僕らの相対論1・トンネル効果の章

僕らの相対論 第4話 乗せられる

 ←(雑記)味覚の秋?水彩画 →僕らの相対論 第5話 買い物
量子論は、アインシュタインが完成させた相対性理論と並ぶ、物理学界の二本柱の一つだ。
相対性理論は僕らのいるマクロの世界でも通用する物理だが、原子の内側などのミクロな世界は力学が全く異なり通用しない。
マクロの世界では想像もつかない、光や電子など(素粒子)の振る舞いを正確に理解するための記述法が必要になってくる。
それが量子論だ。

とにかくミクロの世界は僕らの常識を遙かに越えたとてつもなく不思議なルールを持っている。
けれどもその不思議な振る舞いを解読することが、宇宙の創生の謎を解く鍵になる。
ミクロの世界を探ることは、このとてつもなく馬鹿でかい宇宙の謎を解くことにつながるわけだ。
僕の興味がなびかない訳がない。
しかし、アインシュタインが嫌った量子の不確定さは、やはり難解だ。

たとえば、「観察する」。
ただそれだけのことが粒子の状態に影響を及ぼしてしまい、位置と運動を同時に確定できない。
「確率」としてそこに存在する。まるで幽霊のように。
人間に観察されて初めて(その瞬間だけ)完全な現象と認められるわけだ。
それ以前はなんの情報も持たないと言う。
それで「よし」となっている。
それが素粒子なのだ。

「結局アインシュタインの判定負けだったな」
光瀬は、表情を変えずにつまらなさそうに言った。
いつの間にか地下鉄の入り口まで来ていた僕らは、明るい太陽の光の届かない、地下への階段を降りていった。

「アインシュタインは負けてなんかないさ。決定的な欠陥を見つけられなかっただけで」
「それを負けって言うんだよ。きっとアインシュタインだって、この現代に生きていたら量子論の恩恵に預かった携帯電話を使ってるはずだよ」
光瀬はほんの少し笑った。
僕の中でカチンと音がする。
いや、待て。ペースにはまるな。いつだってそうなんだ。
こいつは僕が熱くなるポイントを知っている。

「別にいいじゃないか。僕らだって、あんな鉄の塊が飛ぶなんて可笑しいと思いながら、飛行機に乗ってるよ」
「ほんとうだ」
また光瀬は楽しそうに笑う。
僕らは切符の販売機の前に並んだ。

「アインシュタインはやっぱり偉大だよ。量子論だって、元を正せば彼の“光量子仮説”のお陰で構築されたんだろ。ただ、あの曖昧さが嫌いだっただけで」
僕は続けた。
「彼の相対性理論はとても完結で美しいじゃない。E=mc²なんて関係式は惚れ惚れするほどだよ。宇宙の法則は、実はとても単純で美しい物だと思うんだ」
「比奈木は、アインシュタインになれるかな」
「なんだ、それ」
「彼が完成させられなかった大統一理論を完成させてみたい?」
「僕は重力が何なのかさえまだ理解していないよ。もしかしたら一生無理かも」
「野心も向学心もないな」
「いいんだ。僕はただ、見たかっただけなんだ。彼が感じた光。彼の中で変化する時間。彼が思う時空。人はどんな風にそんな思考を持てるのか、興味があったんだ。少しでも近づきたいって思った」
「好きなアイドルに憧れてタレントオーディション受けるのと一緒だな」
光瀬がぽそりと言ったが、聞こえない振りをした。

「これが全てです、もう、新たな発見はありません、って言われたニュートン力学をさ、ひっくり返すんだアインシュタインは。全てが相対的である世の中で、唯一絶対的な物を見つけたんだ。光の速さだよね。その光速が絶対であるが故に、時間のほうが伸び縮するってことを発見したんだ。普通思うか? 絶対的だと思われてた時間が、変動する物だって思いつくか? 僕さ、思うんだ。“これが正解です”って決定されていることだって、もしかしたらひっくり返せるのかもしれない。この世界にいたら、そんな瞬間に出会えるかもしれないって」
「何かをひっくり返したいのか?」
「ものの例えだよ」
「ひっくり返したいんだな」
光瀬が笑った。
「例えだ」
僕はムスッと答える。
「意思が弱いな、比奈木は」
「なんでだよ」
「宇宙物理学を専攻した理由は絶対言わないって言ってたのに」
そう言って、光瀬は、順番が回ってきた券売機にコインを入れる。

そうだった。
また乗せられた。妙に熱くて恥ずかしい動機を、うっかり喋ってしまった。
こんな動機は“好きなアイドルに憧れてオーディション受ける”のと大差ない。

順番が回ってきて、券売機の前に立った僕は「あ」と顔をあげた。
「なあ、どこまでの切符買うんだ?」
そう聞いた僕に、隣の光瀬がニコリとして買ったばかりの切符を差し出した。
「電車代、おごるよ。カップラーメンのお返し」
「お、サンキュー」
意外と気が利く。
そう思った後、ふと思い直した。

そもそも、時間がないのに無理やり僕を連れだしたのは光瀬じゃないか。
受け取った切符を眺めながら、僕はさっきの「サンキュー」を取り消したくて仕方なかった。
なんだかまた、乗せられた。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)味覚の秋?水彩画】へ
  • 【僕らの相対論 第5話 買い物】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ひっくり返すといったら、

「すべての価値を顚倒せよ」

っていうのがニーチェのテーゼでしたね。

哲学思想が物理学に影響を与えることはけっこうあるそうですが、

この二人の物理学理論を支えているのはもしかしてニーチェの思想?(^^)

量子レベルではすべてが記述可能で、相対論レベルではすべてが記述不可能だったらどんな凄まじい世界になっていただろうか、とふと思いました。思っただけです。そんな異様な世界……。

ポール・ブリッツさんへ 

ニーチェですか。
比奈木は読んだこともないでしょうね・笑
光瀬も、哲学的な思想は、そんなに持ってないような気がします。
ただ、彼は変な奴なんです。

一般相対論を知ったとき、もうすでに頭の中天変地異だったのに。
量子の世界においては魔法の国です。
それが事実だってことはもう、世の中SFの世界ですよ。
(何言ってんだかわかんない・笑)

NoTitle 

いやぁもう、全然わからん世界の話なので、どう感想を述べたらいいものか(笑)。

こういうこと、まったく知らなくたって普通に生きていけるんだけど、自分や自分が生きている地球も宇宙もどうやってできたのか、どういうものでできていて、その細かい素粒子がどういうふうに運動するのか・・・知らないってのも不思議なもんですよねぇ(^^;
そして、それを解き明かそうと日夜血眼になって研究している人たちがいるわけで、人間一人一人の悩みとか生活とか、もうそんなもんどうでもよくなりますね(^^;
(いや、ならないんですけど)(笑)

秋沙さんへ 

ちょっとマがさして、こんなもの書いてしまいました・笑 
ごめんなさい。
でも、実はまったくのコメディですから。
最後まで読んでもらったら、その馬鹿馬鹿しさに気付いてもらえると思うんだけど・笑
いや、もう、ここまで読んでもらえただけでも有り難いです。

堅苦しいとばかり思っていた物理の世界が、じつはとってもファンタジックだった。
そう知ってから、ちょいと興味をもってしまいました。
でも、人間界の、心の複雑さに比べたら、じつはとてもシンプルなんでしょうね。
知らないだけで。

秋沙さんと 

同じ種族のものです。笑。
いやぁもう、全然わからん世界の話なので、どう感想を述べたらいいものか(笑)。

そもそも私は文系の出でして……。
頭が混乱しそうです。
そんな私も高二までは理系の大学を、なんて思っていましたが、
今思えば途中で文系に変えたのは自分でも最良の選択だったと思います。笑。

NoTitle 

 一応工学部出身なもんで、なつかしいな~と思いながら楽しく読ませて頂きました。
 私も比奈木君タイプの人間で、在学中は時間ばかりに追われていたので、今limeさんのお話で量子学にふれて、何て魅力的なんだろう……って感じました!! 
 アインシュタインの、曖昧なのが嫌いってのは共感出来ますね~(^^;)
 曖昧なものを、不確定ながらも確立という確かな数値を使ってそこに存在させようと考えた量子学者の気持ちも、また分かる気がせんでもない……。結局理数系の人はみんな曖昧なのが嫌いなんですね(^^;)
 確かに人の心の複雑さに比べたら単純でしょうかね。
 でも人の感情も所詮は化学反応。いつか全て感情を一つの化学式で表せたりするんでしょうか……それが相対性理論のようにシンプルだったら本当に美しいですねえ~ ̄m ̄ ふふ

 あ、新ブログの方で先ほどリンクはらせてもらいました~!
 もう好きな形でリンクしてやって下さいませ<(_ _)>
 しばらくは来訪者一桁の気楽な日記ブログなんで(笑)
 
 

ヒロハルさんへ 

いやあ、申し訳ないです。
コメント、気を使わせてしまいましたね。
やっぱりこのお話は読む人を選ぶ&困惑させてしまうようです。
8話までなので、もうちょっとの我慢です。(いや、我慢せいでも・・)

私も全くの、文系です。
(いや、文系でもないか。何系か?)
とにかく、数字アレルギーです。
だから、たぶんこれは文系の物理学物語です・笑

次回からは、物理学から離れますよ。

16さんへ 

16さんは工学部だったんですよね。
毎日課題に追われて大変だったでしょう?
学生さんたちは、物理学を楽しむ余裕が生まれにくいかもしれません。
でも、数式から理解する物理学って、また魅力!!
憧れます。
アインシュタインは完璧主義だったんでしょうね。
複雑怪奇な量子の振る舞いが面白くなかったんでしょう。
そんな、物理学者同士のいざこざも、楽しいです・笑

16さんに楽しんでいただけて良かった。ホッとしました。
あ、まだ途中なので気は抜けませんが。
あと少しなので、よろしかったらお付き合いください。
(物理、関係ないやないかい!、的な突っ込みも、待ってます・笑)

あ!リンク、ありがとうございました!
私の方もリンク、修正しておきました。
やっぱり、HPからの方がいいですね♪

NoTitle 

なんか昔買った「わかり易い相対性理論」なんて本を思い出しました。
どこがわかり易いんだと独りツッコミを入れてた記憶まで・・・
ぷぷ

誰にしても先駆者たらんとした人はスゴい。
昨日、ニュートンの望遠鏡を紹介していた番組を見ていたのだけど、素晴らしさに言葉をなくすほどだった。
鏡の屈折を利用しようと考える発想の柔軟性。
頭は柔らかくないとダメよねぇ。

比奈木と違い、光瀬は柔らかなイメージ。
どんなかニャ?

ぴゆうさんへ 

おお、それは面白そうな番組ですね。
一時期、そんな科学番組をYoutubeで探して、見まくっていました。

科学者は数学的頭脳もすごいんでしょうが、ぴゆうさんのおっしゃるように頭の柔らかさが、半端ないですよね。
ああ、科学者達と、いろんな雑談をしてみたいなあ~~。楽しいだろうな。
(こんな私だから、主婦同士の会話に入ってゆけないのか・・・・)

相対性理論は、佐藤勝彦教授の本が分かりやすいですよ~~。でも、ぶっ飛んでますww。

光瀬は、なかなか個性的な男です。(そうか、柔らかいという表現は、ぴったりかも)
比奈木は、うまく付き合えるでしょうか・・・。

皆さん賢いので… 

こんにちは!

皆さん賢いので、どうついていけばいいのか四苦八苦です。
ただ、光瀬君が主人公君の食いつきそうなアインシュタインや量子論を餌に、主人公君と遊びたいのは分かります。

有村司さんへ 

ごめんなさい~~。

ここ、しっかり物理してましたね・汗

次回からは、物理を離れますから、なにとぞ、なにとぞ~~~。

そう、光瀬が、比奈木を手のひらで転がすのを、たのしんでください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)味覚の秋?水彩画】へ
  • 【僕らの相対論 第5話 買い物】へ