☆感想(観劇・映画・小説)

(雑記)舞台「スリー・ベルズ」観劇&ミラクル体験

 ←僕らの相対論 第6話 インパラな僕 →僕らの相対論 第7話 実験
昨日、私の尊敬する後藤ひろひとさんの作・演出によるプロデュース公演、
スリー・ベルズ~聖夜に起こった3つの不思議な事件~を見に行ってきました。

後藤ひろひとさんは、役者をさせてもインパクトあって天才的なんですが、脚本がもう、エンターテイメントで大好きです。
「パコと魔法の絵本」の原作者さん。
毎回、舞台と観客の垣根を取っ払う形で、最高に観客を楽しませてくれます。
今回のお話も、大いに笑わせてくれながらも、人間味あふれる展開で、じ~んとさせてくれました。

【ちょっとだけあらすじ】
・詐欺師を雇い、一人息子にサンタクロースを信じさせたがっている、悪徳金貸しの男。
・15年ぶりに植物状態から目覚めた純粋な青年と病院を逃亡する、孤独なシンガー。
・嫌なことをアメ玉に換えて封印するおもちゃを手に入れ、忘れてはいけない大事な記憶まで封印してしまった悲しい女。
この3つの悲しいお話を救うために、聖夜、決して鳴らない奇跡の鐘は鳴るのか・・・。


ほとんどが笑いを誘うコメディなんですが、グッとくる絶妙なタイミンクで、観客の涙腺を開きます。
ファンタジックで、ユーモラスで、悲しくて、きらきらしてて。
素敵な時間を過ごさせてもらいました。

そして、
毎回この後藤ひろひとさんは、一回の公演の中で必ず観客と戯れます。
たとえば観客を舞台に上げてしまったり・・。
今回もそれがありました。
「携帯電話の電源はお切りください・・・」等の注意事項を、アナウンスではなく、幕が開いた直後に観客を舞台に引っ張り上げて、読みあげさせるんです。
で・・・。
今回、・・・私が選ばれてしまいました( ̄□ ̄;)!!

1000人以上の観客の中で、なぜ私!!
で、でも、もう幕は開いています。公演時間は決まっています。私がぐずっていると物語は始まりません。
私はパントマイヤーのホームレス役の役者さんに案内され、舞台に上がりました。
ええええ。私にとって、聖域である、舞台。
それも1036人の観客の前。
そこで役者さんは「注意書き」の書かれた冊子を私に渡し、読めと・・・笑
(その役者さんたちは喋りません。黒子ですから)
マイクにむかって読み始めましたよ。
それは、ただの注意書きではありません。読むだけで観客に笑いを取れるように、後藤ひろひとさんが特別に仕組んだ、結構長い台本です。
全員に私の名前を呼んでもらったり、・・・・。
いやあ、なんでしょうね。
恥ずかしいとか言うよりも、不思議な空間でした。
客席は真っ暗で、緊張はしないんですが、私の一言ひとことに、1000人の優しい観客が、笑ってくれるんです。みんなは、私もひっくるめて舞台の一環として、舞台を楽しもうとしてるんですね。
観客は、神様だなあ~と、今まで感じなかった感動を体験しました。

その冊子の最後には、
「・・などと、読ませていただきましたが、もしかすると、読んでいる私の横に、こんなとんでもないものを読ませた、作家の後藤ひろひとが、そっと立っていたりするかもしれません・・・」
と。・・・
ハッと横を向くと、そこには後藤さん本人が、飄々とした顔で立っていました。
爆笑が起こります。・・・と、言うか。私が一番びっくり。

後藤さん、私に「いやあ~、すばらしい朗読でした。大いに笑わせていただきました。すみませんねえ、舞台にひっぱりあげてしまって。助かりましたよ、注意事項を読む役者を雇わずにすみました。皆さん、この方に拍手を!」

・・・おお。

なんとももったいない。貴重な体験でした。
ふつう、舞台と観客は切り離されて、別の世界のものなんです。
観客を演出に混ぜるなんて、他の演出家は嫌うはずです。でも、後藤さんは、違うんです。
そうやって、観客を混ぜても、そのお芝居の世界観や質を下げません。
一緒に楽しもう、っていう精神がとても温かいんです。
舞台から始めてみた光景、なんだか包まれるような感覚。

本当に不思議な貴重な体験でした。後藤さん、ありがとうね。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【僕らの相対論 第6話 インパラな僕】へ
  • 【僕らの相対論 第7話 実験】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

良かったですね^^ 

limeさん!

すごいじゃないですか!
良かったですねぇ~、貴重な体験が出来て。
大好きな舞台で、尊敬する人を身近に感じる事ができて。
すっごい、羨ましいです。
ステキな舞台演出ですよね。私、こういうの大好きです。
是非、観に行きたかったなぁ~。

なんだか読んでて、震えてきちゃいました。
おめでとう!と、言ってもよろしいのでしょうか。
本当に、良かったですね^^

NoTitle 

そういやあ、前にサーカス(シルク・ドゥ・ソレイユ)の「ドラリオン」見たときにも、客席から人がひとり引っ張り上げられて注意事項を読み上げさせられていたなあ。
そのあともいろいろあるんだけれど、それを詳しく書くと、なにかの都合でこの出し物を見たときに感動が薄れてしまうから書かない(^^)

鍵コメMさんへ 

ありがとうございます♪
はーい♪確認してきます。

narinariさんへ 

ありがとうございますー♪
本当に貴重な経験でした。
いじって遊ばれただけなんですが・笑
でも、憧れの後藤さんと、あんな風に話が出来て夢のようです。

今年はもう、何のイベントも参加できないとぼやいていたので、
思いがけない出来事にどきどきでした。
narinariさん、ありがとうーー♪

ポール・ブリッツさんへ 

へえー。ドラリオンで。
じゃあ、きっと、ピエロあたりがひっぱりあげるんですね。
その観客もドキドキだったでしょう・笑

この舞台はもうすぐ終わりますが、ドラリオンはこれからもずーーっと続きそうですからねえ。
演出はナイショのほうがいいかな?

でも、舞台は客席が真っ暗で良かったです。
明るかったら、ガチガチでした。きっと。


NoTitle 

おお!すごい体験をされましたね!!
舞台上で拍手喝采、役者以外では味わう事の出来ない
瞬間だと思います。

憧れの人と対面する、てどんな気持ちなのでしょう?
僕も経験してみたいです。

蛇井さんへ 

もう、本当に、貴重な体験です。
今まで、人前に立たぬように地味ーに生きて来ましたからね・笑
本当に、温かいお客さんばかりで良かったです(T_T)

憧れの方との対面。
もう、頭の中パニクッてたので、実物だったのか虚像だったのか・笑
でも、素敵な方でした!!!
生きてればきっと、なんか、こんな面白いことあるんですね(*'o'*)
ヒッキーしてちゃ、ダメですよね。
(でも、ヒッキーも好き・・・)

NoTitle 

すごいすごいすごいすごい!!!!!

limeさん、何気に最近ミラクル体質!?

きっと、お芝居をとても愛するlimeさんゆえに、お芝居の神様が微笑んだんですよぉ。
もっともっと世界を広げていってもいい人だよってことですよぉぉぉ。

まずは、私と小旅行でもしましょう(どこがどう広がるんだか)(^^;

秋沙さんへ 

ありがと~~!
いや、まさか自分が・・・なんて思いませんでしたよ・笑
すごくびっくりな体験でした。
20年、舞台を愛したから、ご褒美かな?
いや、いじられ役でしたけど・笑
けっこう、笑われるのとか、好きなんだなあって、再発見です。
これからはSではなくMでいこうかな・・・・(^^ゞ

小旅行!
その前に、私と歩くと方向音痴がうつって、どこへもたどり着けませんが、よろしい?笑

NoTitle 

私、わりと方向感覚には自身があるんですよのよ、おほほ。

でも、目的意識を持って歩くってことがあまりできませんので、結局はどこへもたどり着かない旅になりそうですねぇ(^^;
ま、それも楽しいかな。
あぁ行きたいな。
絶対、一年くらいの間には実現させましょうよ。ね?

秋沙さんへ 

いいですねえ~、いきあたりばったりの旅。
あるいは、目的地を知らされずに連れて行かれる旅・笑

今年は時間と金銭面の関係でで実家にも帰れず、旅行にも行けず。
本当にどこにも行ってない年でした。
来年あたり、どっかいきたいです~。(家族置いて・笑)
あとは、やきもち焼きの旦那次第・・・かあ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【僕らの相対論 第6話 インパラな僕】へ
  • 【僕らの相対論 第7話 実験】へ