僕らの相対論2・シュレーディンガーの猫の章

僕らの相対論2 第6話 箱の中の解

 ←僕らの相対論2 第5話 ブラックボックス →僕らの相対論2 第7話 ひどい奴
「・・・」
3人は、『やはり見られてたんだ』と言わんばかりの分かりやすいリアクションでお互いを見やった。

「そう。俺見てたんだよね昨日。君たち3人が小さな仔猫をどこかから拾ってきて、この廃棄された冷蔵庫の中に笑いながら放り込むのを。秋とはいえ日差しは今日よりかなり強く、パッキンで酸素も取り入れられないこの黒い鉄の箱の中は、生まれて間もない仔猫には快適とは言えない環境だったんじゃないかな。正気の沙汰じゃないよね」
少年達は更に青ざめたが、聞いていた僕も不快感に胃が重くなり、思わず拳を握りしめた。

「俺はそこでハッと気がついたんだ」
光瀬は一人芝居をする役者のように、大げさに手を広げ、その手をパンと打った。
「これは実験なんだ、と。今まさにこの3人の少年は世紀の大発見をしたんではないだろうか。電気の入ってない冷蔵庫の中を、新たな力を使って快適空間に出来るのかもしれない。いや、もしかしたらタイムマシンになっていて、フタを開けると中の仔猫は大人になってるのかもしれない。俺はこの世紀の大発見を記録すべく、この携帯のビデオカメラで君たちの様子を全て録画したんだ」
早口でそう言うと、光瀬はもう一度携帯を彼らの前にかざした。
「と・・・撮ったのか?」
太っちょの少年Cが青い顔で思わずそう言った。
「安心していいよ。この携帯のビデオカメラはかなりの高画質高機能なんだ。君たちの顔も、楽しそうな笑い声も会話も、とてもクリアに収めることができた」
少年3人はもう顔を見合わせることもせずに、そのメタリックレッドの携帯を見つめたまま固まってしまった。

“よし!”

僕は思わず握った拳をガッツポーズに変えた。
虐待の証拠を掴んだんだ。仔猫もきっと光瀬が救出したんだろう。
少年達は見られてしまったのかと思い取りあえずここまで来たが、まさかビデオ録画されてるとまでは思わなかったに違いない。
今はじめて僕の中で光瀬が神々しく光り輝いた。

「さあ、今からまた動画の続きを撮る。実験の結果を見ようよ、博士たち。ナレーションが必要なら俺が入れてあげるよ。何と入れたらいい?『箱の中の仔猫は果たしてどうなっているでしょうか!』にしようか?」
そう言いながら光瀬はビデオカメラのスイッチを押した。携帯のレンズの下に、録画中のランプが点灯する。

「そ・・・そんなの。猫はあんたがもう外に出しちゃったんだろ? 中にいるわけないじゃないか」
痩せぎすの少年Bが言った。AもCも、思わず頷く。
「は? 俺が猫を逃がすだって? まさか。あり得ないね。仮にも俺は物理学を志すものだ。実験がどれほど大事なものか知ってる。人の実験を途中でぶち壊すなんて事あり得ないよ。箱の中はそのままだ」
光瀬は本当に心外だとばかりに肩をすくめた。

え・・・。芝居だよな。
僕は思わず苦笑いをした。
握った手が汗ばんできた。隣をみると、ソラも固唾を呑んで見守っている。

・・・違うのか? 芝居じゃないのか?

「あー、もう録画時間が終わっちゃうよ。博士たち、早く頼みますよ。うまくいったらホームページに載せるんだから。少年3人による、恐怖の大実験! って見出しを付けて」
その言葉に3人はギョッとした顔で光瀬を見た。
「俺のホームページさあ、18禁にしてあるのにけっこうな閲覧者が来るんだよね。来るのは君たちみたいな中学生ばかりかもしれないな。グロイのや、ヤバイのや、イタイのが好きなお子様がね」

え・・・。

「昨日の君たちの録画はPC用にもう編集してあるんだ。今日君たちに出会えてよかった。あれだけじゃ、面白くないもんね。ドラマも実験も結末が大事だ。この扉を開けた映像とセットにして今夜あたり更新しようと思ってるんだ。なあ、どうかな」
光瀬はニヤリと笑った。どこか狂気じみた笑いにも見える。

・・・なんだ? 趣旨が変わってきてないか?
なんだそのHPっていうのは。なんだR18っていうのは。

「バ・・・バカじゃない? あんたイカれてるよ」
「そうだよ、僕らはちょっと・・・」
「え? 聞こえないなあ。ちょっと、何?」
たじろぐ少年達に光瀬は更に微笑みかける。
なんだ? さっきまでヒーローだった光瀬の顔が、まるで悪魔に見えてきた。これは・・・何だ?

「さあさあ、博士たち、早く中を見せてくださいよ。博士達も見たいでしょ? この中身を。しっかり録画してあげるからさあ、世界中に見せてやろうよ」

そう言えば僕は光瀬の事をあまりよく知らない。
同じ工科大に通い、ルームシェアしている物理オタクだということくらいだ。
照りつける陽射しのせいか、少し吐き気がしてきた。

箱の中には解がある。
僕の知らない『光瀬』という男にまつわる解が。

今一番、そのブラックボックスを開けて欲しくないのは僕かもしれない。
扉を開くまで答えは確定していないというシュレーディンガーのパラドックス。
願わくば、今もそうであって欲しい。
その目の前の箱の中の仔猫の生死は、まだ決まってなければいい。
だったら僕はこの3人の少年に、決して箱を開けさせない。
そうすれば、猫の生死は永遠に決定しないのだから。

「さあ、早くドアを開けてよ、博士たち」
光瀬の声が、楽しそうに響いた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【僕らの相対論2 第5話 ブラックボックス】へ
  • 【僕らの相対論2 第7話 ひどい奴】へ

~ Comment ~

NoTitle 

うわーっ。

でも想像していたよりはまだマシだったです(^^)

想像では、この冷蔵庫の中にガキのひとりを閉じ込め、「生きてるかな? 死んでるかな? 波動関数では30パーセントかな?」みたいなセリフを吐くものかと思っていたので(^^;)

そこまで残酷な話ではないか。ほっ。


「コウモリ」にさしかかりました。週末までかかりそうだなこのペースじゃ。
わたしも読む速度が落ちたなあ……。

ポール・ブリッツさんへ 

どんな怖い想像してんですか・笑
ポールさんの予想は当たらないところがいいんですが。

でも、この先どうなるかはわかりませんよ( ̄ー ̄)

いやあ、読書、私は一日数ページの遅さです。
今年中に読めるかしら。
でも、世界観がすごいです。楽しみながら読んでます。

NoTitle 

NEKOoooooo!!!

なぜですかっ!
猫につみはないはずですっ!
NEKOっ!

あぁNEKOっ!!
可哀想にでも僕アレルギーだからあまり近づかないでほし・・・

NoTitle 

にゃははは~~~ん

(どう感想を言っていいかわからない)(^^;

とにかく続きを・・・(^^;

ねみさんへ 

ねみさん、猫アレルギーですか。

気の毒に。

さあ、猫ちゃん、どうなるんでしょうね。

秋沙さんへ 

猫好きには不快な展開ですね。ごめんなさい。

次話までは、ほんの余興です。

まだ本題に入ってないんです・笑

そうつながるのですね 

シュレーディンガーの「猫」ですものね。
そうか、猫。
これではそりゃぁ温厚な(ですよね?)光瀬くんも怒りますよね。
もっと温厚な……っていうよりも、へらへらしたうちの幸生だって怒ります。
この続き、どうなるのかなぁ。
limeさんのことだから……どう展開するのか楽しみです。

この前、けいさんの小説を(夢叶)読ませていただいていたときに、「描写」について書いておられたのですね。
私も描写についてはいつも悩んで、ちっとも上手に書けなくて「説明」になってしまうのですが。

limeさんのこの、絵のように浮かぶディテールの描写、このあたりもlimeさんの小説の魅力のひとつだと思います。
私もこんなふうに書けるよう、がんばりまーす。

あかねさんへ 

こんばんは^^
そうなんです。そうつながるのです。
シュレーディンガーの猫ですもんね。

蓋を開けるまで、猫の運命は決まっていない。奇妙なパラドックス。
この場合、光瀬の人間性がわからない・・・というところで、その定理に近づけてみました。
光瀬、いったい本心は・・・。猫の運命は・・・。

描写についての話は、いろんなところで見かけますよね。
小説を書く上で、とても大事な技術だけど、鍛錬の方法は、ただひたすら脳内で練り上げるしかなくて。
この描写方法の違いこそが、作者の個性なのだと、最近思います。

くどくなりすぎてもうるさいし、あまりに描写が少なくて、会話劇になるのも、味気ないし
でも、その割合も、作者の味つけなんですよね。正解などなくて。

> limeさんのこの、絵のように浮かぶディテールの描写、このあたりもlimeさんの小説の魅力のひとつだと思います。

ありがとうございます^^
私の描写は、ほんとうに必要最低限なので、もう少しふくらませたほうがいいのかな、とも、思うのですが。
昔、漫画を描いていたせいもあって、描写は頭の中で、画像に変換されています。
私の書き方が映像的なのだとしたら、そのへんかも・・・。
でも、ほんと、難しいですね。
答えがないというのが、また^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【僕らの相対論2 第5話 ブラックボックス】へ
  • 【僕らの相対論2 第7話 ひどい奴】へ