未分類

(雑記)次回作は、久々の新作です(*^_^*)

 ←(製作秘話)スペシャルサンクス。人工無能、○鶏君 →呵責の夏 あらすじ
次回作のお知らせです。(^-^)

今まで、『白昼夢』、『ラビット』、『RIKU』と、シリーズの続編ばかりでしたが、久々に新作を書きました。
今回は結構シリアスな物語です。
ジャンルで言うと・・・なんでしょう。
トリックのないミステリー・・・いえ、サスペンスでしょうか。

平均年齢はぐっと下がります。
今回は少し描写を豊かにし、抒情的なものにしたいと思っています。
少年たちの少し危うい「夏」を、感じて戴ければうれしいです。

この物語にはトリックはありません。
けれど、ある、ちょっと変わった「設定」が設けてあります。
何の企みも無い、純粋かつ単純な「設定」です。

そしてそれは、本編中では分かりません。
本編中で感じる「引っかかり」が、その正体なんですが、それは、物語が終わる頃分かるはずです。

でも、みなさま、そんなことは本編の物語とは関係ありません。
ただの、私の「つごう」です。
今書いたことはすべて忘れて、本編を読んでくださいね。(なら、書くな・・・って(`ε´))


明日はいつものように、【あらすじ】からUPしたいと思います。

では、次回作、『KEEP OUT - 呵責の夏 -』を、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

16話くらいの、短いお話です。




関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(製作秘話)スペシャルサンクス。人工無能、○鶏君】へ
  • 【呵責の夏 あらすじ】へ

~ Comment ~

NoTitle 

楽しみであります!

「叙述トリック」というやつですね(^^)

どうだましてくるのかな~♪

ポール・ブリッツさんへ 

う~ん、叙述トリックなのかなあ。
「だまし」ではなく、「設定」です。

そうですね、最後のエピローグでツッコまれそうです。
いや、怒られるかな。

NoTitle 

楽しみです~

子どもの頃の夏って、大きな時間でした。新作の少年たちがどんな夏を過ごしたのか、今から気になります。

NoTitle 

お~。抒情的とはこれまた、楽しみですね♪
少年たちの少し危うい「夏」ってのもいいなあ。わくわくします ^ ^

トリックはない、ということなので、文章をじっくり楽しませていただきます♪
(でも、limeさんのトリックに「あっ」と言わせられるのも、快感なんですけどね(笑))

ちょっと変わった「設定」?うーん、なんだろう。想像がつかない…。

前作が終了してすぐに新連載、というのもいいですね!
楽しみが途切れなくて、嬉しいです。
それに、作品ごとにテイストが違っていて、読みごたえがあります。

レベルEのアニメ、見ました。おもしろい!
あの王子、綺麗なのにおとぼけキャラで笑えますね!
しかし、あの「本来の姿」は、すごい… ^ ^;

NoTitle 

久々の新作ですね~゚+。ヤッタァ★(o゚∀`从'∀゚o)★ヤッタァ。+゚(←職場のパソコンに顔文字辞典入れた)
楽しみ~ルン♪ (≧▽≦) ルン♪

おお、引き続きBL好きも大いに楽しめそう♪♪

トリック(?)の内容も気になりますが、身構えずに素直に楽しみたいと思います(*´・д・)*´。_。)ゥミュ limeさんのお話はトリックなんて無くても十分面白いので♪(トリックに頼りがちな私としては羨ましい限りです)

【p.s】
前回の人工知能の雑記を読んで、どうもネット不信です(笑)
「あ、こいつプログラムだ」っていうのは、だいたいすぐ分かるものなんですか??
まさか愛読してくれていると思っていた読者さんからのコメがプログラムの仕業ってことはありえるんでしょうか!?Σ(・ω・ノ)ノえっ!
え…、まさかlime自身、実はよく出来た高性能の人工知能って事は…(執筆機能付き)キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━ッ!!
いえ、「違いますよ♪」なんて言われても。人工知能はみんなそう言うんだよねって思っちゃう私がいるヾ(=д= ;)ォィォィ

こんにちは^^ 

最近、小説読みをサボってばかりいる蘭です・・・・・v-406v-406
うううっ、まだ「RIKU」も全部読み終わってないのに・・・・・

こんな私が、新作を読んでもよろしいのでしょうか!?
そんな理不尽がゆるされる!?e-330

でも、楽しみなんです~~~~~~e-420e-420
ワクワクe-266ですv-411

綾瀬さんへ 

楽しみにしていただいて、うれしいです♪

今回の舞台は、過疎地の田舎です。

寒~~い冬に、汗だくの夏を想像してください。頑張って想像してください・笑

西幻響子さんへ 

いままで、極力描写をひかえてきた私に、抒情的なものが書けるか不安ですが・・・。

何事もチャレンジですね。
でも、今回は王道です(なにが!笑)
びっくりするほど低年齢の少年たちですが、いいですか?

トリックっぽい設定も、終わる頃に勝手に見えてきますので、何も考えずに読んでくださいね♪

連載が途切れるのって不安ですよね。
だから私は、連載中になるべく、次回作を仕上げるようにしています。
このところ、筆が止まりがちで、ちょっぴり不安ですが。

よし、明日は休みだから、頑張って進めよう!

レベルE、見ましたか!
あの「ばか王子」、最高なんです・笑
まだまだ本性だしてませんよ~。
あ、あの「正体」ですか?・・・・(^_^;)・・・すごいですよ。
まあ、次話を見てください。
こちらでは今夜(金曜)の深夜に放送なんです。
楽しみだな~~♪

16さんへ 

あ、顔文字復活ですね・笑

自作も、ぜひぜひ読みに来てください。
16さんにも楽しんでいただければいいな。

今回は「あ」って言う感じのトリックは無いんですが、
「え? どういうこと?」って・・・思うはずです。
(またもや、語り過ぎてしまいそう・笑)

どうぞ、あたまを真っ白にして読んでくださいね。

人工無能は、最近優秀ですからね。
知らず知らず、コメント返したら人工無能だった・・・ってことがあるようです。
人工無能を語る「人間」もいるかもしれませんね。

騙し、騙され。
混沌のバーチャルの世界を楽しむのも一興。

え?私が人工無能かって? ふふ。 ( ̄ー ̄)

蘭さんへ 

わ~~い、是非ぜひぜひ~。
全部すっ飛ばして、全然OKです(^0^)

新作読んでやってください。
新作は、RIKUみたいにややこしくなくて、読みやすいと思いますよ。(短いお話ですし)

誰もが過ごしてきた「あのころ」にタイムスリップして、読んでやってください。
ちょっぴりイライラするかもしれませんが・・・。

NoTitle 

人工ではないけど無能なやつです(笑)

そういえば「リヴィエラを撃て」は読まれてますか?
それとも疲れてやめていたとか?

NoTitle 

わ~い。新作だ~~~\(^o^)/

limeさんが叙情的なお話に挑戦ですか?鬼に金棒じゃないですか(^^;

私、実はlimeさんが時々書いてくれる実家のことや子供の頃の思い出話が大好きなんです。
そんな子供時代を過ごして来たlimeさんが書く「とっても若い子達」のひと夏のお話・・・これは期待しちゃいます!!

楽しみだな~。

ポール・ブリッツさんへ 

「リヴィエラを撃て」、もちろん毎日読んでますよ~。
人物関係や背景がが複雑なので、行きつもどりつして読んでるので、
なかなか早くはよめませんが、ゆっくり楽しんでいます。
まだ(上)です。
今のとこ、ジャックの真意が見えなくてイライラしています。
かなり冷徹ですね、伝書鳩と一緒の頃の彼。
主人公が何を考えてるのか分からないって、読んでて辛いですね。
(思い当たる節が・・・)

もう、「恋」でいいじゃん!
理由は「恋」っていうことにしといてよ!

・・・と、訳の分からないことをつぶやきながら読んでます。

秋沙さんへ 

抒情的・・・これはチャレンジです。
でも、なんとなくまた、ダイレクトに突き進みそうな気もします。
しっとり、じんわり、書きたいんだけどなあ~。

え? いや、おはずかしい。
子供の頃の話、そんなにしたっけかな・笑
もしかしたら今回のお話、そんな体験が少しは役に立ってるかもしれません。

さあ、秋沙さんも、どうぞどっぷり自然の中へ・・・(*^_^*)

NoTitle 

「抒情」言葉は知っていましたが、どんな意味だったか…、
調べてみましても何かピンと来ず…、
まぁ、読めばわかりますよね!

子供の頃のお話、けっこう書かれていますよ!
中でも僕が一番好きなのは「ツバメのミリ」です。
ミリという名にも関わらず規格外のビッグサイズ!
きっと大所帯を仕切るボスとなって群を導いた事でしょう。

次回作楽しみにしております!!

蛇井さんへ 

あ、読んでも「抒情」、わからないかも・・・笑
私もすっかり自信がなくなりなした。

そうですね、ミリの話、しましたね。
写真の一枚も撮っておけばよかったと後悔しています。
ボスになってくれたでしょうか。
重すぎて、海にポチャン・・・とか、ないですよね(T_T)

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(製作秘話)スペシャルサンクス。人工無能、○鶏君】へ
  • 【呵責の夏 あらすじ】へ