僕らの相対論2・シュレーディンガーの猫の章

僕らの相対論2 第5話 ブラックボックス

 ←僕らの相対論2 第4話 陰湿 →僕らの相対論2 第6話 箱の中の解
処刑場に行くには余りにも爽やかな風が僕らの頬をなでた。
歩いたのはほんの5、6分くらいだろうか。
光瀬が足を止めたのは、もう何年も放置されている朽ちかけた民家の前だった。
門扉はなく、ただ伸び放題の雑草が、庭への侵入を阻んでいる。この家はけっこう悪名高い。
近隣の住民が文句を言っても自治体が動いてくれず、ちょっとしたお化け屋敷と化していた。
誰かが不法投棄していったタイヤや家電製品、廃材が雑草に埋もれて転がっている。

光瀬は敷地内に入っていくと、雨ざらしで錆びかけた黒い小型冷蔵庫の横に立った。
最近ではお目にかからない旧式ワンドア、高さ80センチくらいの冷蔵庫だ。

おとなしく付いてきた少年達は更に不安そうな表情でお互いを見合っている。
いったい何が始まるというのだろう。
ソラも不思議がっているだろうと横を見ると、彼は光瀬の方を目を輝かせて見つめている。
きっとソラに取って光瀬は兄というよりカリスマ的存在なのだろう。何をやり出すか好奇心満々と言った目だ。
ただの偏屈な物理オタクなんだということを、早いうちに教えてやった方がいいだろうか。

それにしても少年達はなぜあんな理不尽な誘いに乗ってきたのだろう。
光瀬と彼らにすでに接点があったのだろうか。
けれど少年たちの様子から、とてもそうは思えない。

光瀬はポンと土埃とサビまみれの黒い冷蔵庫を叩き、3人の少年を見渡したあと言った。
「さて、一番背の高い少年Aくん。この中には何が入ってると思う?」
「な・・・何って、何だよ」
少年Aと呼ばれたことに反論する余裕もないほど少年Aはたじろいでいた。
先程見てきた映画にも「少年A」「少年B」が出てきた。
いずれも犯罪者だったことを知ったらこの少年Aは怒るだろうか。
光瀬は眉を上下させてもう一度丁寧に少年達に聞いた。
「このドアを開けて、中を確かめる勇気が君たちにはあるかい?」

背の高いキツネ顔の少年Aが嫌なものでも見るように眉をひそめた。
色の浅黒い痩せた少年Bと、少し肥満気味の少年Cが顔を見合わせる。
「何の事ですか。こんな冷蔵庫興味ありませんよ。変な言いがかりを付けるんなら僕らにも考えがあります」
少年Aはここへ来て敬語だ。逆に好戦的だ。
「お、いいね少年A」
「少年Aじゃありません!」
やっと彼は光瀬の付けたネームに反論した。

「けれど少年A。君たち3人がここまで素直に付いてきたのには、理由があるんじゃないか? 後ろめたいことが」
そう言って光瀬はさっきと同じように自分の携帯を3人の前にかざした。まるで印籠を罪人にかざす水戸黄門ドラマのクライマックスシーンのようだ。
僕はなんだか面白くなって、口を挟まず成り行きを見ることにした。
ソラも僕のとなりでクルリとした目をさらに大きくして4人を見つめている。

光瀬はポンともう一度冷蔵庫を叩くと、
「よし、3人を代表して少年A、君がこのドアを開け」
「は? なんですかそれ」
少年Aは更に顔を歪めた。
「あれ? おかしいな。君たちは実験してたんじゃないのか? 昨日、この時間、ここで、このブラックボックスを使って」




-----------------------------------------------------------

遅々として、状況が進みませんね・笑
すみません。
短いし、少し更新頻度を速めてみました。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【僕らの相対論2 第4話 陰湿】へ
  • 【僕らの相対論2 第6話 箱の中の解】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おいおいおい(^^;)

危険すぎる遊びですね(^^;)

よい子はやってはいけません(^^;)

光瀬くんも大人気ないやつであるなあ……。

まさかここから血も凍るホラーに、とか(^^;)

続きが読みたいであります。



ところで、「李歐」、講談社文庫版で200ページほど読みました。一彰ってあんな虚無的なやつだったっけ(^^;)

「わが手に拳銃を」には一箇所、印象に残る大好きなシーンがあるけれど、残しておいてくれたかなあ高村先生。

まあ続きを読もう……って、原稿できてないし(^^;) さらにはリクエスト本(「このささやかな眠り」ではない)が来たので水曜日までに読みきらないといけないし(^^;) 自業自得とはいえ、体力が……(^^;)

BGMにはアン・ルイス氏よりも徳永英明氏の音楽のほうがなんとなく合っていたのは以外だったであります。

ポール・ブリッツさんへ 

お?
ブラックボックスの中身が分かっちゃいましたか?
まあ、流れ的には、分かっちゃいますよね。
確かに危険な遊びです。
でも、子供って奴は、恐ろしいもんです。

でも、光瀬は確かに大人げない!
その「大人げなさ」っぷりを見てやってください。
さあ、光瀬の恐ろしい本性が垣間見えるか!



えーーーーー。
もう200ページも読んだんですか?
全然、負けじゃないですか。
今日は一彰が拳銃を分解してるところを惚れ惚れして何度も読んでました。(40P)
銃器、大好きです(>_<)

BGMは徳永英明なんですね。
うーーん、いいですね。分かります、あの感じ。大好きだなあーーー。
BGMつき小説って、出たらいいのに。
そのうち、電子書籍にはその部分でいい感じにBGMなんか、流れるようになるかもしれませんね。

NoTitle 

んん~~~~?

猫、入れた?

秋沙さんへ 

ん~~~。流れ的にそれ以外ないですよね・笑

問題はそのあと。

光瀬の非道っプリをお楽しみください。

NoTitle 

ま、まさか核融合が!!??(^^;

秋沙さんへ 

だ、だからSFじゃないと言っておろうが( ̄□ ̄;)

NoTitle 

まさか縮退炉がっ!?

すいません調子にのりました。

ねみさんへ 

だから、SFじゃないんですってば・笑

どんな中学生ですか。

ちょっと面白いけど・笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【僕らの相対論2 第4話 陰湿】へ
  • 【僕らの相対論2 第6話 箱の中の解】へ