RIKU・2 君が求めた真実

RIKU・2  第六話  迷い

 ←小説の主観、融合、胸の高まり! →RIKU・2  第七話  ざわめき
「うちのデータベースを検索させろって、どういうこと?」
長谷川はちらりと腕時計を見たあと、玉城をめんどくさそうに見た。

「すみません、こんな時間に。ちょっと調べものをしたくて。
ここのデータベースなら過去の事件の資料が詳しく保存されてるんじゃないかと思って」
「図書館に行きなさいよ」
「とっくに閉まってます」
時刻は夜9時をまわっている。
「じゃあ明日にしなさいよ。私ももう帰るところなんだから」
なるほど、編集部員はもう数人しか残っていない。
最近は大幅な残業は社の方針で禁じられていると、玉城は聞いていた。
けれど、食い下がる。
「リクの身に起きた過去の事件を知りたいんです」
玉城はそう言って長谷川の反応を待った。彼女の好奇心がくすぐられはしないだろうか、と。

長谷川はしばらくじっと玉城の顔を見ていたが、何も言わずPCを立ち上げて椅子に座った。
「何かあったの?」
データベースの画面を開き、暗唱コードを入力しながら長谷川が聞いた。
玉城は事件のあった地名とうろ覚えの年月日を長谷川に伝えると
大ざっぱすぎるほど大ざっぱに説明を始めた。

「10歳の頃、何者かにさらわれて殺されそうになったんです。
斬りつけられて火を付けられた。目撃者の通報で救急車が来たときは意識も無かったそうです。
犯人は捕まっていません。とっくに時効も過ぎています」

今度は玉城がロボットのように淡々としゃべった。
感情など入れれば怒りが込み上げてくるのはわかっていた。
長谷川はやはり面倒くさそうにカチャカチャと無言で検索をしている。
もっと違う反応を期待した玉城は、ほんの少し長谷川に失望した。

その長谷川の手が止まった。
求める記事を発見したらしく画面を食い入るように見ている。
「どうしてこんな単純な事件が未解決に終わるわけ?目撃者はいたんでしょ?
あきらかに怪しい養父母はちゃんと調べたのかな」
「目撃者も視力の弱い老人だったし真夜中だった。単純な事件ほど難しいのかもしれないですね」

二人はしばらくじっと画面を読み続けた。
内容は里井が話してくれたものと大差はなかった。

「この養父母、リクが退院した後自家用車で事故死してるじゃない!」
関連記事に目を移した長谷川が少し驚いた声を出した。
「リクが退院してすぐですね。里井さんも何かの因縁を感じて背筋が凍ったって言っていました。」

「リクは・・・・」長谷川が言いかけた。
「え?」
「リクは本当に自分を殺そうとした犯人を見ていないんだろうか」

玉城は眉間に皺を寄せて長谷川を見た。
「それはどういう意味ですか?」
「リクは嘘つきなんだよ」
長谷川は意味ありげに横に立つ玉城を見上げた。
「そんなこと隠して何になるんですか」
「そんなこと知らないよ」
長谷川が少しむくれたように言う。
「仮に犯人を覚えてたとして、どうだっていうんですか」
なぜか突っかかった言い方になったが、玉城は長谷川が言わんとしていることがわかっていた。
だが、それはあまりに非現実的だ。

長谷川は玉城を無視するように淡々と記事に目を通していった。
「養父母の乗った車は原因不明のトラブルで崖から転落。そして炎上。
運転していた夫がハンドル操作を誤ったのか、心臓発作でも起こしたのか。
遺体は司法解剖も叶わないほど焼けこげていたらしい」
「度重なる不運ですよ。リクの周りで起こった」
「じゃあ、その2つは何の関係もない?」
「あるわけないです」
「リクが本当は犯人を見たんだとしても?その犯人が身近な人間で、言い出せなかったとしても?
けれども、あとから憎しみがわき上がってきたとしても?」
「何が言いたいんですか、長谷川さん。そんな勝手な仮説立てないでくださいよ」

「でも、10歳の子供に大人は殺せないよ」
「え?」

玉城はハッとして長谷川を見た。

「そんなこと、不可能だよ。子供に」
長谷川は玉城の目を覗き込んで続けた。

「そう言って欲しかったんでしょ?玉城は」

「・・・・・」

玉城は言葉が出なかった。

「だから私にこの記事を見せたんでしょ?」
長谷川はニヤリと笑うとPCの電源を落とした。
玉城は自分の心を見透かされたような気分になり、慌てて視線をそらせた。

「付き合ってもらって、どうもありがとうございました」
長谷川に一礼して、玉城は逃げるように編集室をあとにした。

---馬鹿げている。どうしてそんな発想をしてしまうのか。子供のリクを疑うなんて---

廊下の隅にポツンと置かれている観葉植物に目が行った。
少し毒々しい色をした大きな葉だ。

『その葉のエキスを体内に取り込むと、筋肉麻痺を起こして昏睡状態に落ち込んじゃうんだ』
そう言って笑った、きれいな横顔を思い出した。

ブンと頭を振る。

「バカじゃないか、俺は」

そう小さく呟くと、玉城は足早に階段を駆け下りた。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【小説の主観、融合、胸の高まり!】へ
  • 【RIKU・2  第七話  ざわめき】へ

~ Comment ~

うーむ 

こんにちは。
謎が謎を呼ぶ展開になってきましたね。
登場人物がとても個性がでていて、設定が上手ですね。

limeさんは小説を書き始めて結構長いのですか?
続きまた読みに来ますね。

そう言っていただけると 

とても嬉しいです。

いえ、まだ書き始めて2年も経っていません。
ただの小説好きな妄想家です・笑
だから小説のノウハウなんて、まるで知らないのでお恥ずかしいのですが。

こうやって読んでいただけることが原動力です。
ありがとうございます!!

こんにちは^^ 

さっきまでガースカ昼寝してて、いきなり飛び起きて勢いで読みに来ました^^;
何だろ? また夢の中で何か見たかな??

凄い展開になって来ましたね~~。
もしかして、初っ端から色んな伏線が張ってある??
これは、ピラーっと読むなんて出来ませんね!

まだまだ本格的な展開はこれから。
また楽しみにして読みに来ますねv-218v-411

蘭さんへ 

お昼寝の後なのに、ややこしい物読ませちゃいましたね。
このパート2は、一番ややこしいかもしれません。(ごめんね)
パート3.4は、コメディなんですが。

そうですね、伏線がほんの少し・・・。
まだまだ全体像が見えてこないかもしれません。
と、とにかく玉城といっしょに、頑張ってください。蘭さん (>_<)
(なぜ・笑)

もう、めんどくさかったら、すっ飛ばしてパート3「託卵」に行っても構いません・笑

NoTitle 

いろんなことがRIKUを指している。
玉城に疑心暗鬼が住み始めると、大きく育つばかり。
ミステリアスなRIKU。
嫌われたらイヤだから訊くことも出来ない。
妄想は膨らむばかりだろうな。
あれあれ、玉城ちゃん。
モンモンの坂木を思い出した。
v-12

楽しかったぁ~~
次回は明日の楽しみ。
またニャーー
v-283

ぴゆうさんへ 

楽しんでもらえて、なにより嬉しいですi-189

ああ、そうか。
坂木もいつもモンモンさせられましたもんね^^

でも、ちょっとリクの方が難しいかな?
リクは全面的に玉城を信頼してないから。
まだまだですねえ、この二人はi-229

リクの周りの不穏な空気がゆっくり動いていきます。
第8話くらいで大きな転換期が。
要注意です^^

ぬぬぬ… 

玉ちゃんしっかり!その目で真実を見届けるんだよ!須藤候補とキミの間には、まだ蜘蛛の糸ほどの繋がりすらないけれど!!
頑張って真実を突き止めて!!

有村司さんへ 

玉城の応援、恩に来ます!
どうも、空回りしてしまいがちな玉城ですが、・・・がんばってはいます^^;

なかなか真実に辿りつけませんが、8話あたりで、大きな波が来ます。たぶん。
どうか、このあとも、応援してやってください!

NoTitle 

リクの過去を探りだtした、俄迷探偵玉城。

玉ちゃんは、何処にたどり着くんだろう…

もしかしたら…腹黒須藤?

謎のファックスも何となくボヤけて見えてきたような…

へへ(*^^*)

また来ますね(⌒‐⌒)

n

美香さんへ 

玉ちゃん、なんだか取りつかれたみたいに、リクの過去を探り出しましたね。
こういうところが、玉ちゃんです。
猪突猛進型。
でも、ちょっと抜けてるので、真相にたどり着けるかどうか。
だんぜん長谷川さんのほうが、探偵向きです^^

須藤。なにか絡んできそうですね。
FAXのことも、まだまだ続きがあるはずです。

玉ちゃんは、なにか役に立ったんだっけ・・・と、今、思い返している作者(笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【小説の主観、融合、胸の高まり!】へ
  • 【RIKU・2  第七話  ざわめき】へ