に扇風機の風を直に当てながら、この懐かしい空間に満たされていた。
土間から続く台所と居間は、不思議と外の猛暑を遮断してひんやりしている。
蝉の声が少しおさまり、代わりに辺りの田圃からせわしなくカエルの声が聞こえはじめた。
平和そのものだ。 何を不安がる事があるだろう。

自分はなぜ昼間見たあの青年に、あれほど驚いてしまったのだろう。
時間が経ち、冷静になるにしたがって自分が滑稽でならなかった。

あの後、あの青年はもう一度友哉に頭を下げると、のんびりした足取りで商店街の方へ消えて行った。
何となく毒気を抜かれたような放心状態になった後、友哉は自分の短気が馬鹿らしくなり、祖父母の待つ家へ引き返した。

よく似た人間などこの世にたくさん居る。しかも友哉が見たのは自分と同じか、もしくは高校生くらいの少年だ。
11歳の、あのままの姿ではない。
なぜ一瞬でも由宇だと思ったのだろう。考えれば考えるほど、自分が滑稽になる。

確かに由宇の死体は見つからなかった。
川の遙か下流の淀みで、由宇がその日履いていたサンダルが見つかっただけで。

消防団や青年団の大人達がどれほど川や滝壺をさらえても、死体は見つからなかった。

けれども、彼の死はまぎれもない事実なのだ。
その事実は、村全体にどうしようもないやり切れなさと不安と、心を浸食して行く恐ろしさだけを残した。

思わなかった訳ではない。もしかしたら由宇は生きているんじゃないだろうかと。
ただ、騒動の後出ていくのが気まずくて、どこかで息を潜めているんじゃないだろうかと。

そう思うことで自分が慰められた。
けれどそれがバカバカしい現実逃避だと言うことも、11歳の友哉には分かっていた。

「明日同窓会なんやろ? あの小学校の校庭借りてするっちゅうたなあ。早う寝んとエライが」
夕食が終わってしばらくした頃、スイカが乗った皿をテーブルに置きながら、カナエが言った。
懐かしい甘い果実の匂いが、再び友哉の記憶の底を揺する。

「うん。でも夕方からだから大丈夫。先に寝ててよ、二人とも」
「そうかあ? 友哉も早う寝えや。……じゃけど寂しゅうなるねぇ。あの小学校も今年いっぱいで廃校になるっちゅうし。昔はもう少し子供もおったのに、今は若い人は皆よそに行きよる」

この村は年寄りばかりになる、とカナエはウンザリしたようにため息をついた。
自分は年寄りの中には入っていないような口振りだ。
友哉は笑ってカナエに言った。

「仕方ないよ。そういうもんだから」


---消えてなくなればいい。


唐突にそんな思いが胸を突き上げてよぎり、友哉はドキリとした。


---あんな学校も、級友も、記憶も。 みんな消えて無くなればいいんだ。

それは9年前の自分の叫びだ。

今ではない。
きっとそうだ。


自分の中で眠らせていた嫌悪や悔恨を直視することが震えるほど恐ろしく、友哉は苦しげに息を吐き出した。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)琥珀色の瞳の君へ】へ
  • 【呵責の夏 第3話 忘れるために】へ

~ Comment ~

NoTitle 

祖父母のやさしさと、友哉自身の心の暗さとがとても対称的ですよね。
ふっきれていない過去・・・何があったんでしょう。気になります。

綾瀬さんへ 

まさに、吹っ切れてない感じですね、友哉。

あの祖父母の二人は、ただ気のいい老人で、友哉の過去を気遣っているわけではないんです。
(真実を知りませんから)
だから、対象的なんでしょうね。

次回中盤から、長い回想に入ります。
よろしかったら、お付き合いください♪

NoTitle 

う~ん、気になる気になる…。
9年前にいったいなにがおこったというのでしょうか??
川で事故…?友哉は由宇といざこざを起こしたとか?

祖母のかなえさん、方言とかきっちりしててとてもリアリティありますね。
あとひんやりした土間とか、母の実家を思い出します。

レベルE、見ました。
だまされたぁぁぁぁ!(笑)
「本来の姿」じゃないじゃないですかっ!(爆
ほんと、あの王子、いい性格してますよね… ^^;

西幻響子さんへ 

9年前、何が起こったんでしょうね。
次回から、ゆっくりペースで過去の回想になります。

本当に普通の少年たち。何気ないやりとり、喧嘩。
そんな日常を、友哉目線で覗いていってください。
いったいみんなは、誰にイライラするんでしょう・・・。
(それも知りたいです)

あ!レベルE、2話、見ましたね?
ははは。まんまと騙されたでしょう。
あの王子はとにかく食えない男です。
でも、なんか憎めなくて可愛いんですよね。
次話も楽しみです(*^_^*)

NoTitle 

なんとなく、どこか雰囲気がスティーブン・キングみたいです。

どうなるのか興味津々。

ポール・ブリッツさんへ 

スティーブン・キングですか。
ええと・・・ホラーですよね?

これは全然怖くないですよ・笑
淡~~~いお話です♪ でも・・・。

NoTitle 

やさしいけれど、息苦しい時間ですね。

なんだろ、すっごく息苦しいです。
あたしも何か、子供時代にやらかしたのかな(笑)

まぁ、相手を傷つけるような事はしなかったにしても、けっこういじめっ子だったんですよねぇ私。(う~んと子供の頃ですよ?現代で言われるような「いじめ」ではなく・・・って何を言い訳してるんだ、あたし)

うあ、唐突に思い出しちゃった。子供らしい残酷な遊び。自己嫌悪~~~~(^^;
子供って残酷です。あぁ、なんかもう、すごくこのお話、どきどきします、いろんな意味で。

秋沙さんへ 

分かってくださいますか、この微妙な息苦しさ。
友哉は、優しさをなんとか貪ろうとしてるような感じです。

子供時代・・・これは私も、思い出したくない事ばかりです。
子供って、未熟で残酷な生き物ですよね。
残酷な遊びだって、意地悪だって、誰もがやるんです。
でも、それも成長の大事な過程ですよね。(言いわけ?笑)

このお話はホラーでも残酷な物語でもないんですが、
怖い部分があるとしたら、少年たちは、まったく普通の、どこにでもいる子供たちってことでしょうか。
友哉だって、いい子なんです。

よくある喧嘩、いじめ、嫉妬。
それなのに・・・・。です。

秋沙さんを、飽きさせずに最後まで引っ張れるか、ドキドキです!
いや、頑張って付いて来てください・笑

ビビってます、私!(||OдO||) 

私の 父方の祖母は、海の近くに家があり 夏休みは よく 行った記憶が あります。昼間は 海で遊び 楽しいのですが、夜の海の音は 不気味で 怖かったのを 覚えてます。

田舎って 都会より 時間が 穏やかに過ぎ ゆったり出来ますが、夜には 都会では 耳にしない音が聞こえたりします。 あの音は 小さかった私にとって お化けに匹敵するくらいでした(笑) だから 長く 滞在できなかったなぁ~

この作品を読んでいると 穏やかな中に隠れ潜んでいる 恐怖を 感じます。
私だけだと 思いますが・・・
回想編での 友哉と由宇の思い出で  私が ビビってる恐怖の原因が 分かるのかな? ちょっと 怖い。ヒィー(>ω<ノ)ノbyebye☆

NoTitle 

心苦しいです。
地方独自のなやみですね、子供が少ない。
身長175だと!?
僕よりも2センチ高い・・・。
負けた・・・。

由宇さんの死体見つかっていないんですね・・・。
それが余計に怖いです・゚・(⊃Д`)・゚・

けいったんさんへ 

田舎の夜って、本当になにかゾッとするものがありますね。
けいったんさんも、そんな「なにか」が怖かったんですね。

過去の回想の前半は、感情のやり取りですが、後半は自然のなかに突入します。
(短いお話なので、その部分も短いんですが)

ホラーではないけれど、けいったんさんをビビらせることができるかな?
でも、基本、怖くないです(>_<)
優しい物語に仕上げたかったので・・・・。

ねみさんへ 

え、ねみさん、高いじゃないですか。充分ですよ。
(友哉は21歳だし。ねみさん、そのうち追い抜きます)

由宇の死体が見つからないのは、友哉に取って救いだったかもしれませんね。
死体が出てきたら、逃げ場がなくて精神崩壊だったかも・・・。
家族は見つけたかったでしょうが・・。(>_<)

NoTitle 

lime様、はじめまして。
先ほどは、私のブログにご訪問&コメントをありがとうございました!
自分からは勇気が出なくて、全開読み逃げしてしまったので、お声をかけていただいてとっても嬉しかったです!
取り急ぎ、お礼がてらにお伺いしました。

実はこちらのお話、すでにコソーリとお邪魔しておりました(笑)
蝉しぐれとカエルの鳴き声、うだる暑さと、木陰に踊る緑の光‥‥田舎の自然の描写がとっても素敵で、すいすいと読み進めていたところ、何やら苦しい過去との葛藤の気配。
友哉と、亡くなった少年由宇の間には何があったんでしょうか?
まさか殺し‥‥とか思っていたら、どなたかのコメントの返信にて「ホラーじゃない」との記述を拝見し、ホッと一安心したところです。

ストーリーがとっても気になります!
思い出ごと削除したいほどの、一体何が‥‥。

またお邪魔させて下さい。
ではでは。失礼いたします(*´ω`*)

土屋マルさんへ 

土屋マルさん、いらっしゃい^^

とても素敵な感想&お礼コメ、ありがとうございます。
私など、簡単なコメだけで帰って来てしまって、ごめんなさい。
ごらんのとおり、作者はこんな、緩~い感じなので、気楽に遊んで行ってくださいね^^
もう、1行コメだって構いませんから。

「KEEP OUT」読んでくださって嬉しいです。
重苦しい雰囲気ですが、作者が怖がりで、ホラーは書けませんので、これは心の物語だと思って、
ゆるい気持ちで読んでくださいね。
(とか言いながら、ドンと・・・落とすかもしれませんが^^)

またお時間のあるときに、お立ち寄りください。
私も、またお邪魔しますね^^

光景が浮かぶような田舎~ 

良い感じの空気と自然と、トトロの世界みたい。
本当はそういうところに棲んでみたい気もするけど、ネットが繋がんないのはツライかも…
いや、情報が、じゃなくって、単に「これ」が出来なくなるのがキツイ(^^;

亡くなったヒトを思う特殊な空間って繋がっている気がする。
それが温かい思い出でも、痛恨の思い出でも、変わりない。
こうやって亡くなった人を辿る人にシンクロすると、同じ立場の人の息遣いを否応なく感じる。
今は、あれですな。
田島くん(けいさん宅)とか、松島春樹(西幻さん宅)くんとかをダイレクトに一緒に想ってしまう。

追想ってカナシイけど、美しいよな~とかって。
ウツクシイものを求めるのは、そうしないとヒトは生きられないからかもな。

fateさんへ 

そう、トトロの森のようなところです。
【あらすじ】のページの写真、まさに、この場所です。

そうそう、ネットは繋がらないし、携帯も繋がりませんよねw
陸の孤島だなあ~。

美しい追想かあ・・・。
亡くなった人を忍って、人間だけに許されることですもんね。
悲しいことの方が多いですが、思い出して偲ぶって、大事なことなんだと思います。

さて、この友哉の場合は、どうでしょう。

次回から、過去の回想に入って行きます。



NoTitle 

吹っ切ることも振り切ることも出来ない過去を抱えているのですね…主人公。彼に一体何があったのか…?優しい祖父母たちでさえ、消えてしまえと呪詛してしまう「何か」とは…。

タイトルと相まって非常に続きが気になります。

有村司さんへ 

忘れたいけど、忘れられない、辛い思い出があるんです。(>_<)

私が友哉だったら・・・やっぱり、同じように思ったかも。

次回から、どっぷりと昔の回想に入っていきます。

タイトル通りの少し危ない過去の話です。どうぞ、お付き合いくださいね。

NoTitle 

>消えてなくなればいい。
あんな学校も、級友も、記憶も。 みんな消えて無くなればいい。
それは9年前の自分の叫びだ。今ではない。きっとそうだ。

お~、書き方が、心情の描き方、お上手ですーー!!
(というか、私が好きな感じなのかな…笑)

「それは9年前の自分の叫びだ。今ではない。きっとそうだ」に、今でも友哉の葛藤している思いがあるんだと感じます。9年前何があったのでしょう?死体はあがっていない…とは?では、あの時の青年はやはり…?

気になりますが、今度は少しずつじっくり読むぞ~!^^

rurubu1001さんへ 

rurubuさんこんばんは。

そこに食いついてくださったのですね。
鋭いです。ここに、一番友哉の心情がでているのかも。

そうなんです、
今でも全然わだかまりは消えていないのに、平気な振りをしようとしてるんです。
自分の心を偽り続けている、屈折した感情なのでしょう。

9年前、由宇という少年が亡くなったんです。
死体は出てこなかったんですが、生きてる可能性はゼロと思っていただいた方が、この先惑わされないで済みます^^(いいのか、そんなこと言って)

次回から、9年前の回想が始まります。
由宇が死んでしまうまでの、ちょっとヒリヒリする、少年の日の回想です。

はい、もう、ほんとにお時間のある時に、ゆっくりいらしてください^^
ありがとうございます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)琥珀色の瞳の君へ】へ
  • 【呵責の夏 第3話 忘れるために】へ