僕らの相対論2・シュレーディンガーの猫の章

僕らの相対論2 あらすじ

 ←(雑記)次回作は・・・。 →僕らの相対論2 第1話 巻き込まれる
【あらすじ】

工科大に通い、物理学を専攻する二人のルームメイト、光瀬と比奈木。
今日も何気ない会話から、ほんの少し奇妙な展開が始まる。

珍しく映画に誘ってきた光瀬は、その映画のラストシーンが「シュレーディンガーの猫」のようだという。
理論物理学者エルヴィン・シュレーディンガーが提出した有名なパラドックス説だ。
しだいに比奈木は、熱く語る光瀬の話に引き込まれていく。
そんな時、二人は、彼らと一緒に住んでいる14歳の少年、ソラが同級生に虐められている現場に遭遇する。
光瀬がとった意外な行動とは・・・・。

またもや光瀬が皆さんの物理学知識をひっくり返して混乱させますが、もしよろしければお付き合いください。

※ご注意
この作品の中には、ある映画のラストシーンのネタばれが書かれています。
今年、2010年、6月に公開された、松たか子主演の「告白」です。
第2話に、その映画のラストシーンの事を、光瀬が語る場面があります。
まだこの映画を観てなくて、そしてこれから観ようと思ってらっしゃる方は、どうか2話を飛ばして読んでください。
作者のこだわりのエピソードではありますが、2話を飛ばしても作品的には支障ないと思います。





関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)次回作は・・・。】へ
  • 【僕らの相対論2 第1話 巻き込まれる】へ

~ Comment ~

NoTitle 

おっ、楽しみです~♪

SFではないとわかったので楽な気分で読めます。

でもホラーとかファンタジーには……しませんよね?(^^;)

ポール・ブリッツさんへ 

はい、大丈夫。(^-^)

SFでも、ホラーでも、ファンタジーでもありません。

ただ、光瀬が変な奴というだけで成り立っている物語です。

ポールさんを満足させられるかどうかは、ちょっと自信がないんですが。笑

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメRさんへ 

おお、前の方の席にRさんが。

狭苦しい劇場へようこそ。

役者陣が緊張してテンパッてます(^.^)

NoTitle 

おはよー

来ましたです。
また、意味深なタイトル。
光瀬君の弾けた話を楽しみにします。

ぴゆうさんへ 

いらっしゃいませ~。

このお話の光瀬も、妖しさ全開です。
最初の説明が、ちょっとややこしいですが、なんとなくわかる程度で大丈夫ですよ~。
あとは、勢いで^^

今回も比奈木、振りまわされます♪

シュレーディンガーの猫は、猫好きにはちょっとムッとする思考実験ですが、
あとでちゃんとフォローの展開になるので、のんびりまったり読んでくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)次回作は・・・。】へ
  • 【僕らの相対論2 第1話 巻き込まれる】へ