僕らの相対論2・シュレーディンガーの猫の章

僕らの相対論2 第8話 パラドックスとデコヒーレンス

 ←(雑記)平家物語『敦盛最期』の美学 →僕らの相対論2 第9話 もうひとつの解
ポンポンポンと、子猫は小さな手でピンポン玉をつつく。
コロコロコロと、部屋の隅に転がってゆくその玉を追いかけ、追い越して先回り。
そしてまた同じようにチョイチョイとピンクの肉球でピンポン玉をつつく。
飽きるまで繰り返す遊び。ガラス細工の藍色の目。ピンと立った長いしっぽ。
子猫というのは、どうしてこうも可愛いのだろう。

けれど今は頬を緩めるわけにはいかない。
四畳半の僕の部屋の床に座り、この猫を飼う許しを請うために、光瀬とソラは神妙な顔で僕を見つめているのだ。

このアパートは大家が無類の猫好きだということで、ペットは猫までなら飼えることになっている。
そして僕自身も猫は好きだ。僕が反対する理由は何もない。それなのに・・・。
その僕に向かって、いつも態度のでかい光瀬が不安そうな顔で許可を求めているのだ。
一緒にいるソラには申し訳ないが、ここでからかわない手はないだろう。
僕のいたずら心が揺さぶられた。

「じゃあ何? ここに猫を連れ込む準備をするために光瀬は今日、僕を映画に誘ったのか?」
少し不機嫌な声を出してみた。
「まあ・・・それもある」
「それも?」
「いえ、まさにその為です」
光瀬は叱られた小学生のような顔をした。昼間中学生をこらしめた人物とは、とても思えない。
「僕を連れだして、ネコトイレや餌や首輪や爪研ぎなんかをソラに用意させたわけ? そこまで準備したら、猫を追い出しにくいだろうと考えて?」
「反論の余地もありません」
光瀬は兵隊のようにキリリと答えた。
あれ?
光瀬も少し冗談モードに入ったのだろうか。
僕が本気で怒ってないのがバレてるんだろうか。

ぴょこんと子猫が僕らの間に飛び込み、ヒョイと二本足で立つと、ピンポン玉めがけてジャンプした。
勢い余ってコロリと一回転。
その仕草が可愛くて、僕は思わずクスクスと笑ってしまった。
光瀬とソラは顔を見合わせてニンマリした。僕の芝居もここまでか。
しかし・・・それでは悔しい。

「じゃあ、こうしようよ。光瀬がシュレーディンガーの猫のパラドックスを解いたらこの猫を飼ってもいいよ」
あくまで主導権を握りたい僕は、苦し紛れにそう言ってみた。
シュレーディンガーの猫に、そんなに興味は無かったのに。

「シュレーディンガーの猫のパラドックスの解? ・・・本気で言ってる?」
光瀬は嫌なものでも見たように眉をひそめた。
「え? 光瀬は知ってるんだろ?」
「そりゃあ、すでにいろんな説があるからね」
「じゃあ、一番光瀬が正しいと思う答えでパラドックスを説明してよ。箱の中の猫が、原子核崩壊の不確定性原理である『重ね合わせ』に連動していながら、死んでいながら生きているという奇妙な状況にならない訳を」
「2番目に正しいと思う答えでいいか?」
「なんで2番目なんだよ。1番でいいだろ?」
僕が突っ込むと、ソラも頷いた。
ソラはシュレーディンガーの猫の話など知らないだろうに、光瀬の口から出てくるものは何だって楽しみにする習性がある。
どこか、無邪気な子犬のようなヤツだ。

「2番目でいいか?」
「しつこいな。いいよ。じゃあ、2番目で」
そもそも1番でも2番でも僕はどっちでもよかった。ただ、弾みで言っただけなのだから。

「シュレーディンガーには申し訳ないが、このパラドックスはまるきり成立してないんだよ」
光瀬は滑らかな口調で切り出した。

「ミクロの素粒子の振る舞いを、マクロの猫に連動させてみようとしたのは分かるが、その世界の壁はとても厚いんだ。あっちの世界とこっちの世界はまるで違う。『あなたと私は住む世界が違うのよ!』ってドラマでヒロインが泣きながら叫ぶよりも、もっと世界が違うんだ」
「よけいな例題はいいから」
「つまりは、ミクロの世界の現象である原子核の崩壊を、マクロの住人である放射線探知機に探知させようとした段階で、すでに第一のデコヒーレンスが起こっている」
「デコヒーレンス?」
僕は聞き慣れない言葉を復唱してみた。
「そう、デコヒーレンス。つまりは、『そのこと』が、ある事象に何らかの影響を与えてしまうことだよ。ほら、例えば電子の存在は、観測すること自体が電子に影響を与えてしまうだろ? そのせいで位置や速さが特定できない。つまりは観測自体がデコヒーレンスなんだよ。ついでに言うと、猫が息をしたり熱を放出することだって、めちゃくちゃデコヒーレンス。もうパラドックスどころじゃない」
光瀬はニンマリした。

「量子の世界はあやふやなんだと言ったハイゼンベルグに反論した意気込みは認めるけど、やはりこの思考実験には無理があったんだよ」
「ちょっと可愛そうな気もするな。量子の世界はそうなんだから追求するなって言われたら、物理学者として反論したくなる気持ちも分かるけどな」
僕がそう言うと、ソラが少し不服そうに呟いた。
「猫を使うからダメなんだ。実験に猫を使うから」

物理と関係のない、そんなところで反論するソラが可愛くて、僕も光瀬もプッと笑った。
しかし案外的を得ているかもしれない。

猫を使わなければ、この思考実験にともなう少々不快な後ろめたさくらいは軽減されたのかも知れない。



----------------------------------------

このまま、一日置き更新で突っ走ります。

あと2話です。
ちょっと分かりにくい展開になりますが・・・。

 



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)平家物語『敦盛最期』の美学】へ
  • 【僕らの相対論2 第9話 もうひとつの解】へ

~ Comment ~

 

なるほど、わからん。

とりあえずねこがかわいいのはわかりました。
ピンクの肉球ぷにぷにしたいです。

量子波動砲とは関係ないですよね?


それと相互していただいてもよろしいでしょうか?
嫌ならお断りいただいても結構ですので…
(はんぱなく心が痛みますが(笑))

ねみさんへ 

は~~い♪
ありがとうございます、ねみさん。
いえネミエルさん。
リンクさせていただきました。
こちらこそ、ありがとうございます♪

む・・・難しいですか (>_<) 私の力不足です。
ただ単に、量子の世界の動きは、私たちは体験できないんだって言う事なんです。
当たり前のことを光瀬は言ってるだけなんです。

でも、仔猫がかわいいことが分かっていただければ、それで大成功(#^.^#)

NoTitle 

う~ん、難しくてよくわからないけど、猫がかわいいってことと、猫を使うからダメなんだってことには納得(^^;
(すみません、アタマ弱くて)

秋沙さんへ 

子猫、かわいいでしょ〜〜笑
ほしい・・・・・。

いえいえ、分かりにくい題材で、本当に申し訳ないです。
相対論は、さっさと終わらせますから・笑

次回更新の作品は、秋沙さんをホッとさせると思いますよ。待っててください!

NoTitle 

あ、でもね、この相対論シリーズ、わからないなりにすごく楽しんでるんですよ!!
分子とか量子はともかく(笑)、宇宙の関しての学説とかは興味あるし。
ちょっと勉強してみたいなぁとも思うんですが、なんか、一般人にもわかりやすい言葉で書いてある入門書みたいなものから始めなくちゃいけないですねぇ(^^;
オススメの本があったら教えてください!

次回作はなんだろう~~~?楽しみ(^^)

秋沙さんへ 

わ~~い。
困惑させてばかりではないんですね?笑
(なんと小心者)
もう、量子論のややこしい部分はおいといて、彼らの奇妙な関係性だけでも楽しんでいただけたら・・・・。

宇宙の話は興味深いですよね。
結局量子論のお話になっちゃいましたが、本当は宇宙論をやりたかったです(^_^;)

入門書ですか。
私の大好きな物理学者、佐藤勝彦教授の「眠れなくなる宇宙の話」なんていいですよ。
有名な教授なんですが、小学生にも分かるように、優しく、楽しく、深く説明してくれるんです。
他にもいろんな本を出されてます。
小難しい文章しか書けない人は天才じゃないですよね。
優しく、わかりやすく説明できる人こそ、天才だと思うんです♪

大好きなの、佐藤教授♪

NoTitle 

確かにおニャを使うのがいけない。
そもそもが間違っている。
パブロフの犬もワンコを使うのが許せん。
動物実験なんて考えが許せん。
命を実験に使う考えがイヤだ。
ありゃ感想になっていない。

この頃、アップした日は使いものになりません。
疲れMAXなのか。
まるでダメダメ。
にゃんでだろ?
困っちゃうよ。

ぴゆうさんへ 

「シュレーディンガーの猫」は、想像するだけの思考実験で、実際にはしないんだけど、
それでもちょっと、可哀想ですよね^^;
ソラ君の言うとおり。
学者には、学者の思惑があるんでしょうが。

そっかあ、UPした日は疲れちゃうんですね。
そんな日は、コメ返も、巡回も、お休みしちゃいましょう。
のんびりと楽しみながらいきましょうね^^
長~~く、続けるために。

よかったー 

この前のところまで読ませていただいて、早く続きが知りたい、いや、でも、どうなるのか推理してみよう、と思いましてね。

推理するつもりができてなかったのですけど、この前の章を読んでいて、ああ、やっぱりそうだ、やっばりそうだー。よかったー♪となりました。
猫好きはどうしたって猫の可愛らしさを書きたくなりますよね。
別に猫嫌いさんはそれでもいいんですが、私は猫が好きー、猫って可愛いーってアピールしていたりして。

limeさんにはその上、イラストという手段もある。
また猫の絵、アップして下さいね。

どんどん主題からずれていくのは、デコヒーレンスなんて言葉でおでこが痛くなって、頭の中身がオヤジギャグにまでなっていっているから……かな。
パラドックスはSFファンにはおなじみですが、デコのほうは初耳でした。
勉強にもなります。

あかねさんへ 

ここまで、読んでくださってありがとうございました。
ここら辺は、光瀬が小難しいことを言ってるので、読みにくいかもしれませんが、お詫びに子猫描写をあしらってみました(笑)

子猫が可愛いのは当たり前なので、なるべく可愛い描写を書くのはやめようと思ったのですが、物語を柔らかくするために、入れてみました。
子猫の可愛さの前では、小説の描写も勝てません^^

あかねさんが、「よかった~」と思われたのは、光瀬がやばいやつじゃなかったところでしょうか。
あ、子猫が助かったところですよね。

デコヒーレンス。
聞きなれないけど、知ってみると興味深いし、便利な言葉ですよね。
(日常で使うことは、ないかな?)
私も、光瀬の話をのんびり聴いて、笑っていたいです。
なにかもっと、面白い話をきかせてくれそうだから^^

このあと、もう少しややこしい光瀬の話が続きます。
気を楽~にして、聞いていてください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)平家物語『敦盛最期』の美学】へ
  • 【僕らの相対論2 第9話 もうひとつの解】へ