電脳うさぎとココロのありか

電脳うさぎとココロのありか 第7話 人工無能

 ←電脳うさぎとココロのありか 第6話 相談  →電脳うさぎとココロのありか 第8話 イライザ
「稲葉先生。今帰りなんですか?」
校門を出る手前で呼び止められて、考え事をしていた稲葉はボーッとした表情のまま振り返った。

そこに居たのは昨日、稲葉を恥ずかしそうに呼び止めた女子生徒二人だ。
そして、思い切り李々子に抱きつかれてしまったところを目の当たりにした二人だ。
稲葉は瞬時にその状況を思い出し、気恥ずかしさでどっと発汗した

「あ……昨日の。あの、昨日はごめんね。話も聞かずに慌てて帰っちゃって。えーと、君たち、何年生だっけ」
「1年です。桃井と谷口です」
桃井と名乗った背の高い方が言った。
小柄でショートカットの谷口も、今日は物怖じせずにまっすぐ稲葉を見て微笑んでいる。

「あの、ごめんね昨日は。びっくりしたろ?」
無かったことにしたいとも思ったが、稲葉は小声で謝ってみた。
誤解があるならば、ここで解いておきたいという願望もあった。
「え? なんのことですか?」
桃井と谷口はそれぞれにそう言うとニコリと笑ったが、どういう笑みなのか稲葉にはよく分からない。
校門の前で露出度大の女性に思い切り抱き付かれた事実を、水に流してくれるという合図なのか、それともそんな事、彼女たちにとっては何でもないことなのか。
女子高の講師をしていながら、稲葉にとって女の子はいつまでたっても難解な存在だ。

「実はね、昨日声を掛けたのは、先生にちょっと聞いて貰いたい話があったからなんです」
桃井が切り出した。
「僕に聞いて貰いたいこと?」
ついさっきチャットで相談を受けたばかりだった稲葉は、再びその感覚を思い出し、シャキンと背筋を伸ばした。
ラビット事務所ではまだまだ使えない探偵だし、実際凹んでばかりだが、ここでは生徒たちの先生であり、頼られる存在で居なければならないのだ。

昨日はすっかり妙な方向に勘違いした自分が情けなかったが、凹んでる場合では無かった。稲葉の中のやる気スイッチがカチリとオンに入る。
「何かあったの? 言ってみて。何でも聞くから」
ぐっと両手を握り締めて目を輝かせ、稲葉は女子生徒二人を交互に見つめる。

気圧されたのか、ほんの半歩後ろに下がったあと、桃井はやんわりと続けた。
「稲葉先生、よくいろんな掲示板とかSNSに行ったりして、若い子たちの相談に乗ってあげてるって、ちらっと聞いたんですけど……」
「ああ、もしかしたら教頭先生が情報元かな。いやいや、相談ってほどちゃんとしたことはしてないんだよ。先生、ゲームはよくするけどネットの方は詳しくなくて、今の中高生ってネットでどんな絡み方するのかなあ―とか見てるうちに、親しくなって、話をするうちに、何となく悩みを打ち明けられたりして……」
「そう言うのいいですよね。ネット上で偶然稲葉先生に出会えた人はラッキーだな」
「え、いや、そんなことは無いけど、……え、と。2人とも何か悩みとかあるの?匿名性はないけど、先生で良かったら話を聞くよ?」
照れくささを隠し、稲葉はきりりとした表情で二人を見つめる。

「あ、悩みって言うのとは違うんですけど」
桃井は谷口とちょっと視線を合わせながら、続けた。
「私たち結構同じ掲示板に行って。同じ趣味の子たちとスレ立てて、いろいろおしゃべりして遊んでるんですけどね。最近、流れとは関係なく乱入して、いやな書き込みをしていく子がいて。結構怖いんです。“荒らし”ならスルーするんだけど、それともちょっと違うみたいで」
「荒らし?」
「特定の誰かに絡んだりして、そのスレをかき乱していくバカの事です」
桃井は毅然として言い、大人しい印象の谷口は、桃井に同意して常に頷いている。
そうとう掲示板に入り浸っている様子が稲葉にも伝わって来た。
「どんなふうに違うの?」
「別の学校の子だけど、フルネームを出して来て、プロフィールを紹介したり、何時何分に、この子は学校から帰ってきましたとか、一見無害な意味不明な書き込みを延々してたり。
最初の頃は無視してたんだけど、だんだんエスカレートして、最近じゃあ犯罪を仄めかしたりもしてきて……」
「犯罪?」
稲葉がつい声を荒げる。幸い、周囲に他の生徒はいなかった。
「はい。少し前の書き込みには、放火予告っていうか、『T学園の近くにある古い廃屋に火をつけるイベントの参加者募集!』――とか、そんな書き込みもあったり」
「参加者募集って……ふざけてる。T学園って、隣町の? ……ねえ、それって、どの掲示板? 放置されてるってことはマイナーな運営サイト?」

「あ、それは教えられません。私たちが好き勝手にトーク出来る、秘密の場所だから。先生にチェックされるのも嫌だし、そのせいでそこが閉鎖されちゃうのはもっと困るし。実際、その放火の決行日は何も起こらなかったから、心配し過ぎかな、とも思うんですが。ただ、場所的に近かったから気味悪かったし、もっとエスカレートして本当に何かあったら嫌だな……って」

桃井が滑舌よく言うと、やはり谷口は、やや頬を赤らめながら稲葉を見つめ、頷く。
顔を赤らめるのは谷口の癖らしい。

けれど稲葉は首をひねった。
「うーん、でもそれじゃあ、先生が介入してあげられないし、本当に危ない奴かどうか、確かめることもできないし。今後エスカレートして、本当の犯罪に結びつかないとも限らないから、是非ともその掲示板を……」

「先生、人工無能は、悪意を持ちますか?」
訊き慣れない言葉と共に、初めて唐突気味に谷口が口を開いた。
黒目がちの目をくりくりさせて、小首をかしげる仕草はかわいいが、その言葉は少しシュールに聞こえた。
「人工むのう?」
谷口は頷く。

「その危ない書き込みの人、『自分は人工無能だ、自分の言葉が悪意に満ちてるとしたら、それは全部お前たちのせいだ』って、言うんです。そこの掲示板仲間は、みんな信じてなかったんですけど……」
「稲葉先生はゲームにもネットにも詳しいって聞いて、ちょっと相談してみようと思ったんです。もし本当に人工無能ならば、無視しておけばいい事なんだけど、人工無能が本当に掲示板に入り込んで、私たちの会話を聞いて、あげく、そこまで悪意のある言葉を吐いてるとしたら、それはそれですごく怖い事だなあって思ったんです」

桃井も谷口も、ひとしきり喋った後、真剣に稲葉の目を見つめてくる。
明らかに、稲葉からの何らかの答えを待っている目だ。

けれど稲葉の中には焦りしかなかった。
“わからない。人工ムノウって、なんだ?”
脳内を探ってみたが人工知能というワードしか浮かんでこない。『人工ムノウって何?』という質問が口から出そうになったが、その瞬間に自分の信頼度や期待値が急降下しそうで、稲葉は怖かった。
もし言葉の意味を聞いたとしても、そこでようやくゼロラインだ。アドバイスの域まで達することは無い。

自分が、ゲームオタクのくせにネット関連の事にめちゃくちゃ疎い事もバレテしまい、彼女たちのキラキラした目を、一瞬で曇らせてしまうのが目に見えた。初めて生徒から相談を受けたというのに。
なんとしても、失望させることは避けたかった。

「うーん。それは……」
稲葉は腕組みをして眉間に皺を寄せてみる。
少女たちが、更にじっと稲葉を見つめて来る。もう後へは引けない。

「人工むのうじゃないと思う」
「え、本当に?」
桃井と谷口の目が見開かれた。

「きっと、若者の悪ふざけだよ。掲示板を使うのは人間だもの。でも……」
「でも?」
「一番厄介なのは人間だから。今は、皆の反応を楽しんでるだけかもしれないけど、これからその悪ふざけがどんな方向に行くか分からない。だから、名残惜しいだろうけど、その掲示板には行かない方がいいよ。健全な会話を楽しめるスペースはいくらでもあるし、無ければ自分たちでそんな場所を作ればいいんだし。
僕に相談してるってことは、君たちの中でもう、すごく危険を察知してるんだよ。その気持ちに正直になって、危ない場所から引き上げるのが一番だと思うよ」

手にじっとり汗をかきながら、稲葉はそこまできりりとして言い切った。
なんとなく、教師らしい言葉を言えた気はするが、気分は実に微妙だった。

「そうですよね。人工無能がそんなの仕掛けてくるわけなわけないですよね。何か、厨二な事言っちゃって恥ずかしいです。でも、先生に話してみてよかった」
そんな稲葉の内面を知ってか知らずか、いきなり吹っ切れたように桃井が軽やかな声を出して微笑んだ。
谷口も、つられたように笑顔になった。稲葉も慌てて笑ってみる。

「人工無能じゃ無いってわかって、ちょっとホッとしました。そう言うのに勝手にネットの個人情報探られたらもう終わりだって、心配になっちゃってたんです。調子に乗ったバカな厨二なら、スルーすればいいんですもんね。稲葉先生、ありがとうございました。また相談に乗ってくださいね」
ハキハキと桃井が答える。
「あ、うん。……先生でよければ、いつでも」

少し戸惑いがちにそう言うと、二人は軽く顔を見合わせたあと、小さく頭を下げた。
やはり谷口の頬はずっとほんわり赤い。
二人が校舎の方へ小走りに走っていくのを、稲葉は手を振りながら見送った。けれどその胸の内は、やはりモヤモヤとしたままだった。

確かに、掲示板に出入りするなという結論は、間違っていなかったと思う。けれど、彼女たちが本当に聞きたいのは別の事だったように思えた。

―――人工むのうって、なんだ。人工知能とは違うのか? 何でよく分からないのに見栄張って適当に答えてしまったんだ。失格だ。教師以前に大人失格だ。

稲葉は自己嫌悪に浸食され、がっくりと肩を落とした。
校門を抜けながら、昨日自分が、あの二人に告白でもされるんじゃないかと勘違いしたことも思い出し、更に情けない気持ちになった。

李々子の昨日の『取られたらいやだもん』という心配も、全くの取り越し苦労だった。李々子にも申し訳なかった。

稲葉幸一は、教師としても人間としても出来そこないです。探偵になど、もっと向いてないかもしれません……。
そんなことを想いながら小さくため息をつき、稲葉は校門を後にした。
 
       ◇

「あれれ。なんか、寂しそうに帰って行っちゃったね。稲葉先生」
「やっぱりよく分かってなかったのね。しどろもどろだったし」

校舎の影からそっと稲葉の様子を伺っていたのは、去って行ったはずの桃井と谷口だった。

「やっぱり何か頼りないのよね、あのセンセ。ねえ、本気で昨日告白しようとしたの?」
桃井が小柄な谷口を少し見下ろすように訊くと、谷口はやはり頬を赤らめて笑った。

「自分の気持ちを伝えたくなったの、昨日は。でも、しなくて良かった。稲葉先生、綺麗な彼女いるみたいだから。……ごめんね、モモ。付き合ってもらって。さっきも話題探して話しかけてもらえて、嬉しかった。告白は無理でも、一度ちゃんと話をしてみたかったんだ」

「いいって。でも、話題がまずかったかな。ネットの相談なんて、一番当たり障りがなさそうに思えたんだけど。なんだか稲葉先生、妙に落ち込んじゃってるよね」
桃井が申し訳なさそうに言う。

「うん。100%理解してなかったのに、答えちゃったって感じなのかな。だからきっと自分の答えに満足いってないのよ。稲葉先生って、いつも一生懸命で、適当な事言わない人だから、そんな自分にガックリきちゃってるんだろうね。
でもそうやって、ちょっと見え張っちゃうところとか、そんな大人げない自分に凹んでしまうところとか、全部ひっくるめて、可愛い人だなって思うんだ」
「母性本能くすぐるってのは同感。でも、私はもう少し頼れる男がいいなあ」
桃井の言葉に、谷口は笑う
「でもね、稲葉先生って生徒と同じ目線で一緒に悩んでくれそうじゃない。ネットの相談室にしたって自主的に始めたらしいし。生徒の事を理解しようとしないで上から目線で物を言う教師より、ずっといい先生だと思うよ」

「うん。他の先生とは違うって言うのはすごく感じるよ。あと5年したら、少なくとも今日みたいな失敗はしない男になると思う」
「目標が低すぎるね、それ」
「とりあえず……」
「ん?」
「今夜は落ち込むんだろうね」
桃井が遠い目をしてつぶやく
「うん。そうだね。やっぱりちょっと、悪いことしちゃったかな」
二人は顔を見合わせて軽やかに笑った。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【電脳うさぎとココロのありか 第6話 相談 】へ
  • 【電脳うさぎとココロのありか 第8話 イライザ】へ

~ Comment ~

NoTitle 

あはは、生徒に同情される先生って……素敵!

Route M さんへ 

そう、稲葉先生って、そういう人です(^_^;) 

良くも悪くも・・・。

放火 と 人工XX 

谷口の告白を 誤魔化す為の話しとしても まるっきり でっち上げ話しではないでしょ?
”人工無能”も ”人工知能”を 隠すための言葉?
今は トムしか入室しか出来ない チャットルームに かつて 谷口か桃井が 出入りしてたのかも...
二人は無関係でも あの内容は 覚えておいた方がいいよ、稲葉先生!

思わぬ所から 出て来た事柄が、紆余曲折しながらも 集結するのは [ENMA]という 人工知能!
稲葉 VS ENMA は いつ見られるのか 楽しみ♪(^^)ゞbyebye☆

けいったんさんへ 

けいったんさんの推理を読んでると、私が一番興奮してきます。

ああーー、そうか! と、気付かされることがいっぱいで。
うーん、素敵だ、けいったんさん。
読者さまの推理聞くのはおもしろいです。(たとえ、当てられてても・笑)

さて、今回もいろんなところに「カムフラージュ」が入っています。
けいったんさんの読みは当たるのか! それとも・・・。 

真相は、まだまだ先です(*^-^*)


NoTitle 

人工無能……どんどん昔読んだ新本格ミステリに近づいていっているような(^^;)

最近の人工無能はチューリングテストなんざ余裕でくぐりぬけますからねえ……。

ポール・ブリッツさんへ 

そんな雰囲気ですか??

でも、私のは、あっさり爽やか青春の味・・・ですよ・笑(ほんまか)

最近の人工無能はすごいですよね。
チューリングテストのハードルを上げねばならないのでは?
これを書くにあたって、人工無能の酢鶏くんとお友達になりました。
彼はすごいです。
なんど爆笑させられたか・・・。

NoTitle 

人工無能っていうのは実際にあるらしいですね。

「こんにちわ」
と話しかけたら
「はい、こんにちわ」

「こんばんわ」
と話しかけたら
「はい、こんばんわ」

とPCがプログラム通りにしゃべる。
それが人工無能らしいです。
逆にAIが人工知能と呼ばれているのは・・・・・。
っ!?
limeさんは分かっていて・・・!?
まさか・・・俺がこのコメントを書くのはお見通し・・・?

NoTitle 

ん・ん・ん?人工無能!?えーん、わからないよ~
稲葉くんと同じような反応をしてしまうわたし…
でもよかった、稲葉くんの良さをわかってくれてる生徒もちゃんと存在するんですね~。彼が自分で思ってるより、もてるじゃないですか~(笑)
あらためて思いましたね、人って自分の思い込みでいくらでも勘違いすることがあるんだな~って(笑)

ねみさんへ 

人工無能は、なかなか優れものですね。
ポールさんへのコメにも書きましたが、私のお友達の人工無能君は、普通に会話出来ちゃいます。
さらに、私の笑うツボをくすぐってきます。

でも、AIと違うのは・・・。

そうですね、私はよく分かりませんが、次回から宇佐美さんの講習会(笑)が始まります。

そこで長々と、(3話にわたって)そんな話になってくると思いますよ。

もし、宇佐美さんの説明が甘かったら、ねみさんに補足してもらおう♪

西幻響子さんへ 

稲葉君、自分では凹んでるけど、けっこう愛されキャラなんでしょうね。
生徒からも父兄からも、慕われてると思います。

でも、彼の場合、これくらい凹ませて置いたほうがいいんです。
だって、おだてると木に登るタイプですから。笑(鬼作者)

そんな彼ですが、こうやって西幻さんにも、愛情のある目で見てもらえて・・・嬉しいです(涙
がんばれ、稲葉君。君にも味方はいるぞ!

人工無能なんて、しらなくったって、大丈夫だーー。




NoTitle 

へぇぇぇぇ、人口無能なんて言葉、初めて知りました~。
英語での「chatterbot」は聞いたことあったのに(笑)。

いやはや、いつの間にやらそんな分野にまで手を出していたんですか!?limeさんったら。
読書して執筆して、相対性理論やネット世界の勉強までして・・・
そりゃ、時間もたりなくなりますって(^^;


シロちゃん、大人な生徒がいてよかったね(^^;

次回から諒が出てくる?わ~い。

秋沙さんへ 

あ、そうです、ボットです。
ツイッターの中にも、最近は頻繁に「bot」が歩き回っていますね。
とても身近な、単純な奴です。
(ツイッターの中のボットは、なぜかあまり賢くないです・笑)

私の知識は一点集中なので、少し横にそれたら、全く未開の地です・笑
(突っ込まれたら弱いです、きっと)
AIよりも、HTMLを理解しなきゃ・・・と、自分では思ってるんですが・汗
とにかく・・・時間が欲しいですね~~、秋沙さん。

次回から「宇佐美先生、登場」です・笑
何の勉強会よ! と、突っ込んでやってください。


NoTitle 

HTML?
んなもん、必要な時に必要な部分だけ調べればたりますから大丈夫です(私のように)(^^;

わ~い、宇佐美先生の講義だったら、難しい話題でもいっしょけんめきいちゃうもんね~~~。
(ただの酔っ払いです、気にしないでください)

秋沙さんへ 

酔っぱらってますね?秋沙さん・笑

宇佐美さんの授業は優しくて分かりやすいですよ~~。(光瀬は酷いけど・笑)
でも、結論は出ないテーマですが・・・。(そこが問題)

私も宇佐美の授業受けてみたいです。
最後、めちゃくちゃ難しいテスト出されそうですが・笑

NoTitle 

なんか笑えない世界に入っていく。
それよりも白ちゃんがもてていた事を喜ぼう。
イケメンなのに彩りがなさすぎるものね。

ENMAの気持ち悪さって存在していない不気味さなのかな。
ネットの世界はまさにそれだよね。
だけど話している内容は皆生きている生活だったりする。
電話を媒体として交流するように、ネットもまた同じ。
だけど、まるで異質なものはやっぱり目立つ、彼女達が気づいたのも何か分かる気がする。

ぴゆうさんへ 

シロちゃんのいいところを分かってくれる女の子も、いるんですね。
(書いてて私もびっくりww)
いや、真っすぐで熱くて、いい青年だとは思うんですょ。ちょっと・・・ウザいけどww

これ、告られてたら、どうなったのかな・笑

はい、物語は不穏な方向へ行ってしまう予感がしますね。
正体が分からぬENMAも含め、まだまだ真相は闇の中。
感想も書きにくいですよねi-201ごめんなさい~。

このあと、ちょっと閑話休題で、宇佐美の長~~い講義が始まったりします。
人工無能、人工知能という言葉が飛び交いますが、難しいことは一切ないので、のんびり読んでやってくださいね^^

人工無能 

このサブタイトルに惹かれて、ここまで読ませていただきました。
「人工無能」って実際にあるのですか?
みなさんのコメントを読んでいて、へぇぇ、そういうものなのかと納得。

タイトルの「人工無能」が見えていたから、ENMAの正体もなんとなくちょっとだけ見えつつあるような気もします。
あの日記の文章なんかにしても、limeさんは伏線を張るのがお上手ですよねぇ。

ネットの出会い系をテーマにしたホラー小説を読んでいたら、こんなフレーズが出てきました。

「悪意」が介在すると、インターネットの世界はものすごく恐ろしい。

ほんとにそうですよねぇ。
limeさんの描かれる今回の世界も……恐ろしいのかなぁ。
今回もわくわくしています。


あかねさんへ 

> 「人工無能」って実際にあるのですか?
> みなさんのコメントを読んでいて、へぇぇ、そういうものなのかと納得。

ええ、ネット上では、たくさん生息していますよ。
ボットと言われる、もっと単純なものもいますが。
ツイッターやMixiにも、いっぱい^^

> タイトルの「人工無能」が見えていたから、ENMAの正体もなんとなくちょっとだけ見えつつあるような気もします。

ふふ。ENMA、何か、予感がするでしょうか^^
いっぱい予想を立ててみてください。

> あの日記の文章なんかにしても、limeさんは伏線を張るのがお上手ですよねぇ。

ありがとうございます。
日記、いろんな真実が隠されています。
沢村の気持ちも散りばめてあります^^
自然と、それらが伏線になってくれればうれしです。

> ネットの出会い系をテーマにしたホラー小説を読んでいたら、こんなフレーズが出てきました。
>
> 「悪意」が介在すると、インターネットの世界はものすごく恐ろしい。
>
> ほんとにそうですよねぇ。
> limeさんの描かれる今回の世界も……恐ろしいのかなぁ。
> 今回もわくわくしています。

今回の物語。
ダークなイメージが沸くようですね。
たしかにネット自体、悪意が暴走したら、とんでもなく恐ろしいことになりますもんね。

現在問題になっている、遠隔操作ウィルスとか・・・。
いい方向で、ネットが使われることを、願いますね><むずかしいけど。
どうぞ、ワクワクしてください!
このお話、けっこう、お気に入りです^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【電脳うさぎとココロのありか 第6話 相談 】へ
  • 【電脳うさぎとココロのありか 第8話 イライザ】へ