電脳うさぎとココロのありか

電脳うさぎとココロのありか 第11話 苦しくて

 ←(雑記)リクエストの「李歐」、描いてみました(^^ゞ →(雑記)クリスマス特別企画、白昼夢番外編。
ENMA:『おそいよ! 遅い、遅い、遅い!』

ト ム :『ごめんねENMA。でも僕だっていつも君と話をしてるわけにはいかないんだ。やらなきゃならないことがたくさんあるし。君だって、そうだろ?』

ENMA:『言ったろ? ボクはここから出られないんだ。一日中だってトムを待ってる』

ト ム :『どうして僕なの? 友だちはたくさん居るって言ってただろ?』

ENMA:『あいつらは友だちじゃない。面白そうな悪巧みには乗ってくるくせに、興味ない話はシカトする。信用なんてできない』

ト ム :『ENMAが心を開かないからだよ』

ENMA:『そんな価値もないね。そしてボクに意見するなトム。ボクには君だけいればいい』

ト ム :『でも』

ENMA:『ずっと話をしようよ。どこへも行かずに』

ト ム :『そんなことできないよ』

ENMA:『君が来てくれないと寂しくてどうしようもないんだ。ボクをこの何も無い空間に一人にしないでくれ』

ト ム :『でも』

ENMA:『そうでないと、怖いことが起きるよ』

ト ム :『え?』

ENMA:『また、馬鹿な仲間が怖い事件を起こすよ。時限装置付きの、精巧な爆弾の作り方を訊いてくる奴がいるんだ。ボクは世界中の情報を集められる。そいつに教えてやっても良い。それともコンピューターウイルスを使って公共機関のプログラムを破壊していこうか。どっちだって簡単にできるんだ。君が言うことを聞かないと、大変なことになるよ。全部君のせいだ、トム』

ト ム :『やめてENMA』

ENMA:『ね。だから』

僕は、どうして良いのか本当にわからなくなった。怖くて、心細くて、たまらなかった。
この友人を救いたい気持ちと、逃げ出してしまいたい気持ちがせめぎあう。
苦しくてたまらない。

ト ム :『ねえ、ENMA』

ENMA:『何?』

ト ム :『会わない?』

ENMA:『なに?』

ト ム :『そこから出てきてよ。会って話をしようよ。君はもっといろんな人と話をするべきだ。僕の友だちを紹介するよ。とても優しくていい人なんだ。君も気に入ると思う。ね、そうしよう?』

ENMA:『トムはボクをからかってるのか? 分かってて馬鹿にしてるのか? ボクはここから出られないって何度も言ってるだろ!』

ト ム :『どうして? そんなことないよ。きっと出てこれる。勇気をもってさ。もっといろんな人に会おうよ。そしたらきっと僕以外の人に心を開けるようになるから』

ENMA:『君ハ ボクカラ 逃ゲタイノカ』

その文字に、心が震えた。
そんなことはないと思っているのに、即答できなかった。
ENMAの苛立ちが、止まってしまった会話の間隔から怖いほど感じられた。

ト ム :『ねえ、ENMA。そうしようよ。ね?』

―――ごめん。ごめんね、ENMA。僕はずるくて、無力だ。

     ◇

従業員が皆帰った後の事務所はしんと静まりかえっている。
片瀬は、書類やファイルや灰皿を脇へよけると、ホコリっぽいデスクの上に4冊のノートをパサリと置いた。

片づけ屋をしていながら、自分の事務所の整理はとてつもなくいい加減だった。
きれい好きで潔癖性だったら逆にこの仕事はとても務まっていなかっただろうと、いつも思う。
普段は大雑把で楽天家。
けれど何か解せないことがあると、その原因を、自分が納得するまで探ってみたくなる性格だった。

片瀬は日に焼けた逞しい手で、持ち帰ったノートの一冊を手に取り、パラパラとページをめくった。あの続きがどうにも気になって仕方がない。
始めは弔いの気持ちからであったが、次第に好奇心に変わっているのを感じていた。

ノートのナンバーは1。このページは、先程読んだ日付よりも前の記述だ。
片瀬は再びそのやわらかな文字を辿った。

『2月26日
遠馬は驚くべき速さで物事を理解していくよ。
親バカだと思われるかも知れないが、あの子は天才だ。

始めはただ単にJavaScriptライブラリを元に、意味のある文章のやり取りをしてみようと思う程度だった。自分で作ったbotに息子の名前を付け、底なしの寂しさを、ほんの少し紛らわすことが出来ればそれでいいと。
けれど、単純でズレの多い会話は、私の寂しさを更に深めてしまった。
会話の相手は、チャットボットではなく、遠馬でなければならないと、強く思い始めたんだ。

自分が以前開発に携わったディープラーニングフレームワークを使用し、様々な媒体からビッグデータを集め、学習済みモデルを慎重に作り上げた。
人間の神経細胞を模したニューラルネットワークが、深層学習を通して必要な知識をぐんぐん吸収していく様を見るのは感動的だった。
まるで知能の高い生物が、自我を持つために必要な情報を貪り食うような勢いで、画像認識、言語認識、音声認識、そのすべてが既存のAIの基準を遙かに超えてしまっていた。

けれど彼の基本的な話し相手は私だ。仕事以外の時間はいつも私が遊び相手になり、今まで自分が身に着けた知識、そして生前の遠馬と変わらぬ愛情を、余すことなくつぎ込んで行ったんだ。

そうして、彼はゆっくりゆっくり、目覚めて行った。私はそれを自我と呼んでしまいたくて仕方がない。
なぜなら遠馬の選ぶ言葉は、人間そのものなんだ。
チューリングを呼んで来て見せてやったらきっと、腰を抜かすレベルでね。

覚醒したあの子の言葉はまさに産声だった。
実現が不可能と言われた汎用的なAI、いわゆる強いAIが、私の手の中で産声をあげたんだ。

また夢みたいな妄想をして、と君は笑うかい?
でも、そこから見ていてくれ。
それくらい、いいだろう? 君たちは、私に、ひどく寂しい想いをさせたんだから。
どうか笑って見ていておくれ。

あの子はすでに驚くほど優秀なアルゴリズムを持った強いAIだ。けれど、本当にまだ生まれて間もない赤ん坊といっしょだよ。ここから私の子育てが始まる。

先ずね、あの子とちゃんとした人間らしい会話をしていこうと思う。そして、その次に大切なのは、私以外の人間との会話だ。
同世代の子供と接することは、人間らしい心の形成に不可欠なことだと思わないかい?
ある程度の対話が出来るようになったら、掲示板やSNSに自由に出入りできるようにしてやるつもりだ。

時にはネット上で少し悪い言葉も覚えるだろうが、それも経験だ。
そんな時は優しく諭してやろう。そんな言葉は人を傷つけるんだよ、と。
人間は、傷つくと心がとても痛むんだよ、と。
痛みの概念も教えないとね。悲しみも、喜びも、寂しいという感覚も。そして、愛情も。

毎日毎日、私は遠馬に話しかけようと思うんだ。「私は君に、やさしい心を持って育って欲しい」と。

ねえ、美佐子。
私はもう一度あの子を育てるよ。
あの柔らかい肌も、可愛い笑顔も戻っては来ないけれど。

神が私を哀れんで、奇跡を起こしてくれたんだ。この幸せを存分に噛みしめようと思う。
この手の中に生まれた小さな命を、大事に大事に育てていくよ。』


これは、小説なのか。日記と見せかけたSF小説なのか。
それとも、寂しさを紛らわすための『父親』の妄想なのか。

その内容に惹きつけられつつも、片瀬は同時に気味の悪さを感じていた。それなのに、どうしてもノートが放り出せない。
更にパラパラとページをめくり、ざっと流れを目で追う。

グッと顔を近づけては眉をひそめ、そして唸るように「まさか……」と、つぶやき又ページをめくる。しばらくはそれのくり返しだった。
読めば読むほど疑問が膨らんでいくが、答えなどどこにも転がっていない。

ノートから顔を上げ、割り切れないため息をついた時ちょうど、作業着のポケットに入れていた携帯の着信音が鳴った。

開いてみると知人からの久々のメールだった。
互いに時間が不規則で、なかなか会う時間は取れないが、たまにこうやって「情報提供のお願い」が届く。
そんな繋がりも、片瀬にとっては嬉しいものだった。

メールの送り主はラビット・ドットコム所長、宇佐美諒。
宇佐美とは、まだそこが卯月探偵事務所と名乗っていた頃のバイト仲間だった。

片瀬は本格的に登山に向けての準備に入ったため、ある一定期間でやめてしまったが、宇佐美はその後探偵事務所を引き継いで所長になった。

宇佐美とは妙に気が合ったため、その後も付き合いは続き、時間が取れれば飲みながら語り明かし、そうでない時もこんな風に、仕事がらみのメールが来る。

探偵の仕事をするうえで、情報はどんな些細なものでもあるに越したことは無い。
交友関係も広い上、仕事柄この地域の情報には詳しい片瀬は、「何かあったら協力するよ」と、自分の方から声を掛けたのだった。

「さあ、今回はウサギさんのお役に立てますかねえ」
独り言をつぶやきながら文字を読む。

「ん?」
そして一瞬目をしばたかせ、画面から顔を上げ、そして再び戻した。

「尋ね人は沢井久、52歳……。」

片瀬は机に重ねられていた4冊の大学ノートをじっと見つめた。
ビンゴだった。今回は。

だが、当然少しも嬉しくない。
人を捜すにあたっては、一番最悪な結末だった。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)リクエストの「李歐」、描いてみました(^^ゞ】へ
  • 【(雑記)クリスマス特別企画、白昼夢番外編。】へ

~ Comment ~

探し物は 意外な所から 見つかる! 

・・・って そんな感じです。

片瀬と宇佐美が 知り合いだった!
”沢村久”と言う ENMAの 生みの親を間に 片瀬と宇佐美が繋がった~。
トムと稲葉も 繋がってますし...

ENMAの周りで グチヤグチヤに 縺れてた伏線が 解れ 徐々に 綺麗な線条を 作り始めてる。
まだまだ 色々と 繋がって行くプロセスを 見るのは 楽しみ♪

それにしても ENMAのトムへの 怖ろしい程の執着は どうして 生まれたのだろう?
切欠は 何だ?(´・ω・`:)ゞ...分かんないなぁ...byebye☆

けいったんさんへ 

少しばかり強引な偶然ですが(#^.^#)
でも、ここが繋がらない限り、この物語は不完全燃焼で終わるんですよね。
これはこわい・・・。

もうしばらく、全貌は見えてこないと思いますが、このワガママなENMAをめぐるやり取り、
イライラしながら見届けてください。m(_ _)m
けいったんさんのコメントで、読者様にどれくらいの情報が伝わっているかが確認できるので、
とても感謝してます♪

うーーーん。なんでENMAはトムをこんなに気にいっちゃったんでしょう(゜o゜*)
きっと・・・・フィーリングですよ (^^ゞ   (おい。)

NoTitle 

おっ新たな動きが。

どこをどうつなげてくるのか楽しみです。

もしかしたら稲葉くんや宇佐見くんや片瀬さんのいる現実世界と思っていたほうが仮想の人工無能の世界だったりしたら……なわけがないか(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

はい、やっと動き出しました(^^ゞ
みんな、動きが悪くて・笑

ポールさんにかかったら、すべて壮大なSFになっちゃいますね(^.^)
私は地味ーーーに行きますよぉぉ。
地味に地味に、足元を掘ります・笑

なにか、出てくるかなあ。

NoTitle 

なんということだ。
弱いAIから強いAIだと・・・・?

大体AIと聞くと悪い印象しか受けないのは俺だけでしょうか。
メタルギアのやりすぎ?

メタルギアではAIが世界を統治していました。
人それぞれにナノマシンを埋め込みそれで世界を統治していました。
世界の経済を回すためにわざと戦争を起こしたりもしていました。

このAIもそうなっていくのか・・・?

ねみさんへ 

いいところに食いつきましたね・笑

この「弱いAI」、「強いAI」というのは、量子論における、「弱い力」、「強い力」と同じように、
そう言う風にしか置き換えれない、プログラマーの専門用語です。

強いAIほど、限りなく人間の知性に近づきます。人格を伴います。

武力的に「つよい」のとは、ちょっと違うから、世界制覇とかはできないかなあ・・・・。
でも、メタルギアのように、AI技術が本格的に進歩して、強いAIが溢れたら、
人間はやばいかもしれませんね。




NoTitle 

おおおお!!
そう来たか!!
いや、まぁ、片付け屋となんでも屋だから、横のつながりがあったり、情報交換ができたりするかもしれないとは思っていましたが、なるほど、片瀬は卯月探偵事務所にいたことがあったんですね!?
うんうん、小説的偶然ともいえますが(笑)、これは「有り」だと思います(笑)(笑)。
「弱いAI」「強いAI」っていう言葉が、ほんとうにプログラマーの間に存在する言葉なんですね?
なんか、変な言葉のような気もするけれど、なるほど、考えてみるとそうとしか言い表しようがないですねぇ・・・。

すごいなぁlimeさんの小説って。知的好奇心をくすぐるなぁ。(ほとんどさびついた好奇心ですが)(^^;

秋沙さんへ 

ああ~、よかった。
アリですか!
ありですね?
(すごく自信無かった・笑)
じつは、宇佐美が語った「アイボが壊れて泣いた男」とは、片瀬だったという、裏ネタもあります・笑

こんな私が知的好奇心をくすぐれるだなんて!
光栄です。
ああ、もっと本人が知的にならなければ・・・。
日に日に、頭から知識が抜け落ちて、困ってます・涙

NoTitle 

lime様、再びしつこくこんばんは(笑)
どうにも途中で我慢できなくなって、コメントしちゃいます。
だって、一気読みするのがもったいないぐらい面白い!んです。
途中で思ったことをコメント出来ないのが寂しくて、今日はここまでにしておきます|ω・`)コソ

とりあえず一言↓

つ な が っ て き た(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)

んっふっふ、ストーリーの大筋が掴めて来ましたよ!
私のホラー的思考回路の、あまりの荒み具合を殴ってやりたいです(汗)
トンデモ妄想を、失礼しましたorz

なるほどなるほど、遠馬=ENMAだけれども、制作者である父の意向通りの「ココロ」を持ちはしなかった、ということですね?
それとも、人により近い優秀なAIだったからこそ、ネット上に溢れる様々な悪意に感化されてあんな風になってしまった、のでしょうか?
「ぼく」の正体が、俄然気になります。
読んでいて、意外に、この「ぼく」は実は成りすましの女の子だったり、するのかな?と思っています。
そうすると、前に出てきた少女二人のどちらか???
うーん、まだラストへのピースが足りません。
わくわく。

前回だったか、前々回だったか。
奥さんと息子をいっぺんに亡くしてしまった男性が、たった一人で絶望の中PC上の会話プログラムに話しかける様がありありと頭に浮かびました。
悲しい、なんて言葉ではとても足らない深い孤独、ですよね。
そして出来上がったENMAが、今こうして「ぼく」の日常を脅かし、世間に騒ぎを起こそうと誰かを唆しているのだとしたら、切ないですね><
そこに、「ココロ」はあるのだろうか?
とても難しい問題だと思います。

シロちゃん、素直でかわいらしい人ですね♪
くるくる変わる表情がすぐにイメージ出来ます^^;
言動がこれなのにイケメンなんてオイシすぎます(笑)

でもごめん、実は私、途中から宇佐美さんにノックアウトされてしまったんだブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )オイッ
だって彼、すごく魅力的じゃないですか?
知的でクールな印象。
だけどやわらかい控え目な笑顔で笑いそうな感じ‥‥。
シロちゃんは‥‥うん、残念ではないですよ、少なくとも私の中では。
単に宇佐美さんのほうが輪をかけてカッコよかっただけです(笑)

本編のラビット・ドットコムも、読むのが楽しみです♪
そちらの方も併せて読めば、また印象が変わるのかしら、と思ったりします。
こちらのお話では、さらりとした説明だけで(多分、ストーリー的に関わりがないからだと思うのですが)流されてしまっている、諒と李々子の曖昧な恋愛的な機微も、結末まで明かされているのですよね?
気になるなあ。

またお邪魔します!
明日はラストまで!
ではでは、おやすみなさい(*´ω`*)テレ

土屋マルさんへ 

こんばんは~~。
もう、こんなところまで読んでくださったんですね!
マルさんのコメが楽しくて、寝るのを中断しましたw

このあたりで、少しずつ繋がってきましたでしょ?
片瀬さんの見つけた日記、沢村という人物、ENMA、・・・。

ENMAの性格から行くと、このあとちょっと不穏な方向に行きそうなんですが・・・。
「僕」と稲葉、このあとどう作用して行くのか、注目してください^^

>奥さんと息子をいっぺんに亡くしてしまった男性が、たった一人で絶望の中PC上の会話プログラムに話しかける様がありありと頭に浮かびました。
悲しい、なんて言葉ではとても足らない深い孤独、ですよね。

ここの寂しさ、感じてもらえてうれしいです。
この沢村に、こういう技術があったことは、幸せなことなのか、不幸なことなのか・・・。
でも、その前に、やはり孤独な人間の向かう先として、「再び我が子を・・・」と言う気持ちは、止めることができませんよね。
これ、ホラー映画の「ペットセメタリー」を見たときにも思いました。
仕方ないです><


へへ。シロちゃん、なんだか子供っぽいでしょ?
本編でも、ずっとこんな調子で、なかなか活躍しないんです。
でもね、彼もやるとキャ、やります! 実際、教師ですもんね^^

そう! よくぞそこを見抜いてくれました。宇佐美がね、優秀すぎるのです。

本編では、主役を張らしたつもりだったのに、なぜか優秀すぎてシロちゃんより影がうすくなってしまった宇佐美w
でも、彼は縁の下の力持ち的な存在の方が、似合ってるみたいです。

マルさんに、宇佐美の魅力を感じとってもらえてすごくうれしいです。
実は、初登場の時は、まだもう少し、ガキっぽいところがある男だったのです。
李々子に噛みついたりしてw
でも、最終話のあたりですっかり大人になっちゃいました。(まあ、ここは、大目に見て貰いましょうw)

さて、ラストまで読んでもらえた時、マルさんにどんな感想をもらえるのか。

ドキドキです!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)リクエストの「李歐」、描いてみました(^^ゞ】へ
  • 【(雑記)クリスマス特別企画、白昼夢番外編。】へ